最終更新日:2019年09月08日

即日融資で今日中に4万円借りる方法。少額キャッシングを徹底解説

今すぐ4万円借りたい!即日融資で4万借りる方法を解説します

どうしても今すぐにお金が借りたいというケースに遭遇したらまず検討するべきなのは消費者金融での借り入れです。
即金性は他の手段とは比べ物にならないうえに、
・【最短1時間】で即日融資に対応できる
・大手銀行がバックにいるので安心
・担保なし、保証人なしで借りられる
・一定期間無利息サービスがある
という特徴があり基礎知識さえ持っておけば賢く活用できます。
今回は今すぐ4万円が欲しいという方のために消費者金融をおすすめする理由と、具体的な借り入れに関する基礎知識を紹介していきます。

4万円の少額融資は審査に通りやすい

消費者金融カードローンに限らず、どんなローンにも審査があります。審査では、借り手に安定した収入があるかどうか、他の借金が多過ぎはしないかといった点をチェックします。申込者の勤務先に個人名で電話を掛け、申込者が本当に在籍しているかどうかの確認(在籍確認)もまた、審査の一部です。ですが、少ない額を借り入れる場合、消費者金融のほうも多額の借入れと同じ手間は掛けません。審査内容を緩めるわけではないにしても、貸してくれやすくなることは事実です。

今すぐ4万円ほどを借りるなら大手消費者金融がおすすめ

お金を借りる手段はいくつか存在しますが、その中でも即日融資に対応しているのは実質的に消費者金融しかありません。
以前は銀行でも即日融資が実施されていましたが、暴力団関係者への融資を防ぐことを目的に個人の信用データを審査するために即日で融資ができるかどうかの判断は難しくなっています。
大手消費者金融であれば実績もありますし、貸金業法で定められた以上の不当な利息を請求される心配もないので、現実的に即日融資が必要ならば大手消費者金融の一択となります。

今すぐ4万円借りるならアコムかプロミス

どうしてもすぐに4万円が欲しいという方にとっては消費者金融大手のアコムかプロミスがおすすめです。
いずれもCMなどでよく知られていますが、アコムは運営母体が三菱UFJフィナンシャル・グループ、プロミスはSMBCグループといずれも大規模金融機関がバックについているため安心です。
また、即日融資にも対応しておりすぐにお金が必要という方にとってはありがたい限りでしょう。
どちらも初めての利用の場合に30日間無利息なので、一時的にお金が欲しいという人にとっては高い利息を払わずに済むのでおすすめです。

大手消費者金融を推薦する4つの理由とは

大手消費者金融をおすすめする理由は大きく分けると4つあります。
・【最短1時間】で即日融資に対応できる
・大手銀行がバックにいるので安心
・担保なし、保証人なしで借りられる
・一定期間無利息サービスがある
これらの代表的な特徴を考えると大手消費者金融で借り入れをすることが他の手段でお金を手にするよりもはるかに優れていることが分かります。
即金性もあり、リスク回避もできる消費者金融をおすすめする4つの理由を深堀りします

①最短1時間で即日融資に対応しているため

カードローンを利用する立場からすればいち早く融資が可能かどうかを知りたいです。
そのようなニーズに応えるために大手消費者金融会社では融資までのスピードを競いあい、他社よりも一秒でも早く査定ができるシステムを日夜改良しています。
その結果、最短60分、最短30分、最短10秒という具合に各会社で打ち出す審査スピードは驚くべき速さになっています。
これだけの即金性に長けたお金を借りる方法は他には存在しません。

②大手銀行がついているので安心

先ほどアコムとプロミスを紹介する時にも例をあげたとおり、大手消費者金融のバックには大手の金融機関がついています。
お金を借りられるのであればどこで借りても同じという考えの人もいるでしょうが、どこから借りているのか気になる方も多いはずです。
信頼がおける会社からの借り入れということが分かるだけでも安心感が違いますし、もし滞納してしまった場合でも法律に則って催促がくるので必要以上に精神的負担を強いられるようなこともありません。

③担保なし、保証人なしで借りられる

大手消費者金融では返済ができない状態に陥った時に代わりに何かを差し出したり、自分の代わりに誰かに請求がいくという心配がありません。
担保になるものや保証人がいないとお金が借りられないとなればそれだけ手配に時間を要しますし、いざ払えないとなった時に精神的負担や周りからの信頼が落ちてしまうことにつながります。
中には家族や友人にもばれずにお金を借りたい人もいますので、そのような人にとっては嬉しいポイントです。

④一定期間無利息サービスがある

大手消費者金融であれば多くの場合、初めての利用に関しては30日間は無利息期間が設けられています。
中には一定金額までの利用であれば最澄180日間無利息というケースもあり、一時的な利用だけの人にとっては非常に安心です。
今月の給料日までにどうしても4万円が足りないという場合やあと4万円さえあれば限定商品が買えるという場合に、後から入ってくるはずのお金を先に使うイメージです。
消費者金融は利息が高めに設定されていますが、無利息期間があれば関係ありません。

今すぐ4万円借りるなら大手消費者金融のアコムかプロミスがおすすめ

冒頭でも紹介しましたが、今すぐに4万円が欲しいという方にとっては大手消費者金融の中でもよく知られている最大手のアコム、プロミスがおすすめです。
大手消費者金融の特徴である
・【最短1時間】で即日融資に対応できる
・大手銀行がバックにいるので安心
・担保なし、保証人なしで借りられる
・一定期間無利息サービスがある
というサービスを網羅しているのはもちろんのこと、最大手として多くのユーザーの支持を集めてきた実績があります。

即日での借入が可能な大手消費者金融ランキング!

アコム、プロミスも含めた大手消費者金融のおすすめランキングを発表します。
1.プロミス
最短30分で審査が完了し即日融資を受けることが可能です。
実質年率を多くの場合18%に設定している会社が多い中、17.8%に設定しているため少しお得です。

2.アコム
三菱UFJフィナンシャルグループをバックにつける業界最大手の会社です。
最大で800万円まで借り入れをすることができますし、初めての方にも安心です。

3.レイクALSA
申し込みから最短15秒で審査結果を知ることができます。

4.SMBCモビット
10秒簡易審査によって秒速で審査可能か知ることができます。

消費者金融カードローンの申し込み方法とは?

消費者金融カードローンの申込方法はいろいろあります。駅前やロードサイドに設置されている自動契約コーナーから申し込むのもいいですが、現在ではWebが主流です。スマートフォンもOK。大手の消費者金融なら、スマホアプリからでも申し込めます。最速で借り入れできる方法は、公式サイトから申し込んで、すぐにフリーダイヤルに電話をすることです。電話で、申込みをしたが急いで借入れをしたいことを伝えると、迅速に審査を始めてもらえます。

消費者金融での借入の流れ

カードローンの申込みは、一般的にはWebでします。用意しておくものは、運転免許証等の本人確認書類です。4万円の借入れの場合、収入証明書は不要です。個人情報と、希望する借入額を入力して、送信します。その後指示に従い、本人確認書類を撮影してアップロードします。契約が終了したら、自動契約コーナーにカードを取りにいき、キャッシングします。振込みで借りることもできますし、最近ではカードを受け取らずスマートフォンでキャッシングする方法も登場しています。

借入に必要な事前に用意しておきたい書類とは?

4万円の借入れであれば、必要書類は通常、運転免許証だけでOKです。運転免許もない場合、パスポートや住基カードなど顔写真付きの証明書類があればそれで構いません。いずれもない場合は、例えば健康保険証と住民票の写しなど、2種類必要になります。これは事前に公式サイトで確認するか、フリーダイヤルに電話して訊きましょう。運転免許証の住所に住んでいない場合も確認しましょう。公共料金の領収書が証明書類となることもあります。

在籍確認があっても会社バレしない

4万円の借入れですと、消費者金融のコスト的に在籍確認なしの可能性も十分あります。ですが、原則は電話が掛かってくるものなのでその点は留意しておきましょう。在籍確認は、個人名の電話でおこなわれます。消費者金融の名前を出すことは、契約の秘密を明かすことになり禁じられています。いまどき、会社に私用電話など掛かってこないので不自然に思うかもしれませんが、電話を受けた人に訊かれたら、「クレジットカードの申込みです」と言っておけば会社バレは問題はありません。

今すぐ4万円を用意するのは難しい?

急に4万円が必要になったとき、本当に融資が必要ですか?少額のことなのでなんとかなりそうにも思えますが、慌ててしまうと、あるべき身近なお金を見逃してしまうこともあります。4万円の現金ではなくて、その「価値」が必要だという場合もあるでしょう。そうした際の対処法まで含めますと、意外なぐらい、自分のお金を見つける方法はあるものです。
借入れの方法、またそれ以外も含めて、4万円のお金の作り方を見ていきましょう。

カードローンで4万円を借りる

お金がないときに即日で貸してくれる、消費者金融のカードローンは強い味方です。
大手の消費者金融なら特に、土日祝日や、平日の遅い時間でも貸し出してくれます。
最近では、振込融資の時間も拡大したので、どこにも出かけないでその日のうちに4万円を借り入れることも難しくはなくなっています。
常に確実な方法は、Webから申し込んで契約完了後、大手消費者金融の自動契約コーナーに行って、カードを受け取ることです。その場でキャッシングできます。

プロミスで即日融資を利用しよう

プロミスはSMBCフィナンシャルグループの消費者金融で、信頼性は抜群です。
4万円程度の少額であれば、仕事を持っていて収入の安定した人なら、申し込めば融資が受けられる可能背が高いでしょう。
プロミスは24時間365日振込に対応していますので、一部の銀行口座を除いて、契約完了後いつでも振り込んでもらえます。
また、スマートフォンのアプリ操作で、セブン銀行ATMでキャッシングすることもできます。
自動契約コーナーに行かず、三井住友銀行の契約機でカードを受け取ることもできます。

身の回りに使えるお金がないか探す

お金というものは、お札や硬貨など、目に見える姿だけをしているだけではありません。
お金がさまざまな形態に、姿を変えていることもあります。
ご自分の持ち物の中に、そうした隠れたお金が潜んでいるかもしれません。落ち着いて探してみましょう。
現金化されていないお金とは、口座残高、クレジットカードのポイント、金券などさまざまです。
後で使うかもしれないと思って取っておいたものが、困ったときに現金と同じ価値を持つことがあります。

口座残高を確認する

銀行口座の残高確認は、お金が必要になったときには、もちろん真っ先にしていることでしょう。ですが、メインバンク以外の銀行口座に残高があっても、忘れていることもあるのではないでしょうか。特に最近は、通帳のないWeb口座が多くなっています。
普段使わない銀行口座に、株式配当金が入っていたり、失業給付の最後の1回分が入金されていたりすることもあります。
思い出してログインしてみると、お金がみつかるかもしれません。

クレジットカードのポイントをチェックしておく

お金でなくて金銭的価値であればいいのなら、クレジットカードのポイントは役立ちます。以前のクレジットカードだと、ポイントを使えるようにするためには時間が掛かりましたが、最近はTポイントやPonta、楽天スーパーポイントが貯まるクレジットカードが増えています。これらの共通ポイントだと、1ポイント1円で買い物ができます。
意外と貯まっている人もいるのではないでしょうか。
最近ではQRコード決済の普及により、たとえばdポイント加盟店でないのに、d払いによってdポイントが使えるといったパターンも多くなっています。

金券を換金して現金にする

財布の中は空でも、引出しの中を探すと、誰かにもらったギフトカードや商品券などないでしょうか。JCBギフトカードや、百貨店共通商品券などです。クオカードや図書カードなども、金券として価値があります。
買い物がしたいのなら、直接これで支払うのもいいでしょう。またこれらの金券は、大変換金性が高いものです。
チケットショップに持ちこむと、額面の96~97%ぐらいで買い取ってくれます。いざというときには現金になるわけです。

ジュエリーやブランド品を買い取りに出す

現金がなくても、金銭的価値のある商品を持っている人なら、救いがあります。困ったときでも、ジュエリーや、ブランド品など持っていれば、中古になっても価値が高いため、高く引き取ってもらえることもあります。昔はこの方面に強いのは質屋だけでしたが、現在はさまざまなリユースショップが存在します。現金は必要だがあまりにも安く手放したくはないという人は、多くのリユースショップが存在するエリアに出かけて比較するといいでしょう。

出張買取のバイセルを利用する

古物商に売れる商品を持っていくのもいいのですが、値が気にいらない際でも、つい手放してしまいがちです。この点、出張買取のバイセルがお勧めです。自宅にあるものをまとめて鑑定してくれます。着物、毛皮など高級品、切手、古銭などのコレクション、貴金属や時計、骨董品から金券、お酒まで多くの種類のものを買い取ってくれます。不用品があるが、いくらかにでもなって欲しいという場合に利用するといいでしょう。コレクションなどは、「価値が付くかもしれない」程度で持っていることも多いので、期待し過ぎは禁物です。

キャッシュレス決済を利用する

最後に、現金はあるにはあるが、使うと生活ができないという人もいるかもしれません。ですが、クレジットカードの1枚ぐらいは持っていないでしょうか?普段は現金派だとしても、こんなときこそキャッシュレス生活を送ってみてはどうでしょう。役に立つのはクレジットカードだけではありません。クレジットカードからチャージすると電子マネーも使えますし、クレジットカードと組み合わせることでQRコード決済も使えます。現在電子マネーやQRコード決済は相当に普及しているので、これで食事もできますし、日用品も買えます。

カードローンの基礎知識を徹底解説!

ここからは消費者金融でお金を借りようという方に向けて最低限これだけは知っておきたいカードローンの知識を紹介していきます。キチンと知識を持って利用すればカードローンは生活の幅を広げてくれる有効なツールになりますので、ここで紹介する内容だけは頭に入れておきましょう。初めて利用される方であればここで紹介する基礎知識が理解できればそれ以上は深く知る必要はありません。スムーズに手続きをするためにも確認は怠らないでください。

申し込みの利用条件

カードローンを申し込む際には以下の条件が必須になります。
・20歳以上であること
・定期的な収入があること

お金を借りる以上は当然ですが返済の義務があります。
お金を借りる側もお金を貸す側もそれぞれにリスクがあるわけですから、どちらも不利益を被らないように定期的な収入が必要です。
在籍確認ということで務めている会社に消費者金融であることがばれないような形で連絡がいくことがあります。
消費者金融に限らず銀行など他の手段でお金を借りることになっても同じです。

申込みの方法

申し込み方法は多岐にわたっています。
最近多いのはWeb上での申し込み無人契約機での申し込みです。
Web完結型の申し込みであればわざわざ店舗に出向くことなくお金を借りることができますし、口座登録まですれば一切足を運ぶことなく契約が可能です。
ただし、一般的には無人契約機や店舗へ直接訪問しての契約の方が審査が通りやすい傾向にあります。
各カードローン会社によっても申し込み可能な種類が異なりますのでチェックしてから申し込みましょう。

審査の流れや内容

融資を受けるには審査が必ず必要です。結論としては、あなたが借りたお金を返せる人かどうか、登録情報に噓偽りがないかをチェックしています。ここでは消費者金融がどんな項目をチェックしているのか紹介します。

◆属性審査
ここではあなたがお金を返済できる人なのかどうかを客観的にチェックされます。
下記のような項目が審査されます。
・年齢、性別
・収入
・勤務先
・家族構成
・本人の情報

◆信用情報審査
これまで借り入れをした経験があれば利用履歴や返済状況など個人の信用情報をチェックされます。

◆書類審査
契約に来ているのが本人であるか、また申請した年収に誤りがないかを審査されます。
・運転免許証などの本人確認書類
・源泉徴収票のような収入証明

◆在籍確認
最後に本当に会社に在籍しているのか確認されます。消費者金融であることは知られないように確認されますので心配はいりません。

返済の仕方

返済方法は種類が多く生活パターンに合わせて設定することが可能です。
代表的な返済方法は
・ATMからの振込
・口座引き落とし
・ネットバンキングからの返済
・銀行振込
の4つです。

この中でもできる限り早く返済を終わらせたいのであれば専用ATMやコンビニATMでの返済か、ネットバンキングがおすすめです。
利息は前回の支払い日から起算して日数が経つほど高くなりますので、早め早めの返済ができる方にはおすすめです。
毎月の返済が煩わしい方であれば自動的にお金を振り込んでくれる口座引き落としが良いでしょう。

金利について

お金を貸す側は利息といって借りた額や期間によって発生する上乗せ分で儲けを出します。大手消費者金融のサービスで初めて利用した場合は30日間は利息0円という特別なサービスは存在しますが、一般的にはお金を借りたら利息も併せて返すのがルールです。
この時に支払う利息の割合を決めるのが金利と呼ばれるもので、貸金業法上では18.0%が上限とされているため、多くの消費者金融会社では実質年率を18.0%としているところが多いです。
利息計算は「利息 = 利用残高 × 実質年率 ÷ 365 × 利用日数」という式で行うことができます。

総量規制とは何か

総量規制とは国が定めた年収の3分の1までしか借り入れができない仕組みのことを指します。例えば年収が600万円の人であれば、借りることができる限度額は200万円までです。限度額がないと貸す側は返済が滞るリスク、借りる側は経済破綻するリスクがあるため2010年から完全に施行されたルールです。また、複数の金融機関から借り入れをしている場合はその総額が年収の3分の1を超えない金額までしか借りることができません。

4万円を借りるときの利息や返済のシミュレーション

お金を借りる前には必ず返済シュミレーションが必要です。多くの経済破綻をしてしまう人はこの返済シュミレーションをしっかりしないために返せるのかどうか判断がつかない状態でお金を借りてしまう傾向があります。シュミレーションをする際には無理して返済をすることを想定するのではなく、確実に返せるかどうかを確認する必要があります。シュミレーションを繰り返して何があっても確実に返せることが分かった段階で実際に借り入れをしましょう。

4万円借りて6ヶ月で返済したときのシュミレーション(単位:円)

まだお金を借りた経験が無い人にとってはどのようなペースで返済する必要があるのかイメージがつかないでしょう。
そこでここでは、消費者金融の中でも最も金利が低いプロミスの17.8%という金利で4万円を借りた場合に半年間で返済をするとなったらどんな返済スケジュールになるのかをご紹介します。

回数返済額  元金   利息   残高
1  7,017  6,424  59333,576
2  7,017  6,519  49827,057
3  7,017  6,616  40120,441
4  7,017  6,714  30313,727
5  7,017  6,814  2036,913
6  7,015  6,913  1020
累計 42,100  40,000  2,1000