最終更新日:2020年05月21日

千葉銀行カードローンで増額審査に通るには?注意点を解説

目次
どんなローン?千葉銀行カードローンについて 違いを解説!「ちばぎんカードローン」と「ちばぎんフリーローン(クイックパワー<アドバンス>) 大手銀行カードローンと千葉銀行カードローンとの違いを徹底比較 【強みや弱み】千葉銀行カードローンの特徴を徹底比較 千葉銀行カードローンの評判や口コミについて FPが教える!!千葉銀行カードローンに向いている人・向いていない人とは? 返済額の一例を紹介!千葉銀行カードローンの返済額早見表! 審査時の本人確認について。千葉銀行カードローンではこうなっている 千葉銀行カードローンを借りるためにはどのような流れを辿るのか 増額審査に落ちる時、どのような原因があるのか 3つのリスク!増額手続きにはリスクがある コツを紹介!千葉銀行カードローンの審査をより通りやすくする方法とは? 家族には利用がバレる?千葉銀行カードローンでは借入れ時に毎回連絡はあるの? 千葉銀行カードローンではどのような返済方法を取っているのか こんなことも!千葉銀行カードローンの増額や増枠の仕方 【解約について】千葉銀行カードローンの解約方法を紹介! 千葉銀行の店舗・ATMをお探しの方へ こんなカードローン も!プレミアクラスについて! お金がどうしても必要、そんなときは…解決策はコレ!

どんなローン?千葉銀行カードローンについて

千葉銀行カードローンは、地方銀行として大きな規模を持つ千葉銀行が直接取り扱っている金融商品です。
人気の乃木坂46をイメージキャラクターとして起用しています。

千葉銀行を見かける機会が多い千葉県民の人なら耳にしたことがあるカードローンなのではないでしょうか。 
千葉銀行カードローンには、ちばぎんカードローンとちばぎんフリーローンクイックパワー<アドバンス>の2種類があります。

それぞれ特徴が異なるカードローンです。

特徴を紹介!千葉銀行カードローン!

千葉銀行カードローンは専業主婦の方でも利用でき、5万円を借り入れた場合月々2,000円からの少額で返済できるメリットがあります。

借入残高が大きいほど毎月の返済額は多くなります。 
電話受付時間が全日7時から23時までと長いのも魅力的です。

ただし千葉銀行カードローンは、地方銀行が取り扱っている為申込可能な地域が限定されているというデメリットもあります。
千葉銀行カードローンの特徴について詳しく見ていきましょう。

【低金利】実質年率1.7%~14.8%

ちばぎんカードローンは最大800万円までゆうし可能で、金利が1.7%~14.8%です。

一方ちばぎんフリーローンクイックパワー<アドバンス>の場合、最大500万円まで融資可能で、金利が4.3%~14.8%です。
千葉銀行カードローンは消費者金融のカードローンと比較すると金利が低く、利息負担が少ないというメリットがあります。

銀行カードローンの金利の中では標準的な水準ですが、消費者金融を利用するよりは少ない利息で融資を受けることができます。

全ての手続きをWEB上だけで完結させられる、「WEB完結」がある

千葉銀行カードローンでは、申し込みから融資手続きまでを全てインターネット上で完結できるサービスを実施しています。

「WEB完結」サービスで千葉銀行カードローンの融資を申し込む場合、千葉銀行の預金口座が必要です。
千葉銀行の預金口座を既に持っている人であれば、全ての手続きをインターネット上で完結できるので手続きに手間がかかりません。

初めてカードローンを利用する人でも簡単に申し込めるので、千葉銀行カードローンを利用する時はWEB完結がおすすめです。

月々2,000円からの返済で負担が少ない

カードローンでお金を借り入れた場合、毎月指定された期日に決められた金額のお金を返済していきます。
千葉銀行カードローンの毎月の最低返済額は2,000円です。 
借入金額が高くなるほど毎月の返済額も高くなるので、借入金額が大きい場合は毎月2,000円よりも高額な返済額を設定される場合があるのでご注意ください。

しかし千葉銀行カードローンでは毎月少ない返済額を設定できるので、無理なく計画的に返済していくことができます。

専業主婦だとしても利用可能

カードローンの中には、毎月定額の収入がない専業主婦では申し込めない場合があります。

しかし千葉銀行カードローンでは、配偶者に安定収入がある場合は専業主婦の方でも申込可能です。 
配偶者の安定収入も、正社員に限定されていません。  
契約社員や派遣社員、パート、アルバイトなどでも毎月安定して収入を得ている人であれば、審査に申し込むことができます。

ただし申し込み後に審査を通過しなければいけないのでご注意ください。

7:00~23:00という電話受付時間で安心

初めてカードローンを利用する人の場合、不安なことが多い為電話でオペレーターに質問しながら融資を申し込みたいという人もいるのではないでしょうか。

千葉銀行カードローンの電話受付は、全日7時から23時まで営業しています。 
他のカードローンの場合、土日祝日に電話受付が営業していなかったり営業時間が17時までと短かったりすることが多いです。

電話受付の営業時間が長いと、疑問がある時にすぐに質問できるので嬉しいですよね。

千葉銀行本支店もしくはインターネット支店営業地域内に居住、またはお勤めの方が対象である

千葉銀行カードローンは地方銀行が取り扱っているカードローンなので、利用可能な地域が少ないというデメリットがあります。

インターネットからの申し込みの場合、千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県(横浜市、川崎市)、茨城県のみ利用できます。
これらの利用可能地域に住んでいる人、もしくは勤め先がある人でなければ千葉銀行カードローンで融資を受けることはできません。

特に千葉銀行が多い千葉県内に住んでいる人におすすめなカードローンです。

違いを解説!「ちばぎんカードローン」と「ちばぎんフリーローン(クイックパワー<アドバンス>)

ちばぎんカードローンとちばぎんフリーローンクイックパワー<アドバンス>では、最大利用限度額や金利の他追加融資を受けることができるかそうでないかという違いがあります。

ちばぎんカードローンの場合、利用限度額内であれば返済しながら何回も借り入れる追加融資を行うことができます。
一方ちばぎんフリーローンクイックパワー<アドバンス>の場合は、追加融資に対応していません。

一度借り入れた後は完済するまで返済し続けます。

大手銀行カードローンと千葉銀行カードローンとの違いを徹底比較

千葉銀行カードローンの申し込みに悩んでいる人は、まずは大手銀行カードローンとの違いを比べてみるのがおすすめです。

ちばぎんカードローンとちばぎんフリーローンクイックパワー<アドバンス>でも最大利用限度額や金利が異なりましたが、大手銀行カードローンの場合も同じです。 
提携ATM利用手数料や、毎月の最低返済額も異なります。

千葉銀行カードローンは他の銀行カードローンと比較すると最大利用限度額は大きいですが、提携ATM利用手数料が有料なのがデメリットです。

【強みや弱み】千葉銀行カードローンの特徴を徹底比較

千葉銀行カードローンと他の銀行カードローンの特徴を比較してみると、千葉銀行カードローンの強みや弱みがよくわかります。 

千葉銀行カードローンの強みは、専業主婦の方でも利用できて毎月の返済額が少ないという点です。 
相談ダイヤルの営業時間が長いのも魅力的です。

一方千葉銀行カードローンには、融資までに時間がかかってしまうという弱みがあります。 
お金を早急に準備する必要があり、即日融資を希望している人にはおすすめできないカードローンです。

強み

千葉銀行カードローンの相談ダイヤルは、他の銀行カードローンの相談ダイヤルと比較すると営業時間が長いという強みがあります。

7時から23時まで営業しているので、仕事が終わるのが遅くて営業時間内に電話をかけることができないという心配がありません。 
土日祝日問わずカードローンに関する質問を受け付けています。

特に初めてカードローンを利用する人の場合、融資が行われてからも気になる疑問点がありますよね。  
千葉銀行カードローンは初心者でも安心して利用できるカードローンです。

弱み

千葉銀行カードローンの最大の弱みは、他のカードローンと比較すると融資が行われるまでの時間が長い点です。

千葉銀行カードローンを利用する場合、千葉銀行の預金口座を持っていなければ融資まで7~10日程度の時間がかかってしまうのです。
大手消費者金融のカードローンの場合、即日融資に対応している場合が多いです。

さらに千葉銀行カードローンは標準的な金利なので、金利が低いカードローンと比較すると利息が多く発生してしまいます。

千葉銀行カードローンの評判や口コミについて

カードローンに融資を申し込むときには、事前にカードローンの口コミや評判について調べておくのがおすすめです。

実際に利用した人がどんな口コミを書いているのか確認することで、利用してみないとわからないメリットやデメリットを知ることができます。 
千葉銀行カードローンの口コミを調べてみたところ、思っていたよりも審査が早く接客対応が丁寧だったという口コミが多くありました。

借りられないかもしれないと思っていた人でも審査に通過できたという、審査の緩さが確認できる口コミもありました。

FPが教える!!千葉銀行カードローンに向いている人・向いていない人とは?

豊富な種類のカードローンがありますが、それぞれ特徴がある分向いている人と向いていない人がいます。

千葉銀行カードローンに申し込む前に、自分が千葉銀行カードローンに向いているのかそうでないのかを確認しておきましょう。 
千葉銀行カードローンに特に向いているのは、千葉銀行口座を既に持っている人です。 
審査に通過できれば、スムーズに融資を受けることができます。

千葉銀行口座を持っていない人は、融資を申し込む前に口座を開設しなければいけないので、千葉銀行カードローンには向いていません。

返済額の一例を紹介!千葉銀行カードローンの返済額早見表!

千葉銀行カードローンの毎月の返済額は、借入額と金利で変わります。

千葉銀行カードローンでの借入金額が50万円以下の場合の金利を14.8%とすると、10万円借り入れた時の毎月の返済額は4,000円で、返済期間は31ヶ月です。

合計利息額は20,282円、返済合計額は120,282円です。
借入金額が増えると金利が低くなり、返済中に発生する利息が少なくなります。
千葉銀行カードローンで融資を受ける時は、一度毎月の返済額を計算してみるのがおすすめです。

審査時の本人確認について。千葉銀行カードローンではこうなっている

千葉銀行カードローンで融資を受ける為には、審査に通過する必要があります。

千葉銀行カードローンの審査では、本人確認書類や収入証明書が必要です。 
千葉銀行カードローンの本人確認は、インターネットから申し込んだ場合はWEB上で提出します。

WEB上で本人確認を行うと、審査がスムーズに進むメリットがあります。 
郵送や電話で申し込んだ場合は本人確認を郵送で行う為、融資を受けるまでかなり時間がかかるのでご注意ください。

本人確認書類

千葉銀行カードローンで使用できる本人確認書類は、運転免許証、パスポート、マイナンバーカード、在留カード、特別永住者証明書、健康保険証などです。

どの本人確認書類を使用しても、審査結果は変わりません。運転免許証、在留カード、特別永住者証明書の場合は、両面の提出が必要です。 
マイナンバーカードの場合は、裏面に個人番号が記載されている為表面のみ使用します。

本人確認で提出する画像に不備がないよう注意しましょう。

収入証明書

千葉銀行カードローンの利用限度額が50万円を超える場合は、収入証明書を提出しなければいけません。

千葉銀行カードローンで提出できる収入証明書は、源泉徴収票、住民税決定通知書、給与明細書、賞与明細書、確定申告書 第一表(税務署受付印が押されているもの)が必要です。
源泉徴収票は最新のもの、給与明細書は支給日もしくは発行日が3ヶ月以内のものでなければいけないのでご注意ください。 
過去1年分の賞与明細書を提出すると、審査に有利になる可能性があります。

会社に在籍確認の電話連絡などはある?

千葉銀行カードローンの入会審査では、申告した職場に電話で在籍確認が行われます。

しかし在籍確認の際には千葉銀行と名乗らず、個人名で電話をかけてくれるので職場に千葉銀行カードローンに申し込んだことがバレる心配はありません。 
電話での在籍確認が難しい場合は、千葉銀行に事前に相談しておきましょう。

給与明細書などで在籍確認を行ってもらえる場合があります。在籍確認が行えないと審査に通過できないのでご注意ください。

千葉銀行カードローンを借りるためにはどのような流れを辿るのか

千葉銀行カードローンで融資を受ける為に必要な手順を解説します。 
手続きをスムーズに完了する為には、千葉銀行の預金口座を既に持ち、手元にキャッシュカードを用意しておくのが重要です。

電話や郵送で申し込むよりも、WEB完結の方がスムーズに融資を受けることができます。
千葉銀行カードローンの公式ホームページから融資に申し込んだら、審査が始まります。

ただし毎週日曜日の19時から月曜日の8時まではWEB完結で申し込みができません。

仮審査から本審査までの流れ

千葉銀行カードローンの審査では、仮審査と本審査の2段階で審査が行われます。

2段階の審査は大手消費者金融のアコムやSMBCモビットでも行われていて、仮審査の段階では身分証明書などの必要書類を提出せずに審査が行われます。 
実は仮審査の段階で年収が確認されています。 
基準よりも年収が少ない場合は、仮審査の段階で落ちてしまうのです。

本審査では提出書類を重要視して審査が行われます。仮審査に通過した段階で必要書類を提出します。

電話通知で審査報告がなされる

千葉銀行カードローンの審査結果は電話もしくは郵送で連絡されます。

勤務先や家族に内緒で申し込んでも、審査結果がバレる心配はありません。

郵送よりは電話で審査結果を確認した方が、融資をスムーズに受けることができます。 
ただし電話で審査結果を確認する場合は、電話を受ける時間を確保しておくのがおすすめです。

審査結果の連絡と同時に融資を始める件について簡単な説明が行われます。落ち着いて対応できる場所で電話を受けましょう。

振り込み融資を他銀行口座へすることが可能

ちばぎんカードローンを利用する場合、千葉銀行以外の他銀行口座にも借入金を振り込んでもらうことができます。
千葉銀行カードローンの審査に通過するとICローンカードが郵送されるのですが、千葉銀行の店頭で当座貸越金支払請求書を使用するとICローンカードが到着する前でも他銀行口座に借入金を振り込んでもらえます。

インターネットバンキングやテレフォンバンキングの利用が開始される前から振り込んでもらうこともできます。

増額審査に落ちる時、どのような原因があるのか

次に、増額審査に落ちる原因について見てみましょう。
利用者が以下の条件に該当していた場合、増額審査に落ちると考えられます。

[増額審査に落ちる原因] 
1.信用情報に傷がある(金融事故を起こしている) 
2.収入証明書類に不備がある 
3.初回契約時より年収が下がっている

増額申請をする場合はこれらにあてはまっていないか確認してみましょう。 
あてはまっている場合は申請を見送ったほうが良いかもしれません。

では、1つずつ、もう少し詳しく説明していきます。

信用情報に傷がある。または金融事故を起こしている。

増額審査に落ちる原因1つめは「信用情報に傷がある(金融事故を起こしている)」ということです。 
信用情報に傷がある場合は、増額審査には通りません。

この信用情報とは、ローンやクレジットなどの金融履歴をいいます。 
金融事故があると千葉銀行に限らず、マイナスな影響を受けてしまいます。 
・長期延滞(2か月~3か月)している 
・代位弁済や債務整理(自己破産・個人再生)、強制解約がある 

このような場合は信用情報に傷があるとして確実に審査には落ちてしまいます。

収入証明書類などの所得証明書類に不備がある

増額審査に落ちる原因2つめは「収入証明書類(所得証明書類)に不備がある」ということです。 
増額申請をすると収入証明書類(所得証明書類)の提出を求められることがあります。
この書類に不備があると、増額審査に落ちるでしょう。 

収入証明書類は以下になります。

[千葉銀行カードローンで認められる収入証明書類] 
・源泉徴収票(最新のもの) 
・住民税決定通知書(最新のもの) 
・給与明細書(支給日または発行日が3か月以内のもの) 
・確定申告書第一表(収入金額等が確認できる頁/税務署受付印があるもの)

一般的には利用限度額50万円を超える借入金額を希望すると収入証明書類の提出が必要です。 
しかし利用者の条件によっては、それ以下を希望しても収入証明書が必要になることがあります。 
あらかじめ用意しておきましょう。

本人確認書類の提出は増額審査では必要ない

千葉銀行カードローン初回申し込みの際には、運転免許証などの本人確認書類が必要となります。 
しかし増額審査を申し込む場合には本人確認書類を提出する必要はありません。 
これは初回契約時に本人確認が完了しているためです。

ただし増額審査の場合は「会員番号」または「(初回契約時に提出した)本人確認書類の情報」を聞かれることがあるようです。 
申請後に本人確認があった場合には答えられるように準備しておくと安心ですね。

年収が初回契約時より下がっている

増額審査に落ちる原因3つめは「初回契約時より年収が下がっている」ということです。 
もし初回契約時よりも年収が下がっている場合は審査に落ちることがあります。

転職などにより年収が下がってしまったというケースなどが考えられます。 
年収が下がると、それだけ「返済能力が低下している」と考えることが出来るからです。

このような場合、貸し倒れリスクがあるので増額の見込みは薄くなります。
ボーナスが減った、という場合もこれにあたるため注意が必要です。

3つのリスク!増額手続きにはリスクがある

先ほどからお伝えしている通り、増額審査は甘いものではありません。
もし、金利を下げたいからといって「初回利用時の審査にも通ったし大丈夫だろう。」なんて軽い気持ちで申し込むと、痛い目をみることもあるのです。

増額申請には、金利が下がるという大きなメリットもありますが、その分怖~いリスクまで付いてくるんですよ。 
それではここで、実際に軽い気持ちで増額申請をした人に訪れる主なリスクを3つ詳しく見ていきましょう。

即日不可!増額審査は時間がかかる

ちばぎんカードローンの増額審査には時間がかかります。 
即日対応などはしていないのです。

増額審査は、1度目の審査の時よりこれまでの利用実績の確認など審査項目も増えます。 
また、融資額が上がる分より慎重に審査されるため、新規申込み時よりさらに時間がかかる可能性もあるのです。

増額申請を行う場合には、日数に余裕を持って申し込む必要がありますので、お金の必要な日が迫ってからの申込みでは間に合わない可能性もあります。

減額処分になってしまう可能性もある

「審査に落ちても今まで通りには使えるんでしょ?」なんて考えも捨ててください。 
増額審査は、個人の返済能力をもとに再度限度額を設定し直す審査です。

つまり、新規申込み時よりも利用者の収入状況などの条件が悪化していれば、これまでの限度額が過剰融資だったと見なされてしまう可能性があるのです。 
当然、その場合には現在の状況に合わせた限度額が再設定されることとなりますので、増額どころか減額されてしまうこともあるのです。

借り入れが停止になってしまう可能性もある

もしかすると、現状維持や多少の減額ならまだ助かったと言えるかも知れません。 
場合によっては、増額申請をしたら限度額が0円になったなんて事態に陥ることもあるんですよ。

返済の期日を守れないなど、利用実績が好ましくない場合などには、借入れが強制的に停止されてしまうことがあるのです。 
こうなってしまうと、もう1円たりともお金を借りる事はできません。

ただ毎月コツコツと返して少しずつ信頼を取り戻していくしか無いのです。

Q.減額・利用停止になってしまう人にはどのような特徴がある?

・収入状況が悪化している 
年収の減少などは分かりやすい例ですね。

今までの限度額は、過去の年収に基づいて設定されていたものとなりますので、現在の収入に基づいて再審査した結果、返済能力が低下していると見なされてしまうと限度されてしまいます。 
・信用情報に問題がある

延滞や遅延などの情報は信用情報に登録されており、審査に大きな影響を与えます。
また、利用期間があまりに短すぎる場合なども、計画利用出来ていないと判断され減額されてしまう可能性があります。

コツを紹介!千葉銀行カードローンの審査をより通りやすくする方法とは?

千葉銀行カードローンには、審査に通りやすくするコツがあります。 
融資を申し込む前に審査を通りやすくするコツを覚えて、確実に審査に通過できる状態を作っておきましょう。

千葉銀行カードローンでは、希望借入額をできる限り抑えると審査に通過しやすくなります。
借入希望金額が大きいほど高い返済能力が求められてしまうのです。 
借入希望金額が小さいと、その分銀行側の貸付リスクが小さくなるので審査の際に求められるハードルが小さくなります。

千葉銀行カードローンの保証会社はどこ

千葉銀行はエム・ユー信用保証株式会社に保証料を支払うことで、保証業務を担当してもらっています。

申込者が返済できなくなった時に、代わりに返済する保証業務を行っているのが、エム・ユー信用保証株式会社です。 
千葉銀行カードローンが無担保で保証人不要でお金を貸すことができるのは、保証業務を担っている会社があるからなのです。

その為千葉銀行カードローンで融資を受ける為には、エム・ユー信用保証株式会社の審査に通過しなければいけません。

家族には利用がバレる?千葉銀行カードローンでは借入れ時に毎回連絡はあるの?

千葉銀行カードローンでお金を借りた際に、借入の明細が毎回自宅に郵送されることはありません。

4月と10月の年に2回、利用明細がまとめて郵送されます。
年に2回の郵送を避けることはできないので、郵便物で家族にバレてしまう可能性はあります。

また契約時と解約時にも必ず郵便物が届くので、家族と同居している場合はバレないように千葉銀行カードローンを利用するのは難しいです。
トラブルにならないよう、事前に伝えておくのがおすすめです。

千葉銀行カードローンではどのような返済方法を取っているのか

千葉銀行カードローンで借り入れたお金は、毎月千葉銀行預金口座から自動で引き落としされます。

毎月1日に毎月の返済額が自動振替で返済されるので、返済に手間がかかることもありません。
1日が休日の場合は、毎月の返済額が翌営業日に自動振替されます。

千葉銀行ATMや提携ATMで返済することもできますが、毎月の決められた返済は必ず引き落としで行われます。 
千葉銀行ATMや提携ATMでの返済は、毎月の引き落としとは別の返済で利用しましょう。

まとめて返済することは可能?

千葉銀行カードローンでは、まとまったお金が用意できた場合はまとめ返済が可能です。

インターネットバンキングやテレフォンバンキングで手軽に返済することもできますし、千葉銀行やコンビニのATMなどからもまとめて返済できます。
まとめ返済をすると返済期間が大幅に短縮されて、利息が大きく減る場合もあります。

お金に余裕のある月があれば、毎月の引き落としとは別にまとめて返済しましょう。少ない利息でより早く完済できます。

千葉銀行の提携金融機関はこちら

千葉銀行カードローンは、千葉銀行以外にも提携している金融機関があります。 
借入と口座振替以外の返済であれば提携金融機関でも利用可能です。 
以下が千葉銀行カードローンで利用できる提携金融機関です。 
・セブン銀行ATM 
・ゆうちょ銀行ATM 
・ローソンATM 
・イオン銀行ATM
・イーネットATM「E-net」
・東京都民銀行ATM 
・ビューアルッテATM 
・東邦銀行ATM
・筑波銀行ATM 
・横浜銀行ATM 
・山梨中央銀行ATM 
・常陽銀行ATM 
・武蔵野銀行ATM

注意点はコレ!提携ATM利用時には気をつけよう!

千葉銀行カードローンでは提携ATMを利用して借入や返済ができるので便利ですが、提携ATMを利用する場合は注意が必要です。 
利用する度に手数料が発生してしまう場合があります。

セブン銀行ATMやイーネットATM、ローソンATMなどのコンビニに設置してあるATMの場合、返済時は無料で利用できますが借入時には手数料が110円もしくは220円発生してしまいます。 
借入金を引き出したい時には、手数料が発生しないATMを利用するのがおすすめです。

利用手数料が提携先によっては割引になる

千葉銀行カードローンで提携ATMを利用する場合の注意点がある一方で、利用するATMによっては利用手数料が割引になる場合があります。

横浜銀行の場合、平日8時45分から18時までにATMを利用すると手数料が無料になります。
横浜銀行以外にも、以下の提携ATMでは利用手数料が割引されます。
・東京都民銀行ATM 
・筑波銀行ATM 
・東邦銀行ATM
・山梨中央銀行ATM 
・武蔵野銀行ATM 
・常陽銀行ATM

利用手数料がかからない提携ATMを選んで使いましょう。

こんなことも!千葉銀行カードローンの増額や増枠の仕方

千葉銀行カードローンでは、利用限度額を増額できる手続きがあります。 
増額を申し込みたい場合は、インターネットもしくは千葉銀行カードローンフリーダイヤルを使って申し込みます。  
フリーダイヤルは相談ダイヤルと同様に、土日祝問わず7時から23時まで営業しています。

ただし増額手続きを受ける為には、新規の入会審査と同じように増額審査を受ける必要があります。

さらに新規の借入よりも増額手続きの方が審査が厳しいので注意が必要です。

【解約について】千葉銀行カードローンの解約方法を紹介!

千葉銀行カードローンの解約方法は、電話連絡と来店の2つの方法があります。

千葉銀行が近くにある場合以外は、電話連絡がおすすめです。
ただし千葉銀行カードローンの解約には注意点があり、解約する前に約定返済額とその他利息等の合計額を完済しておかなければいけません。

千葉銀行カードローンでは借入残高に応じたリボルビング方式の返済を採用しています。 
解約した後でも、再度千葉銀行カードローンに申し込むこともできます。

千葉銀行の店舗・ATMをお探しの方へ

千葉銀行の店舗やATMがある場所は限られています。
千葉銀行カードローンの利用可能地域に大阪は入っていませんが、大阪市中央区に1店舗だけ千葉銀行があります。

一方神奈川県の一部地域は千葉銀行カードローンの利用可能地域に入っていますが、神奈川県には千葉銀行も千葉銀行ATMもありません。
千葉、東京、埼玉、茨城には千葉銀行や千葉銀行ATMがあります。

千葉銀行の店舗やATMを探したい場合は、千葉銀行の公式ホームページを確認してみましょう。

こんなカードローン も!プレミアクラスについて!

千葉銀行には「プレミアクラス」というカードローンもあり、「プレミアクラス」の対象は年収600万円以上の人です。

利用限度額は最大500万円で、金利は3.8%~5.5%です。 
他のカードローンと比較すると、かなり低い金利で利用できるメリットがあります。 
ただし年収が600万円以上なければ利用できない高所得者向けのカードローンなのです。

収入がある中で新しい事業に挑戦する為の資金を借り入れたい時におすすめです。

プレミアクラスにはこのような特徴が!

千葉銀行のプレミアクラスは、通常の千葉銀行カードローンとは異なる点がたくさんあります。

他のカードローンと比較しても金利の低さが目立ち、審査に通過できれば千葉銀行カードローンよりもプレミアクラスを利用した方がかなりお得です。 
年収600万円以上でなければ利用できないという条件はありますが、千葉銀行のプレミアクラスは多くのメリットを持っています。 
プレミアクラスの特徴やメリットについて詳しく見ていきましょう。

金利は3.8%~5.5%ととても低い!

プレミアムクラスの最大の魅力は、他のカードローンよりも圧倒的に低い金利です。 
同じ金額のお金を借り入れて同じ返済期間で完済しても、金利が低い為千葉銀行のプレミアムクラスの方が発生する利息をかなり抑えることができます。

さらにプレミアムクラスは、千葉銀行で住宅ローンを利用していると金利が年0.20%割引になります。 
かなりお得に融資を受けることができるので、プレミアムクラスは千葉銀行の住宅ローンと一緒に利用するのがおすすめです。

限度額が最低300万円からと高額である!

カードローンでお金を借り入れる場合、最大利用限度額が決まっています。 
千葉銀行のプレミアクラスの場合、最大利用限度額は500万円でなんと最低でも利用限度額が300万円に設定されるのです。 
最大利用限度額は他のカードローンで800万円まで借り入れできるカードローンがありますが、プレミアクラスの場合最低利用限度額がかなり魅力的です。

プレミアクラスの利用限度額は、300万円、400万円、500万円の3つの中から設定されます。

非常に厳しい!プレミアムクラスの申込条件

千葉銀行のプレミアクラスは年収600万円以上の人でないと申し込めないように、かなり厳しい申込条件が設定されています。

他のカードローンの場合70歳程度まで申し込めるものが多いですが、プレミアクラスは契約時の年齢が満20歳以上満60歳未満に限定されています。

さらに勤続年数も3年以上必要です。 
利用可能地域は千葉銀行カードローンと同じなので、千葉県近郊でなければ利用できません。
審査が厳しい分、かなり低い金利で借入できるのが魅力的です。

お金がどうしても必要、そんなときは…解決策はコレ!

どれだけ普段計画的に暮らしていても、急な出費などお金が必要になる時はあります。 
お金が必要でも「増額融資は間に合わない。」「減額リスクが怖くて申し込めない。」という方もいることでしょう。

でも、お金を用意する方法は増額申請だけではありませんよね。 
増額申請だけに固執してしまい時間を浪費していると、最も大切な問題解決が難しくなるかも知れません。

そこでここからは、増額申請以外の問題解決方法をご紹介したいと思います。

他社のカードローンに申し込みをするという選択肢もある

先ほどカードローンの増額申請は時間もかかるし審査も厳しいとお話しましたよね。 
そして、増額申請には大きなリスクもあります。

もしリスクを避けたいと考えるのであれば、他社のカードローンを申し込むというのはどうでしょう。
もちろん審査は受けなくてはいけません。

でも、たとえ審査に落ちたとしても新規申込みしたカードローンが利用できないだけです。 
最低でも現状維持で、現在利用中のカードローンには何ら影響がないのです。

これならダメ元でも試してみて損はありませんよね。

手間は新規申し込みの方がかからない

増額申請の場合は、原則収入を証明する書類を提出しなくてはいけません。

つまり、源泉徴収票や住民税額決定通知書などが必要となるわけですが、もし手元に書類が無ければ再取得しなくてはいけません。 
そうなると時間も手間もかかりますよね。

でも、収入証明書不要のカードローンに新規申込みを行うのであれば、そのような面倒はありません。 
スマホと身分証明書さえあれば、基本的には収入証明書を提出しなくても簡単に申込むことができるのです。

即日に融資を受けられる可能性が審査が早いカードローンならアリ

「増額申請じゃ時間がかかりすぎて間に合わない。」と言う方にも、カードローンの新規申込みはオススメです。 
大手消費者金融なら、審査完了までの時間が最短30分。

申込み時間にもよりますが、申し込んだ当日中にお金を手にすることも可能なのです。 
ただし30分審査や即日融資は、あくまでも最短で手続きが進んだ場合のお話ですので、必ず即日融資が受けられるというお約束はできません。

実際に利用する場合は余裕を持って申し込んで下さいね。

おすすめカードローンランキング

全てのランキングはこちら
注意事項
  1. 本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  2. 本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  3. 当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  4. 本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  5. 編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • プロミスのサービス表記に係る補足事項
  • プロミスではメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
  • 瞬フリを利用するには24時間振込可能な金融機関の口座が必要です
  • SMBCモビットのサービス表記に係る補足事項
  • 融資や審査回答までの時間について:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • 「50万円以下なら収入証明書不要」について:場合によって収入証明を提出していただくことがあります。
  • レイクALSAの貸付条件
  • 商号:新生フィナンシャル株式会社
  • 貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号
  • 融資限度額 1万円~500万円
  • 貸付利率 4.5%~18.0%
  • 遅延損害金(年率)20.0%
  • 返済期間・回数/最長8年・最大96回
  • 必要書類 運転免許証等 ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
  • 担保・保証人/不要
  • 要審査
  • Webで最短60分融資も可能※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
  • 申込資格:年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方
  • ご返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
  • 初めてなら初回契約翌日から無利息
  • ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります
  • Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません
  • 無利息期間経過後は通常金利適
  • 30日間無利息、180日間無利息と併用不可
  • 千葉銀行カードローンのサービス表記に係る補足事項
  • 対応地域:千葉全域、東京全域、埼玉全域、茨城全域、神奈川(※一部地域を除く)