最終更新日:2020年05月21日

auじぶん銀行カードローンの増額方法と審査基準を解説!気をつけるポイントとは

限度額不足でじぶんローンが利用できない場合について

auを利用している方ならお得に利用できるローンサービスがauじぶん銀行の「じぶんローン」です。
全国各地のコンビニエンスストアに設置されているATMから限度額以内なら自由に借入できるため従来のローンサービスよりはるかに利便性が高いです。

しかし、この限度額は契約したばかりの頃は低く設定されていることが多いため、少し利用するとすぐ上限に達してしまいます。
限度額が低いと常に残高に不安を感じながらローンサービスを利用することになるので不安です。

auじぶんローンを安心して利用するため限度額について詳しく見ていきましょう。

限度額はじぶんローンの審査によって決まる

じぶんローンからどれだけ借入できるかは自分では決められません。
申請書に希望する借入額を記入する項目はありますが、それはあくまで参考でしかなく実際の借入上限額はじぶんローンが実施する審査によって決まります。

この審査ではローンの申込者の支払い能力が調査されます。
審査対象となるのは収入、勤務先、雇用形態など様々です。
審査で支払い能力が高いと判断されれば限度額はアップします。逆に支払い能力に疑問を持たれると限度額が下がったり、場合によっては審査不合格になります。

借入可能額の引き上げが増額手続きでできる

借入できる上限額は審査によって決めらます。
ローンサービスを契約したばかりの頃は金融機関が貸し倒れリスクを恐れて限度額が低く設定されますが、利用者が借入や返済に不慣れだと限度額まで使い切ることが少ないので特に問題になりません。

しかし、ローンサービスに慣れてくると初期の限度額では足りなくなってきます。

そんな時には利用者自ら借入上限額を増額させることができます。
上限額を増額するために必要になるのが増額申請です。
増額審査があるので申請しても増額が認められないケースがありますが、利用限度額が不足している場合の解決策として知っておきましょう。

金利の面でメリットがある可能性もじぶんローンを増額するとある

じぶんローンで増額した場合のメリットは「利用限度額が増額する」だけではありません。
限度額を一定額増やすたびに金利が下げられます。
借入額と金利の上限は法律で定められており、借入額が大きくなると金利の上限はそれに伴って低下します。

どれだけ低下させるかは金融機関ごとに決められていますので一定ではありません。
金利が下がる理由は限度額が上がると借入額が増え利息が大きくなるためです。

200万円借入して金利が18%だったら大変重い利息になりますから、消費者を経済的に困窮させないためも増額すると金利が下がります。

限度額に応じてじぶんローンの金利は決まっている

じぶんローンで自分の金利がいくらなのか知りたい場合は限度額から簡単に調べることができます。
金融機関のローンサービスは限度額が上がるごとに金利が低下しますが、その程度は各社ごとに違います。
他の金融機関の金利感覚で返済していると借入残高が思ったように減少していかないケースもありますから、金利を正確に把握するのは重要です。

じぶんローンの金利は限度額が100万円増加するごとに0.5%~4.0%低下します。
もっとも大きく下がるのは100万円から110万円に限度額を増額させた場合で、4.0%低下します。

増額案内がauじぶん銀行からくることも

増額は自分から希望して申請する以外にもauじぶん銀行から増額するよう勧める案内に従って申請するケースもあります。

増額というと、auじぶん銀行が融資する金額を増やすわけですから貸し倒れするリスクを高める行為です。
自ら進んで増額するよう利用者に勧めるのは不思議に思える方もいるでしょう。

しかし、継続的に返済金を振り込んでくれる利用者は銀行にとって優良顧客です。
優良顧客の限度額を増額して月々の返済額を増やしたいと金融機関が考えるのは自然でしょう。

利用者にとっても利用限度額がアップしますから、増額案内は双方にメリットがあります。

案内が優良顧客を対象に行われている

auじぶん銀行は利益を上げるために積極的に融資して多くの返済を継続して受けたいと考えています。

しかし、中には経済的に困窮して返済できなくなる利用者もいます。
返済されない融資は全て損失金になりますから、誰彼構わず増額案内を出して返済額を増やすようなことはできません。

増額案内が送られるのは何度も借入をして、継続して返済している利用者のみです。
返済が滞ることが多い利用者や借入を滅多にしない方に増額案内が送られることはありません。

Q.限度額を契約して1ヶ月経っていない状況でも増額できますか?

他のローンサービスを利用した経験のある方はauじぶん銀行を使い始めてすぐに限度額の低さに不満を覚えるでしょう。
限度額に余裕があれば、いつでも好きなタイミングで現金が引き出せるサービスですから、ついつい使ってしまう方も少なくありません。

そんな方はauじぶん銀行のじぶんローンを使い始めて1ヵ月経ってない状態で増額申請を出したくなりますが審査に通過するのは難しいです。
ローンサービスを契約してから1ヵ月という短期間で増額申請しても実績が不足しているので、まず間違いなく審査に落ちます。

じぶんローンで増額する方法・流れを紹介!

じぶんローンで増額申請したい場合の手順は簡単です。 
パソコンやネットの使い方を知らなくてもまったく問題ありません。
それでは申し込みから現金を手にするまでの手順を解説しましょう。

1.じぶんローンのサポートセンターに電話で増額を申し込む
2.収入を証明できる書類をじぶんローンに送る
3.審査の結果が出るのを待つ
4.審査の結果が合格であれば借入手続きを行う。

このように、じぶんローンの増額申請は多くのローンサービスのものと大差ありません。

ローンセンターに電話して増額の申込みをしよう!

じぶんローンで増額申請する方法にはどのようなものがあるのでしょうか?
契約の申し込みは電話に加えてインターネットも対応していましたから、手軽なインターネットを使いたい方も多いと思われます。

しかし、au自分銀行のじぶんローンでは電話による増額申請しか受け付けていません。
インターネットで24時間好きなタイミングで申し込めれば使いやすいですが、じぶんローンでは電話受付時間(9:00~20:00)内に申し込む必要があります。

収入証明書をWeb上で提出

じぶんローンでは増額申請の際に提出を求められる書類があります。
書類が必要なケースで忘れると間違いなく審査に落ちるので、必要になる条件と揃える書類は必ず確認しておいてください。

増額審査の際に求められる書類は「収入証明書」です。
一般的に50万円を超える限度額を指定すると必要になると言われています。
収入証明書として利用できる書類は以下のとおりです。

・源泉徴収票
・確定申告書類
・住民税決定通知書
・給与明細

提出方法はスマホなどで書類を撮影して公式の会員サイトでアップロードします。

じぶんローンの増額審査とは

必要な情報を全て間違いなく記入して必要書類と一緒に送信すると審査が始まります。

この審査で次の限度額をどうするか決めるので、審査は絶対に避けられません。
少しでも評価がアップする内容の申請書を作成して審査の合格確率をアップさせるよう努めてください。

増額審査で調べられるのは支払い能力です。 
どれだけの融資額なら問題なく返済できるか徹底的に検証されます。
いずれの審査項目もプロの目で厳しく審査されますので誤魔化しはすぐにバレます。

通知・限度額再設定をして審査結果を待つ

増額審査で気になるのは新たな限度額がどうなるかでしょう。
下手をすれば限度額が削られることもある増額審査ですから結果を聞くまでは自信があっても不安で仕方がありません。

待ち遠しい審査結果はauじぶん銀行の担当スタッフから電話で知らされます。
電話に出られなくても増額が無効になることは無いようですが、相手方に面倒をかけないように電話は受けられるように準備しておきましょう。

審査結果を知らせる電話で教えられる内容は「限度額」と「金利」です。

お借入れを追加で行う

じぶんローンで増額申請する理由は「利用限度額を増やして追加借入がしたい」が最も多いでしょう。
そのため増額審査に合格して限度額が上がったなら、すぐにでも借入したいと考えている方は大勢います。

限度額が上がったと通知を受けて実際に追加借入できるようになるタイミングはいつか気になります。
1週間も後になっては、さすがにツライです。

嬉しいことに、じぶんローンは限度額の増額が認められた時点で追加の借入が可能です。

ポイントを解説!じぶんローンの増額審査について!

じぶんローンで増額を達成するのに鍵となるのは審査です。
増額審査を通過できなければ1円も追加借入できず、金融機関には増額申請を出した記録だけが残ります。

頻繁に増額申請を出せば経済的に困窮していると思われますから次の審査が厳しくなります。
失敗したら、しばらく増額申請は出せなくなるでしょう。

肝となる増額審査ですが、じぶんローンを契約する際に受けた審査よりも厳しく詳細になりますから甘く見ていると、まず合格できません。
増額審査で注意すべきポイントを見ていきましょう。

借入・返済状況が入会審査とは異なり確認される

じぶんローンに入会する際に実施される審査では単純に申込者の支払い能力が審査されます。
年収、職業、勤続年数といった支払い能力に強い相関のある要素を審査し、返済できる金額を検証していきます。

増額申請の審査では、これらの項目に加えてこれまでの借入と返済の実績を評価されます。
入会時の審査より審査する項目が増えるので、審査にかかる時間が増えます。 
審査に数日かかるのはこのためです。

特に審査されるのは返済実績です。長期間継続して毎月返済しているなら評価が高まります。

特に返済状況が重要

利用限度額の増額審査では様々な項目が審査されます。

まず最初に審査されるのは支払い能力です。
じぶんローン入会時に比べて年収はどうなっているのか、同じ職場で雇用され続けているか、支払い能力に直結する項目は特に念入りに調べられます。会社への在籍確認もその一環です。

厳しい審査の中で合否判定に大きく影響するのが返済状況です。
延滞せずにキチンと返済しているのは当然として、契約日から毎月支払いを続けているかが調べられます。
評価されるのは完済せずに決まった額を返済し続けている利用者です。

在籍確認は原則として行われない

増額審査を受ける人なら在籍確認が行われるかどうかは気になるポイントでしょう。

在籍確認では増額を申し込んだ利用者が勤め先に在籍しているかを確認します。
確認の仕方は勤め先に電話をして申込者が在席しているか会社の同僚に聞くというものです。

銀行系のローンサービスの中には銀行であること隠さずに在籍確認をするところもあるので、ローンを利用していることが会社の同僚にバレるリスクが非常に高いです。
しかし安心してください。
増額審査では職場が変わっていなければ在籍確認は実施されないケースが多いです。

在籍確認が発生するのは転職などをしている場合

借金をしていることがバレる可能性がある在籍確認ですが、職場が変わってなければ行われないケースもあります。
利用している金融機関が定期的に利用者の勤め先を確認しているようなら、まず行われないと考えていいでしょう。

ただし転職した場合は話が違ってきます。 
転職したことをauじぶん銀行に通知しておらず、増額申請で初めて転職の事実が知らされた場合は必ず在籍確認が行われます。
在籍確認は支払い能力の評価に直結していますから、まず免除されることはありません。

年収が上がっているかどうか

auじぶん銀行カードローンの増額審査では、初回申込時との変化も確認されます。
入会審査で申告した収入よりも今の収入が少なくなっている場合は、増額審査に落ちる可能性がかなり高いです。

auじぶん銀行カードローンの増額審査では、利用限度額が増える分初回申込時よりも高い返済能力が求められます。
初回申込時よりも収入が少なくなっている場合、利用限度額を増やしても計画的に返済難しくなると判断されて審査に落ちてしまうのです。

他社からの借入が減っているかどうか

auじぶん銀行カードローンの増額審査では、他社での借入残高も確認されます。

審査を受ける前に自分で他社での借入件数と合計借入金額を申告します。
auじぶん銀行カードローンで増額審査を申し込む前に、他社での借入金額を少しでも減らしておくのがおすすめです。

初回申込時よりも合計借入金額が増えていると、返済能力が低下していると判断されてしまいます。
他社借入件数と合計借入金額は調べるとわかることなので、正しい数字を申告してください。

時間がかかる可能性も増額審査にはある

金融機関の数ある審査の中でも厳しいと言われる増額審査ですから結果が出るまでには時間がかかります。
ローンサービスによっては2~3日かかるところもあります。

遅くとも翌日には結果が分かるだろうと考えて計画を立てると、お金を工面できずに恥をかく可能性もあります。
周囲をトラブルに巻き込まないためにも増額審査にかかる時間をケースバイケースで正確に把握しておきましょう。

増額審査に時間がかかるケースを知っていれば、早めに対処できる場合もあります。

最短2営業日以降まで一般的にかかる

消費者金融の宣伝の影響もあって金融機関が提供する個人向けローンサービスの審査は即日で終わると勘違いしている方が少なくありません。
増額審査は入会審査に比べて審査項目が多いので申し込み当日に結果が出る可能性はゼロといってよく、翌日もまず無理です。

結果を受け取れるのは最短でも2日はかかると思ってください。
しかし申込者の状況によっては2日以上かかる場合もあります。

どんなケースで増額審査が遅れるのか、その条件を見ていきましょう。

時間がかかりやすいと言われているのは利用開始から半年以内

増額審査には時間がかかりますが、契約から半年も経たないうちに増額申請を出すと通常よりも審査に時間がかかると言われています。
申請した限度額の5倍以上の年収がある方でも数ヵ月の利用では落とされるようですから、年収以外の要素が審査に影響しているのは明白です。

増額審査の合否を左右する大きな要素のひとつは「借入と返済の実績」です。
いくら収入があっても限度額まで借入して長期間返済した実績がないと優良顧客として見てもらえません。

半年程度では十分な実績は作れませんから審査は当然厳しい結果になります。

増額審査に落ちやすい人はどのような特徴なのか

増額審査には合格しやすい人と落ちやすい人がいます。
中には「どうしてこの人がダメだったんだろう…」と首をかしげるような審査結果を見ることもあるでしょう。

なぜそのような信じられない不合格が起きるのでしょうか?
大切なことは審査に落ちやすい人の特徴と把握して同じ失敗をしないことです。

これから増額審査に合格できない人の特徴を3つ紹介しますので、自分に当てはまるところがないか確認してみてください。
落ちるポイントを把握できれば合格に近づけます。

auじぶん銀行の返済に遅れている場合

ローンサービスを行っている金融機関が一番嫌う利用者は返済が期日に間に合わず延滞を起こす人です。
返済してもらわないと損失につながりますから、延滞する利用者は銀行にとって望ましくありません。

auじぶん銀行は消費者金融よりも各種ローンサービスの金利を抑えて運営していますから、ひとつの延滞が経営に与えるインパクトは消費者金融よりも大きいです。延滞に対して厳しい対応を取るのも当然と言えます。

延滞した経験がある方は、しばらく増額を考えずに返済実績を積むのが賢明でしょう。

返済能力が不足している場合

単純に返済能力が不足している場合も増額審査に落ちます。
増額審査ではこれまで登録していた支払い能力に関連する項目が全て再びチェックされます。

この再チェックで収入、職業、雇用形態、家族構成、住居形態などの項目に変更があると申請者の支払い能力が再評価され、場合によっては返済能力を低く評価されます。
「年収が下がる」「非正規になった」など支払い能力が低く評価される変更があると増額は難しくなります。年収が以前より高くなるまで増額申請は控えるのがおすすめです。

収入が低下していて返済能力が不足している

審査で返済能力が低下したと判断される大きな原因のひとつに年収の低下があります。
返済能力を評価する上で真っ先に審査されるのは年収です。年収が低下したなら支払い能力についてネガティブな評価がされたと考えて間違いありません。

金融機関は法律で年収の3分の1以上融資してはいけない決まりになっています。
年収が低下するとこの規制が直接作用して利用限度額を低下させます。増額審査以前の問題ですから、年収をアップさせて再申請しましょう。

他社借入の増加で返済能力が不足している

auじぶん銀行以外のローンサービスからも借入している場合も審査で返済能力を低く評価されます。
複数から借入していると、他社への返済のためにauじぶん銀行の返済が滞る可能性が高まりますから、評価を下げられるのは仕方ありません。

特に銀行は複数からの借入には厳しいです。 
消費者金融なら2~4社と借入していも審査に通りますが、銀行は3社以上は厳しいです。
auじぶん銀行を継続して利用していくつもりなら、他の借入は完済するのが賢明です。

クレカ等の支払いに遅れてしまっている場合

auじぶん銀行は審査に際して個人信用情報機関から申込者のローン履歴を取り寄せて調べます。
その情報の中にはクレジットカードの支払いで起こした延滞について記載されています。

銀行に限らず金融機関は全般的に延滞には厳しいです。
他社で起こした延滞であっても自社のリスクのように取り扱いますから、クレジットカードの支払いが遅れたことがある人は増額審査に落ちやすいです。

個人信用情報から延滞の情報が消えるまで最長で5年ほどかかります。

何らかの支払いに現在遅れている人は要注意!

クレジットカードの支払い延滞は、auじぶん銀行の増額審査に悪影響を及ぼします。
この他にもローンサービスで延滞を起こせば審査の結果は厳しいものになるでしょう。

注意すべきは分割払いで商品を購入している方です。
分割払いもローンサービスの一環ですから延滞を起こせば個人信用情報に履歴として記録されます。

一度記録されれば長期間消えませんから、支払いが遅れないように分割払いや不必要なローンサービスを利用しないよう心がけましょう。

じぶんローンで増額する際、どのような注意点があるのか

増額申請は失敗しても利用限度額がそのままになるだけで目立ったリスクは無いだろうと考えているなら、それは大間違いです。
いたずらに増額申請して失敗すると利用限度額を下げられたり、要注意人物としてマークされるなどのリスクもあります。

いずれのリスクも初めてじぶんローンを利用する方には馴染みが無いもので、実際にその身に起きると「知らなかった…」と後悔するものばかりです。

増額申請で公開しないためにも、申請で被るリスクについて正しく認識してください。

限度額が引き下げられてしまう可能性もあり得る

多くの利用者の方が誤解していることですが、増額審査は利用限度額を上げるのを認めるか否かの審査ではありません。
申込者の支払い能力や借入・返済実績を厳密に調査して利用限度額を更新するものです。

利用限度額のアップデートが目的ですから調査結果によっては限度額が以前よりも減る可能性も十分にあります。
年収が上がって自分では増額が認められると判断しても、審査では様々な調査項目がありますから素人の判断とは違う結果になることも少なくありません。

安易に増額申請するのはリスクが高い行為です。

利用制限が増額審査中はかかることもある

「増額申請した後に残っていた限度額を使って借り入れしようとしたら利用を断られた」そんなケースが初心者を中心に見られるようです。
原因は増額審査の最中に追加借入が凍結されてしまうため、十分に余裕がある状況でも利用できなくなります。

なぜこのような厳しい処置が行われるのでしょうか? 
理由は増額審査の特徴にあります。
増額審査は利用限度額を更新しますから、新たな限度額が決まるまで現在の限度額は借りの金額として固定するために凍結されます。

審査に落ちることが増額案内の電話があってもある

増額を勧める電話や通知があると嬉しさからすぐにでも増額申請したくなりますが、ちょっと待ってください。 
auじぶん銀行からの増額案内が利用限度額アップの約束手形だと思ったら大間違いです。

残念ながら、案内を受け取っても審査で落ちることは珍しくありません。
増額案内は年収や借入・返済実績などごく一部の審査項目だけを調べて、その数値が条件をクリアしたら送っているだけなので、より厳しい審査が行われる増額審査で不備が見つかると簡単に落とされます。

お金がどうしても必要なときの対処法について

お金が必要なのに限度額いっぱいまで借入している場合は増額申請を考えますが、おすすめはできません。
審査の結果が出るまで最短でも2日かかりますし、最悪のケースでは限度額が低下したりサービスを利用停止される可能性もあります。

損失を被る可能性がある増額申請よりは安全な選択肢を選びましょう。
auじぶん銀行から追加借入できない場合に活用できる金策として有効なのは他のカードローンです。

この項目ではカードローンにどんなメリットがあるか紹介します。

他社のカードローンに新規申し込みするという選択肢もある

auじぶん銀行で追加融資できなくても他の金融機関で融資が認められる可能性があります。
金融機関のローンサービスで利用しやすいのは「カードローン」です。
古くからある信頼度の高いサービスで、最近はコンビニATMでも手数料無料で現金を受け取れる金融機関もあります。

仮に審査に落ちても個人信用情報にカードローンの申請を出したことが記載するだけで、この記載は1年かからず消えてくれます。
銀行と違い即日融資も可能です。

手間も少ない新規申し込み

カードローンを利用するなら銀行系は消費者金融系か、どちらかを選ぶことになります。
それぞれメリットがあり、銀行系は金利が低く安心、消費者金融系は即日融資が可能などです。

おすすめなのは消費者金融のカードローンです。
消費者金融は審査時間も短い傾向がありますし、金利が高く設定されている分、審査が早く終わる傾向があります。

また、50万円以下の限度額を指定したなら審査で収入証明書が不要です。
申し込み手続きが手間なくできるのは大きいメリットでしょう。

早ければ即日融資も可能である!

カードローンを申し込む方の多くが即日融資を望みます。
少しでも早く融資を受けるなら大手消費者金融のカードローンを申し込むのがおすすめです。

カードローンと言っても最近はカードの代わりにスマホを利用するので昔のようにローンカードが届くのを待つ必要なく借入でます。
ネットが苦手という方は自動契約機でローンカードを受け取って、その場ですぐ融資を受けることも可能です。

自動契約機を使う場合でも消費者金融なら即日融資が可能です。

おすすめのカードローンを紹介!

使い方によっては即日融資が可能なおすすめの消費者金融系カードローンは次の4つです。

・プロミス
・アコム
・アイフル

いずれも申し込みから現金を受け取れるまで1時間ほどで可能なスピードキャッシングに対応しています。
限度額にこだわるならアイフルです。
最大800万円まで限度額を伸ばせます。

金利に関しては10万円以下ならプロミス、それ以上はアコムとアイフルです。アイフルとアコムは利用限度額を上げていった時の低金利が魅力です。

auじぶん銀行カードローンはこれらの方法で返済する

auじぶん銀行カードローンの返済方法について紹介します。
借り入れをしたら、毎月遅れずに返済しなくてはなりません。

これはauじぶん銀行カードローン以外でも同じことですが「うっかり…」ということもあるものです。
そのため返済方法についてはあらかじめしっかり確認しておき、忘れないようにしてくださいね。

auじぶん銀行カードローンで借入した場合、毎月1回返済する必要があります。
まずは返済方法と期日から見ていきましょう。

返済方法と期日

auじぶん銀行カードローンの返済方法と期日は以下の2つです。

[auじぶん銀行カードローンの返済方法と期日]
ATM…35日ごと、または期日指定返済のどちらかを選択
口座振替…返済日を任意で指定(あらかじめ設定した日に毎月返済する)

ただし、口座振替はauじぶん銀行の口座を持っている方のみが利用できる返済方法となっています。
そのため口座振替を希望する場合はあらかじめauじぶん銀行の口座を開設しておく必要があります。

毎月返済・35日ごとの返済などの、返済方法の違いを確認

auじぶん銀行カードローンの返済サイクルには「毎月返済」と「35日ごとの返済」の2種類があります。

[毎月返済]
毎月返済は口座振替での返済を希望された人が対象となります。
返済日は任意で指定が可能です。
引き落とされる金額は最低返済額のみとなります。
手間は少ないものの、返済日当日のメールお知らせサービスはありませんので注意しましょう。

[35日ごとの返済]
35日ごとの返済はATMでの返済方法を希望した方が対象となります。
前回の返済日から数えて35日後が、次回の返済予定になる方法です。
毎月期日が変わるため、忘れないように気を付ける必要があります。

返済する時にで利用可能なATMはこちら

じぶんローンの返済で利用可能なATMを紹介します。

[返済で利用可能なATM]
・三菱UFJ銀行ATM
・セブン銀行ATM
・EnetATM(ファミリーマート等)
・ローソンATM
・ゆうちょ銀行ATM

銀行ローンに限らず、カードローンではATM手数料が原則有料のところも少なくありません。
そんななか、利用手数料が終日無料なのは嬉しいですね。

少しでも支払い金額を抑えたい、という方にとってはメリットが大きいといえます。

メールで返済日前に知らせてくれる

「忘れっぽいから返済が不安…」という人も、じぶんローンなら安心です。
なぜならじぶんローンには「返済日前Eメールお知らせサービス」があるからです。

このサービスでは返済日3日前にメールでお知らせしてくれます。
そのためうっかり返済を忘れるということを防げるでしょう。

毎月返済日が変わる「35日ごと」のサイクルを利用しているときは、特にこの「返済日前Eメールお知らせサービス」が便利です。
メールが届いたら忘れずに準備してくださいね。

どのような方法で返済方法を変更するの?

あらかじめ設定してある返済方法を変えることも出来ます。
変更方法は以下の2つです。

[返済方法を変更する方法]
・会員ページ
・ローンセンターへの電話

また、じぶんローンの返済サイクルは「期日指定返済」と「35日ごと」のいずれかになっています。
こちらも会員ページかローンセンターへの電話によって変更することが出来ます。
変更手続きはそれほど難しいものではありませんので、自分にとって便利な方法を利用するようにしましょう。

一括返済をしたくなった場合の返済方法

「一括返済をして完済したい」という場合は、会員ページにアクセスし、残っている返済元本を確認しましょう。
会員ページ内の「利用状況照会」画面で確認してください。

一括返済時は「借入残高+利息+遅延損害金+利息適用外残高」で支払うべき金額を計算できます。
利用適用外残高とは1,000円未満の残高をいいます。

残高が残っていれば完済できないため全額返済しましょう。
なお、硬貨が使用できないATMでは1,000円未満の返済が出来ません。

硬貨の入金が出来るATMから返済すると良いです。

auじぶん銀行カードローンの口コミ・評価を紹介!

カードローンを実際使っている人の意見は気になるものですよね。
そこでauじぶん銀行カードローンの口コミ・評価について見てみましょう。

[auじぶん銀行カードローンの口コミ・評価]
・申込や借り入れがスムーズ
・WEB完結なので便利
・消費者金融よりも高い限度額で審査に通った
・返済シュミレーションがないのは不便

公式サイトでカードローンの返済シュミレーションが出来ないのは不便との声もありますが評判は良いようです。

すべてのカードローンを見る

カードローン一覧

金融機関の種類から探す

銀行カードローン
消費者金融カードローン

ランキングで探す

カードローンランキング
消費者金融カードローンランキング
銀行カードローンランキング

カードローン会社から探す

特徴から探す

低金利のカードローン
即日融資が可能なカードローン
無利息期間ありのカードローン
借り換え可能カードローン
郵送物なしカードローン
コンビニ対応カードローン
審査結果の早いカードローン
WEB完結可能なカードローン
WEB明細が使えるカードローン
口座振込で返済可能なカードローン
ネットキャッシングできるカードローン

職業から探す

公務員に人気のカードローン
会社員(サラリーマン)に人気のカードローン
自営業(社長)に人気のカードローン
主婦に人気のカードローン
パート・アルバイトに人気のカードローン
学生に人気のカードローン

心配・悩みから探す

カードローンとは?
審査なしのカードローンはある?
カードローンの審査基準は?
審査の甘いカードローンは?
金利の計算方法は?
カードローンとキャッシングの違いは?
専業主婦でも即日融資は可能?
サラ金・ヤミ金・街金の違いは?
お金借りるならどこがいい?
「カードでお金」の看板は何?
おまとめローンの審査基準は?
ショッピングローンの審査基準は?
無審査で即日融資のカードローンってある?
中小消費者金融は審査が甘い?
カードローンの返済方法は?
ソフト闇金のデメリットは?
他社借入があると審査落ちする?
キャッシングは信用情報に傷がつく?
即日で50万円は可能?
個人間融資は危険?
サラ金の金利は?

    おすすめカードローンランキング

  1. カードローン人気ランキング
  1. 本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  2. 本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  3. 当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  4. 本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  5. 編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  6. カードローンは計画的にご利用ください
  • ランキング根拠
  • ランキングは以下のデータに基づき作成しています(詳細はランキングページに記載)
  • ・利用者へのアンケート調査
  • ・ワイズローン経由でのアクセス数、申込数
  • ・各社が公開している口座数、財務情報
  • プロミス
  • プロミスではメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
  • 瞬フリを利用するには24時間振込可能な金融機関の口座が必要です
  • SMBCモビット
  • 融資や審査回答までの時間について:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • 「50万円以下なら収入証明書不要」について:場合によって収入証明を提出していただくことがあります。
  • レイクALSA
  • 商号:新生フィナンシャル株式会社
  • 貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号
  • 融資限度額 1万円~500万円
  • 貸付利率 4.5%~18.0%
  • 遅延損害金(年率)20.0%
  • 返済期間・回数/最長8年・最大96回
  • 必要書類 運転免許証等 ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
  • 担保・保証人/不要
  • 要審査
  • Webで最短60分融資も可能※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
  • 申込資格:年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方
  • ご返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
  • 初めてなら初回契約翌日から無利息
  • ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります
  • Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません
  • 無利息期間経過後は通常金利適
  • 30日間無利息、180日間無利息と併用不可
  • 千葉銀行カードローン
  • 対応地域:千葉全域、東京全域、埼玉全域、茨城全域、神奈川(※一部地域を除く)
  • 三井住友銀行カードローン
  • 三井住友銀行の普通預金口座・キャッシュカードをお持ちなら、申込から契約までの手続きがWEBで完結
  • ローン契約機でカードを受け取れば郵送物なし

Copyright LeadingTech All Rights Reserved.