最終更新日:2020年06月06日

お金がない学生が短時間でお金を作る方法を紹介

まずは節約しよう!一人暮らし大学生は仕送りが少ない…

2018年に全国生活協同組合連合会が実施した調査によると、一人暮らしの大学生への仕送りの平均は、月71,500円だそうです。 
これは全国平均なので、地方で一人暮らしをしているという人の場合はさらに少ない傾向にあるでしょう。

また、東京などの仕送りの額が多いであろう場所は、家賃などの物価も高い傾向にあります。 
ここから家賃も支払わなければいけないので、生活が苦しいという人もいることでしょう。

そのため、大学生にはお金に困っているという人も多いでしょう。

仕送りをもらっているけど厳しい大学生がチラホラ

大学生は、家賃や生活費、交際費、教科書代などが必要になってきます。 
そのため、出費はそれなりの金額になってしまいます。

それに加え、授業の関係や部活などの時間もあるため、なかなかアルバイトをするのが難しいということもあります。

そのため、実は大学生の中にはお金がない、生活に余裕がないという人は多いです。 
しかも突然の飲み会なども入ることもあるので、急な出費があることも多いです。 
そのため、普段からお金を貯めたり、生活していくために節約を意識しているという人も多いでしょう。

一番ラクなのは節約!

生活費が足りなかったり、交際費などを用意したい場合、一番最初にやることといえば節約でしょう。 
特に何か時間を必要としたり、モノを用意したりといったこともないので、誰でも簡単に始めやすいのが節約です。

特に学生の場合は、お金がないということも多いので、準備などが必要なく、お金もかからないということで、最初に節約をすることがおすすめです。 
そこでここからは、効果的な節約の方法をいくつか紹介してきます。節約初心者は特に、始めるきっかけにしてください。

食費を削る

節約の方法として一番最初に思い浮かべる人が多いであろう物が、食費を削ることではないでしょうか。 
毎月それなりの金額を払っていて、工夫もしやすいため、節約のためには非常に重要な手段でもあります。

ですが、食費を削る場合はいくつか注意点があります。

それは、一日一食にしたり、断食といったことです。 
これは確かに食費を大幅に減らすことはできますが、栄養失調などで体を壊してしまう可能性もあります。

しかも、場合によっては治療費などでよりお金がかかってしまうという可能性もあります。 
材料費を削るなどの方法で工夫するようにしましょう。

飲み会を断る勇気も必要!!

大学生の出費の中でもそれなりの割合を占めてしまうことがあるものが、飲み会です。 
場合によってはそのまま2次会で別の店に行ったり、カラオケなどに行き、さらに出費がかさんでしまいます。

そのため、お金がない大学生にとっては、時には飲み会を断ったり、1次会だけに参加し、2次回以降は断るといった判断も重要になってきます。 
飲み会を断ることで、少なくとも数千円は自由になるお金を確保することができます。

また、先輩などがいる場合には、おごってもらうというのも1つの手です。 
ですが自分から言い出すと悪い印象を与えてしまうので注意しましょう。

低い家賃の部屋に引っ越す

一人暮らしの大学生にとって切っても切り離すことができないのが家賃です。 
持ち家でない限りは、必ずと言ってよいほどついて回ってきます。 
そしてその家賃は出費の中でも一番の比率だということも多いでしょう。

そのため、家賃が安い部屋に引っ越すことも節約の1つの手段です。 
場合によっては1万円単位で毎月支払うお金が少なくなることもあります。 
ですが部屋の契約や引っ越しにお金が必要になるので、それなりに余裕がないと難しい可能性もあります。

格安スマホに移行しよう

今は大学生に限らず、ほとんどの人にとって手放すことができない存在となったスマートフォン。 
そんなスマホの利用料金も、毎月それなりの値段が必要になってきます。 
さらに新しいスマホを分割で購入した場合は、その金額も追加されてしまいます。

そのため、スマホを格安スマホに変えることで、毎月の支払額を減らすことができます。 
格安スマホだからといって機能が劣るというわけでもないので、利用を考えてみるのもおすすめです。

服代を抑える

大学生の場合、高校までとは違い、私服で通学しなければいけません。 
服装も人から見られてしまうので、服に気を使い、お金をかけるという人も多いのではないでしょうか。

しかし服はお金がかかるものです。 
あまりにも気を使いすぎてしまうと、頻繁に服を買う必要が出てきたりして、どんどんと出費が大きくなってしまいます。

そのため、ある程度で妥協して出費を抑えることも大切です。 
服の節約におすすめなのが、古着屋の利用です。 
古着屋では本来なら高額だった服なども掘り出し物として安く売られていることがあります。

短期間で大学生が稼ぐ方法を紹介!

ここまで紹介したのは、節約により出費を減らすというものでした。 
ですが時には急な出費が重なってしまったりして、お金が足りなくなってしまい、できるだけ短期間でお金を稼ぎたいということもあるでしょう。 
そういった時には、節約のように少しずつ出費を減らしていくようなものでは対応できません。 
そこでここからは、お金が必要になったときに短期間でお金を稼ぐための方法を紹介していきます。 
大学生という制限も大きい立場だからこそ、いろいろな方法を知っておいてください。

不用品を販売する

一番簡単に短期間でお金を稼ぐ方法は、不用意品の売却です。 
家にある使わないCDやDVDからゲームのソフトといったものまで、売れるものはたくさんあります。

ものによってはまとめて売るだけで1万円以上のお金を手にすることができる可能性もあります。 
不用品を売ることの一番のメリットは、その場でお金を手にすることができることです。 
買取店にもっていきさえすれば、その場で鑑定しお金にしてもらうことができます。

また量が多い場合には、家に出張買取に来てもらうこともできます。

日雇いバイト

できるだけすぐにお金が欲しいという場合には、日雇いバイトがおすすめです。

日雇いバイトは1日単位であることがほとんどなので、休みの日だけなど自分でも日程の調節をしやすいです。 
特に普段からバイトができないというような人にはおすすめです。

日雇いバイトは通常のバイトよりも日給が高いものも多く、1日働けば1万円以上を稼げるということも多いです。 
ですがバイトによってその日にお金が受け取れるか、後日になるかといったことは変わってくるので注意しましょう。

日払いの治験

治験と言われてもあまり印象のないという人もいるでしょう。

治験とは、新薬の検証や未認可の薬の効果などを調べるために、実際に人に薬を服用してもらい、反応などを見るためのものです。 
副作用の危険性があったり、モルモットのような部分があることから、報酬はバイトよりもはるかに高くなっています。

また万が一副作用があった場合にもきちんと処置を受けることができたり、保障もあります。
ですが様子を見るために数日間入院するような場合もあるので注意が必要です。

ポイントサイトでコツコツ

まとまった時間がなくても、スキマ時間でお金を稼ぐことができるのがポイントサイトです。 
特に部活などをしているような人は、毎日練習があったりして、バイトなどをするような時間が作れないような人も多いでしょう。

ですがポイントサイトなら数分でもポイントを稼ぐことができるので、始めやすいです。 
毎日コツコツとポイントを貯めていくと、いざというときにそれなりの金額にすることができる可能性もあります。

ですが1日に貯めることができるのはかなり少額なので、現金にするためにはそれなりの期間が必要になります。

家庭教師や塾講師

拘束時間が短く、時給も高いアルバイトとしては、学習塾の講師や家庭教師といったものがあります。

生徒に勉強を教えるということでハードルが高く感じてしまう人もいるかもしれませんが、大学生ということは基本的に大学受験を経験しているはずです。 
教える内容はそれまでに勉強してきたことになるので対応できるということも多いです。

また、大学生の強みとして、受験に関する新しい知識を持っています。 
特に受験生を経験した生の経験を生かした指導ができるということで、実は人気があります。

特殊な生徒を教えるという方法もある

家庭教師などの場合、特殊な事情を抱えている生徒を教える場合には時給が高くなる傾向にあります。

例えば、不登校の子供です。
不登校の場合、いろいろと気を付けなければいけない対応などもありますが、その分時給は高くなります。 
何度も繰り返していくことで実績も積むことができます。 
特に現在は不登校の生徒も数も増えているので需要は高くなってます。

また、医学部受験のための家庭教師も需要が高まっています。
医学部に進学したような学生に限りますが、自分の受験時代のノウハウを活かしてお金を稼ぐことができます。

オペレーター

あまりイメージできないかもしれませんが、オペレーターのアルバイトも時給が高いです。 
オペレーターの仕事はコールセンターなどでの電話対応が主なものになります。

声だけでやり取りをしなければいけないので、高いコミュニケーション能力や深い知識などが必要になってきます。 
また、時には苦情などで厳しい言葉を投げつけてくるようなこともあるので、つらい思いをすることもあります。

相手に与える印象が重要になってくるので、男性よりも女性のほうが採用率は高い傾向にあります。

ウーバーイーツ(Uber Eats)で好きな時に働く

近年増えているアルバイトとして、ウーバーイーツの配達員というものがあります。 
特に最近では新型コロナウイルスの影響で食事の宅配なども増えているので需要も増えています。

ウーバーイーツの配達員の一番のメリットは、自分の都合で旗悪時間を決めることができる点です。 
自分の空いている時間にだけ働くことができるので、急に予定が入ってしまっても安心できます。

また、配達回数が増えればインセンティブが発生する仕組みなので、長く働けばその分収入も多くなっていきます。

奨学金を増額する方法

大学生としては、奨学金の制度も考えておきたいところです。 
年次が上がり就職活動も視野に入ってくると、アルバイトをする時間も減ってきてしまい、やはり収入は減ります。 
そうなってしまうとまたお金に苦しむ状態になってしまいますが、そんな時には奨学金の増額を考えてみるのも一つの方法です。

奨学金はお金に困っている学生が望む教育を受けられるようにお金を貸し出してもらえる制度です。 
もし現在の奨学金をもう少し増やすことができたら、多少お金に余裕が出るかもしれません。

過度な増額は今後を考えて控えましょう

奨学金はあくまで貸与、貸してもらうだけなので、当然卒業して就職した後には、利息分も含めて返済する必要があります。 
つまり学生時代の金銭的負担を将来の自分に肩代わりしてもらうと言うこともできます。

いわば前借り、しかも利息が付くので、あまり奨学金をもらいすぎてしまうと今度は社会人になってからまたお金に困ってしまうことにもなりかねません。 
あまり目先にとらわれ過ぎるのも良くないですから、必要な分だけ増額し、そしてある程度就職活動の目途がついた時には、あらためて減額をしましょう。

知り合いに助けてもらう方法

お金に困っている時に取りえる手段として、周りの知り合いに頼んでみるという方法も考えられます。 
友人や家族、知人などに思い切って相談してみるのも良いかもしれません。

お金のことなので、いきなりではあまり良い顔をされないかもしれませんが、本当に困っている時ならば理由によっては真面目に考えてくれる人もいるでしょう。 
利息の面や借金のリスクなどを考えれば、知り合いにお金を貸してもらえるならばこんなにありがたいことはありません。 
他に手段が考えられなければ、この方法も検討してみましょう。

しっかり親しい人でも返済しよう

リスクがないとは書きましたが、当然知り合いであろうが返済はきっちりとしなければなりません。 
むしろ親しい人との人間関係が壊れてしまうことを考えれば、場合によってはもっともリスクが高いという考え方もできます。

知り合いからお金を借りる際には、借りる時点からきちんと返済の見通しや期限について自分のほうから話し、信用のおける人間であることを示していきましょう。 
お金を貸してくれる相手には誠実に対応し、そしてしっかりと返済をすることで、人間関係が壊れてしまわないように気をつけてください。

【女子大学生】短期間で稼ぐ方法

これまでに紹介してきた方法は、男女関係なくすべての大学生が行うことができる方法です。 
ですが中には、女子大学生しかできないようなお金の稼ぎ方もあります。 
このように言われると何か危険なものや違法なものだと感じてしまう人もいるかもしれませんが、すべて世紀のお金の稼ぎ方です。

男子大学生にはできないということでできる人は限られてしまいますが、その分時給などは高いものもあります。 
そのため、できるだけ多く稼ぎたいというときにはおすすめです。

チャットレディー

女性が簡単にお金を稼ぎたいときにおすすめなのが、チャットレディーの仕事です。 
チャットレディーと言われても、仕事内容がわからない人も多いかもしれません。 
チャットレディーの仕事は、パソコンなどのチャットで男性と会話をすることです。たったそれだけのことでお金を稼ぐことができます。

パソコンとネット環境さえあれば簡単に始めることができ、時給は3,000円程度から高い場合には7,000円にまでなることもあります。 
また、顔を見せずに声だけですることもできるので、チャットレディーのバイトが人にばれるということも避けることができます。

ミステリーショッパー

お金がないときに地味に負担になるのが、美容室などの身だしなみではないでしょうか。 
そんな時におすすめなのが、ミステリーショッパーといわれるアルバイトです。 
これは覆面調査員のようなものです。

依頼のあった美容院やカフェを利用し、事前に指定された項目をチェックし、報告するのが仕事になります。 
その際に使った金額はある程度報酬として支給されます。 
相場は4割からとなっていて、中には全額支給されるようなものもあります。

【男子大学生】短期間で稼ぐ方法

続いては、男子大学生向けのお金を短期間で稼ぐことができる方法を紹介していきます。 
中には男子の体力に目を付けたような仕事もあります。

そのため、過酷な仕事などもあるため、すべてが男子学生全員に向いている仕事であるとは言えません。   
ですがどんなバイトでも同じですが、過酷な仕事ほど時給などの条件も良くなっている傾向にあります。 
そのため、つらい仕事はその分お金を稼ぐことができます。

男子学生がアルバイトを探す時には参考にしてみてください。

ホスト

男子学生が大金を稼ぐことができる可能性があるアルバイトの1つ目は、ホストです。

大金を稼ぐ印象があるであろうホストですが、学生のアルバイトでもその時給は高めです。 
平均して1,500円程度で、それにインセンティブが追加されます。
そのため日によっては日給1万円を超えるようなこともあります。

また、ホストクラブにはお金を持っている様々な女性が集まります。 
そういった人たちとの人脈を広げることもできます。 
ですが夜の仕事になってくるので、学業に支障をきたしてしまう可能性もあります。

現場仕事

男子大学生だからこその仕事として、現場作業があります。

みなさんも現場仕事といえば力仕事で、体力勝負の部分もあるというイメージがあるのではないでしょうか。 
そのイメージ通り、現場仕事には体力が必要です。

そのため、若く体力のある男子大学生にはおすすめの仕事なのです。 
現場仕事は肉体的にも精神的にもキツイ部分があるので、人手が不足している傾向にあります。

そのため、時給も高くなっています。 
キツいけれどもお金を稼ぎたいという人にはおすすめです。

リゾートバイト

大学生のように長期休暇があるからこそできる仕事にリゾートバイトがあります。

実際に施設などに泊まり込んで、一定の期間アルバイトをすることになります。 
夏休みであれば海水浴場やキャンプ場、冬休みや春休みならスキー場といった場所になります。

リゾートバイトの一番のメリットは、バイトの期間は基本的に店側が食事などの面倒を見てくれる点です。 
また、宿泊して基本的に長時間働くことになるので、お金を使う機会も少なくなります。

出費を減らし、かつお金も稼ぐことができます。

有給のインターンシップでお金を稼ぐ方法も!

大学生が企業で実際の業務を体験することができる制度であるインターン。 
このインターンシップを使っても、大学生はお金を稼ぐことができます。 
基本的に大学生はインターンシップは就活などで使われるということになります。

その中でもお金を稼ぐことができるのは、長期のインターンシップになります。 
長期の場合は実際に学生が業務に重視することになるので、その対価に賃金を受け取ることができます。

また同時に専門的な知識や価値観などを身に着けることもできます。

【株式投資】小額から始められる

お金を稼ぐ方法として、株式投資を考える人もいるでしょう。
上手くいけば大金を稼ぐこともできる方法でもあります。 
ですが最初の元手が必要というイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。

そんな時には、少額投資から始めるのがおすすめです。 
最近では小口で株式投資を始めることができるようなサービスも増えています。 
少額だと一度に稼ぐことができる金額は少なくなってしまいますが、続けていくことで少しずつ大きな金額を動かせるようにもなっていきます。

仮想通貨

近年話題に上がることが多い仮想通貨もお金を稼ぐ方法の一つです。 
数年前にあったビットコインの価値の急上昇を覚えているという人も多いでしょう。 
この仮想通貨はFXと同じように24時間取引ができ、レバレッジも利用できるので大金を動かすこともできます。

また仮想通貨は株式に比べて価格変動が大きいので、タイミングが良ければ一気に大金を稼ぐことができます。 
ですがその分下がり幅も大きいので、損失も大きなものになってしまう可能性があるので気を付けましょう。

お金をバイト以外で作る方法はなにがある?

大学生がお金を稼ぐ方法の基本はアルバイトと考える人も多いでしょう。 
ですが、大学生全員がアルバイトの時間を取れるというわけではありません。

大学の研究室が忙しいため底に詰めていなければいけない人や、部活や就活といった活動の時間がある為アルバイトの為のまとまった時間が準備できないという人まで様々な事情でアルバイトができない人もいます。

ですがそんな人にもお金を稼ぐ方法はあります。
ここからはアルバイトができない人向けのお金の手に入れ方を紹介していきます。

仕送りの金額をを増やしてもらう方法

急な出費などで対応できない場合は、親に仕送りを増やしてもらうように頼むという方法があります。 
学校関連のことでお金が足りなくなってしまったりしたなら、一時的にお金を出してくれるということも多いようです。

ですが一方で、自分の怠惰でアルバイトをしていなかったり、飲み会や遊びなどでお金が足りないという場合には、お金を出してもらうことはできない傾向にあります。 
仕送りを増やしてもらうということは親の負担が大きくなるということと同じなので、本当にお願いすべきかどうかはよく考えましょう。

自己アフィリエイト

自由にできる時間が少ない中でお金を稼ぎたいなら、自己アフィリエイトをするという方法もあります。 
これは、自分で商品を購入し、キャッシュバックを受け取ることになります。

実はこの自己アフィリエイト、サービスを提供している会社が公式で行っているサービスなので、違法性などは全くないのです。 
そんな自己アフィリエイトの中でも特にキャッシュバックの金額が大きいのは、クレジットカードの発行やFX口座の開設といった金融官益のサービスです。

カードローンで借入れもアリ?本当に困ったらどうすべきか

本当にお金が無くて困ってしまったという時には、カードローンに申し込み、融資を受けるという方法もあります。 
消費者金融のカードローンの場合は、申し込んだ即日に融資を受けることができるものも多いので、明日お金が必要、といった時にも対応することができます。

ですがカードローンの申し込みは大学生だと働いていないので難しいのでは、と思ってしまう人もいるでしょう。 
そこでここからは、大学生が本当のカードローンでお金を借りることができるのかといったことを解説していきます。

成人前でもカードローン は借りれるの?

学生がカードローンを利用する場合、年齢に注意しなければいけません。 
大学生には、18歳、19歳といった人もいます。 
その年齢の人は大学生ですが、法律上ではまだ成人しておらず、未成年として扱われます。

そして未成年の場合、基本的にカードローンだけでなく様々なローンなどでお金を借りるといったことはできません。 
これは法律上の理由だけでなく、返済能力に不安が残ってしまうためです。

そのため未成年の大学生の場合は、カードローンでお金を借りるという手段は使うことができません。

バイトをしていないけど大丈夫なの?

カードローンを利用したいと思っている学生の中には、アルバイトなどでお金を稼げないので利用したいという人もいることでしょう。 
そんな人は、アルバイトをしていないけれども借りれるのか、と不安に思うかもしれません。

実際、アルバイトをしていない場合はカードローンを利用することはできません。 
カードローンを利用する場合、銀行でも消費者金融でも、安定した収入があるかどうかといったことが重視されます。 
安定した収入がある=返済能力がある、と判断されます。

アルバイトをしていない場合は無収入になってしまうので、返済できるか分からないということで融資は行っていないのです。

借りれる金額はどれくらい?

カードローンを利用する時に気になるのは、いったいいくら借りることができるのかということでしょう。

基本的に大学生がカードローンで借りることができるのは、10万円以内となることが多いです。 
ですが消費者金融によっては、それ以上の金額を貸してくれるという場合もあります。

この時に知っておいてほしいのが、総量規制と呼ばれる制度です。 
この制度により消費者金融では年収の三分の一以下の金額しか借りることができません。

そのため、アルバイトの稼ぎが少ないと、借りることができる金額も少なくなってしまいます。

学生ローンなどを考える必要もある

アルバイトや仕送りだけでは生活をしていくのが難しいという場合は、奨学金や学生ローンを利用するという方法もあります。

奨学金の場合はカードローンなどを利用するよりも金利も低く返済も社会人になってからになるので、学生としてはありがたいでしょう。
ですが申し込みをいつでもできるというわけではなく、学期の初めにしか申し込むことができません。

そのため学期中にお金が必要という場合には頼ることができません。
また学生ローンも消費者金融よりは金利は低いです。

ですが必要な書類も多いので手続きが複雑になります。

友人や知人からお金を借りる方法

ここまでの中でお金を借りる先としては、消費者金融などのカードローンを紹介してきました。

ですが、お金を借りるのは必ずしもカードローンでなければいけないというわけではありません。 
本当に必要ならば、友人や知人にお願いするという手もあります。

ですが、お金を借りたことによって友人との関係が崩れてしまうという可能性もあります。 
実は友人からお金を借りたり、貸したりしたことによって起こるトラブルは多いです。 
親しい間柄だからとなあなあにするのではなく、近い関係だからこそ返済を怠っ足りしてはいけません。

年間平均14万円の赤字って本当?学生はお金が無いのが当たり前!

データを分析してみると学生は年間平均14万円の赤字が出るということが分かりましたよね。

もちろん、すべての人が働かずに学校に行っているわけではありません。 
空き時間を利用して積極的にアルバイトをしている学生は少なくありません。

中には働き過ぎて進学できないという人さえいるほどです。
そんな風にして働いても足りないことだってあるのです。

月によっては2~3万円足りないときもあるでしょう。 
「お金がない」というのは当たり前ともいえます。

収入平均は年間35万円(月3.16万円)!大学生のアルバイトについて

大学生のアルバイト収入は平均で年間35万円といわれています。 
これを月収にすると3.16万円となります。

時給900円のアルバイトなら週に8時間程度。 
週3回アルバイトをしているなら1日あたりは3時間ほどになります。

もし、2倍働いたとしたら、なんと平日5日間で各4時間シフトに入ることになります。 
これ以上働いているかたもいますが、どう考えても大変ですよね。

これでは勉強する時間など残らなくなってしまいます。

大学の学費=親の負担平均額だとすると、年間68万円はどうやって捻出する?

さて、学費や通学費は親御さんが支払っているとしましょう。
平均年間支出総額は187万円であるといわれています。

そして平均での家庭からの給付118万円と仮定すると、のこりは年間68万円になるのです。 
これをすべて自力で払うとしたら大変ですよね。

もちろん住んでいる環境や仕送り額、奨学金などでも変わってきます。 
ただ、年間35万円という平均アルバイト収入と比べると「どうしても足りない」というのは事実なのです。

大学生の支出を考えると、収入が年間49万円では絶対に足りない

ここまでの計算で、既に年間14万円の赤字が発生しています。 
ただし、このくらいならば、もう少しアルバイトを頑張れば解決できるかもしれません。

しかし、 
・飲み代 
・洋服代 
・デート代 

などと考えるととても足りそうにはありません。

アルバイトを増やすにも限度がありますよね。 
プライベートにも学業にも支障が出てしまいます。

そこでここから紹介する節約術や収入を増やす方法を実践してみましょう。 
もしかしたら生活に余裕が出るかもしれません。

実際、バイト選びが大切かもしれない

ここまでは大学生のお金に関する事情について触れてきました。 
平均するとアルバイトで稼ぐことができている金額は低いため、生活に困ってしまう傾向にあるようです。

ですが大学生の中には、毎月十万円以上の金額を稼いだり、社会人と変わらないような収入を得ているという人もいるのも事実です。 
今ではアルバイト以外にもクラウドソーシングなどといった今までにはなかったお金の稼ぎ方もあるので、どのようにして収入を得るかも非常に重要なポイントになっています。

特に大学生は正社員などという立場ではないので仕事を自由に選ぶことができます。 
そのため、色々なことにチャレンジしてみるというのもおすすめです。

給料の支給額が足りない場合

今アルバイトをしているという人の中には、時給が思っていたよりも低くて不満がある、という気持ちを持ったことがある人もいることでしょう。 
ですがそれは、ただ単に時給が低いのではなく、控除などを想定していなかったため、それらが引かれてしまい、少なく見えてしまうということも良くあります。

社会人と違いアルバイトだと、あまり控除などを気にしていないという人もいるでしょう。 
また、よく確認していないために実は給料が間違っていたということも実際に起きています。

そこでここからは給料が間違えられてしまう原因や対処法について紹介していきます。

基本的にはバイトのタイムカードから確認

アルバイトの給料を計算するのに一番重要なのは、タイムカードです。

ほとんどのアルバイトでは、勤務時間をタイムカードで管理するために、出社時や退勤時にタイムカードに記録しています。
そしてその時間を元にして、給料の計算を行っています。

そのため、タイムカードの記録忘れなどがあると給料が本来の金額よりも少なくなってしまうことが起きてしまいます。 
また、残業や深夜残業といった場合には、割増されることも多いです。 
それらの時間もきちんと記録されているか確認しましょう。

税金や手当ても計算される

給料明細を見てみると分かりますが、支給額だけではなく控除額という枠もあります。
給料をもらう場合には、この控除額が必ずあり、それが引かれているため、純粋に時給を勤務時間で掛けた場合よりも金額が少なくなるのです。

この控除は、源泉所得税や場合によっては雇用保険料、厚生年金といったものが含まれています。
特に源泉所得税は収入があった場合には必ず引かれなければいけないものなので、これは常に引かれるということを覚えておきましょう。

振込みや手渡しで給与が支給された場合

これまでのことを踏まえて計算された給料が、働いた本人に渡されることになります。 
その方法としては、口座への振込や手渡しといった形になります。 
最近では口座振り込みが多くなっていますが、今でも手渡しで給料を渡しているという場合もあります。

そしてこの給与を支給する時にも、給料が間違われてしまう原因が隠れています。 
その詳細については後程紹介していきます。

給料をもらった際には、給与明細も必ず確認しておきましょう。

バイトの給料が間違えられる事はよくある?

アルバイトという立場だとしても、給料を間違えて支給するということは許せない行為ではないでしょうか。 
特に大学生という立場ではお金に余裕が無いということも多いので、そのことによるミスは大きなものになってしまいます。

ですが給料の間違いが必ずしも経営者や経理によるものであるとは限りません。 
原因の中には、本人のミスによるものということもあります。 
そのためすぐに責めたりするのではなく、なぜ間違ってしまったのかを確認することが大切です。

タイムカードを押し忘れていることが原因?

給料計算が間違ってしまう原因の中でも意外に多いのが、タイムカードの押し忘れです。

給料の計算は前述したように、基本的にタイムカードに記録された時間を元に行っています。 
そのタイムカードを押し忘れたことがあると、その分が記録されておらず、給料が少なくなってしまいます。

特にアルバイトが多いような職場の場合は、毎日誰が働いているかの管理が複雑になってしまい、全部は覚えておくことが難しいです。 
そのためタイムカードを押し忘れてしまっても、気づかれないといったことが起きてしまうのです。

タイムカードは自分で毎回押したかどうかを確認するように習慣づけておきましょう。

単純に計算間違いをしていた場合

続いての間違いの理由は、計算間違いです。 
タイムカードで時間のなども管理しているのに計算間違い?と思ってしまう人もいるかもしれません。 

ですが給料の管理システムといったものを導入しているのは基本的に大手の会社のみで、今でも自分たちで計算しているという会社も多いです。

そのような場合はエクセルなどを使用して、自分たちで数値などを入力したりして行っています。 
そのため、どうしてもヒューマンエラーは起きてしまうことがあるのです。

控除金額を間違得ていた場合

給料の間違いには、控除する金額が間違っているということもあります。 
本来なら控除する必要のないものや支払う必要のないものが引かれてしまっていたということも実際に起こっています。

そのため、毎月給与明細で控除金額を確認しておくのが良いでしょう。

ですが多くの人は、控除金額がそれ出会っているのかわからないでしょう。 
場合によっては源泉所得税や厚生年金などが別々に書いてあり、わかりやすいものもありますが、全てまとまってしまっている場合もあります。

給与明細を見ていてどこかに違和感があれば、質問してみるのも良いでしょう。

他の人の給料と間違って振り込まれている場合

意外に思われるかもしれませんが、実は給料が他の人と間違われていたということも起こります。
会社によっては手作業で銀行への振り込みを行ったり、手渡しのために分けたりといったことをしています。

そのためその時にどうしてもミスをしてしまう可能性があるのです。 
人の手による作業の場合は、どれだけ慣れているような人でもミスをしてしまう可能性はなくすことができません。

そのため、どうしても振込のミスなども起きてしまいます。

悪意のある間違いはどのように対処する?

ここまでは、人為的だけれども悪意はないような原因について紹介してきました。 
給料のミスが全てこういったものだったら良いのですが、中にはわざと給料を低くしているような悪意のあるものもあります。

そのような場合は特に見逃すことはできませんが、誰に相談すればよいのか、といったことで迷ってしまう人もいることでしょう。 
そこでここからは、悪意のある給料の間違いに対しての対処法や、その時の重要なポイントを紹介していきます。

まずは、誠意をもって交渉してみよう!

相手が悪意を持って給料を低くしていると分かった時、その相手に対して強い言葉で問い詰めたいという気持ちがわいてきますよね。  
そんな時でも冷静に誠意をもって対応するようにしましょう。

ですが、ただ単に相手より低姿勢でいればよいというわけではありません。
話をしていく中で相手に改善が見られないようなら、第三者に相談しなければいけないといったことも伝えましょう。 

基本的に悪意を持ってやっている場合は、第三者にばれてしまうと大事になってしまうので、嫌がります。 
それにより改善される可能性もあります。

労基署へ!聞き入れてもらない時の対処法!

きちんと誠意をもって伝えたにもかかわらず改善が見られないといったこともあるでしょう。

そういった場合には労働基準監督署へ相談しましょう。

ここは給与に関するトラブルなどの相談に乗ってくれる専門の人員がいます。 
相談し、相手側に違法性があることがわかると、労働基準監督署は警察と同じ権力によって会社側を是正することもできます。

また給料関係の相談以外にも、職場でのセクハラの悩みなどについても相談に乗ってもらえ、対処してもらうこともできます。

給料が逆に多かった時はどうすればいい?

ここまでは給料計算のミスで、給料が本来より少なく渡されてしまった時のことについて紹介してきました。 
ですが実際には逆に給料が本来もらうよりも多くもらってしまったというトラブルも起きることがあります。

そんな時には本来よりも多くもらえたため、自分のものにしてしまいたいという気持ちも出てきてしまいますよね。 
ですがこのような場合にも、給料が少なかった時と同じように適切な対応をしなければ、トラブルに発展してしまう可能性があります。

必ず申し出よう!必要なのは返還する事!

もしも自分のもらった給料が本来もらう金額よりも多かった時には、きちんと会社や店に申し出なければいけません。
隠したとしても、会社や店側は再度計算をし直してみると分かってしまいます。 
忘れたころに返還するように言われてしまうということもあります。

また、場合によっては金額を見ても自分が貰い過ぎているのかどうかが判断できないようなこともあります。 
そんな時にも返還を求められた場合は、きちんと応じましょう。

すぐに返還できない場合は、分割でも可能な場合もあります。

すべてのカードローンを見る

カードローン一覧

金融機関の種類から探す

銀行カードローン
消費者金融カードローン

ランキングで探す

カードローンランキング
消費者金融カードローンランキング
銀行カードローンランキング

カードローン会社から探す

アイフル
プロミス
SMBCモビット
レイクALSA

特徴からさがす

低金利のカードローン
即日融資が可能なカードローン
無利息期間ありのカードローン
借り換え可能カードローン
郵送物なしカードローン
コンビニ対応カードローン
審査結果の早いカードローン
WEB完結可能なカードローン
WEB明細が使えるカードローン
口座振込で返済可能なカードローン
ネットキャッシングできるカードローン

心配・悩みから探す

カードローンとは?
審査なしのカードローンはある?
カードローンの審査基準は?
審査の甘いカードローンは?
金利の計算方法は?
カードローンとキャッシングの違いは?
専業主婦でも即日融資は可能?
サラ金・ヤミ金・街金の違いは?
お金借りるならどこがいい?
「カードでお金」の看板は何?
おまとめローンの審査基準は?
ショッピングローンの審査基準は?
無審査で即日融資のカードローンってある?
中小消費者金融は審査が甘い?
カードローンの返済方法は?
ソフト闇金のデメリットは?
他社借入があると審査落ちする?
キャッシングは信用情報に傷がつく?
即日で50万円は可能?
個人間融資は危険?
サラ金の金利は?

    おすすめカードローンランキング

  1. カードローン人気ランキング
  1. 本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  2. 本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  3. 当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  4. 本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  5. 編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • ランキング根拠
  • ランキングは以下のデータに基づき作成しています(詳細はランキングページに記載)
  • ・利用者へのアンケート調査
  • ・ワイズローン経由でのアクセス数、申込数
  • ・各社が公開している口座数、財務情報
  • プロミス
  • プロミスではメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
  • 瞬フリを利用するには24時間振込可能な金融機関の口座が必要です
  • SMBCモビット
  • 融資や審査回答までの時間について:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • 「50万円以下なら収入証明書不要」について:場合によって収入証明を提出していただくことがあります。
  • レイクALSA
  • 商号:新生フィナンシャル株式会社
  • 貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号
  • 融資限度額 1万円~500万円
  • 貸付利率 4.5%~18.0%
  • 遅延損害金(年率)20.0%
  • 返済期間・回数/最長8年・最大96回
  • 必要書類 運転免許証等 ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
  • 担保・保証人/不要
  • 要審査
  • Webで最短60分融資も可能※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
  • 申込資格:年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方
  • ご返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
  • 初めてなら初回契約翌日から無利息
  • ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります
  • Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません
  • 無利息期間経過後は通常金利適
  • 30日間無利息、180日間無利息と併用不可
  • 千葉銀行カードローン
  • 対応地域:千葉全域、東京全域、埼玉全域、茨城全域、神奈川(※一部地域を除く)
  • 三井住友銀行カードローン
  • 三井住友銀行の普通預金口座・キャッシュカードをお持ちなら、申込から契約までの手続きがWEBで完結
  • ローン契約機でカードを受け取れば郵送物なし

Copyright LeadingTech All Rights Reserved.