最終更新日:2020年05月31日

「お金がない、助けて」と思った時の対処法!お金を用意するには?

段階的な対処法を解説!お金がないときどうする?

せっかく待ちに待ったお給料が入っても気ついたらもうお金がないという経験がある人はいませんか?

何にお金を使ったかわからないといった人や無意識のうちにお金がなくなっている人は注意が必要です。

お金がない状況から脱却するためには、段階的な対処法が必要です。

それは、①お金の使い方を見直す②節約する③お金を稼ぐ④国の制度を利用する⑤お金を借りるという方法です。

ここでは順番に説明していきますので参考にしてください。

【対処法1】お金の使い方を見直そう!

まずお金の使い方を見直す方法について紹介します。
まずは自分の現状を把握するためにも、自分のお金の使い方や収支を確認しましょう。

まず、直近1か月で何にいくら使ったかを把握してみましょう。
大変な作業ですが、お金がないという状態に二度と陥らないためにも頑張ってみましょう。

見直したいポイントは給料日など決まった日に必ず通帳記帳する習慣をつけることです。 
そして、放置しがちなクレジットカードの明細書は捨てずに必ず開封しましょう。

クレジットカードは一括払いにし、一括払いできない物は買わないようにしましょう。

【対処法2】節約する

次に節約するする方法をご紹介します。 
お金に困っている時にその状態を改善させる方法として一番初めにすべきことは「ムダの削減する」ということです。

もしも一時的にまとまったお金が手に入ったとしても、支出を抑えることができなければ、またすぐにお金がないという状況に陥ってしまいますので「お金がない」状態が続きかねません。
そのような状態を打破するためには「節約」が大事です。

まずは、1か月の全ての支出を書き出してみると何に無駄に使っているか見えるでしょう。
今後の自分の人生のためにも、常にお金に困った状態ではなくお金が貯まる家計を目指していきましょう。

通信費を節約しよう!

次に固定費の通信費を節約する方法です。 
固定費ならば一度契約を変更してしまえば、以降は意識しなくても自動的に毎月出費をお抑えることができ節約することができます。

節約できる代表的な通信費はスマホです。

最近話題の「格安スマホ・格安SIM」への乗り換えると、月々1人あたり5000円近く節約することができます。

夫婦であれば年間12万円以上の節約になります。 
また、家のインターネット回線をスマホとのセットにして割引サービスを利用するという方法もあります。是非一度格安SIMを検討してみてください。

保険の加入済みのものを見直す

次に加入済みの保険を見直すという方法です。
生命保険料や自動車保険料が意外と生活費を圧迫しているというケースは多いので、この機会に保険を見直すというのも一つの方法です。

もしもの時に備えるのが保険ですが、毎月の支払いに追われ生活が苦しくなるのであれば本末転倒です。 
最近では、保険を見直す専用の無料相談所が増えてきました。

もし保険を見直すことで月々の保険料の支払額を減らすことができれば、生活費に余裕が生まれてくるでしょう。 
保険を解約すれば解約返戻金が手元に入る場合があります。

趣味などで集めているグッズにかけているお金を節約しよう!

趣味で集めているグッズにかけるお金を節約という方法もあります。 
グッズ集めを趣味としている人は、リサイクルショップやインターネットのフリマサイトで中古品を手に入れる方法がおすすめです。

どうしても新品でないと嫌とういう気持ちはわかりますが、そこを我慢すればかなりの節約になります。

中古品といっても保存状態が良いものもあります。 
また、コンサートや舞台チケット代を節約できる方法があります。

それは、金券ショップで購入することです。 
金券ショップには必ずお目当てのチケットがあるとは限らないので、何店舗か巡ることをおすすめします。

【対処法3】お金を稼ぐ

一番基本的なことですがお金を稼ぐという方法もあります。 
これは一番安全かつ確実な方法です。

ここでは、お金稼ぐ方法とご紹介します。あらなた発見があるかもしれませんので参考にしてください。 
まず派遣・アルバイトです。 
これは一番収入に直結する方法です。

次に自分の不要なものをリサイクルショップで売る方法です、これも比較的収入に直結する方法です。 
そのほか、クラウドソーシングや治験、アフィリエイトなどの稼ぎ方もあります。

ここからはこれらの方法について詳しく説明していきます。

派遣・アルバイト(収入スピード:★★★★☆)

派遣・アルバイトについてです。
派遣・アルバイトの長期・短期・日雇いと雇用形態は様々で、その時の自分の状況に応じた働き方ができます。

お金がすぐにほしいという人であれば、「日払い」がおすすめです。 
短時間勤務OKというバイトもありますので、家庭の事情で隙間時間に働きたいという人にはおすすめです。

また最近人気な仕事は「Uber Eats」で、自分の好きな時間帯に働くことができます。 
「Uber Eats」は自家用車やスクーター、自転車があればできる仕事で注文者に料理を届ける仕事です。

不要なものを売ってみよう(収入スピード:★★★☆☆)

不要なものを売るについてご紹介します。
家に使わない家電用品や着なくなった洋服などはリサイクルショップなどで売ってしまいましょう。

不用品を処分する方法としては、リサイクルショップ以外でもネットオークション(ヤフオクなど)、メルカリ(スマホアプリ)、フリーマーケットなどがあります。知人・友人に売るという方法もあります。 
この中ですぐに現金にできるのは、リサイクルショップの実店舗に持ち込む方法で最短で30分ほどで査定が完了します。

物をリサイクルショップで売る方法

まずはリサイクルショップで物を売る方法についてご紹介します。 
家に不用品なんてないと思っている人でも、一度身の回りを真剣に探してみましょう。

履かないけど鑑賞用に買ったプレミア付きのスニーカーや、元恋人からの誕生日プレゼントでもらったけど思い出があって捨てにくいアクセサリーや腕時計など、意外と「不用品」とは言えないけど使わないものはありませんか?
この際、そういった感情は捨てて全て処分してお金に変えてしまいましょう。

どんな最終手段を使ってもお金を借りられない人は、自分の身の回りの不用品をリサイクルショップへ持ち込んでお金に換えてみましょう。

CD、DVD、本、ゲームソフト・本体を売る

次に本、CD、DVD、ゲームソフト・本体を売る方法を検討してみましょう。 
本のリサイクルショップであるブックオフなどを利用すれば本、CD、DVD、ゲームソフト・本体、カードゲーム類などを一括して売ることができるのでとても便利です。

もし、プレミアがついているものがあれば、まとめて売ると高額になる可能性もあります。 
たくさんの量の本があるなどお店に持っていくのが大変であれば宅配買取サービスを利用するのも一つの方法です。

宅配買取サービスは、段ボール箱に詰めて送るだけで査定してもらえるので便利です。

クラウドソーシングで稼ぐ(収入スピード:★★★☆☆)

副業として有名なクラウドソーシングについて説明します。 
クラウドソーシングとは、仕事を依頼したい依頼者と仕事を受けたい発注者をインターネット上でマッチングしてくれる仕組みです。

仕事の依頼内容は文字起こしや記事のライティング・サイト作成・資料作成、キャッチコピー提案など多岐にわたります。

自分の得意な分野から仕事を探すことができ、自分の能力を活かせる仕事があるかもしれませんので是非一度チェックしてみてください。

治験で稼ぐ(収入スピード:★★★☆☆)

治験でお金を稼ぐ方法を説明します。
治験とは、販売前の医薬品が健康上副作用などの害がないか調べるための試験のことです。

この治験に参加した人は、謝礼が支払われます。
内容によっては、普通のアルバイト等よりも短期間で効率的にお金を稼ぐことができるかもしれません。 
すぐにお金が必要な人は選択肢に入れておきましょう。

ただし、自分の体を使って治験を行うことになりますので、治験内容によっては副作用の発生してしまうかもしれまんので理解の上で参加してください。

アフィリエイト(収入スピード:★☆☆☆☆)

アフィリエイトについて説明します。 
最近よく耳にするアフィリエイト収入はブログなどで収入を得る方法です。

アフィリエイトとは、特定の商品・サービスをブログのなかで紹介して、読者がそのページから申し込みされると一定の報酬を受け取れる仕組みです。 
企業側にはブログが一つの広告手段になっていてアフィリエイトは決して怪しい方法ではありません。

紹介する商品によって報酬額は異なり、高額なもので数万円稼げるものもあります。
魅力的な文章を書ける人であれば、副収入の一つとしてアフィリエイトはおすすめです。

番外編:中学生でバイトできない場合はどうすればよい?

ここで番外編ですが、バイトできない中学生がお金がない時はどうすればよいでしょうか? 
その時は、メルカリやヤフオクなどのフリマアプリで私物を売ったり、ポイントサイトでポイントを貯めるといった方法があるでしょう。

そのほか一番実効性が高いのは、親にお金を借りれないか交渉することです。 
中学生は原則としてアルバイトをしてお金を稼ぐことができません。

ですので中学生がお金に困った際は、まずは親と交渉するのが得策です。

【対処法4】国の制度を利用する方法もある!

国の制度を利用するという方法を説明します。 
優雅な生活をしておらず最低限の生活をしているのに家庭によってはお金に困っている人は少なくないでしょう。

そのような人はぜひ「国の制度」の活用を検討してみてください。

「国の制度」は消費者金融などでお金を借りることよりも先に検討してほしい手段です。 
「国の制度」には生活保護制度、失業給付金(失業保険)、総合支援資金(生活福祉資金貸付制度)、債務整理などがあります。ここではこれらの制度を詳しく説明していきます。

生活保護制度

生活保護制度を利用する方法について説明します。
生活に困窮している人はまず生活保護制度」の利用を検討してみましょう。

生活保護制度とは、生活に困窮している人を対象としていて、最低限の生活を保障するための支援をすること目的とした制度です。 
生活保護制度には様々な条件がありますが「生活が苦しい」人にとっては救いの一手となる可能性がありますので、まずはご自身の居住地域を担当している福祉事務所へ相談してみましょう。

生活保護受給者だがお金がない時はどのような方法で対処すれば良いか

次に生活保護受給者でお金がない時の対処法を説明します。 
生活保護受給者でお金がない時の対処法としては、2つの方法があります。

まず一つ目は家計を見直して支出を減らすことです。
次に仕事に就いて収入を増やす方法です。

生活保護受給者でお金がない人はこの2つの方法のいずれかしかありません。 
もちろん、生活保護の担当者に増額や前借を交渉してみるのも1つの方法ですが、生活保護費の交渉は難易度が高く、実現するのは不可能でしょう。

生活保護受給者でお金がない人は収入を増やすか支出を減らすために家計を見直しするなどの必要があるでしょう。

失業給付金を受給する方法

失業給付金を受給する方法について説明します。 
リストラや倒産など何らかの事情で失業してしまった人は、一定条件を満たすことで「失業給付金(失業保険)」を受給することができます。

失業給付金(失業保険)の受給要件として雇用保険に加入していた期間などがありますが、突然失業してしまった人にとってはとてもありがたい制度です。 
失業給付金(失業保険)の給付条件など詳しい情報は、最寄りのハローワークへ問い合わせてみてください。

総合支援資金を借りる方法

総合支援資金を借りるという方法を説明します。 
総合支援資金とは、失業など理由に生活に困窮している場合に、経済的な自立を支援するために借入できる制度です。

総合支援資金の使用用途としては、生活支援費、住宅入居費、一時生活再建費などの充てることができます。

もし、連帯保証人を手配できるのであれば総合支援式資金は無利子で借りることができるのでとても便利です。 
もし連帯保証人を手配できない場合でも年1.5%と低金利で借りることができるので消費者金融より低い金利で借りることができます。

債務整理も検討してみよう!

債務整理を検討するという方法もあります。 
この方法は、生活の困窮している原因が借金である人におすすめの方法です。

債務整理には、4つの方法があり、「任意整理」「特定調停」「民事再生」「自己破産」があります。

それぞれの方法は、対象となる債務や利用する条件が異なります。 
ここからはこの4つの債務整理の方法についてわかりやすく説明していきます。

借金の返済に困っていてこれから債務整理しようと検討している人は是非参考にしてください。

特定調停・任意整理のリスクについて

任意整理・特定調停のリスクについてご紹介します。 
「任意整理」とは借入している金利を引き下げたり元本の分割に返済できるようにするなど、借金を返済できるように交渉する方法です。

「特定調停」とは、借金をしている人が破産の可能性がある人が利用できる手続きです。
当事者が話し合いをすることにより、条件を緩和するなど交渉する手続きです。

これらの2つの方法に該当すると、当該事実が信用情報に記載され審査に不利になります。 
信用情報に記載されると5年程度ローンやクレジットカードなどの審査に通過できなくなる可能性があります。

自己破産・民事再生のリスクについて

民事再生・自己破産のリスクについて説明します。

「民事再生」は裁判所に借金を返済できない事実を申し立て、減額を認めてもらう手続きです。 
「自己破産」は、裁判所に当該事実を申し立て、全ての借金を帳消しにする手続きのことです。

この手続をとった場合、車や家電など処分可能な資産を手放す必要があります。 
これらの2つの方法に該当すると、当該事実が信用情報に記載され審査に不利になります。

信用情報に記載されると5年程度ローンやクレジットカードなどの審査に通過できなくなる可能性があります。

【対処法5】お金を借りる

お金を借りる方法を説明します。 
これまでは、「節約する方法や稼ぐ方法、国の制度を利用」についてご紹介してきました。

しかし、これらの方法を試してみても状況が改善されないという人は、お金を借りるという方法もあります。 
お金の切れ目が縁の切れ目と言われているので、できれば親族や友人、貸金業者にお金を借りるのは避けたい方法ですがやむを得ない時もあります。

ここでは、親族・友人・貸金業者から借りることについて気を付けたいポイントについてご紹介します。

お金を親族から借りる方法

親族からお金を借りる際の注意点をご紹介します。
お金に困った時に一番リスクの低い対処法として、「親族にお金を借りる」という方法があります。

食費も足りないなど生活に困難なレベルの状況であれば、まずは親族にお金を借りれないか相談してみましょう。 
その際の注意点として、相談する際は決して嘘を付かず本当のことを言いましょう。

その理由は、「お金を借りる」ということは、親族との信用問題だからです。 
もし嘘を付いてしまうと、親族との信頼を大きく損ねる可能性がありますので注意しましょう。

お金を友人から借りる方法

友人からお金を借りる際の注意点をご紹介します。
「お金がなくて苦しい状況だけど親に頼ることができない」というような人は、友人にお金を借りなければならないかもしれません。

しかしながら、実際に友人からまとまった金額を借りるのは困難な人も多いと思います。 
なぜならば友人にとってはお金を貸すメリットが1つもないうえに、5万円や10万円といった大金を貸すのはリスクが大きいと感じるからです。

もし、友人にとってのメリットを提示できれば、お金を借りられる可能性もあるので、友人がメリットと感じる条件を考えてから相談してみましょう。

キャッシングやカードローンで借りる方法

カードローンやキャッシングで借りる時の注意点をご紹介します、
お金に困った時は、銀行カードローンや消費者金融でお金を借りるのも1つの方法です。

カードローンのメリットは即日融資を受けることができ、さらにコンビニATMなどでも借入・返済できることから、利便性がとても高い方法です。 
もし無計画にお金を借り入れして、思った以上に返済期間が長くなってしまうと想像以上に多くの利息を支払うことになるので注意してください。

お金がない時におすすめのカードローン・キャッシングについて

お金に困った時はキャッシング・カードローンがおすすめです。
ここではおすすめのキャッシング・カードローンをいくつかご紹介します。

「プロミス」と「アコム」は、認知度が高く融資スピードが高いためとてもおすすめの会社です。 
プロミス・アコムは両方とも、即日融資が可能で初回利用であれば期間中、無利息でお金を借りることができる無利息サービスを利用することもできます。

プロミス・アコムは5~10万円程度の少額融資にも積極的に融資を行ってくれるため、借入・返済を繰り返して利用したい人でも安心して利用することができます。

お金を即日で借りる方法を解説!

即日でお金を借りる方法をご紹介します。 
即日でお金を借りたい人は、消費者金融でWEB申込をする方法がおすすめです。

そこで即日お金を借りたい場合は、金利の低い銀行カードローンでもいいのでしょうか? 
実は、銀行カードローンは申込をした日にお金を借りることができません。

銀行カードローンは、手続完了後実際にお金を借りれるようになるまで、申し込みから1週間程度の日数が必要です。 
しかし、大手消費者金融なら最短1時間でお金を借りることができますので急いでお金が必要な人に向いています。

闇金などの怪しい業者には要注意!

闇金や怪しい業者には注意しましょう。 
お金を借りる際に注意すべきなのは、甘い謳い文句で誘ってくる「闇金」などの怪しい業者です。闇金とは、違法に高い金利や不当な貸付を行っている違法業者のことをいいます。

もし、闇金でお金を借りてしまうと、法外な高い利息を請求されたり脅迫じみた取り立てにあう可能性が高く怖い思いをするかもしれません。
お金を借りる際は、その会社が正規の貸金業者かどうかを必ずチェックするようにしましょう。

プレゼントを恋人に贈りたいのにお金がない!対処法はある?

恋人にプレゼントを贈りたいのにお金がない時の対処法は? 
大好きな恋人には、お金をかけて心に残るようなプレゼントを贈りたいですよね。

しかし、何らかの事情でお金がない時だとプレゼントができなくて困りますよね。
そんな時でも心を込めた方法があります。

例えば、プライスレスな手紙を添えてプレゼントしたり、似顔絵や曲をプレゼントするなど一点ものをプレゼントするのも一つの方法です。
また、手作りのケーキを作ったり、恋人が好きな限定キャラのアイテムをプレゼントする方法もあります。

お金がない時でも彼氏・彼女を楽しませたい!対処法はある?

お金がない時でも恋人を楽しませたい時の対処法は?、 
「デートが間近に迫っているけどお金がない」「生活する最低限のお金はあるけど、趣味を楽しめるような余裕はない」といった人も多いのではないでしょうか?

お金がない時でも節約して楽しめるデートの方法があります。 
例えば、自宅でゆっくり映画を観ておうちデートも良いでしょう。また、近隣でウィンドウショッピングをしながらお散歩をするのも素敵なデートです。

是非、一工夫して節約したデートを楽しみましょう。

彼氏・彼女にプロポーズ、結婚したい・・・でもお金がない!対処法は何かある?

恋人と結婚したいのでプロポーズしたいけどお金がないという人への対処法についてご紹介します。 
そんな人に役立つ対処法としては、結婚式費用を抑えるため、招待客を小規模にした格安ブライダルプランを選ぶことをおすすめします。

そのほか、期間を決めて2人で協力して貯金するという方法もあります。
また、銀行で結婚資金専用のブライダルローンを利用するという方法もあります。

このローンは結婚式のほかハネムーンにも使うことができます。

お金がない女性の特徴について

お金がない女性の特徴について説明します。 
お金がない女性の特徴は、食生活でいうと節約して自炊をせず、外食やデパ地下ばかり利用している人です。

また、飲み会を断ることができないという人もお金がない人が多いです。

そのほか、友人にお金を借りたりブランドものが好きといった人も自分で支出のコントロールができないので、お金がない人が多いと言われています。 
将来の結婚した時の資金を事前に確保するためにも、現在の支出額を把握するように意識するようにしましょう。

お金がない男性の特徴について

お金がない男性の特徴について説明します。
お金がない男性の特徴は、常に「お金がない」というのが口癖だったり「お金がないのは社会の制度や安月給のせい」だと思っている人です。
そのほか、パチンコや競馬などのギャンブルが好きな人や、自分の支出を把握していない人もお金がない可能性が高いです。

お金がないかどうかを判断するポイントは、自分の支出を管理できているかどうかがポイントになります。

心あたりがある人は結婚する前に早めに改善するようにしましょう。

お金がなくて離婚に踏み切れない!対処法は何かある?

離婚したいけどお金がなくて踏み切れない人の対処法は? 
「離婚したいけど、その後の生活資金が不安でなかなか離婚に踏み切れない」という人は意外と多いと思います。

また、「離婚するためにかかる裁判費用が準備できない」といった人もいるでしょう。

離婚をする際に必要な資金は2つあります。 

まず、離婚手続きを行う際に必要になる費用です。 
二つめは別居に伴う費用です。

ここでは、これらの2つの費用についてわかりやすく説明していきます。

離婚手続きに必要な費用はどうする?

結婚は「婚姻届」で手続が完了します。

一方で離婚は結婚する時より手続が大変だと言われています。

それは離婚に合意するまでに手続きが必要なケースがあるからです。 
離婚する際にかかる手続費用は、離婚方法によって異なります。

離婚には夫婦で話し合いをしてお互いに離婚に合意する「協議離婚」と夫婦間で話し合いをしたけれど、相手が話し合いに応じなかったり離婚条件に合意しなかったりする場合に行う「調停離婚」があります。

ここでは、「協議離婚」と「調停離婚」について詳しく説明します。 
離婚に手続に関する費用が気になるという人は是非参考にしてください。

協議離婚

協議離婚の場合について説明します。 
協議離婚とはさきほど説明したとおり、夫婦で話し合いをしてお互いに離婚に合意する方法です。

この協議離婚の場合は、夫婦それぞれの署名・捺印が記入・押印された離婚届を役所に提出するだけ手続が完了します。 
そのため、結婚する際に婚姻届けを出すのを同様、協議離婚の場合は離婚届を役所に提出するだけの手続のため基本的にお金はかかりません。

誰しもできればお金がかからない協議離婚の方法で離婚したいと思うでしょう。

調停離婚

調停離婚の場合について説明します。
調停離婚はさきほど説明したように、夫婦間で話し合いをしたけれど、相手が話し合いに応じなかったり離婚条件に合意しなかったりする場合に行う方法です。

この場合、家庭裁判所への申し立てが必要になり調停申告書に1,200円の印紙を貼りつけして申し立てを行います。 
更に、戸籍謄本などの書類整備代やもしも裁判となれば弁護士費用も発生してきます。

離婚にかかる弁護士費用の平均は約60~70万円と言われています。
このように調停離婚はかなりのお金がかかるのでできれば協議離婚になるように進めましょう。

【民事法律扶助】弁護士費用を立て替えてもらえる制度を利用しよう

弁護士費用を立て替えてもらえる制度として「民事法律扶助」があります。 
民事法律扶助は2段階で援助を受けられ、まずは無料相談援助として無料法律相談を受けることができます。

その後、弁護士や司法書士にかかる費用の立て替えを行ってくれます。

民事法律扶助を受けるには、以下の手続を行う必要があります。 
まず、無料法律相談を受けて、その後審査を受けます。

審査に通過したら援助が開始され終了となります。

なお、民事法律扶助を受けるためには、一定の条件が必要であり、その条件は資力が一定額以下であったり、勝訴の見込みがないとはいえないことが必要になります。

お金がない生活とストレスとの関係について

お金がない生活とストレスとの関係について説明します。

お金がないと欲しいものが買えなったり、趣味が楽しめなかったり誰しもストレスが溜まりますよね。 
お金がないことでストレスを溜まり、病気になってしまっては本末転倒です。

お金を趣味などの好きなことに使い、他で抑えることで、節約を頑張るといったメリハリをつけることで明るい気持ちになれます。 
ここからは、具体的な事例を紹介しながらどのような対処法をとれるのかご紹介していきます。

子育てしないといけないのに必要なお金がない・・・!対処法はある?

子育てに必要なお金がないという人の対処法は?
子育てにはかなりのお金がかかります。

しかし、仕事を持っていて育児休暇を取っている間はどうしても収入が減ってしまいます。

現在、子どもを産んで育てやすい環境を作るためにさまざまな制度が用意されています。 
例えば「出産育児一時金」や「育児休業給付金」、「児童扶養手当」などです。

市に申請を行うとお金が支給される制度もあります。 
興味のある人は、役所の窓口に行って相談してみください。

ひとり親家庭で余裕がない・・・!対処法は何かある?

ひとり親家庭で余裕がないという人の対処法は? 
離婚や死別を理由に一人で子どもを育てているシングルマザーやシングルファザーは少なくありません。

離婚や死別により受け取った慰謝料や保険金などが充分でなかったりした場合、ひとりで仕事と子育てを両立するのは正直厳しいものがあります。 

そんな人には是非公的支援制度をおすすめします。

公的支援制度には、「児童扶養手当」や「児童手当」、「就学援助」、「母子福祉資金貸付金」、「生活福祉資金貸付制度」、「女性福祉資金貸付制度」、「応急小口資金」などがありますので是非一度市役所の窓口に相談してみてください。

留学したいけどお金がない!対処法は何かある?

留学したいのにお金がないという人の対処法は? 
留学したいのにお金がなくて断念したという人は意外と多いのではないでしょうか。

留学は学費のほか、家賃や食費などの生活も必要になります。 
学生の人が留学する場合は、返済不要の奨学金というものがあります。

これは、2020年までに高校生と大学生を派遣留学生として1万人送り出す計画を行うための制度です。 
学生で留学するお金がなくて留学を諦めようと思っている人は是非奨学金を利用することも検討してみてください。

クレジットカードの支払いが苦しい!対処法は何かある?

クレジットカードの支払いが苦しい人の対処法は? 
正論を申し上げますが、クレジットの支払いが苦しい人は、高熱費など必要な費用を除いて苦しくなるまでショッピングをするなということです。

クレジットカードを利用する際は、今本当に必要かどうかを一度考えてから購入するようにしましょう。 
クレジットカードの支払いで支出が多い人、「クレジットカードのリボ払い」という方法を検討してみましょう。

リボ払いとは、毎月一定額を返済していく方法でその月に大きな出費があった場合でも、一度に大きな金額が引き落としされずに自身のペースで返済できるようになります。

体調が悪くのにお金がなくて病院に行けない場合は?

お金がないけど体調が悪くて病院に行きたい場合はどうしたらよいでしょうか? 
もし「公的制度の対象者」に該当すれば「経済的な事情で医療機関にかかれない人」とみなされ無料で診療を受けられる可能性もあります。

例えば、「低所得者」や「要保護者」、「ホームレス」、「DV被害者」、「人身取引被害者」です。 
またこれらに該当しなくても病院によっては医療費を後払いにしてくれる病院もありあすので、一度病院に問い合わせてみましょう。

長期的にみてお金がない時の対策を紹介

お金がない時の長期的な対策についてご紹介します。 
お金がないときの長期的な対策は、毎月一定額をつみたて貯金してみましょう。

また内職やクラウドワークスで副業をして収入源を増やすのも有効です。 
さらに支出を見直して支出金額を節約することも有効です。

ただ、借入金があって上記の方法が選択できない人も多いと思います。 
どうしてもお金が足りないという人は、自己破産等の債務整理を検討するのも1つの選択肢として検討してみてください。

FPが教える!お金の運用の仕方を紹介!

ファイナンシャルプランナーが教えるお金の運用の仕方をご紹介します。 
お金にないと人はもちろんですが、お金に余裕のある人であってもお金の悩みは尽きません。

その理由は、お金を稼ぐのと同じくらい資産運用はみんな共通問題だからです。

多くの方が悩むのは、税金対策をどうしたら良いのかや投資への知識が足りない、老後資金をどうするかについてです。 
ここからはこの3点の悩みについてそれぞれ具体的な対処法をご紹介していきます。

税金対策(節税)

税金対策(節税)についてご紹介します。
節税対策は、まず「個人型確定拠出年金」です。

個人型確定拠出年金とは、会社員が利用できる制度で国民年金や厚生年金とは別に積み立てる「上積み年金」のことです。 
個人型確定拠出年金は「掛け金が全額所得控除になる」ので節税対策になります。

個人型確定拠出年金は「投資での運用」という性格もあるので、場合によっては元本割れのリスクがあるということです。

さらに、年金としての積立てることになるので、年金を受け取れる年齢になるまで原則途中で受け取ることはできません。

少額でできる投資をする方法

少額でできる投資についてご紹介します。 
「NISA(少額投資非課税制度)」は少額の投資をする人にはおすすめの制度です。

NISAとは、株や投資信託で利益が確定した時に、一定額までを非課税とする制度です。 
通常であれば利益の20%程度の税金が徴収されますが、NISAを使うと年間で120万円まで非課税になります。

NISA(少額投資非課税制度)は税金を節約するという面でとても大きなメリットがあるので、少額で投資を始めたいという人にはおすすめです。

老後の資金について

老後の資金についてご紹介します。
老後資金を対策できる方法として、「個人年金保険」を活用する方法があります。

個人年金保険とは、国民年金や厚生年金とは別に、自主努力で上乗せ分として積み立てる金のことです。 
個人年金保険の大きなメリットとして、節税対策になる「個人年金保険料控除」というものがあります。

この個人年金保険料控除は最大で所得額から40000円差し引くことができ節税になります。

つまり、老後資金の対策と節税の両方にメリットのある方法なのです。

債務整理を検討しよう!借金を返済できる見込みがない人について

借金を既に抱えてしまっていて返せないで困っているという人もいるでしょう。

その場合には多重債務の状況が悪化してしまう前に債務整理を検討するのが大切です。 
債務整理は借金を減額したり、返済の仕方を調整したりすることで、金融機関との調整を法律事務所に依頼することで実現できます。

債務整理をすることで返済額が減り、生活の余裕が取り戻されることはよくあるので、困っているときには法律事務所に相談に行ってみましょう。

【絶対にダメ!】最終手段でも絶対にやってはいけないことを紹介!

リサイクルショップで私物を売ったり、質屋にブランドバックを預けてお金を借り入れる方法もできないという人が最終手段としても絶対にやってはいけないことがあります。
それは、闇金や怪しいサービスを利用したり、詐欺まがいの犯罪に手を染めたりすることです。

ここでは、絶対やってはいけない闇金や怪しいサービスを利用することや、詐欺まがいの犯罪に手を染めるようなことについて紹介します。
絶対やらないと思っていてもひっかかる可能性もあるので注意しましょう。

最終手段でもNG!お金を闇金、怪しいサービスで借りない!

最終手段でもNG!闇金、怪しいサービスでお金を借りてはいけません。 
最終手段でも絶対やってはいけないことは、まず闇金業者を利用することです。

闇金からはブラックリストの人や信用情報の問題がある人でも簡単にお金を借りることができますが、高金利で貸付されたり厳しい取り立てに追われるなど怖い思いをすることになります。

同様に、闇金と思われる書き込みをしている個人間融資掲示板も利用しないようにしましょう。 
最終手段だからと言って絶対闇金には関わらないようにしましょう。

最終手段でもNG!犯罪に手を染めてはダメ!

最終手段だから言って犯罪に手を染めてはいけません。 
例えば窃盗やオレオレ詐欺など、明らかな犯罪はもちろんダメですが、裏バイトと言われるような名義貸しや口座売買、詐欺の受け子・出し子などの違法バイトや違法な仕事も絶対してはいけません。

こういった裏バイトは「違法だと知らなかった」という理由で責任を逃れることができあmせんし実刑判決を受けた例もありますので絶対してはいけません。 
また、クレジットカードを換金目的で使う「クレジットの現金化」も禁止されていますので注意しましょう。

すべてのカードローンを見る

カードローン一覧

金融機関の種類から探す

銀行カードローン
消費者金融カードローン

ランキングで探す

カードローンランキング
消費者金融カードローンランキング
銀行カードローンランキング

カードローン会社から探す

アイフル
プロミス
SMBCモビット
レイクALSA

特徴からさがす

低金利のカードローン
即日融資が可能なカードローン
無利息期間ありのカードローン
借り換え可能カードローン
郵送物なしカードローン
コンビニ対応カードローン
審査結果の早いカードローン
WEB完結可能なカードローン
WEB明細が使えるカードローン
口座振込で返済可能なカードローン
ネットキャッシングできるカードローン

心配・悩みから探す

カードローンとは?
審査なしのカードローンはある?
カードローンの審査基準は?
審査の甘いカードローンは?
金利の計算方法は?
カードローンとキャッシングの違いは?
専業主婦でも即日融資は可能?
サラ金・ヤミ金・街金の違いは?
お金借りるならどこがいい?
「カードでお金」の看板は何?
おまとめローンの審査基準は?
ショッピングローンの審査基準は?
無審査で即日融資のカードローンってある?
中小消費者金融は審査が甘い?
カードローンの返済方法は?
ソフト闇金のデメリットは?
他社借入があると審査落ちする?
キャッシングは信用情報に傷がつく?
即日で50万円は可能?
個人間融資は危険?
サラ金の金利は?

    おすすめカードローンランキング

  1. カードローン人気ランキング
  1. 本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  2. 本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  3. 当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  4. 本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  5. 編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • ランキング根拠
  • ランキングは以下のデータに基づき作成しています(詳細はランキングページに記載)
  • ・利用者へのアンケート調査
  • ・ワイズローン経由でのアクセス数、申込数
  • ・各社が公開している口座数、財務情報
  • プロミス
  • プロミスではメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
  • 瞬フリを利用するには24時間振込可能な金融機関の口座が必要です
  • SMBCモビット
  • 融資や審査回答までの時間について:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • 「50万円以下なら収入証明書不要」について:場合によって収入証明を提出していただくことがあります。
  • レイクALSA
  • 商号:新生フィナンシャル株式会社
  • 貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号
  • 融資限度額 1万円~500万円
  • 貸付利率 4.5%~18.0%
  • 遅延損害金(年率)20.0%
  • 返済期間・回数/最長8年・最大96回
  • 必要書類 運転免許証等 ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
  • 担保・保証人/不要
  • 要審査
  • Webで最短60分融資も可能※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
  • 申込資格:年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方
  • ご返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
  • 初めてなら初回契約翌日から無利息
  • ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります
  • Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません
  • 無利息期間経過後は通常金利適
  • 30日間無利息、180日間無利息と併用不可
  • 千葉銀行カードローン
  • 対応地域:千葉全域、東京全域、埼玉全域、茨城全域、神奈川(※一部地域を除く)
  • 三井住友銀行カードローン
  • 三井住友銀行の普通預金口座・キャッシュカードをお持ちなら、申込から契約までの手続きがWEBで完結
  • ローン契約機でカードを受け取れば郵送物なし

Copyright LeadingTech All Rights Reserved.