最終更新日:2020年06月02日

親や知人にお金を借りるには?頼み方や注意点を紹介!

誰かに助けてもらいたい…お金が必要...

生きていく上で欠かせないのが世の中お金です。 
たとえ仕事をして定期的な収入があっても思わぬアクシデントに見舞われるとピンチに陥る場面もあります。

家賃が払えない、引き落とし出来る残高が無いなど、お金は自分で用意するにも限界はあります。 
そんな時は、勇気を出して誰かに頼ってしまうのも1つの手段です。

お金を貸して欲しいと頼むのは気が引けますが、どの様にお願いすれば比較的トラブルを避けやすいかをご紹介します。

親や友人相手に頼りたくなる

お金の貸し借りとなると、誰にでも頼めるわけではありません。 
非常にデリケートな問題であるので、どんな事があっても揺らがない信頼関係がある人にお願いするようにしましょう。

多くの方はまず始めに思いつくのが両親となり、お金の事はどうしても他人に相談しにくいです。 
両親に頼めそうに無い際、次に候補に上がるのが友人という立場にいる方となります。

親子関係が一番金銭問題では頼りやすいのですが、それが不可能な場面には友人の中でもより親しい仲の人を頼りましょう。

人間関係にヒビが入るかも?頼み方に気をつけよう

お金を貸して欲しいと頼むのは決して気軽に話してはいけません。

たとえ親子関係であっても、お金を借りるどころか信頼関係が崩れ去り、最悪の場合には絶縁状態にまで陥る可能性も大いにあります。 
それが他人である友人関係であればなおさらで、親戚縁者に頼む時よりも益々配慮が必要となります。

お金を借りる話を切り出す際には慎重に適切なプロセスを踏んでお願いに入る事が大切です。 
お金を貸して欲しいと話す時から、借りたお金を完済するまで決して誠実さを忘れてはいけません。

メリット・デメリットは?お金を親戚や知人から借りる場合について

親戚や知人からお金を借りることのメリット・デメリットは何でしょうか?

親戚や知人からお金を借りるのは、比較的借りやすいともいえます。 
しかし一方でお金を借りることにより関係性が壊れる可能性も多く、親戚や知人にお金を借りることは決していいことばかりではありません。

自分が過去に親戚や知人からお金を借りたことがある人や、逆の立場で親戚や知人に借金を申し込まれた経験がある人は、理解できる人は多いのはないでしょうか。 
ここでは、親戚や知人からお金を借りることのメリットやデメリットについてご紹介していきます。

メリット

まず親戚や知人からお金を借りることのメリットについてご紹介します

メリットは3つあります。

一つ目は、「審査がないので、気軽に借りることができる」ということです。

消費者金融や銀行のローンのように申込や審査を受ける必要がないので気軽に借りることができます。 
二つ目は「すぐにお金を借りることができる」ということです。 
これも先ほど説明したように申込や審査を受ける必要がないので気軽に借りることができます。 
三つ目は「利息が発生しない場合もある」ということです。 
親戚や知人の場合はお互いが近しい関係性から無利子で貸すことが多いようです。

メリット
  • 審査がないので、気軽に借りることができる
  • すぐにお金を借りることができる
  • 利息が発生しない場合もある

デメリット

まず親戚や知人からお金を借りることのデメリットについてご紹介します。

デメリットは2つあります。

一つ目は、「返済が遅れたりすると、人間関係にヒビが入る場合もある」ということです。 
例えば、親戚や知人から借りたお金の返済が遅れるようなことがあると、今までの人間関係にヒビが入る可能性があります。

二つ目は「お金を借りるという行為で、信頼関係が崩れることがある」です。 
そもそも親戚や知人からお金を借りるという行為自体でこれまでの信頼関係にヒビが入ってしまうという可能性もあります。

このように、親戚や知人からお金を借りるというのは、メリットもある反面、デメリットとしてもかなりのダメージがあります。

デメリット
  • 返済が遅れたりすると、人間関係にヒビが入る場合もある
  • お金を借りるという行為で、信頼関係が崩れることがある

お金を親戚や知人から借りる上でどのような問題点が想定される?

親戚や知人からお金を借りる時に予想される問題点とは? 
それでは、どうしても親戚や知人からお金を借りなければならないという場合はどのようなことを予想しておかなければいけないのでしょうか。

親戚や知人などいくら身近な人であってもお金を借りたくないと思っていても、そうはいってられない場合もあるでしょう。 
万が一の時のために、この心構えをしておくだけでも、その後の人間関係が変わってきます。

ここではお金の借り入れ先別に予想される問題点についてご紹介します。

親から借りる場合

まず親に借りる場合を想定してみましょう。 
親にお金を借りる場合の予想される問題点は2点が挙げられます。 

まず一つ目は「親子関係がギクシャクする場合がある」ということです。 
今まで良好な親子関係を築いていた人でもお金の問題がからむと親子関係がギクシャクする可能性があります。

二つ目は「親に文句を言われる場合がある」ということです。 
親にお金を借りた場合、親しい間柄であるからこそ借りた後にもずっと文句を言われ続ける可能性もあります。
さらには、その都度経済状況について詳しく聞かれる場合もありますよね。

親戚から借りる場合

親戚に借りる場合を想定してみましょう。 
親戚にお金を借りる場合の想定される問題点は2点あります。

まず一つ目は「お金を借りているということで負い目を感じる事が多い」ということです。 
親戚にお金を借りていることで、常に文句や嫌味を言われることあり後ろめたいと感じる傾向があります。

二つ目は「返済が滞ると、感情が絡んだトラブルに発展しやすい」とういことです。 
もし返済が遅れてしまった場合、親戚は全くの他人ではない分感情的になってしますトラブルに発展する可能性があります。

友達から借りる場合

友達に借りる場合を想定してみましょう。

友達に借りる場合を想定される問題点は、「返済が滞った場合、友人関係にヒビが入る可能性がある」ということです。 
これは親や親戚にお金を借りた時と同様に、もし返済が滞った場合友人との人間関係にヒビが入ってしまう可能性があります。

最悪の場合、今まで築いた信頼関係を失ってしまうこともありますので注意しましょう。 
そのような最悪の想定を避けるためにも借用書の作成することをおすすめします。

知人から借りる場合

知人に借りる場合を想定してみましょう。 
知人に借りる場合を想定される問題点は2つあります。

まず一つ目は、「お金を借りた知人との関係がギクシャクする」ということです。 
親や親戚・友人から借りるのと同様、お金を借りることでその人との関係がギクシャクしてしまう可能性があります。

二つ目は「返済が滞った場合は、悪評を立てられることもある」ということです。 
もし返済が滞ってしまうと陰で悪口を言われてしまい悪い噂を立てられてしまう可能性もあるでしょう。

お金の貸し借りを親戚や知人同士でする際には借用書を準備しておくことがおすすめ

親戚や知人同士でお金の貸し借りをする場合は借用書の準備することをおすすめします。 
借用書を準備することは、お金の貸し借りをした際に生じるトラブルを未然に回避することもできるというメリットがあります。

借用書ははじめてお金を借りるという人には聞いたことがないという人も多いかもしれませんが、借用書を知識として知っておくと必ず役に立つことが多いと思います。 
ここでは、この借用書について説明していきますので参考にしてください。

借用書って何?

借用書とは何のことでしょうか。 
借用書とは、お金の貸し借りがあったことを証明する書類のことをいいます。

原則、お金の借り手側が作成し、貸し手側に借用書を渡すことになっています。 
この借用証を作成することで、お金の貸し借りについて、言い間違い、記憶違いなどによるトラブルを防ぐことができます。

もちろんお金を借りるのは口約束だけでも可能で借用書がなくても法的には問題ありませんが、もし裁判にまで持ち込まれるようなトラブルに発展した際には証拠となります。

借用書にはどのような種類がある?

借用書の種類について説明します。 
借用書の種類には、大きく分けて2つあり、「借用書」と「金銭消費賃借契約書」に分けられます。

「借用書」とは、お金の貸し借りをした事実や貸し借りをした者同士の返済のルールについて記載した書類です。
借用書は、借り手が作成し貸し手が保管します。

一方で、「金銭消費賃借契約書」もお金の貸し借りをした事実や貸し借りをした者同士の返済のルールについて記載した書類で、借り手と貸し手が共同で作成しそれぞれが1通ずつ保管します。

借用書はどのような方法で作成する?

借用書の作成方法について説明します。 
借用書の意図や種類、借り手・貸し手のどちらが作成するのかはわかりましたが、お金の貸し借りがあった場合に借用書を作成する際に必要となるものにはどのようなものがあるのかが気になる人も多いと思います。

ここでは、借用書の作成方法する際の必要項目について説明します。 
親戚や知人にお金を借りて、その後お金の貸し借りでトラブルを起こしたくなくて借用書の作成を考えている人は、是非この記事をみて参考にしてください。

作成するときにどんな必要項目がある?

借用書を作成する際に必要な項目は何があるのでしょうか? 
その項目とは、表題と言われる借用証のタイトルがあります。
次に「金〇〇円」と記載した借用金額があります。

そして、金銭の借りた時に取り決めた利息についての記載です。

また、一番重要な返済期日・返済方法はトラブルのもとになりますので必ず記載しましょう。 
そのほか、「『金銭を受領した』という事実の明記」・「金銭を受領した」・「日付・借主の住所氏名(署名)・押印」・「貸主の氏名」・「収入印紙の貼付」も記載項目として必要になります。

金銭消費貸借契約書の作成方法を紹介!

借用書の記載項目はとてもたくさんありました。これらの項目をすべて記載するのはめんどくさいと思う人も多いと思いますが、お金の貸し借りの後にトラブルを防ぐためにはとても有効な手段です。 
是非めんどくさがらずに作成することをおすすめします。

つぎに金銭消費貸借契約書の作成方法はどのような項目が必要になるのでしょうか。 
ここでは、金銭消費貸借契約書の必要な項目について説明します。

借用書とあわせておさえておきたいポイントですので是非確認してください。

作成するときにどんな必要項目がある?

金銭消費貸借契約書の作成に必要となる項目は、まずは借用書と同様「金銭消費貸借契約書」のタイトルです。

そのほか「宛名」・「利息の取決め」・「借用金額」・「返済方法・返済期日」・「『金銭を受領した』という事実の明記」・「金銭を受領した日付も」「借主の住所や氏名(署名)・押印」についても借用書と同じ項目になります。 
借用書と異なる点は、「貸主の住所や氏名(署名)・押印」「連帯保証人・収入印紙の貼付(1万円以上の貸付の場合)」です。

連帯保証人は設定が必要な場合に記載することになります。

金銭借用書の種類を紹介

消費者金融や銀行などを利用して実際にお金の貸し借りをするときには金銭借用書は用意してもらうことができ、内容を確認して署名捺印をすれば良いというのが一般的です。

ただ、個人的に人から借りる場合には金銭借用書を正しく作成しなければなりません。 
その際に気を付けておきたいのが、金銭借用書には種類があるということです。

どの種類を選ぶかによって何が違うのかも説明するので、適切な借用書の種類を選べるようになりましょう。

借用書、借用証、借用証書、金銭借用証書、金銭借用書

金銭借用書の一番上には借用書や借用証書という記載をすることを述べましたが、そもそもこの二つも違う種類なのかと疑問に思った人もいるでしょう。

金銭借用書は色々な呼び方があり、借用書、借用証、借用証書、金銭借用証書というのは全て金銭借用書と同じ意味を持ちます。 
どの場合にもお金を借りる人がお金を貸してくれる人に向かって渡すというのを想定した構成になっていて、契約書の作成において主体が借り主となるのが特徴です。

金銭消費貸借契約書

金銭消費貸借契約書は金銭消費貸借のための契約書になり、借り主も貸し主も契約書の作成に関与することになります。

金銭消費貸借とは貸し主が借りた金銭を消費することを前提としているため、貸し主から借り主に実際にお金が渡っていることが示されなければ成立しないのが特徴です。

一般的にはお金の受け渡しのときに受領書を発行して事実を残します。 
貸し主も借り主も主体になる必要がある分、互いに責任と義務を負う契約書になります。

金銭貸借契約書の公正証書

金銭貸借契約書公正証書は公証人によって内容を証明してもらう種類の金銭借用書です。

貸し主と借り主の間で交わした契約書の内容が確かに正しいものだと第三者から示してもらえるため、証拠書類としての効力が高くなります。
金銭貸借契約書公正証書とするには内容についての条件を満たし、さらに公証人に確認してもらって証書を購入して貼付することが必要です。

それによって債務履行を徹底できることから貸し手が安心できるでしょう。

金銭借用書の記入時にはどのようなポイントがある?利息はどうする?

金銭借用書を記入するときには色々な内容を盛り込まなければなりませんが、どんなポイントを押さえておくと問題にならないのでしょうか。

特にお金を借りるときに気にかかるのが利息をどのように設定するかでしょう。 
利息をどのようにして決めたら良いのか、利息の計算はどのようにしたら良いのかなどといった利息に関わる点に重点を置いてポイントを紹介していきます。

また、失敗しないための書き方についても説明するので参考にして下さい。

利息の決め方はどうする?

金銭借用書に記載する内容や条件は貸し主と借り主の間で合意した上で決めるのが基本です。

これはどの条件についても該当し、利息の決め方についても例外ではありません。 
この金利であれば良いという互いの考え方で交渉を行い、互いに納得できる形に落とし込むのが重要です。

民法ではお金の貸し借りについては無利息を原則として、当事者間での合意があるときに金利を設定することができると定めている点も留意しておくと良いでしょう。

利率の上限・元金の金額

金利は自由に定めても良いというわけではなく、お金を借りる人を守るために上限が設定されています。

悪徳業者から借りて返せなくなっているケースが多発していた影響で上限も厳しくなっているのが現状です。
元金の金額によって上限が定められていて、10万円未満では年利20%、10万円以上で100万円未満なら年利18%、100万円以上では年利15%が上限です。

また、貸し手の利益を保証するため、特に記載がない場合には年利5%となります。

利息の計算の仕方とは?

利息の計算は借り手が返済プランを考える上でも、貸し手がお金を貸して利益を得られるかを試算する上でも重要になります。

利息=元金×利率÷365日×借入期間という単純な計算式で求めることが可能です。 
例えば、元金が100万円で利率が5%、借入期間が365日で一括して返済する形になっていた場合には、100万円×0.05÷365日×365日=5万円と計算できます。

一括返済なので期日になったら借り主は貸し主に105万円を支払うことになります。

利息の支払い方法について

利息の支払い方法も互いに納得できる形で定めておくことが必要で、大別すると二つの方式に分けることができます。

一つ目は一括返済で、返済期日きたときに元金と利息をまとめて返済するのが一般的です。
また、元本は期日に全額返済し、利息分だけ毎月分割で支払うという形にすることもできます。

二つ目は分割返済で、通常は元金均等払いか元利均等払いで毎月一回の返済をしていく形になります。
ただ、貸し手と借り手の間で合意があれば返済頻度を変える、返済方式を異なるものにするといった対応も可能です。

契約書を作成するときにどんな点に注意する?

金銭借用書を書くときには重要な証拠書類だという認識を持ちましょう。

注意しなければならないのは内容が契約満了時にも明瞭に読めること、内容をどちらも改ざんできないことです。

感熱紙などのように劣化したり変質したりしやすい用紙は使用してはなりません。 
印鑑は契印、割印、消印のいずれも同じものを使用し、捨印は使用しないのが基本です。

追加で書き込みができそうな部分をなくし、消せるボールペンや鉛筆などは使用せずに書くようにしましょう。

公正証書の準備しさらに万全を期すのもおすすめ

さらに万全を期すなら公正証書を準備することをおすすめします。

公正証書は、先ほど説明した「借用書」や「金銭消費貸借契約書」と比べ、当事者だけでは作成できなかったりお金がかかったりしますので、少し手間がかかるというデメリットはありますが法的効力が強い書類なので、万全を期すなら断然公正証書の作成をおすすめします。

ここでは、この公正証書の作成方法についてもご紹介していきます。

借用書や金銭消費貸借契約書とあわせて是非覚えておいていただきたい内容ですので確認してください。

公正証書って?

公正証書とは何のことでしょうか。 
公正証書とは、全国各地にある公証役場で公証人に作成してもらう文書のことをいいます。

公正証書を作成するためには約1万円ほどの作成費用がかかります。 
しかしもしも貸したお金が返済されずトラブルに発展するなど裁判に持ち込まれた場合は、貸した相手の財産を差し押さえることができる法的な効力を持つためメリットがあります。

そのため、大金を貸した場合など、確実にお金を返してほしいという場合には、公正証書の作成がおすすめです。

行政書士に作成してもらうという方法もある

公正証書には、行政書士に作成してもらう方法もあります。 
ただし、行政書士に作成してもらう場合は費用が発生します。

さらに通常の書類作成費用に加え、手数料や報酬料の支払いが必要になりますので理解のうえ依頼しましょう。行政書士に依頼することのメリットは、「書類作成に関わるあらゆる手続きをすべてお任せできる」ということがあります。 
面倒な書類の手続はやりたくないという人には行政書士に依頼することをおすすめします。

知人や親戚から借金を申し込まれた際にどのよな方法で対処する?

親戚や知人から借金を申し込まれた際の対処法についてご紹介します。

お金を借りる立場だけでなく、逆に親戚や知人から借金を申し込まれるというケースもあるでしょう。 
親戚や知人にはそれまで構築してきた人間関係からなかなか断りづらいという人も多いと思います。

そこで、親戚や知人に借金を申し込まれた際にどうすれば良いのか対処法をご紹介します。 
もし断りたくても断れなくて困っているという人にも是非参考にしてください。

借金の申し込みをされたときに対処すべきことってなに?

借金の申し込みをされたときに対処すべきこととは何でしょうか? 
ここでは、親戚や知人から実際に申し込まれた時、相手とのそれまでの関係性から力になってあげたいけど、その時の状況のよっては経済力に余裕がなかったり断るとその後の関係性が崩れてしまうのではないかと不安に思う人も多いと思います。

ここでは、借金の申し込みをされたときに対処すべきこととは何かご紹介します。 
是非有効的な方法ですので、参考にしてみてください。

まずは消費者金融やカードローンを利用するように勧めてみる

親戚や知人から借金の申し込みをされた際は、まず消費者金融やカードローンの利用をしてみるよう勧めてみることをおすすめします。 
消費者金融などのプロの業者でお金を借りる方がその後のお互いの関係に亀裂が入ることなく、良好な関係を続けていけるのではないでしょうか。

ただし、もし借金の借入を申し込んできた相手が既にあちこちの金融機関から借り入れを断られているような場合は、消費者金融やカードローンの利用を勧める方法は役に立たないかもしれません。

相手にどれくらいの返済能力があるか考える

次に相手に返済能力があるか考えるという方法です。 
親戚や知人などの相手から借金の申し込みをされた場合は、まず相手の経済力や信頼性などきちんと返済をしてもらえるかをよく確認してから貸すようにしましょう。

特に親しい間柄であれば、その人のお金の使い方などから返済能力がわかるでしょう。 
もしそれほど親しくない相手である場合は、周囲からの評判などを参考にして

悪評がある人にはお金を貸すことを思いとどまることをおすすめします。

貸す時は返ってくると思わないで貸すようにしよう!

親戚や知人であってもお金を貸す時場合には、そのお金は返ってくると思わないで貸すようにするというのも一つの方法です。 
もちろん借りたものを返さないというのは言語道断です。

しかし、お金を貸す前からこのよ「あのお金はあげたもの」という意識を持ってお金を貸すと、その後もしお金を返してくれなかったとしてもその人との人間関係がギクシャクすることを少しは防ぐことができるのではないでしょうか。

貸す側の意識一つで、お互いの関係も変わってくることもあります。

どのように借金の申し込みを断ればよいのか?

借金の申し込みを断る場合にはどのようにすればよいのでしょうか。 
自分が借金の申し込みを受けた場合、相手に不快な気分にさせずどうにかうまく借金の申し込みを断りたいという人も多いことでしょう。

そのようなときは具体的にどのように対処すればよいのでしょうか。 
断り方一つでその後の人間関係も大きく変わってきますので、是非親戚や知人から借金の申し込みを受けてなかなか断わりづらいというときには、参考にしてください。

はっきりお金の貸し借りはしないと断る

まず、「お金の貸し借りはしない」とはっきり断りましょう。

やはり、お金の貸し借りをするということは、今まで長い間築いてきた人間関係にヒビが入るきっかけになってしまいます。 
親戚や知人からお金を貸してほしいというお願いをされた際には、「あなたと今までの良好な関係性をこのまま続いていきたから、あなたとお金の貸し借りはしない」という断り方をすると、相手側もそこまで不快な気持ちになることなく、受け入れてくれるのではないでしょうか。

大きな出費を控えているからという理由で断る

大きな出費を控えているから、と断るという方法もあります。 
借金を申し込んできた親戚や知人に「大きな出費を控えている」と伝えると相手側も仕方ないと感じ、それ以上借金の申込はしてくることはないでしょう。

大きな出費とは、具体的には結婚式や介護費用、出産費用などをあげると効果的です。 
このようになぜ大きな出費が必要になるのか自分の状況を上手に相手に伝えると、しつこく借金を申し込んでくるということはないでしょう。

自分もお金がないという理由で断る

自分もお金がない、と断る方法もあります。 
親戚や知人から借金の申し込みをされた場合は、「自分も実はお金が無いので、お金を貸すことはできない」という断り方は相手を納得させる方法としては有効的です。

「あなたにお金を貸すことで自分の生活が苦しくなるのでお金を貸ことはできない。」ということを説明すれば、きっと相手は状況を理解してくれ納得してくれるでしょう。 
よほどの非常識な人でない限り、相手の生活を苦しくしてまで、お金を借りようと考える人はいないと思います。

今既に他人にお金を貸してしまっていると断る

今既に他人にお金を貸している、と断る方法もあります。

もし、親戚や知人から借金の申し込みをされた場合は、「今既に別の人にお金を貸しているから、経済的な理由からあなたにお金を貸すことはできない」と断るのも有効的です。 
既に別の人にお金を貸している人に、さらにお金を借りることは申し訳ないと躊躇する人もいます。 
この断り方は借金の断り方としてはとても自然で、借金を申し出た相手にも深いな思いをさせないので両方にメリットがあります。

過去のトラブルをもとに断るという方法

過去のトラブルをもとに断るという方法もあります。 
親戚や知人から借金の申し込みをされた際には、過去にお金を貸して金銭トラブルに巻き込まれたエピソードを話すという方法もあるでしょう。

実際にあったトラブルのエピソードを聞くことにより、借金を申し込んだ相手も躊躇しそれ以上借金の申し込みをすることはなく、あっさりと借金を諦めてくれるかもしれません。 
この方法は相手を不快な思いにさせない断り方の一つといえるでしょう。

家族の反対を理由にして断る方法

家族の反対を理由にして断る方法もあります。 
親戚や知人から借金を申し込まれた際は、「家族にお金を貸すことの行為を反対されているから、あなたにお金を貸すことはできない」という断り方をすることも一つの有効な方法です。

自分の近親者にお金を貸す行為について反対されているという話を聞けば、きっと借金を申し込んだ相手もそれ以上申し込んでくることを躊躇し、不快な思いをすることなく借金を申し込むことを諦めてくれるでしょう。

借りたお金はしっかり返そう!!頼み方以上に重要!

ここまでご紹介した通りに誠意を見せてお金を貸して欲しいと頼んでみると、信頼関係が崩れ去るほど悪い印象は持たれません。

しかし、その後のお金を借りれたとして、それで終わりではありません。 
今後の人間関係に大きく影響をおよぼすのが返済の仕方です。 
親しい関係だからといって遅延が出たりしていては大きく信頼を失います。

これが消費者金融からの借入だったとして、返済の遅延が出ると信用情報に傷が残りその後の利用に大きな不利益が生じます。

借りた先が両親や友人など個人である場合、それに相当する程の信頼を失います。 
こういった事態にならない様に、借りたお金は必ず返しましょう。

Q.金の切れ目を縁の切れ目にしないためにはどうする?

お金を借りた人との関係に傷をつけたく無いならば、できる限り早く返済を済ませることです。

期日までにと甘えていては、思わぬトラブルに巻き込まれた際、返済に支障が出ます。 
返済には余裕を持って、早め早めを心がけておきましょう。

借用書がある場合、それは裁判を起こした際に利用できる書類です。 
遅延を繰り返していると、その借用書を元にお金を貸した側が民事裁判や刑事裁判で訴える事も可能です。

借用書がある限りあなたに不利な裁判となるのは明確です。 
そのような事態になる前に、約束通り、もしくはそれよりも早い返済をしていきましょう。

お礼はできればしよう

個人間のお金の貸し借りは、お金を貸す側の好意で成り立っている事がほとんどです。 
その結果利息が発生していない場合も多く見受けられます。

消費者金融などで借入をすると18%と高額な利息が付くので、利息のない借入とは本当に有難い事なのです。 
その好意には必ず感謝の意を伝える様にして下さい。

形は様々で、あなたの経済状況でできる範囲のお礼をすると良いでしょう。 
例えば18%とまではいかずとも、少し金額を上乗せして返済する、金銭面で難しければ菓子折など品物を添えて最後の返済を終えるなど、何か形となる物でお金を貸して貰えて助かったという感謝を伝えましょう。

すべてのカードローンを見る

カードローン一覧

金融機関の種類から探す

銀行カードローン
消費者金融カードローン

ランキングで探す

カードローンランキング
消費者金融カードローンランキング
銀行カードローンランキング

カードローン会社から探す

アイフル
プロミス
SMBCモビット
レイクALSA

特徴からさがす

低金利のカードローン
即日融資が可能なカードローン
無利息期間ありのカードローン
借り換え可能カードローン
郵送物なしカードローン
コンビニ対応カードローン
審査結果の早いカードローン
WEB完結可能なカードローン
WEB明細が使えるカードローン
口座振込で返済可能なカードローン
ネットキャッシングできるカードローン

心配・悩みから探す

カードローンとは?
審査なしのカードローンはある?
カードローンの審査基準は?
審査の甘いカードローンは?
金利の計算方法は?
カードローンとキャッシングの違いは?
専業主婦でも即日融資は可能?
サラ金・ヤミ金・街金の違いは?
お金借りるならどこがいい?
「カードでお金」の看板は何?
おまとめローンの審査基準は?
ショッピングローンの審査基準は?
無審査で即日融資のカードローンってある?
中小消費者金融は審査が甘い?
カードローンの返済方法は?
ソフト闇金のデメリットは?
他社借入があると審査落ちする?
キャッシングは信用情報に傷がつく?
即日で50万円は可能?
個人間融資は危険?
サラ金の金利は?

    おすすめカードローンランキング

  1. カードローン人気ランキング
  1. 本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  2. 本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  3. 当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  4. 本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  5. 編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • ランキング根拠
  • ランキングは以下のデータに基づき作成しています(詳細はランキングページに記載)
  • ・利用者へのアンケート調査
  • ・ワイズローン経由でのアクセス数、申込数
  • ・各社が公開している口座数、財務情報
  • プロミス
  • プロミスではメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
  • 瞬フリを利用するには24時間振込可能な金融機関の口座が必要です
  • SMBCモビット
  • 融資や審査回答までの時間について:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • 「50万円以下なら収入証明書不要」について:場合によって収入証明を提出していただくことがあります。
  • レイクALSA
  • 商号:新生フィナンシャル株式会社
  • 貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号
  • 融資限度額 1万円~500万円
  • 貸付利率 4.5%~18.0%
  • 遅延損害金(年率)20.0%
  • 返済期間・回数/最長8年・最大96回
  • 必要書類 運転免許証等 ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
  • 担保・保証人/不要
  • 要審査
  • Webで最短60分融資も可能※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
  • 申込資格:年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方
  • ご返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
  • 初めてなら初回契約翌日から無利息
  • ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります
  • Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません
  • 無利息期間経過後は通常金利適
  • 30日間無利息、180日間無利息と併用不可
  • 千葉銀行カードローン
  • 対応地域:千葉全域、東京全域、埼玉全域、茨城全域、神奈川(※一部地域を除く)
  • 三井住友銀行カードローン
  • 三井住友銀行の普通預金口座・キャッシュカードをお持ちなら、申込から契約までの手続きがWEBで完結
  • ローン契約機でカードを受け取れば郵送物なし

Copyright LeadingTech All Rights Reserved.