最終更新日:2020年06月12日

お金がないイライラを解消しよう!これに当てはまる人は要注意?

この記事はこんなひとにおすすめ!

今回紹介するのは、次のような人におすすめの内容です。

・現在より収入を増やしてお金に余裕がある生活を送りたい人 
・お金に余裕がある人はどのような特徴があるのか知りたい人

お金というのは、あってもあっても足りないと感じることがあるものです。 
現状の収入では足りないと感じている人は少なくありません。

そこで、お金がないとどうなるのか、お金があればどうなるのかなどについて紹介していきます。 
現状の生活にぜひ活かしてみてください。

なぜお金に余裕がないとイライラするの?

「手元のお金に余裕がないとイライラしてしまう」ということはありませんか。 
お金に余裕がないとイライラするのはなぜなのでしょうか。

世の中にはお金以外にも大切なものが数えきれないほどありますよね。 
しかし実際のところ生活するうえではお金は非常に大事です。

お金に余裕がないと普段よりイライラしてしまうという人は非常に多いものです。 
そこでまずは、お金に余裕がないとイライラしてしまう理由について考えてみましょう。

お金がないと欲しいモノを買えないから

お金に余裕がないとイライラする理由1つめは「お金がないと欲しいモノを買えない」ということです。 
これは実に単純なことですよね。

しかし洋服1枚買うのにすら悩むという状況は、なかなかつらいですよね。 
積み重なると、ほしいものよりも安いものを買う習慣がついてしまいます。

本当にほしいものが手に入らないというのは小さなストレスが貯まるものです。 
そのため、お金がないとイライラしてしまうのだと考えることができます。

お金がないと行きたいところに行けないから

お金に余裕がないとイライラする理由2つめは「お金がないと行きたいところに行けない」ということです。

・電車 
・バス 
・新幹線 
・飛行機

…どこに行くにも、お金はかかってしまいますよね。 
家の車を使うなら乗車賃は不要となりますが、ガソリン代や高速道路料金などは必要です。

近場に行ったとしても食事代などはかかるでしょう。 
そこでお金がない=出かけない、ということになりがちです。

外出や旅行から得られる思い出や経験が得られないということになるのです。

お金がないことで人間関係も広げづらい

お金に余裕がないとイライラする理由3つめは「お金がないと人間関係も広げづらい」ということです。 
人間関係を広げるためには外に出なくてはなりません。  
食事会や飲み会などに参加するためには費用が掛かりますよね。

お金がないときは、人間関係を維持するために必要なお金すら無駄に思えてしまうでしょう。 
あきらめるために「行っても仕方ない」などと考えるようになります。 
消費活動をしなくなると生活の中から娯楽が減るため、イライラしやすくなってしまうのです。

お金のゆとりで精神的余裕を作れる?

「お金に余裕がないとイライラしやすくなる」 
ここまで紹介した内容について、心当たりがあるという人もいるのではないでしょうか。

いつでもお金に余裕があるという人ばかりではありませんよね。 
きっと実際にお金がないことでイライラする経験をした、という人も少なくはないでしょう。

いいかえれば、お金に余裕があれば精神的な余裕が生まれるということにもなりますよね。 
そこで、お金の余裕と精神的な余裕の関係についても考えてみましょう。

お金がないと心がすさんでしまう

お金がないと心がすさむものです。 
今までに「お金がなくてどうにもできない」という経験をしたことがある人なら分かってもらえるのではないでしょうか。 
お金がないと、どうしても心はすさみがちなものです。

手持ちのお金がないと、どうしても必要最低限のお金しか使えなくなります。 
そのため「楽しさ」「うれしさ」につながる活動は出来なくなるものです。 
こうなったら精神的な余裕など生まれるわけがありませんよね。 
他人に対して攻撃的になってしまう人もいます。

お金がないと芸術や伝統が遠のいてしまう

お金がないと伝統や芸術が遠のくものです。 
このいいかただと少し伝わりづらいかもしれませんね。 
分かりやすくいうと「結納」「七五三」「披露宴」といった伝統的な行事のことです。

こういった行事も、お金がないと無駄遣いのように思えてしまうものです。 
たとえば美術館などの入場料を払うよりなら、生活費に回したいと感じるかもしれません。

もちろん趣味の問題もあるとはいえお金がなければ、教養を深めたり、気持ちを癒やしたりするような行為とも縁遠くなります。

心に余裕がない人へ!貧乏生活から脱出するにはどうすべき?

お金がなければ心に余裕は生まれません。 
「生活を楽しむ」というよりは「生きている」というような状態になるわけですから、人生を楽しむのが難しくなるのも当然といえます。

そのため、なるべく早くお金がない状態を脱し、人生を楽しみたいものです。 
しかし言うほど簡単なものではありませんよね。

お金のない貧乏な生活から抜け出すためにはどうしたらいいでしょうか。 
ここからは、貧乏生活から脱出する方法を紹介します。

試せるものがあったら、さっそく試してみましょう。

1日・1週間単位でそれだけの出費をするか決めておく

1つめは「1日・1週間単位の出費を決めておく」ということです。 
お金がない生活から抜け出すためには、まず家計の収支を見直す必要があります。 
とはいえ突然「出費を決めろ」といわれてもどうしたらいいかわからないですよね。

そんなときは、1日・1週間という短い単位で出費を決めてみましょう。 
「1日に使える金額は〇〇円まで」というものです。 
いきなり思う通りにはいかないかもしれません。

そんなときは「今まで使い過ぎていた」か「設定に無理があったか」のどちらかが考えられます。 
自分にあった無理のない金額を決めて、その範囲で生活できるよう努力してみましょう。

身の丈にあった生活をしよう!

2つめは「身の丈にあった生活をする」ということです。 
1つめの項目とも共通する部分ではあります。 
衣食住など生活の中のいずれかが身の丈にあっていない場合、「お金がない」という状態になりやすいのです。

・外食が多い 
・飲み会が多い 
・毎週買い物をしている 
・趣味に散在している

このような状況では、いつまでも現在の状況から抜け出せません。 
金銭感覚を変えるのは非常に難しいことではありますが、少しずつ身の丈にあった生活をするよう意識していくと良いでしょう。

固定費が高いなら引越しも検討

3つめは「引越しも検討する」ということです。 
生活費の中には、固定費と呼ばれる出費があります。 
これは光熱費や通信費などのことです。 

それら固定費の中でも特に大きな割合となるのが「住居費」なのです。 
賃貸の場合は家賃、持ち家の場合はローンの支払いですね。 
住居費を抑えられれば大きな節約になります。

賃貸住まいなら家賃の安いところへの引っ越しを検討してみてはいかがでしょうか。
初期費用は掛かるかもしれません。

しかし長い目で見れば大きな節約につながる可能性があります。

お誘いを断る勇気も持とう!

4つめは「お誘いも断る勇気を持つ」ということです。

・飲み会 
・食事会 
・合コン 
・旅行

生きていれば、周囲の人から様々な誘いを受ける機会があります。 
それほどひとづきあいが多くないという人でも、会社の飲み会などに誘われることはあるでしょう。

こういったお誘いによってストレスを発散することは可能でしょう。 
毎回断る、ということではなく、余裕がないときは断るということでも良いでしょう。

時にはお誘いを断る勇気を持ちましょう。

先に心を落ち着かせてからイライラを解消する方法を実践してみよう

お金がなくてイライラしてしまう人は、別の方法でイライラを解消する手段を見つけてみましょう。 
まずはイライラを取り払って心に余裕が生まれれば、あらためてお金のことについても落ち着いて考えることができるかもしれません。

具体的には、インターネットで同じような立場の人と話をしてみる。 
「ストレス日記」を書き始めてみる。 
運動によってイライラを解消する。 
「アンガーマネジメント」を実践してみる。

などの方法があります。

これらについて説明していきましょう。

似たような境遇の人とインターネット掲示板で話してみる

インターネット上には無数の人が存在しており、自分と似た境遇の人をたくさん見つけることができます。 
当然お金のイライラについて悩みを抱える人も多くいて、日々掲示板などに不安や悩みを書き込んでいます。

いつも欲しいものを我慢していたり、自分を磨くために投資できない人など様々な人がいます。 
自分もそうした悩みをインターネットに書き込むことで、同じ悩みを抱える人に共感してもらえるかもしれません。 
もし試してみたい場合には「mamaru」や「ガールズちゃんねる」といったインターネット掲示板がおすすめです。

ストレス日記をつけてみよう

ストレス日記とは、ストレスを人にぶつけず、自分でも抱え込まず、日頃の不満や愚痴を日記に書き留めていく方法です。 
そうすることによって不満や愚痴を外に吐き出すことができるため、お金のないイライラを解消できるかもしれません。

日記を付けることは、学術誌に掲載された論文によってもストレスの解消になるということが科学的に証明されています。 
内容は自由です。 
誰かに対する不満でも、欲しいものでも、人には言いにくいことを好きなだけ書き連ねていきましょう。

ストレスを運動で発散してみよう

運動で身体に適度な負荷をかけることはストレスの解消につながります。 
運動はお金をかけずにできることも沢山あるのでおすすめです。

例としては、基本的なランニングやウォーキングをはじめとして、家の中でもできるストレッチや筋肉トレーニング、他にヨガという方法もあります。  
ポイントとして気をつけておきたいのは、運動でストレスを解消するには一般的に20~30分は必要とされている点です。 
20~30分間、お金のかからないストレッチやウォーキングなどでストレスを解消してみましょう。

アンガーマネジメントを試してみよう

アンガーマネジメントとは、自分の怒りの感情などを積極的にコントロールしていく方法です。 
分かりやすい例で言うと、深呼吸をすることや、考えるのをとりあえずストップさせることもアンガーマネジメントの一種です。

一旦間をおいて、自分を客観視することで感情をコントロールできるように促します。 
他にもイライラする場所から距離を置いてみることや、思い切って割り切ること、お金に対する考え方を変えてみることなどもそこに含まれます。

イライラしたらとりあえず6秒間我慢してみる、などはイライラを抑えるための実践としておすすめです。 
自分の感情をコントロールする術を身につけていきましょう。

お金に余裕がある生活にするために、収入を増やそう

お金のない生活から抜け出すためには、節約だけが必要なわけではありません。 
「収入を増やす」のも大事な方法です。 
収入を増やすことが出来れば自由に使えるお金も増えて、心に余裕が生まれるでしょう。

ただし、出費を減らすことよりも収入を増やすことのほうが大変なのは言うまでもありません。 
かなり苦労をすることになるかもしれませんが試してみる価値はあります。 
それではここからは収入を増やす方法についても見ていきましょう。

収入を増やすために転職する

1つめは「転職し収入を増やす」ということです。 
多くの人の収入源は【給料】でしょう。 
そこで給料を増やす方法を考えなくてはなりません。

しかし同じ会社にいて大幅に給料が上がる、ということは滅多にありませんよね。 
そう考えると給料を増やす方法として早いのは「転職」です。

年齢によっては安易な転職は難しいかもしれませんが、転職市場も以前とは変化しています。 
無計画な転職はおすすめできませんが、検討してみる価値はあります。

副業をして稼ぐ

2つめは「副業をして稼ぐ」ということです。 
転職は厳しいという状況ならば、副業で収入を増やすことを考えてみてはいかがでしょうか。 
本業によっては副業禁止という場合もあるため、あらかじめ確認しておきましょう。

もし副業が可能な場合、1週間に5000円稼ぐことが出来れば月あたり2万円の増収となります。

・アルバイト 
・アフィリエイト 
・クラウドソーシング

など副業にも様々なものがあります。 
体に負担をかけすぎない範囲で無理なく収入を増やせる副業を探してみましょう。

お金に余裕がある人はどんな特徴がるのか

ここまでは「お金に余裕がない人の特徴」について紹介してきました。 
お金に余裕がない時期を経験したことがある人なら、思い当たる項目もあったのではないでしょうか。 
お金に余裕がないというのはつらいものですよね。

では、ここからは「お金に余裕がある人の特徴」についても見てみましょう。 
お金に余裕がある人の特徴から、これからの生活に対するヒントが得られるかもしれません。

お金に余裕がある人は、どんな行動をしているのでしょうか。

自分の好きなことのためならはお金を惜しまない

お金に余裕がある人の特徴1つめは「自分の好きなことにはお金を惜しまない」ということです。 
必要最低限のこと以外にもお金が使えるため、娯楽や趣味にもお金を使えるのです。

好きな音楽のCDを買ったり、食べ歩きをしたり、旅行に毎年出かけていたり、ペットにお金をかけたり…。 
おそらく周囲にはそのような人がいるのではないでしょうか。

好きなことに惜しまずお金を使えるというのは、お金に余裕がある人の大きな特徴であるといえます。

お金以上に価値がある心の安定

お金に余裕がある人の特徴2つめは「心が安定している」ということです。 
お金や収入が安定していることは大事です。

しかしそれ以上に心が安定していることは重要です。 
誰でも不安があると、些細なことが気になったり、ミスをしたりするものです。

精神的に不安定になると、仕事にも支障が出ますし、その結果収入が減る可能性すらあります。 
心の安定はお金以上に価値があるといえます。

お金の不安をなくすことで心の安定も手に入れたいものです。

7つの特徴を紹介!お金がない人に見られがちな特徴について

お金がない人に見られがちな7つの特徴についてご紹介します。

ここでは以下のとおりお金がない人の7つの特徴をピックアップましたので、自分に当てはまるものがないかチェックしてみてください

お金がない人に見られがちな7つの特徴
  • 特徴1:なにをするにも行き当たりばったりでその日暮らし
  • 特徴2:楽観主義である
  • 特徴3:常に借金があり滞納癖がある。
  • 特徴4:ごはんに行く時は奢ってほしい、同情してほしいという深層心理を感じさせる
  • 特徴5:周りに気を使わせる自虐的な発言をよくする
  • 特徴6:いつもスケジュールに余裕がない
  • 特徴7:見た目がだらしない

ここからは、これらの7つの特徴について詳しく説明していきます。

行き当たりばったりでその日暮らしをしている

お金がない人は、いつも無計画でとりあえずその場をしのげればいいという考えが常にあります。 
例えば、すぐにセールに飛びついて衝動買いしてしまう人や、何となくいつもコンビニに寄ってしまう人、レジに並んでいる時にレジ前にあるものをついついカゴに入れてしまう人は要注意です。

このようなその場しのぎのお金の使い方は、ほとんどの場合無駄遣いと言えるでしょう。

こういった特徴の人は、お金を使うことに対して、罪悪感や満足感などの感情が伴わず、手持ちのお金が無くなるまで当たり前のように浪費を繰り返し、悪循環に陥っている可能性があります。

楽観主義

「お金がない」という人は、あまり物事を深く考えず楽観的な傾向があります。 
例えば、「お金がない」と焦りを見せながらも、「お金はないけどなんとかなるだろう」という根拠のない自信を持っていることも人も多く、現実逃避しがちです。 
楽観的な性格は決して悪いことではありませんが、お金に困窮した生活から脱出したいのであれば、きちんとお金がないという現実を受け止める覚悟も必要となります。

借金があったり滞納癖がある

金銭的に余裕がなくなる一番の要因は「借金」です。

特に、借金をかかえているけれど毎月最低額をきちんと返済しているから大丈夫!と思っている人は特に危険です。 
借金は借金でも、住宅ローンやマイカーローンはある意味資産でもあるので大きな問題ではありません。

問題なのはカードローンや、キャッシングの借金です。 
カードローンやキャッシングは基本的に利子が高いので、場合によっては利子の返済ばかりに追われて借金の元金自体はなかなか減らないといった最悪のことも考えられます。 
また、家賃などの生活費の滞納も借金のひとつです。返済や支払いの遅れによって日々の生活費が圧迫され、「お金がない」が口癖になってしまう生活になります。

奢ってほしい、同情してほしいなどの深層心理を感じさせる

恥ずかしげもなくお金がない自分をさらけだし、大変だからと援助してほしい。 
そんな気持ちがたとえなくてもネガティブな発言してしまうと無意識に周囲に気を使わせてしまいます。

また、飲み会の席などで「お金がない」なんて発言するのは言語道断です。 
たとえ奢ってほしいなどといった下心は無くても、その発言に対してお互いに良い気持ちにはなりません。

そんな負のオーラをまとっていると、人脈も限定的になりさまざまなチャンスを逃すことにもつながってしまいます。

自虐的で周りに気を使わせる発言をしがち

「お金がない」と何の躊躇もなく言える人は、日頃から自虐的な発言をよくしてしまう人です。

例えば、海外旅行から戻ってきた友人に「私なんてお金がないから海外旅行なんて贅沢できないよ」なんて言うと、友人にとっては嫌味に感じられてお互いに嫌な悪い雰囲気になってしまいますよね。 
せっかくがお土産を買ってきてくれて楽しい話をしてくれているのにその楽しい気持ちも台無しです。

人付き合いにおいては、言葉選びというのは非常に重要ですので意識的にやめるようにしましょう。

スケジュールに余裕がない

お金と時間というのは実は密接な関わりがあり、お金に余裕がある人はスケジュールにも余裕があると言われています。 
その理由は、限りある時間を上手に使える人は、お金も“限りあるお金”を上手に使うことができるからです。

たとえば、お財布の中のお金がなくなるたびにコンビニのATMや銀行へ行き、
無駄な引き出し手数料を払うような行動は、時間もお金も無駄にしてしまう典型的なパターンです。

見た目がだらしない

お金にだらしない人には、時間にもルーズで見た目もだらしない人が多いのではないでしょうか。

こういった人はお金と時間に余裕がないので、例えば衣類が汚れていたり髪がボサボサで整っていなかったりしても気付かず、どんな高級品を身に着けてもなんとなくいつも見た目がだらしなく見えてしまします。 
気付けばすぐにお手入れしたり、待ち合わせの場合は早めに時間に到着するように心がけたりすることで、タクシー代などピンチの時に使うお金も減り、余計な無駄遣いも防ぐことができます。

心の余裕と貯金の多さは必ずしも比例するわけではない

お金の余裕があれば心にも余裕が生まれるというお話をしてきましたが、誤解を招かないために注意したいことがあります。 
それは心の余裕と貯金の多さは比例しないということです。

なぜなら「お金がある」と考える基準はひとによって違うためです。 
100万円あればOKと考えている人が200万円もっていたら心に余裕が生まれるでしょう。

しかし300万円あればOKと考えている人が200万円もっていたらたりないと感じるでしょう。 
基準は人により、それぞれ違うのだということは覚えておいたほうが良いでしょう。

ココロがすさむのはお金がないから?

「お金があったらほしい服が買えたのに」 
「お金があったら好きなものが食べられたのに」

もしお金がなくなると、そんなふうに考える機会が増えてしまうでしょう。 
心に余裕がなくなると、些細なことで腹が立つようになります。

さらにネガティブな思考にもなりがちなものです。 
お金がないのは自分の無計画な生活なせいだとしても世の中のせいにしたくなることもあります。

お金がないと結果的に心がすさんでしまう可能性が高くなるのです。

お金がすべてだと思い込んでいる

しっかり仕事をしていても、常に頭の中がお金のことでいっぱいの人もいます。 
お金がすべてだと思い込んでしまうのは危険です。

確かに、お金があれば遊びにも行けます。 
趣味にも費やせるでしょう。

しかし「お金があれば」とばかり考えていると、頭の中がお金のことで支配されてしまいます。 
さらには、病気で働けなくなったら?というようなことに恐怖を感じる人もいます。

お金がなくなったら働けばいいし、足りなかったら副業すればいい、と考える余裕が生まれなくなります。
お金だけが全てではないと考え、心に余裕を持ちましょう。

お金がない人の生活は悲惨になる

「気付いたらお金がなかった」 
そんなふうに考えている人はいませんか。

無駄遣いをしてお金がなくなったのに「いつのまにかない」と考えるのは間違いです。 
必ず何かに使っているはずです。 
もし本当に思い出せないならそれは危険信号です。

本当にお金がないという人は悲惨な生活をしていることがあります。 
食事はごはんのみ、昼食は抜き、という人も多いのです。

さらにはお湯に砂糖を溶かして飲む、という人もいます。 
これでは体は弱りますし、元気が出るはずもありません。

仕事をする気力も起きないでしょう。

お金に支配されず精神的余裕のある生活を手に入れよう

現在の収入を考えずに所持金を全部使うのは賢い方法ではありません。 
特に、浪費やギャンブルなどのために限界までお金を借りるのはやめましょう。

反対に、必要なものや楽しいことのためのお金まで出し惜しみするのも賢い方法だとはいえません。 
どちらも「お金に支配されている生活」といえます。

もし気持ちに余裕を持つのなら、お金に支配されてはいけません。 
そこで、お金のゆとりと心のゆとりの関係性についてもみていきましょう。

心のゆとりについて

お金のゆとり、大切ですよね。 
なるべくなら少しでもゆとりのある状態にしたいものです。

では心のゆとりは、どうやって手に入れたら良いのでしょうか。 
ここからは「心のゆとりを手に入れる方法」を紹介します。

現在の自分の状況と照らし合わせてみるのもおすすめです。 
心のゆとりを持つためにはどうするべきか、さっそく見てみましょう。

どうやったら心にゆとりを得られる?

「心にゆとりを得る」 
そのためには、まず自分が満たされているという感覚が必要であるといえます。

お金もそうですが、何かが足りないという気持ちを持っていると心にはゆとりが生まれないものです。 
そこで、心にゆとりを得るためには、ほしいものを買ったり、やりたいことをやったりして、心の満足度を高めなくてはなりません。

ではどのようなことをしていけばいいのでしょうか。
いま出来ていないことがあれば、試してみるといいかもしれません。

物欲を満たす方法

心のゆとり得るためには「物欲を満たす」ことも重要です。 
「あの服がほしいけれどお金がないから無理」 
「趣味にお金を掛けたいけれど難しい」

こんな状態がずっと続いていたら、心にゆとりは出来ませんよね。 
もちろん何もかも手に入れられるひとなど、ほとんどいないでしょう。

しかしどうしてもほしいものがあったときに手に入れられたら、心にゆとりが生まれるはずです。 
もちろん身の丈にあった生活は大事です。

無理のない範囲でしっかり物欲を満たすのがおすすめです。

経験・体験欲を満たす方法

心のゆとり得るためには「経験・体験欲を満たす」ことも重要です。 
「遠くに行ってみたい」
「海外旅行に行ってみたい」

考えるだけでも楽しいものですが、それだけでは100%満たされることにはなりませんよね。 
音楽、スポーツ、旅行、芸術…無数にあるいろいろなものを実際に自分で経験するのは大事なことです。

いろいろな経験を重ねることで心にゆとりが生まれます。 
今すぐは難しくても、目標を立てて実行していくのも良いでしょう。

時間を活かす方法

休日に、あいた時間はありませんか。 
もしあるのなら、このあいた時間を有効活用してみましょう

だらだらと休日を過ごすと「1日が無駄になった」と思ってしまいますよね。 
これもまた心のゆとりを奪います。

もし時間があるなら、お金のかからない趣味を作ってみませんか。 
散歩やサイクリングなど、少し遠出をしてみると良い気分転換になりますし、お金もそれほど掛かりません。

また家の中での作業が好きならば、手工芸を始めるのも良いでしょう。 
趣味の多い友達と一緒に遊ぶのも良い刺激になります。

充実した時間を過ごすことで、心にゆとりを作りましょう。

どちらも満たせば本当に幸せなのか?

出来ればどちらにもゆとりを持たせて、余裕を持った生活をしたいものですよね。 
心もお金も、余裕がない、ゆとりがない、というのはつらいものです。

では、心とお金、どちらも満たせば幸せになれるのでしょうか。 
どちらかだけが満たされている場合ならばどうなるのでしょうか。

そこで、お金のゆとりと、心のゆとりの関係性についても見てみましょう。

お金にゆとりがあれば心は?

前述の通り、お金にゆとりがあったとしても、心のゆとりが満たされるとは限りません。 
しかし物欲を満たしたり、やりたいことをやるためには、お金はどうしても必要です。 
「お金がないから我慢」と考えると少しずつ心のゆとりは失われるでしょう。

お金がないから食事も出来ないというような場合、心のゆとりを考えるどころではないに違いありません。 
お金にゆとりがある=心にゆとりができるとは限りません。

とはいえ、お金にゆとりがなければ心にゆとりを持つことは難しいでしょう。

心にゆとりがあればお金は?

心にゆとりがあれば、お金はいらないのでしょうか。 
人と比較して、かなり心にゆとりがある…そんな人は、そもそもお金に執着していない可能性があります。

心にゆとりがあるという場合は、現状の生活に満足していると考えられます。
その場合は、お金に対して焦りを感じることもないかもしれません。

しかし家族が増えるなどで必要なお金が増えたことをきっかけに、心のゆとりがなくなることも想像されます。 
そこで現在は心にゆとりがあるという場合でも将来に備えた貯金はしておくことをおすすめします。

すべてのカードローンを見る

カードローン一覧

金融機関の種類から探す

銀行カードローン
消費者金融カードローン

ランキングで探す

カードローンランキング
消費者金融カードローンランキング
銀行カードローンランキング

カードローン会社から探す

アイフル
プロミス
SMBCモビット
レイクALSA

特徴からさがす

低金利のカードローン
即日融資が可能なカードローン
無利息期間ありのカードローン
借り換え可能カードローン
郵送物なしカードローン
コンビニ対応カードローン
審査結果の早いカードローン
WEB完結可能なカードローン
WEB明細が使えるカードローン
口座振込で返済可能なカードローン
ネットキャッシングできるカードローン

心配・悩みから探す

カードローンとは?
審査なしのカードローンはある?
カードローンの審査基準は?
審査の甘いカードローンは?
金利の計算方法は?
カードローンとキャッシングの違いは?
専業主婦でも即日融資は可能?
サラ金・ヤミ金・街金の違いは?
お金借りるならどこがいい?
「カードでお金」の看板は何?
おまとめローンの審査基準は?
ショッピングローンの審査基準は?
無審査で即日融資のカードローンってある?
中小消費者金融は審査が甘い?
カードローンの返済方法は?
ソフト闇金のデメリットは?
他社借入があると審査落ちする?
キャッシングは信用情報に傷がつく?
即日で50万円は可能?
個人間融資は危険?
サラ金の金利は?

    おすすめカードローンランキング

  1. カードローン人気ランキング
  1. 本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  2. 本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  3. 当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  4. 本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  5. 編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • ランキング根拠
  • ランキングは以下のデータに基づき作成しています(詳細はランキングページに記載)
  • ・利用者へのアンケート調査
  • ・ワイズローン経由でのアクセス数、申込数
  • ・各社が公開している口座数、財務情報
  • プロミス
  • プロミスではメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
  • 瞬フリを利用するには24時間振込可能な金融機関の口座が必要です
  • SMBCモビット
  • 融資や審査回答までの時間について:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • 「50万円以下なら収入証明書不要」について:場合によって収入証明を提出していただくことがあります。
  • レイクALSA
  • 商号:新生フィナンシャル株式会社
  • 貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号
  • 融資限度額 1万円~500万円
  • 貸付利率 4.5%~18.0%
  • 遅延損害金(年率)20.0%
  • 返済期間・回数/最長8年・最大96回
  • 必要書類 運転免許証等 ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
  • 担保・保証人/不要
  • 要審査
  • Webで最短60分融資も可能※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
  • 申込資格:年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方
  • ご返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
  • 初めてなら初回契約翌日から無利息
  • ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります
  • Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません
  • 無利息期間経過後は通常金利適
  • 30日間無利息、180日間無利息と併用不可
  • 千葉銀行カードローン
  • 対応地域:千葉全域、東京全域、埼玉全域、茨城全域、神奈川(※一部地域を除く)
  • 三井住友銀行カードローン
  • 三井住友銀行の普通預金口座・キャッシュカードをお持ちなら、申込から契約までの手続きがWEBで完結
  • ローン契約機でカードを受け取れば郵送物なし

Copyright LeadingTech All Rights Reserved.