最終更新日:2020年05月22日

未成年がお金を借りる方法とは?即日融資を受ける方法を徹底解説!

未成年のフリーターや学生でもお金を借りる方法はある?

未成年や学生、フリーターでもお金を借りる方法はあるのでしょうか。 
お金が急に必要になりそれが工面できなくてお金を借りるのは決して大人だけではありません。

自分で学費を稼いでいる学生や、未成年であっても生活費に困窮することもあります。 
そんな時に、学生や未成年でも即日お金を借入できる方法があります。

今回は、学生や未成年でも即日お金を借入できる方法を紹介していきます。 
学生や未成年はお金を借りる時に注意すべき点がありますので、是非参考にしてみてください。

そもそも、なぜお金を未成年で借りるのは難しいのか

そもそも、なぜ未成年や学生は大人と違ってお金を借入するのが難しいのでしょうか? 
未成年でも就職して安定して稼いでいる人もいるし、学生でもアルバイトで安定した収入がある人もいます。

一般的に、未成年や学生はローン契約を単独で結んでお金を借入できないと言われています。 
では、なぜ未成年や学生はローン契約を単独で結んでお金を借入できないのでしょうか。

ここではその気になる理由について紹介してきますので参考にしてください。

お金を返せないリスクが未成年は高い!!

未成年がお金を借入できないという理由は、未成年はお金を返済できないリスクが高いと言われているからです。 
未成年は、一般的に社会的責任が低いとみなされており、たとえお金を借入したとしても返済できないと考えられているからです。

もし、ローン契約を結べたとしても民法5条によって親権者の同意なしに未成年者が結んだ契約は取り消すことが可能と定められています。 
よって、金融業者にとってはお金を貸したのに返済されない、いわば貸し倒れのリスクに陥ってしまう可能性があるのです。

即日お金を借りたい学生や未成年が使える方法はこの2つ!

それでは、未成年や学生はお金に困った時どのようにしてお金を借入したらよいのでしょうか。 
親にどうしても借りることができなかったり、その人によってやむを得ない事情はたくさんあるとおもいます。

実は、学生や未成年が即日お金を借りる時に使える方法は2つあります。  
一つめはクレジットカードの即日キャッシングです。 
二つ目は消費者金融や銀行系・信販系のカードローンを利用することです。

ここからはその2つの方法についてわかりやすく説明していきます。

クレジットカードの即日キャッシングを利用する

まず一つ目のクレジットカードの即日キャッシングについて説明していきます。 
最近では、学生でもクレジットカードを持っている人はたくさんいると思います。

クレジットカードを持っていれば、切符や光熱費などその場にお金がなくても後払い方式なので即日利用することができます。
クレジットカードは、後日決められた日にまとめて指定口座から引き落としされる仕組みになっています。

つまり、クレジットカードが使える店舗であれば、その場にお金がなくても即日利用ができるということです。

「キャッシング枠」とはなんなのか

クレジットカードには、「ショッピング枠」と「キャッシング枠」があります。 
「ショッピング枠」はさきほど説明したとおり、後日まとめて引き落としがされるという方法です。

一方で「キャッシング枠」というのは意外と知られていないことが多いと思います。 
「キャッシング枠」とは、同じクレジットカードで限度額までお金を借りれるという方法です。

つまりクレジットカードのキャッシング枠以内であれば、提携のATMから即日お金を引き出して借入することができるのです。

「銀行系」、「信販系」や「消費者金融」のカードローン

次に、消費者金融や銀行系・信販系のカードローンの利用方法について説明します。 
カードローンは、クレジットカードのキャッシングに比べて大きな金額で借入したいという時や、低金利でお金を借入したいという時にとても便利な方法です。

ただし、未成年は社会的責任が低いとみなされているので、大きな金額や低金利でお金を借りるためには、かなりの厳しい審査に通過しなければなりません。 
よって、クレジットカードを作るよりも難易度は高くなります。

そのためカードローンは、審査が厳しいのでどのカードローンを利用するか慎重に検討しなければなりません。

学生でも即日でクレジットカードを作れるの?

では、学生でもクレジットカードは即日作ることができるのでしょうか? 
保護者の同意さえ取れれば、学生や未成年でもクレジットカードを即日申し込むことはできます。

ただし、未成年や学生がクレジットカードを作る場合は、制限付きにクレジットカードになることが多いです。

その制限付きとは、即日お金を借りることができるキャッシング枠がつかないこともあります。 
一部でキャッシング枠がついているクレジットカードもありますが、そんなに多くはありません。

学生専用クレジットカードがおすすめ

ここで、おすすめの学生専用クレジットカードをご紹介します。 
未成年が即日お金を借りることができるキャッシング枠がついているカードは、「学生専用」となっているクレジットカードです。

学生専用クレジットは、収入のない未成年でも作ることができます。
また、借りたお金を期限までに滞納せずきっちり返済していれば、卒業してからも追加審査なしでそのままそのカードを継続して利用することができます。

未成年のキャッシング枠は5万円~10万円となっています。 
学生専用のクレジットカードを1枚作っておくと、もしもの時に安心です。

学生専用クレジットカードのおすすめをご紹介

先ほど説明したように、学生専用のクレジットカードは5万円~10万円と少額ですが、 
都会に下宿していてなかなか緊急事態の時に親や親戚を頼ることができなかったり、災害や事故で急にお金が必要になったりすることもあると思います。

親であれば、そんな緊急時に少額でもお金を借りることができるクレジットカードを持たせておくのも一つの安心材料になるかもしれません。 
ここで、いざという時に作っておきたいおすすめの学生専用のクレジットカードをご紹介します。

三井住友VISAデビュープラスカード

まずおすすめするクレジットカードは、「三井住友VISAデビュープラスカード」です。 
このカードは、18歳~25歳までの学生が作ることができます。

ただし、未成年の場合は親権者の同意が必要になりますのでご注意ください。 
特徴は、最高で100万円のショッピング枠がついているということです。

嬉しいのは、入会後3か月間は、カードを使ってショッピングするとポイントが5倍になります。
また、それ以降もポイントが2倍貯まるのでとてもお得なカードです。

学生専用LIFEカード

続いて、おすすめするクレジットカードは、「学生専用LIFEカード」です。
このクレジットカードは、18歳から25歳までの学生が作ることができ、このカードも未成年者は親権者の同意が必要となるので注意してください。

このカードの特徴は、海外旅行傷害保険が自動付帯していることです。
しかも最高で200万円まで補償されます。

卒業時に海外旅行を考えている人にはおすすめです。 
また、このカードは在学期間中のみ、クレジットカードを利用してショッピングすれば利用額の5%分が還元される嬉しいサービスがついています。

また、利用額に応じてポイントも貯まり、誕生日月にはポイントが通常の3倍になります。

エポスカード

続いておすすめのクレジットカードは、「エポスカード」です。 
このカードは18歳から25歳の学生は申込ができます。ただし、このカードも未成年者は親権者の同意が必要となるので注意してください。

このカードの一番の特徴は年会費が無料ということです。 
また、提携レストランやカフェで特別割引が受けられる特典もついています。

このカードで借入・返済する時にATMで手続する手数料は無料です。 
また、キャッシングを初めて利用する場合は、最大で30日間利息が無料というサービスも行っています。

オススメのクレジットカード 学生・フリーターも発行可能!?

「三井住友VISAデビュープラスカード」や「学生専用LIFEカード」、「エポスカード」はそれぞれに年会費の特典や海外旅行傷害保険の自動付帯など、とても魅力的な特典がありました。 
未成年の申込は親権者の同意が必要という制限はありましたが、どれも1枚持っていて損はしないカードでしたね。

では、学生やフリーターでも発行が可能なクレジットカードはあるのでしょうか。 
ここからは、学生やフリーターでも発行が可能なクレジットカードをご紹介していきます。

JCB Card W

学生やフリーターでの発行可能なおすすめのカードは「JCB Card W」です。 
このカードの年会費は無料です。

特徴は、申込時点の年齢が満18歳以上39歳以下であれば申込が可能です。 
また、海外旅行保険が自動付帯になっているので、海外旅行に行く際にも安心です。

車を持っている人に便利なのは、高速道路を利用する際に便利なETCカードを追加する場合も年会費は無料になります。 
また、家族カードを追加で作成する場合も年会費も完全無料になるので大変お得です。

楽天カード

次におすすめのクレジットカードは「楽天カード」です。 
このカードの年会費はなんと永年無料です。

楽天市場をよく利用する人であれば、そのショッピングした際のポイントもつくのでとても便利です。 
楽天カードの申込は、満18歳以上であれば申し込むことができます。

学生が楽天カードのショッピング枠を使って買い物をする場合は、利用限度額が10万円から30万円に限定されています。 
また、提携する国際ブランドはJCBやVISA、アメックスなどがあり選択することができます。

注意点

申込むうえで注意点もいくつかありますのでご紹介します。 
申込時点で身分が学生である人は、申込書の「職業欄」には必ず「学生」と記入しましょう。

虚偽の申告は違反となります。 
また、未成年者がカードの申込を行う場合は、親権者の同意が必ず必要になるので注意しましょう。

もう一点注意しないといけないことは、アルバイトをしていない学生など、安定した収入がない学生はキャッシング枠の利用ができないので覚えておいてください。

【イオンカード】未成年のフリーター・学生向けのクレジットカード

未成年の学生・フリーター向けのクレジットカードである「イオンカード」もおすすめです。 
このカードは、年会費が永年無料でイオングループやショッピングセンターで利用するとポイントが貯まります。 
申込は高校生でも可能ですが、自動付帯となっている海外旅行傷害保険の付帯はありません。

このカードは、年収の有無を問わず学生・フリーターでも申し込むことができます。
ただし、未成年の場合、利用限度額が最大で30万円と制限されます。

【JALカード navi】旅行が好きな未成年者や学生に最適なカード

旅行好きの学生や未成年におすすめなのは「JALカードnavi」です。

このカードは、100円につき1マイル還元され、マイル還元率は通常1.0%、最大で2.0%となっています。 
カード入会時には5000円分のポイントが付与され、ショッピングにも利用できます。
また、海外旅行保険は自動付帯なので海外旅行の時にも安心です。

貯まったマイルは6000マイルから航空券へ交換が可能です。 
JALカードnaviは、ファミリーマートやマツモトキヨシとも連携しているのでとても便利です。

20歳未満でもカードローンは融資を受けられるの?

カードローンは20歳未満でも融資が受けられるのでしょうか。 
実は未成年でも18歳以上の大学生や短大生、専門学生の場合は学生ローンという方法で融資を受けることができます。

しかしこの場合は、アルバイトでもいいので収入があるということが融資の条件になります。融資の限度額は最大で50万円くらいです。
ただし、審査に通らないこともよくあるので、クレジットカードより難易度は高いです。

このカードも申込の際には親権者の同意が必要になります。

いくつかの安心して借りることができる学生ローンをご紹介

安心して借入できる学生ローンをいくつかご紹介します。 
多くのクレジットカードは親権者の同意が必要であったり、限度額が低かったりします。

そんな中、親権者の同意が不要な学生ローンがあれば便利だと思いませんか? 
例えば、都会に下宿している学生が急にお金が必要になった場合、離れたところに住んでいる親に同意を求めて申し込む時間はないですよね。

そんな緊急時にも便利な学生ローンもご紹介していきますので、是非参考にしてください。

カレッヂ

まずおすすめの学生ローンは、「カレッヂ」です。
カレッヂは、利用限度額が1万円から10万円まで利用することができます。

一番魅力的な特徴は、親の同意や承諾がなく申込ことができることです。 
また、その場合電話連絡もありません。

さらに、カレッヂにはクーリングオフ制度がついているのでとても安心です。 
初回契約日より8日間以内であれば利息が0円になる嬉しいサービスもついています。

これは、借りたお金だけ返せばよいということです。

マルイ

次におすすめの学生ローンは「マルイ」です。 
「マルイ」は、利用限度額が1万円~50万円となっています。

金利は実質年利15.0%~17.0%となっています。「マルイ」の一番の特徴は、即日融資が可能ということです。 
その理由は、審査がとてもスピーディということです。 
新規の場合でも最短30分で審査が完了し、会員の場合は最短で10分で審査が完了し非常にスピーディです。

返済期間は最長で3年間です。返済回数は1回から6回までで学校卒業後も継続することが可能です。

アイシーローン

次におすすめの学生ローンは、「アイシーローン」です。

「アイシーローン」は1万円から50万円まで借入することができます。
返済期間は1回から60回までで5年以内となっています。
「アイシーローン」の一番の特徴は、30日間無利息サービスがあるということです。

これは、アイシーローンで初めてお金を借入する人が利用できるサービスで、借入した日から30日以内に返済すれば利息は0円ということになります。
つまり借入した金額だけ返済すればいいということです。

学生ローンを解説!

学生ローンとは名前があらわすように「学生が利用できるローン」のことです。 
教育ローンとは違って用途の限定はなく、原則的には用途が自由な「学生専用のローン」となります。

利用できるのは学生証を持っている学生です。

学生専用のローンの対象となる学生とは

大学生
大学院生
短大生
専門学校生
予備校生

などで、アルバイトなどで安定した収入があれば申し込み可能です。

20歳以上であれば原則親の同意書が不要です。 
また連帯保証人や担保も不要です。 
学生ローンを専門に扱っている業者は、学生が多く集まる高田馬場周辺に本店が多い傾向にあります。

契約しておけば学生ローンは卒業後でも借り入れ可能!

学生ローンは卒業後も使うことが可能となっています。 
名前の通り学生専用の商品とはなっていますが、在学中に契約しておけば卒業後でも引き続き利用可能なのです。 
もし「もうすぐ卒業だから一括で返済して」といわれても困ってしまいますよね。

しかし卒業が近付いたからと言って、一括で返済する必要もありませんので心配いりません。 
そのため、長期間利用することが想定される未成年の学生であっても安心して利用することができます。

学校法人の学校に通っている学生でないと申し込めない

注意したいのは「学校法人ではない学校」に通っている場合です。 
未成年どころか20歳を過ぎていても学生ローンには申し込むことが出来ません。 
学校法人ではない学校とは以下のようなものです。

[学校法人ではない学校] 
・企業が運営している予備校
・俳優養成所 
・声優養成所 など

企業が運営していて学校法人ではない、という学校に通っている学生は学生ローンには申し込めません。
予備校であっても申し込めるところと申し込めないところがあるというのは覚えておきましょう。

借入方法に違いあり!学生ローンとカードローンの特徴

学生ローンだけでなく、カードローンにも無担保・保証人なしで融資を受けられる個人向けの金融商品があります。
違いはカードローンは契約時に設定された利用限度額の範囲内で何度も借り入れが出来ることです。

学生ローンは契約時に設定された利用限度額の範囲内で一括で借り入れをします。 
再び借り入れをする場合には、追加融資の申し込みをして審査を受けなくてはなりません。

便利なのはカードローンになりますが、未成年の学生は申し込みが出来ません。

SMBCモビット

カードローンの例としてSMBCモビットを紹介します。

[SMBCモビット] 
実質年率…3.0%~18.0% 
借入限度額…1万円~800万円 
審査時間…最短30分 
融資速度…当日融資
・WEB完結申込で電話連絡なし 
・スマホアプリでカードレス利用 
・10秒簡易審査で審査結果が分かる

カードレスで利用出来てWEB完結も可能なのがSMBCモビットです。
審査も最短30分とスピーディで、急いでお金を用意したいというときに便利なサービスです。

結婚していたら保護者同意不要でキャッシングOK!

結婚していたら親権者の同意は不要になります。 
しかもキャッシングも可能です。 
それは、結婚していて安定した収入があることが前提になります。

この場合、未成年であっても親権者の同意がなくても銀行系のカードローンや消費者金融などから即日お金を借入することが可能です。 
特にお金を借りる金額が多い場合は、アルバイトやパートなどより正社員の方がはるかに審査に通りやすいです。お金を借入する際は計画的に利用するようにしましょう。

さすがに収入がない高校生は無理?いえ、借入方法はあります!

では収入がない高校生はさすがにお金を借入することは不可能でしょうか? 
実はそんな高校生でもお金を借入する方法はあります。

基本的に親権者の同意は必要になります。 
この場合は、親権者が高校生に変わって審査を受けることになります。

注意しないといけないのは、例えば親権者が5年~10年以内に自己破産の経験がある人は、すでに金融機関のブラックリストに載っている可能性があるので、融資は不可能と思っておいた方が良いでしょう。

高校生も利用可能なデビットカード!審査も無し?

未成年の学生・フリーターがお金を借入できる例外的な方法があります。 
それは、デビットカードを作る方法です。

デビットカードは、買い物をした時にクレジットカードのようにレジで店員に差出し利用することができます。 
クレジットカードと違う点は、使ったその瞬間に銀行の普通口座から自動的に引き落とされる仕組みになっています。 
デビットカードもカードローンと同じくカード1枚で利用できるのですが、仕組みは全く異なるということを覚えておいてください。

デビットカードにはどのような特徴があるか

ここで、さきほどご紹介したデビットカードの特徴についてわかりやすく説明します。 
デビットカードの申込条件は満15歳以上であれば申込が可能です。

また、銀行の普通預金口座さえあればフリーターや未成年でも利用することが可能です。 
デビットカードの一番の特徴は審査がないということです。

なぜならば、デビットカードはショッピングなどの利用時に銀行の普通口座から即時に引き落としがかけられるため、事前審査が不要になるというためです。

デビットカードはどのような方法で申込するか

次にデビットカードの申込方法はどのようにしたらよいのでしょうか。 
デビットカードの申込方法は、金融機関の公式ホームページから24時間いつでも申込をすることができます。

ただし、利用した金額を自動引き落としする専用の口座を持っていない場合は、まずはその普通預金口座の開設手続が必要になります。 
すでに銀行のキャッシュカードを持っているという人は、そのカードにデビット機能付けうための申込を行い、後日郵送でデビットカードが郵送されます。

申込時にどんな書類が必要か?

それでは、デビットカードを申し込むには必要な書類があるのでしょうか。 
ここでは、デビットカードの申込時に必要な書類をわかりやすく説明します。

申込時には本人確認の作業が必要になります。 
そのため金融機関に身分証明書を提出することが必要になります。

身分証明書とは、運転免許証やパスポート、住民票、印鑑登録証明書、健康保険証、納税証明書、個人番号カードなどから1点提出することになります。 
外国人の場合は、在留カードを提出しなければなりません。

【メリット・デメリット】デビットカードを利用するポイント

デビットカードは、普通預金口座さえ持っていればフリーターや未成年でも作成することができるという魅力的なカードでしたが、ではそれ以外にメリットやデメリットはあるのでしょうか? 
デビットカードは、利用時に普通預金口座から即時に引き落としがかかるので事前の審査がないというメリット以外のメリットは何でしょうか。

ここからは、デビットカードを利用するメリットとデメリットについて紹介します。 
デビットカードの作成を検討している人は参考にしてください。

メリット

デビットカードを作るメリットを紹介します。 
デビットカードを作りメリットは、先ほど説明したとおりその場でスピーディーに口座から引き落としがされることです。
レジで支払うために、わざわざATM等でお金を引きだす必要がないのでとても便利です。

また、利用できるのは口座の残高が限度となっているので、支払い能力を超える心配がないということです。 
つまり、残高を常に自分が決めた一定の金額におさえておけばデビットカードで無駄使いをしなくて済むということです。

デメリット

一方で、デビットカードのデメリットは何があるのでしょうか。 
デビットカードのデメリットは、分割払いができないということです。

クレジットカードには、分割払いやリボ払いができますが、デビットカードは不可となっています。 
利用した瞬時に全額が一括で引き落としされます。

また、時間帯によっては利用できないということもあるので注意してください。 
自分が持っているデビットカードの利用可能時間をあらかじめ確認しておくと良いでしょう。

消費者金融系カードローンとデビットカードにはどんな違いがある?

では、デビットカードと消費者金融系カードローンはどう違うのでしょうか。 
一見、デビットカードと消費者金融系カードローンは、見た目は一緒に見える人も多いでしょう。 
確かにお金をその場で支払わないという点では共通しています。

しかし、審査の有無や契約できる年齢などが異なる以上、大きな相違点があるはずです。 
ここからは、デビットカードと消費者金融系カードローンの違いについて説明していきますので気になる人は参考にしてください。

異なる利用限度額

デビットカードと消費者金融系のカードの相違点は利用限度額が異なるという点です。

消費者金融系のカードローンは、あらかじめ利用限度が設定されています。 
その範囲内であれば何回でもお金を借入することができます。 
しかし、返済は期日までに行わなければいけません。

一方でデビッドカードはお金を借りるのではなく、自分の口座の残高までの金額なら利用できるということです。 
つまり、口座に入金した分だけ使えるということになります。

海外でも利用可能な未成年・高校生でも申込み可能のおすすめデビットカード紹介

未成年や高校生でも申込ができるおすすめのデビットカードを紹介してきます。 
デビットカードは、満15歳以上であれば作ることができるので、高校生ももちろん利用することができます。
デビットカードはさきほど説明したように、お金を借入するのではないので返済トラブルに巻き込まれることはありません。

ここで、高校生でも利用できるおすすめのデビットカードをいくつかご紹介します。
どのデビットカードを利用したら良いか悩んでいる人は是非参考にしてください。

【楽天銀行デビットカード】還元率が他の金融機関よりもポイント高い

まずは、他の金融機関よりポイント還元率が高い楽天銀行デビットカードです。 
このカードの魅力は、他の金融機関より利用した金額に応じて付与されるポイント還元が高いということです。

このポイントは、楽天グループで買い物をしたり、サービスを利用した際にポイントが付与されます。 
1ポイントにつき1円として換算し利用することができるので、ネットショッピングには最適です。

楽天銀行の口座をすでに持っている人は、公式ホームページより最短1分で申込みをすることができます。

【ジャパンネット銀行Visaデビット】審査無し!

審査なしのジャパネット銀行Visaカードもおすすめです。
このカードは年会費が無料で、満15歳以上であれば誰でも利用することができます。

また、日本国内から海外までVisaマークがある店であれば、どこでも利用が可能です。
また、年間500万円までの補償がついているので、万が一の盗難や不正利用の被害にあった場合でも安心です。

そのようなトラブルが発生した時は、デビットカードの利用を停止したり再開したりする場合はWEB上で設定することも可能です。

【三菱UFJ-デビット】補償・保険も対応!

補償も保険も対応しているのは、三菱UFJデビットです。
このカードは年会費は初年度は無料で申込ができ、年齢は満15歳以上であれば誰でも可能です。

また、このカードの有効期限は5年間であり、国内をはじめ海外でもVisaマークがあるお店であればどこでも利用することができます。 
さらに不正利用が発覚した場合でも補償サービスが充実していて安心です。

また、海外でのショッピング保険にも対応しているので、海外旅行によく行かれる人におすすめのデビットカードです。

【GMOあおぞらネット銀行デビットカード】業界最高水準のポイント還元率!

業界最高水準のポイント還元率を誇るのは、GMOあおぞらネット銀行デビットカードです。 
このカードは年会費が永年無料で申込の年齢条件は15歳以上です。

このカードの最大の魅力は、なんといっても業界最高水準のポイント還元率です。 
さらに利用状況や残高状況によっては、最大で1.5%の還元率になります。

GMOあおぞらネット銀行デビットカードなら、クレジットカードを作れない未成年でも利用しやすくお買い物にも便利なカードです。

スルガ銀行【HISワールドキャビットVISAデビットカード】海外でのショッピングも利用可能!

海外でのショッピングにも便利なのは、スルガ銀行の「HISワールドキャビットVISAデビットカード」です。 
スルガ銀行の「HISワールドキャビットVISAデビットカード」は、入会金・年会費は無料です。

また申込の年齢条件は15歳以上となっています。 
このカードの最大の特徴は、ショッピング機能と現地通貨引き出し機能が一体化されているところです。

海外のショッピングなどで利用する際は、利用時の為替レートで計算してくれて確認できるのでとても便利です。 
また、使いすぎを防ぐために、利用期間や限度額を任意に設定することもできます。

これなら親権者も安心です。

【りそなVISAデビット一体型ICキャッシュカード】

りそなVISAデビット一体型ICキャッシュカードについて説明します。 
このカードは、年会費が初年度は無料で2年目以降は500円となります。

一番の特徴は、JALのマイルが貯まるタイプとりそなクラブポイントが貯まるタイプがあります。  
この2つのタイプは、自分のニーズに合った方を選ぶことができます。

JALマイルを貯めている人は、JALマイルが貯まる方にすると便利です。 
すでにりそな銀行のキャッシュカードを持っている人は、公式サイトより簡単に手続することができます。

【ソニー銀行:SonyBankWallet】海外旅行や留学で役立つ 

海外旅行や留学で役立つソニー銀行もあります。 
ソニー銀行は年会費が無料です。

申込の年齢条件は満15歳以上であれば申込が可能です。 
最大の特徴は、10種類もの外貨預金に対応しているということです。

つまり、海外旅行や留学で役立つこと間違いなしですので、海外旅行が多い人や留学を検討している人におすすめしたいカードです。 
また、このカードはポイント還元率も高く、利用金額が高ければ高いほどポイントが付与されるという仕組みになっています。

未成年も申込み可能?ゆうちょ銀行の貯金担保自動貸付でお金を借りる方法

ゆうちょ銀行の貯金担保自動貸付でお金を借りるのは、未成年でも可能なのでしょうか。 
ゆうちょ銀行は、比較的口座を持っているという人は多いと思います。

ですので、ゆうちょ銀行でお金を借りる一つの方法として検討したいという人もいるのではないでしょうか。 
実は、ゆうちょ銀行ではゆうちょ銀行にお金を貯金している人だけが利用できる貯金担保自動貸付制度というものがあります。

ゆうちょ銀行の口座と持っているという人は是非参考にしてください。

貯金担保自動貸付とはなにか

それでは、ゆうちょ銀行の貯金担保自動貸付とはどういう仕組みなのでしょうか。 

貯金担保自動貸付とは、ゆうちょ銀行の口座で管理されている預金や定期預金を担保にしてお金を借りる制度です。

ゆうちょ銀行の口座に預金残高があれば、未成年でもこの制度を利用することが可能です。
事前の審査は不要で低金利という面でとてもメリットがあります。

一方で、担保になる預金や国債がなければ利用することができないので注意してください。

【ろうきん】全国にあって安心して利用できるろうきんもおすすめ

全国にあって安心して利用できる「ろうきん」もおすすめです。
実は、未成年者がお金を借入する方法は他にもあります。

未成年がお金を借入する方法は、今回説明した学生ローンや信販会社が運営するキャッシングだけではありません。
意外と知られていない方法があります。

ここでは、ろうきんで未成年でも安心してお金を借入する方法を説明していきます。
ろうきんのメリットは、ゆうちょ銀行のように全国展開しているのでどこにいても利用できるのでとても便利です。

「ろうきん」ってなに?

ろうきんとは、正式には「労働金庫」といい、全国各地にあります。 
ろうきんは民間が運営しているのではなく、生協や労働組合から作られた金融機関となっており、利益を追求しない機関となっています。

簡単に言えば、生活する人の立場にたって行動する金融サービスを目指している機関です。 
そのため、民間の消費者金融や信販会社などでお金を借入するよりも金利が低く設定されているなど、利用者にとってはとてもメリットがあります。

ろうきんのカードローン「マイプラン」圧倒的な低金利が最大の魅力!

ろうきんの最大の魅力は、なんといっても低金利です。 
その商品はろうきんのカードローン「マイプラン」です。

マイプランは、未成年でも利用することができとても便利です。 
また、ろうきんは構成が区分分けされており、全部で3つの区分の分けられています。

ろうきんのマイプランの金利は、借入する金額にもよって変わりますが、一般的に他の金融機関と比べて低めに設定されています。 
低金利でお金を借入したいという人には、ろうきんのマイプランがおすすめです。

マイプランの注意するべき点とは

ここでマイプランの注意点を説明します。

ろうきんのマイプランは、必ずしも未成年が申込や利用できると言い切れないということです。
実は、全国各地にあるろうきんですが、各地でそれぞれ規定が異なっています。

マイプランに申込をしたいという人は、未成年でも申込・利用が可能かどうかを事前に窓口で確認することをおすすめします。 
申込後は、他の金融機関と同様に審査が行われます。この審査に合格すれば晴れてお金を借入することができます。

気になることイロイロ解説!お金を借りる時の心配事を解決しよう!

お金を借りる時はいろいろ気になることがあると思います。
お金を借りることは恥ずかしいと思っている人も多く、こういう場合に実際どうなの?親や知人に聞くにも聞けないという人もいるでしょう。

きっとそういった人もこの記事を読んでいると思いますので、 
ここでは、お金を借りる時にみんなが気になるあれこれについてわかりやすく説明していきます。
気なることがないという人も、是非お金を借りるための予備知識として是非読んでみてください。

どうやって保護者が同意したか確かめるの?

まず、親権者の同意とよく聞くけれど実際にはどうやって同意したか確認するの?という点です。
親権者の同意は、基本的に申込書の親権者がサインする欄がありそこに記入する形です。

しかし、緊急事態などサインをもらえないという時などはどうするのでしょうか。 
そういった場合は、電話で確認する方法もあります。 
この時、だれかに親権者ではない人に代役してもらったり、書類に代筆してもらうなど偽造すると犯罪になりますので絶対しないようにしましょう。

甘い条件で融資は不可能と考えよう!「年齢制限なし」のローンには気をつけること!

「年齢制限なし」や「未成年OK」と謳っているローンには気を付けてください。
条件が甘い融資は絶対できません。 
法律に従ってお金を融資している会社であれば、年齢条件を求めなかったり、未成年OKとすることはまずないでしょう。

こういった甘い条件の会社はとても怪しいのでまず疑ってください。 
事情があってお金を借りれない人をターゲットにしており高金利でお金を融資する悪徳業者の可能性が高いのでひっかからないように注意しましょう。

未成年だけど、個人事業主として働いている場合は?

個人事業主として働く未成年はどうなのでしょうか。
未成年のなかには、個人事業主として働いている人もいると思います。

例えば、万が一自分が行っている事業で資金繰りが苦しくなって、お金を融資してほしいという場合は、金融機関などで融資してもらう必要がでてきます。
しかし、未成年の個人事業主であれば、社会的な信用度もまだ低いという観点から審査に落ちてしまう可能性が高いのです。

また、消費者金融は銀行より審査が緩いですが未成年は申込ができません。 
このほか、ビジネスローンという方法もありますが、実はこれも20歳以上が必須条件となっています。

緊急時であればアルバイト代を前借りする方法もある!

もしアルバイトなどをしていれば、緊急の必要であればアルバイト代を前借りすることもできます。
これは義理などではなく労働基準法第25条で定められているきちんとした制度なので、もし困っている場合は恐れずアルバイト先と話し合ってみましょう。
その際に緊急のお金が必要な事情として認められるのは、結婚、出産、病気、災害です。

気をつけておきたいのは、前借りすることのできる金額は既に労働によって賃金が確定している分のみです。
まだ働いていない分は前借りの対象にならないので注意しましょう。

即日でお金を工面できる買取業者に身の回りのものを売却するという手段

他に当面のお金を増やす方法としては、身の回りのものを売るという方法があります。
現在ではリサイクルショップやネットでのフリマアプリなど、物の売買をする手段は多岐に渡っているので、ゲームやCD・本、着なくなった服など、売れそうなものをまとめてみましょう。

ですが物の売買でも未成年には制限があり、親の同行または代行が必要になります。 
売買のためには身分証明書も必要になるので年齢の詐称もできません。 
もしも毎回ショップへ親に同行してもらうのが面倒な場合は、フリマアプリの利用がおすすめです。

【メルカリやラクマ】フリマアプリなら自由に売買できる

メルカリやラクマなど、フリマアプリは登録時に親権者の同意が必要になりますが、登録後は自由に取り引きを進められるのが利点です。 
近年では大手のリサイクルショップチェーンも多くあり、中古品の売買はカジュアルで身近なものになっていますが、売るにしても実際に店員とやり取りしなければならないのが未成年者であれば面倒なところではあるかもしれません。  

実際そうしたこともあってか、フリマアプリの利用者には未成年者も多くいます。 
親の付き添いや、店員とのやり取りが面倒な場合にはおすすめです。

お金をどうしても借りることができなかったらどうする?

これまでいろんな方法をご紹介してきましたが、どうしてもお金を借りることができない人は、身近な親類や友人を頼ってみるのも一つの方法です。
初めはびっくりされたり怒られたりするかもしれませんが、なぜお金が必要なのかを丁寧に説明することで、快くお金を貸してくれることもあるでしょう。

お金を借りる場合は、きっちりと返済計画をたてて返済しましょう。 
どうしても親類や友人にお金を借りることができなければ、私物を売ってお金にするという方法もあります。

【まとめ】未成年がお金を借りる方法

いかがでしたか? 
これまで未成年でもお金を借りることができる方法をいくつかご紹介してきました。

実際知っていた方法や初めて聞く制度などいろいろあったと思います。 
金融会社によって借入できる金額が異なっていたりポイント還元や海外旅行保険の自動付帯などお得な特典もたくさんありました。

まずは利用条件に合致しているか確かめなければいけませんが、自分にあった方法が見つかることを願っています。
最後に未成年がお金を借りる方法をまとめおきます。

お金を未成年がお金を借りるときに使える方法はこれ

まずはじめに未成年がお金を借入する時に使える方法は、クレジットカードのキャッシング枠です。
クレジットカードをすでに持っている人は、キャッシング枠を確認してみましょう。

まだクレジットカードを持っていない人は、今回ご紹介したおすすめのクレジットカードを参考に申込んでみましょう。 
もう一つは、「消費者金融」や「銀行系・信販系」のカードローンを利用することです。

消費者金融のカードローンは一般的に審査が厳しいので難易度が高い方法です。

結婚していたら高校生でも「成人」とみなされ、キャッシング利用可能となる

次に高校生でも、結婚していたら「成人」とみなされキャッシングができるということです。 
結婚していたら、いくら未成年であっても安定した収入があるという前提のもとで親権者の同意が不要になるうえ、キャッシングも可能になります。

借りるお金が多くなる場合は、アルバイトやパートなどより正社員の方がはるかに審査に通りやすくなるということも覚えておきましょう。 
いずれにせよ、お金を借入する際は計画的に利用するようにしましょう。

注意点

最後に注意すべき点を再度おさらいしておきます。 
親権者の同意が必要なケースは、親権者の同意がないと絶対に申込をすることはできません。 
また、親権者にお金を借入することを知られたくないという場合も、同意のサインを偽造することは絶対に厳禁です。

なかなか借入できる業者が見つからない場合でも「年齢制限なし」や「未成年OK」の謳い文句には騙されないようにしましょう。
それは違法悪徳業者の可能性が非常に高いからです。

【最後に】やさしい言葉に惑わされるな!法律違反をしてまで融資してくれる会社は闇金の可能性大!

そしてどこからもお金を借りることができずに困っている人を狙うのが、いわゆる闇金です。 
闇金は法外な金利をかけて厳しい取り立てをしてきます。

闇金業者は相手に隙さえあればとことん食い尽くします。 
それは未成年者であっても同じで、彼らに目を付けられたら最後、借り入れた本人だけでなく、周りにいる友人や家族も容赦なくターゲットになる可能性があります。 
結果として周りに迷惑をかけることにもなるので、闇金業者からは決してお金を借りないようにしましょう。

闇金業者は最初は甘い顔をして近づいてくることも多いので、有名な消費者金融などよく知られている業者以外とは関わらないのがベストです。 
またもし利用してしまった時は、現在ではヤミ金融対策法というもので対処できる場合があるので、とにかく一人では抱え込まずに警察に相談しましょう。

ひととき融資に巻き込まれる可能性もある?SNSでおこなわれる個人間融資も危ない!

インターネットが普及したことによって、現在ではSNSを利用した個人間融資というものも増加してきています。
お金の貸し付けには本来登録が必要ですが、SNSを介した個人間融資では実際には登録していない人がほとんどです。 
その時点で違法ですから、お金を借りた後の振る舞いが信用できるはずもありません。

闇金業者も紛れ込んでおり、中には性的関係を求める融資も横行していて、逮捕者も出ています。 
軽い気持ちから人生が一変してしまうこともあります。 
個人間融資も闇金と同じように絶対に手を出すべきではありません。

20歳になれば消費者金融や銀行から自由に借り入れができる!

未成年者は社会的に多くの制限があり、お金を借りることについてもなかなか成人のようにすることはできません。 
ですが逆に20歳の誕生日を迎えさえすれば、親権者の同意がなくとも消費者金融や銀行から自由に借り入れの契約を結ぶことができます。

未成年者の方々にとって20歳までの時間は貴重で長いものかもしれませんが、どうか危ないことはせずに、ここまでで紹介した方法を使って何とか乗り切り、晴れて20歳の誕生日を迎えて欲しいと思います。

おすすめカードローンランキング

全てのランキングはこちら
注意事項
  1. 本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  2. 本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  3. 当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  4. 本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  5. 編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • プロミスのサービス表記に係る補足事項
  • プロミスではメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
  • 瞬フリを利用するには24時間振込可能な金融機関の口座が必要です
  • SMBCモビットのサービス表記に係る補足事項
  • 融資や審査回答までの時間について:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • 「50万円以下なら収入証明書不要」について:場合によって収入証明を提出していただくことがあります。
  • レイクALSAの貸付条件
  • 商号:新生フィナンシャル株式会社
  • 貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号
  • 融資限度額 1万円~500万円
  • 貸付利率 4.5%~18.0%
  • 遅延損害金(年率)20.0%
  • 返済期間・回数/最長8年・最大96回
  • 必要書類 運転免許証等 ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
  • 担保・保証人/不要
  • 要審査
  • Webで最短60分融資も可能※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
  • 申込資格:年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方
  • ご返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
  • 初めてなら初回契約翌日から無利息
  • ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります
  • Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません
  • 無利息期間経過後は通常金利適
  • 30日間無利息、180日間無利息と併用不可
  • 千葉銀行カードローンのサービス表記に係る補足事項
  • 対応地域:千葉全域、東京全域、埼玉全域、茨城全域、神奈川(※一部地域を除く)