最終更新日:2020年06月11日

アルバイトやパート主婦でも利用できるカードローンを紹介!審査に通る方法は?

カードローンを利用すると便利!パート主婦がお金を借りるならどこを使うのがいいのか

パート主婦がお金を借りたいという場合、利便性が高い方法は「カードローン」です。

カードローンは以下、2つの金融機関が提供している融資サービスとなります。

1.銀行カードローン 
2.消費者金融

です。 
パートですからそう多い収入ではないかもしれません。

しかし、毎月一定の収入があれば、収入がそう多くなくても、銀行カードローン・消費者金融からお金を借りることは可能なのです。 
どちらを選ぶかは自分自身が適切だと判断する方で基本的には構いません。

パート主婦への融資に消極的な銀行カードローンは審査が厳しいかも!

自分自身で選ぶのがベストなのですが、パート主婦ですと銀行カードローンの審査には通過できないかもしれません。 
その理由は、銀行カードローンの貸し付け条件が関係しています。 
借り入れ対象を以下、確認しましょう。

借り入れ対象
  • 満20歳以上65歳未満であること
  • 安定収入があること
  • 保証会社の保証が受けられること

これだけを見ると、パート主婦でも該当できる条件となります。 
しかし、収入が少ない人への貸し付けに消極的な側面もあるのです。

(理由1)自主規制で審査が厳しい銀行カードローンについて

銀行カードローンは審査が厳しくなっています。 
2018年に金融庁から過剰貸し付けに対する指摘がなされてから、銀行は「自主規制」というものを行うようになりました。 
この決定から、審査基準が厳しくなったのです。

一定収入があり、社会的な親友が高いと判断されれば借り入れはできるのですが、パート主婦にそれを望むのは難しいといえます。 
とりあえずは申し込んでみようと思われるかもしれませんが、申し込み情報も登録されるのでそれが不利に働いてしまうことも珍しくありません。

(理由2)限度額が10万円以上になるケースが多い

銀行カードローンの貸付額は10万円以上で設定されていることが多いのです。 
消費者金融は1万円単位で借り入れができるのですが、貸付単位が大きくなるのでおのずと審査が厳しくなるのです。

銀行カードローンの審査に通過するためには、借入額の3倍の年収が必要だといわれています。 
これを考えると、配偶者の扶養内で働くことが多いパート主婦の収入では難しいと言わざるを得ません。

借入を行いたいという際に、銀行カードローンを選択するのは現実的とは言えないでしょう。

消費者金融で申し込んだほうが確実?パート主婦で借りるならどうすべきか

パート主婦でお金を借りたいという場合、定収入でも借り入れが可能な「消費者金融」の利用を検討するのが良いでしょう。 
銀行カードローンのような審査の厳しさがないので、収入が少なくても貸し付けには積極的です。

実際に、大手消費者金融の公式サイトでは、審査通過率を公表し「借りやすい環境がある」という事を大きなみょくとしてアピールしているのです。 
具体的な通過率を比較してみましょう。

・消費者金融の成功率 
42~50%程度

・銀行カードローンの成功率 
13~20%程度

上限金額はどのくらい?パート主婦はいくらまで借りれる?

消費者金融の公式サイトを見てみると、融資最高額を800万円と表記していることが多いようです。 
ただ、この金額が全ての人に該当するわけではありません。

パート主婦が借入可能な金額は「30万円~50万円」がその相場となっています。 
年収や利用目的によつては多少前後しますが、この金額であれば借り入れを実現できる可能性が高くなります。

もとより、収入が少ないのであれば「返済できる範囲内」で利用をすることが大切です。

総量規制によって年収の3分の1までに制限されている貸付限度額について

消費者金融の貸付限度額は「総量規制」の範囲内と定められています。 
総量規制とは、多重債務者を減らす対策として立てられた法律のことです。

借入可能な限度額を「年収の3分の1」までとし、収入のない人を貸し付け対象者としないことを義務付けています。 
その範囲内では借入金額が足りないという場合には、パート労働の時間を増やすなどして年収そのものを高くする必要があります。

もしくは、総量規制の対象外で借り入れられるカードローンの利用を検討しましょう。

【総量規制対象外のカードローン比較】即日で審査に通過できるのはどこ?

総量規制は「貸金業者」に適用される法律です。 
ですので、銀行は金融機関にあたるために対象外となりますので、年収の3分の1以上を借りることも可能なのです。

また、例外貸し付けに該当すれば、総量規制以上の金額の借り入れが可能になります。 
即日で借り入れたいのであればやはり「消費者金融」ということになるでしょう。

事業者向けやおまとめローンであれば、即日まとまった金額を借入可能ですので最適なものを選びましょう。

配偶者貸付なら夫の収入もプラスできる?もっと借りたい人向けの裏技を紹介!

配偶者貸付けを利用すると、自分ばかりではなく配偶者の年収を合わせた金額の3分の1までは借りられます。 
賃金業法における総量規制の「例外」に該当する借入方法なので安心です。

ただし注意点もあります。

配偶者貸付に対応している金融機関は限られています。 
利用者が実質的に収入がない状態でも借り入れができる仕組みであることから、金融機関は審査が厳しい銀行に集中しているのです。

とはいえ、消費者金融の中にもこの配偶者貸付を行っているところもありますので検討をするのも良いでしょう。

審査は甘い?ベルーナノーティスローン利用者の口コミを調査してみた

ベルーナノーテイスは専業主婦や高齢者でも審査に通過できる消費者金融で、利便性が高いといえます。 
実際に利用した方々の口コミは以下の通りです。

・数カ月前にローンを組んだばかりだったのですが、審査に通過し借り入れることができました。 
・自営業で審査に通らないことも過去にはあったのですが、ベルーナノーテイスは借り入れができた。 
・配偶者の同意書提出で専業主婦の私でも借りることができました。

というポジティブなものが多くありました。

とはいえ、審査が特別に甘いというわけではありません。 
書類の提出を求められることもありますし、原則としては安定収入がある状態がその条件です。

アルバイトやパートでもカードローンの審査に通る?条件を解説

アルバイトやパートがカードローンの審査に通る条件をご紹介します。 
アルバイトやパートがカードローンの審査で有利となる条件は「年収の高さよりも安定性が重視される」「勤続年数は短いよりも長い人の方が有利」「国民健康保険よりも社会保険が審査で有利」の3点です。

カードローンの審査基準は各社それぞれ基準を持っているので異なりますが、「収入の安定性」「勤続年数」「保険証の種類」のどれかに該当すれば、アルバイトやパートの人であってもカードローンの審査では有利になります。 
よく年齢を気にする人がいますが、満20歳以上の成人であればどこでも申込できますので、若すぎるから審査で落とされてしまうということはまずあり得ません。

年収の高さよりも安定性を重視

「年収の高さよりも安定性を重視」という点を説明します。 
審査では収入が高い・低いよりも「毎月安定した収入があるのか」について重要視されます。

例えば、個人事業主はアルバイトやパートよりも高い収入を得ていますが、体力がない企業はいつ倒産してしまうかも将来性が不安定ですし、貸し倒れになるリスクが高いのです。 
そのため、お金を貸す側からすると、個人事業主よりも毎月安定した収入があるアルバイト・パートの方が、毎月きちんと返済してくれる可能性が高いので安心してお金を貸すことができるというわけです。

1年以上の勤続年数があれば高評価

「勤続年数が1年以上なら高評価」という点を説明します。 
アルバイトやパートの方に限らず、勤続年数が長い人は審査にとても有利です。

一般的に1年以上の勤続期間があれば高く評価され、最低でも6ヵ月以上であれば良いと言われています。

ただし、勤続期間が1ヵ月で極端に短いとか、転職回数が多いとかなどの理由で審査に落ちることはまずありません。 
審査では勤務形態や勤続期間だけではなく、総合的な判断により融資のできるかどうかが決まります。

社会保険の方が国民健康保険よりも審査では有利?

「国民健康保険よりも社会保険が審査では有利」という点について説明します。 
保険証の種類は、審査の基準のひとつです。

保険証には次の2種類があり、1つ目は「社会保険証(全国健康保険協会の保険)」で、もう1つは「国民健康保険証」です。 
個人事業主などが加入している国民健康保険よりも、フルタイム勤務で社会保険証を企業から発行してもらっている人の方が審査で有利です。

ちなみに社会保険証の発行条件は、勤務先で正社員の3/4以上の勤務時間と勤務日数を働いている人です。

パートを始めてすぐだとダメ?勤務年数が短くても借りれるところは?

パート主婦でお金が借りられるといっても、勤続年数が短いとお金が借り入れられるかどうかという問題があります。 
その答えは、目安として最低でも3ヶ月~6ヶ月以上の勤続年数は必要だと考えておきましょう。

勤続年数が長いほど、信頼度は高くなるので審査で有利に働きます。 
虚偽申請をして審査に通そうと考えることは絶対にやめましょう。

必ず知られることとなりますし、最悪の場合は今後一切その金融機関でローン利用ができなくなるかもしれません。

働いてすぐでも借りられる!消費者金融を一覧で紹介

働き始めてもすぐに申し込みができるカードローンというものもあります。 
もし、勤続年数が少ないという場合には利用を検討すると良いでしょう。

以下、それらをご紹介します。

働いてすぐに借りられる消費者金融

レイクALSA アコム プロミス アイフル SMBCモビット
初出勤を迎えた時点での申し込みが可能 初出勤を迎えた時点での申し込みが可能 1日でも出勤実績があれば申し込みが可能 初出勤の翌日から申し込みが可能 1ヶ月目の給与明細を受け取った時点で申し込みが可能

となっています。

申し込み先は1社のみにしておくべきって本当?審査で有利な判断をしてもらうために

勤務日数が少ないパート主婦が審査に通過するためには、借入先を絞って申し込みをするのがオススメです。 
何社も申し込んでしまうと、審査では不利に働きますので「1社」に絞りましょう。

金銭的に困っている印象を薄くすることができます。
貸し倒れリスクがないと判断されやすいのです。

もし、高額の他社借り入れがある状態や支払いを滞納していると信用度が下がってしまいます。 
仮に1社に絞っても審査に落ちてしまうことがありますのでご注意ください。

既に滞納がある場合は少しでも返済を進めておくのがベスト

現段階で、クレジットカードや携帯電話利用料金の支払いを滞納しているという場合には、少しでも良いので返済を進めておきましょう。 
支払いの滞納や遅延は、その事実はもちろんですが「放置されている」時間が長いほど評価が下がり信用度も下がってしまいます。

少しでも支払いを進めておくことによって、返済の意思があるとみなされますので、出来る範囲で返すよう努力しましょう。 
どうしても支払いを進められないというようでしたら、生命保険の契約者貸付を利用するのも選択肢に加えてみてください。

生命保険でお金を借りれる?契約者貸付制度のメリット・デメリットを徹底解説!!

契約者貸付制度とは、生命保険の契約者対象にした解約返金を担保にした借り入れ制度の事です。 
魅力はやはり、生命保険の解約をしなくても借り入れができるという点でしょう。

また、ローン審査に通らないという場合にもお金が借りられるのもメリットです。 
デメリットとして考えられることは、保険金や給付金が返済に回る可能性があることや、解約を超えた借入をしてしまうと保険が失効してしまうという点です。

解約返戻金を超えない範囲で借り入れることが大切です。

旦那に内緒でこっそりと!パート主婦がバレずにお金を借りる方法を徹底解説

旦那バレずに借入を行う際の注意ポイントはまず以下の2点が必須です。

・連絡先を自宅ではなく「個人の携帯」などにすること。 
・郵送物をなしに設定すること。

となります。

カードローン会社からカードが自宅に発送されることでバレてしまうというケースも少なくありません。 
しかしこれに対応してくれるもしくはカード発行をなしという消費者金融もありますので活用してください。 
なお、大手消費者金融ですと、アコム・プロミス・アイフルの3社が郵送物なし・電話連絡なし・カードレスサービスに対応しています。

家族・会社の誰にもバレずにお金を借りるには?内緒でキャッシングしたい人必見

バレずに借入を行いたいようであれば、サービス体制が充実している「大手の消費者金融」を選ぶのがオススメです。

例えば、電話連絡や郵送物がなし、カードレス対応しているところもあります。 
審査時に大切な在籍確認ですが、電話連絡の代わりに保険証や給料明細を提出することで連絡なしにしてもらえることもあります。

全てがウェブ完結であれば、手間もかからず誰にも知られることもなく借り入れができるので非常に利便性高くオススメです。

即日融資OKの消費者金融で間違いなし!パート主婦が早くバレずに借りたい場合

消費者金融では、融資までの時間も1時間程度となります。 
銀行カードローンは、最短でも翌日以降の借入となりますので、即日融資はできません。

消費者金融の審査システムが優れているからこそのスピーディーさなのです。 
消費者金融は、審査に通りやすいばかりではなく利便性も高くさらにはスピーディーさも求めることができます。

少額からでも借り入れ可能ですので、主婦パートが確実にお金を借りたいのであれば融資に積極的な消費者金融を検討してください。

パートやアルバイトがカードローンの審査で気をつけるべきポイントを解説!

ここからは、アルバイトやパートがカードローンの審査で気をつけるポイントをご紹介します。 
アルバイトやパートがカードローンの審査で気をつけるポイントは3つあります。

まず、1つ目は「申込時に年収や勤続年数など虚偽の申告をしない」ということです。 
2つ目は「複数のカードローンへの同時に申込みを行うと審査が不利になる」ということです。 
3つ目は「他社借入の件数や金額が大きいと審査で不利になる」とういうことです。

申告時に年収や勤続年数などで嘘をつかない

「申込み時に年収や勤続年数などで虚偽の申告をしない」という点を説明します。 
確実にカードローンの審査通過をしたくて「収入を事実より多めに申告する」「勤務先を偽る」「勤続年数を事実より長めに申告する」とバレてしまう可能性があります。 
審査では申し込みがあった際に、信用情報機関から個人の信用情報を入手します。

その際に申込内容と照らし合わせて確認をおこなうことになります。 
信用情報とは、信用情報機関に登録されているクレジットカードやカードローンの申込や返済状況や他社の借入状況などの情報のことです。

審査に不利となってしまう複数のカードローンへの同時申込みについて

「複数のカードローンへの同時申込みは審査に不利」という点について説明します。 
審査が不安だからといって複数社に同時申込みするのはとても危険です。

カードローンの申込情報は信用情報機関に情報が流れるので、最長で約6ヵ月間その情報が信用情報機関に保存されます。 
信用情報機関に保存された申込情報は各カードローン会社で共有することができるので、短期間で一度に複数社申し込んでしまうと、「相当お金に困っている」と判断されてしまい審査に通過するのが難しくなってきます。

他社からの借入の件数や金額が過大だと審査では不利になる

「他社借入の件数や金額が大きいと審査で不利になる」という点について説明します。 
各社で特に重要視されている審査の項目は、何件の会社でいくら借りているのかといった他社での借入状況です。

審査の基準は各社ごとに異なりますが、借入の金額よりも借入の件数の方を重視するところが多く、他社借入件数が4件以上あったら審査が厳しくなるところが一般的です。 
ただし、他社からたくさんお金を借りているから審査に通りにくいかというと必ずしもそうとはいえません。その理由はたくさん借入してたくさんの返済実績があるという観点から、初めてお金を借入する人よりも、借金をしてもしっかりと返済してきた人の方が審査での評価は高いからです。

パートやアルバイトが借りられる金額はどれくらいまで?

アルバイトやパートが借りられる金額はいくらなのでしょうか? 
アルバイトやパートの場合、借入の限度額は30万円以内に設定されることがほとんどです。

しかし、申し込み者の審査結果次第では借入の限度額が10万円程度になるかもしれません。 
私も21歳のフリーター時代にお金が必要になり、某消費者金融の審査を受けたところ10万円の借入結果となりました。 
当時の毎月の収入は13万円くらいだったので、年収に換算すると150万円になります。

当時私はお金を借入するのが初めてだったのですが、他社からの借入れはなく信用情報がとても綺麗だったので審査に通ったのかもしれません。

審査ではパートやアルバイトでも勤務先への在籍確認がある話

アルバイトやパートでも審査では勤務先への在籍確認があります。 
カードローンの審査では、申込者の勤務先情報が本当に正しいのかチェックするために、勤務先への電話による在籍確認がおこなわれます。

在籍確認は審査の一環としておこなわれるので、原則避けることはできません。 
正規雇用ではないアルバイトやパートの方でも在籍確認は必須なので、在籍確認をすることで同僚にカードローンを利用していることがバレないか気になる方は多いのではないでしょうか。

基本的に在籍確認の電話は、本人が電話に出る必要はありませんので安心してください。

在籍確認に関する相談を業者にするのもOK

在籍確認に関する相談もOKです。 
在籍確認について不安になるのは、勤務先が完全休業日で電話をとる人が誰も居ないということと、個人情報保護法により本人がその会社に在籍しているかの確認がとれないということです。

電話での在籍確認が難しい場合や、職場に電話をかけてほしくないなどの特別な事情があれば、申込み後に担当者へ電話で相談すれば、何かしらの対策を一緒に考えてくれます。 
また、給与明細書や社員証など会社に在籍していることがわかる書類を提出することで、書面での勤務先確認に変更してくれる場合もあります。

職場の上司に電話があることを伝えておこう

電話があることを職場の上司に伝えておきましょう。 
在籍確認が不安な人は、事前に電話があることを職場の人に先に伝えておくのもひとつの方法です。

もしも会社の電話を取る人が限られているなら、その人に「クレジットカードの申し込みをしたので自分宛ての電話がかかってくるかもしれない」と事前に伝えておくことによって、変な誤解を招くこともないでしょう。 
在籍確認で電話をかける場合は、基本的に個人名で名乗るので、「カードローン会社」からの電話だとバレることはありません。

銀行カードローンと消費者金融カードローンではどのような違いがあるのか

消費者金融というと「怖い」という印象を持つ方もいるようです。

しかし、消費者金融のカードローンには、銀行カードローンよりも優れている点があります。 
以下、それぞれの特徴をご紹介します。

銀行カードローンの特徴
  • 消費者金融カードローンより低金利なことが多い
  • 即日融資には対応できない
  • 日常的に利用している銀行ATMでの借り入れが可能
  • 銀行が取り扱っていることに対する安心感がある
消費者金融カードローンの特徴
  • 金利が高めである
  • 審査のスピードが速いので即日融資も可能
  • 無利息期間サービスが用意されていることが多い
  • 短気少額の借入にピッタリである

ということです。 
違いを見ていくと、それぞれの魅力が見えてきます。

無利息期間サービス!少額の借り入れをするなら消費者金融カードローンが便利!!

生活費の足しになどという程度の少額借り入れであれば、消費者金融カードローンの利用を検討してみてください。 
無利息期間サービスを利用して短期返済ができれば、利息ゼロで借り入れが可能です。

30日間無利息サービスというところが多いのですが、中には5万円以内であれば180無利息という嬉しいサービスを用意している消費者金融もあります。 
仮に、無利息期間サービスを超えてしまったとしてもお得な利用はしやすいでしょう。

すべてのカードローンを見る

カードローン一覧

金融機関の種類から探す

銀行カードローン
消費者金融カードローン

ランキングで探す

カードローンランキング
消費者金融カードローンランキング
銀行カードローンランキング

カードローン会社から探す

アイフル
プロミス
SMBCモビット
レイクALSA

特徴からさがす

低金利のカードローン
即日融資が可能なカードローン
無利息期間ありのカードローン
借り換え可能カードローン
郵送物なしカードローン
コンビニ対応カードローン
審査結果の早いカードローン
WEB完結可能なカードローン
WEB明細が使えるカードローン
口座振込で返済可能なカードローン
ネットキャッシングできるカードローン

心配・悩みから探す

カードローンとは?
審査なしのカードローンはある?
カードローンの審査基準は?
審査の甘いカードローンは?
金利の計算方法は?
カードローンとキャッシングの違いは?
専業主婦でも即日融資は可能?
サラ金・ヤミ金・街金の違いは?
お金借りるならどこがいい?
「カードでお金」の看板は何?
おまとめローンの審査基準は?
ショッピングローンの審査基準は?
無審査で即日融資のカードローンってある?
中小消費者金融は審査が甘い?
カードローンの返済方法は?
ソフト闇金のデメリットは?
他社借入があると審査落ちする?
キャッシングは信用情報に傷がつく?
即日で50万円は可能?
個人間融資は危険?
サラ金の金利は?

    おすすめカードローンランキング

  1. カードローン人気ランキング
  1. 本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  2. 本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  3. 当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  4. 本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  5. 編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • ランキング根拠
  • ランキングは以下のデータに基づき作成しています(詳細はランキングページに記載)
  • ・利用者へのアンケート調査
  • ・ワイズローン経由でのアクセス数、申込数
  • ・各社が公開している口座数、財務情報
  • プロミス
  • プロミスではメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
  • 瞬フリを利用するには24時間振込可能な金融機関の口座が必要です
  • SMBCモビット
  • 融資や審査回答までの時間について:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • 「50万円以下なら収入証明書不要」について:場合によって収入証明を提出していただくことがあります。
  • レイクALSA
  • 商号:新生フィナンシャル株式会社
  • 貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号
  • 融資限度額 1万円~500万円
  • 貸付利率 4.5%~18.0%
  • 遅延損害金(年率)20.0%
  • 返済期間・回数/最長8年・最大96回
  • 必要書類 運転免許証等 ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
  • 担保・保証人/不要
  • 要審査
  • Webで最短60分融資も可能※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
  • 申込資格:年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方
  • ご返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
  • 初めてなら初回契約翌日から無利息
  • ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります
  • Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません
  • 無利息期間経過後は通常金利適
  • 30日間無利息、180日間無利息と併用不可
  • 千葉銀行カードローン
  • 対応地域:千葉全域、東京全域、埼玉全域、茨城全域、神奈川(※一部地域を除く)
  • 三井住友銀行カードローン
  • 三井住友銀行の普通預金口座・キャッシュカードをお持ちなら、申込から契約までの手続きがWEBで完結
  • ローン契約機でカードを受け取れば郵送物なし

Copyright LeadingTech All Rights Reserved.