最終更新日:2020年07月04日

来店不要のスピードキャッシングで即日融資を受けよう

即日ですぐにお金を借りる方法"スピードキャッシング"とは?

「スピードキャッシング」と言われるとすぐには何のことかわからないかもしれませんが、多くは「即日融資」や「即日借入」と呼ばれているもののことです。 
つまり申し込んだその日のうちにお金を借り入れることが可能な金融商品のことです。 
何よりそのスピードが売りになっています。

この商品を扱っているのは銀行や大手消費者金融などによる「カードローン」と呼ばれてるものです。 
かつてはお金を借り入れするには受付窓口へ直接赴いて、手書きで申込用紙に書き込むなどのことが行われていましたが、現在ではインターネットから簡単に申し込みができるのでスピード感が増しています。

スピードキャッシングを利用するなら、インターネットから申し込みしよう

スピードキャッシングの申し込みはカードローンを提供している銀行や大手消費者金融による公式サイトから簡単に申し込むことができます。 
案内に従って名前などの必要事項を書き込んでいくだけです。

インターネット環境がない人のために郵送や窓口での受付などの方法も用意されていますが、より早い融資を求めているならばインターネットによる申し込みが最も手続きを速く済ませることができます。 
特に問題がなければインターネットによる申し込みを第一の選択にしましょう。

10分もあればカードローンの申し込みは完了する

インターネットから申し込みする方法は、パソコンだけでなくスマートフォンからも利用することができます。 
つまり家や会社に縛られることなく出先からの入力が可能なので、いつ、どこからでも申し込みをすることができるのです。

記入する必要項目は住所・氏名・年齢・電話番号などの基本的な本人の情報の他に、勤務先やそこでの勤続年数・年収などを書き込み必要があります。 
特に難しいことは聞かれないので10分程度の時間で簡単完了します。

スピードキャッシングは申し込みからお金を借りるまで最短1時間!

このように申し込みを済ませてしまえば、スピードキャッシングのカードローンであれば最短で1時間で審査と手続きが完了し、融資を受けることができます。
この早さは審査側がコンピュータースコアリングというシステムを導入しているためで、コンピュータースコアリングとはこれまでの蓄積された統計データを元に、申し込み者の情報を照らし合わせ、申し込み者の返済能力などについて数値化するシステムです。

あくまで統計による推定値になりますが、かなり正確な結果を得ることができています。

すぐに返済できる見込みがあれば、最小限の利息に抑えられる

カードローンでは、もしもあなた自身にすぐに返済できる見込みがあるならば、利息を最小限に抑えることができます。 
通常、カードローンでは利息は日割りによって計算されているため、返済日が早いほど支払う利息は少なくすることができるのです。

また後ほど詳しく説明しますが、大手の消費者金融の多くでは初回の利用者に限り大体30日間程度の無利息サービス期間というものを設けています。 
この期間内に返済することが可能ならば、一切の利息はかかりません。

カードローンの利息計算方法について

利息の日割りについて詳しく解説すると、既定の利率によって決まった全体の利息分を一日あたりに分けて計算するという方法です。 
つまり例えば100万円を借り入した際に、仮に金利を年10%とすると、100万円の10%で一年に10万円の利息がかかかるという計算になります。

これを一日あたりに分けると、10万円を365日で割って一日約274円の利息ということになります。 
この利息が返済にかかった日にちの分だけ加算されていくことになるので、例えば一日で完済してしまえば利息分は274円だけで済むということになるのです。

30日間無利息期間はスピードキャッシングできる大手カードローンでは大抵設けられている

そして先ほども少し触れたように、スピードキャッシングを利用することのできる大手の消費者金融のカードローンでは、その多くの業者で初回利用者に限って30日間程度の無利息期間という非常にお得なサービスを設けています。 
これは文字通り利用から30日間は一切利息がかからないというサービスです。

つまり借り入れから30日以内に借り入れた分すべての返済が可能ならば、利息分を一切払わずに借りたそのままの金額を借りられたということになるのです。

無利息期間に返済すれば、余計な利息が発生しないので便利

このように大手消費者金融のカードローンでは非常にお得なサービスを提供しているので、早い返済が可能であるならば積極的に利用していきたいところです。 
これは全ての金融機関で利用できるわけではないので、あらかじめ確認しておくと良いでしょう。

なお、このサービスは各社が独自に規定しているサービスなので、一つの会社のサービスを一回利用したからといって他の会社では使えなくなるといったものではありません。 
他の会社で初回であるならばまた利用することができます。

銀行のカードローンとスピードキャッシングできる消費者金融ではどのような違いがあるのか

ここからは、実際にスピードキャッシングを扱っているそれぞれの金融業者のカードローンの特徴について細かく見ていきましょう。 
スピードキャッシングを利用できるカードローンには大きく分けて、消費者金融系統のものと、銀行を母体とした銀行系カードローンの二種類があります。 
この二種類はそれぞれの業務形態や法律上のしばりによって異なった特徴があり、それぞれにメリットデメリットがあるので、一つ一つ詳しく解説していきましょう。

スピードキャッシングできる消費者金融と銀行のカードローンはどこが大きく違う?

消費者金融系と銀行系のカードローンを比較すると、その違いは様々ありますが、利用者側の視点で見るならば大きく四つの違いがあると言えます。 
それぞれ「無利息期間」「金利」「総量規制の有無」「審査の難易度」です。

基本的にはそれぞれの金融機関としての成り立ちの違いから、サービスとしての体制や、金融機関としての信頼度、そして規制を受ける法律の違いになどによって差異が出ています。 
以下からより詳しく説明していきましょう。

無利息期間

無利息期間というのは、主に初回利用者に向けた一定期間の借り入れの金利を無くすというサービスです。
このサービスを扱っているのは消費者金融のほとんどと、銀行のほんの一部です。

期間は大体カードローンの契約日から30日間としているところが多く、その期間内に返済すれば文字通り無利息、借りたお金の分だけを返せば良いことになっています。
ほとんどの銀行系カードローンでは無利息サービスについては提供していないので、もしも無利息サービスに魅力を感じている方は消費者金融の利用をおすすめします。

金利

消費者金融系カードローンと銀行系カードローンの金利にはかなりの違いがあります。 
カードローンの金利の上限は法律によって定められています。
10万円未満の借り入れの場合は最高で20%、10万円~100万円の場合は18%、100万円以上が15%といった具合です。

カードローンでは10万円以上の利用者が多いので一般的に18%が上限ということになりますが、消費者金融の場合は最大の18%、銀行系は大体14%から16%の間に設定しているものが多くなります。 
つまり金利の面で言うと銀行系カードローンのほうがお得ということになります。

総量規制の有無

消費者金融と銀行の大きな違いとして、適用される法律が異なるという点があります。 
消費者金融は法律上、貸金業者として扱われ、貸金業法が適用されます。 
この貸金業法には総量規制というものがあり、消費者金融ではこの総量規制を厳守しなければなりません。

総量規制とは、貸し付け金額を利用者の年収の三分の一未満に収めなければならないという規制です。
この規制によれば年収がない人、例えば専業主婦などは、消費者金融から一切の借り入れはできないということになります。 
ただし銀行でも自主規制の動きが広がり消費者金融に準じる部分も多いので、銀行ならば自由に借りられるというわけではないので注意しましょう。

審査の難易度

一般的に銀行系カードローンに比べると、消費者金融カードローンのほうが審査が通りやすいと言われています。 
銀行系カードローンのほうが金利が低くお得ですが、そのぶん審査は厳しくなると考えられます。

審査を大きく左右するのは主に年収が大きいですが、アルバイトやパートなどでも安定した収入が認められれば、その収入に応じた金額であれば審査を通るのが難しいということはありません。 
基本的に審査に落ちやすいのは、定収入のない人や、いわゆるブラックリストにのるような人です。

スピードキャッシングするために5つの気をつけておくポイントを紹介!

ここまでは同じスピードキャッシングを取り扱っているカードローンでも、消費者金融系と銀行系では違いがあるということについて解説してきました。 
それぞれのメリット・デメリットなどの特徴についての理解は進んだかと思います。

それではここからは、実際にスピードキャッシングに申し込む前に、気を付けておきたい部分、申し込みの手順や、審査の通りやすさなどについて5つのポイントに絞って解説していきますので、読みながら自分に合わせてチェックしてみてください。

気をつけよう!スピードキャッシングする前にチェックするべき5つのポイント

スピードキャッシングに申し込む前にチェックしておきたい5つのポイントの概要を挙げておくと、

スピードキャッシングに申し込む前にチェックしておきたい5つのポイント
  • カードローンは即日の融資に対応しているかどうか
  • 当日の融資を受けるためには申し込みの期限に注意を払っておく
  • 審査を通るためには他社からの借り入れを確認しておく
  • 審査に通るためにはクレヒスを綺麗な状態に保っておく
  • 返済計画をきちんと立てておく

といったところになります。 
それでは以下から、それぞれについて具体的に解説していきましょう。

選んだカードローンが即日キャッシングの可能性が高いかを判断する

一般的にカードローンと言うと早いイメージがあり、実際に他の金融商品に比べれば申し込みから実際の融資までかなり短い時間で可能になっていますが、スピードキャッシング、つまり申し込んだ当日の融資という点では、どの金融機関でも確実と言うわけではありません。
それを確かめる方法は簡単で、スピードキャッシングが可能な会社であれば、広告や公式サイトなどで必ず「スピードキャッシング」や「即日融資」、「スピード融資」などの文言を謳っています。

こうした文言を確認して申し込むと良いでしょう。

スピードキャッシングできる金融業者をどのような方法で見分けるのか

スピードキャッシングについてですが、一般によく知られている大手の消費者金融であれば、対応しているところがほとんどです。 
中小の消費者金融については会社によって特徴の違いがあるので、先に挙げたような文言を確認したほうが良いでしょう。

一方で銀行系のカードローンでは一部対応しているところもありますが、即日の融資の場合にはその銀行の口座があらかじめ開設されている必要があるなどの条件があることが多くなっています。 
また近年では過剰融資を抑制するために、銀行では即日融資をしないという流れになっています。

スピードキャッシングを求めならば、大手消費者金融を選ぶのが良いでしょう。

気をつけよう!スピードキャッシングするには、当日のタイムリミットについて

いくらスピードが速いとは言っても、即日、つまり申し込んだのと同じ日の融資を求めるならば、やはり申し込み時間も一日のうちで早い時間帯にしたほうが良いのはもちろんです。 
金融業者にとっても当然その日のうちに対応できるタイムリミットがあり、業者によっても違いがありますが、大体は14:00前後としているところが多くなっています。

14:00はあくまでリミットなので、申し込みがそれまでに終わるまでに余裕をもって、できれば午前中には申し込みを済ませるようにしておきましょう。

他社からの借入額がどれくらいあるか

審査を受ける過程で、他社からの借り入れに関しても審査の対象になります。 
そうした情報は信用情報機関にすべて登録されており、審査の際には照会されるので隠すことはできません。

他社からの借り入れが一、二社にとどまっている場合にはあまり大きな問題にはなりませんが、三社、四社となると多重債務者として審査では危険視されます。 
それだけ借り入れが多いということは返済の負担が大きい可能性が高く、また借金癖や返済能力についても疑いが持たれることになります。

注意!審査に落ちるとクレヒスにも傷が残る

俗に言われる「クレヒス」とはクレジットヒストリー、つまりこれまでのクレジットカードやローンの利用履歴のことです。 
仮にカードローンの審査に落ちてしまった場合、その記録もクレヒスの履歴として残ることになります。

つまりカードローンの審査に落ちたということが次のカードローンの審査に不利になってしまうということでもあるので、落ちるとわかっていて無闇に審査を受けるよりは、一度審査に通るかどうかを自己確認してから審査を受けたほうが無難です。 
きちんと準備して備えるようにしましょう。

クレヒスの履歴はきれいな状態を保てているか?

繰り返しになりますが、クレヒスの履歴はカードローンの審査を通過する上で重要なポイントの一つになります。 
できる限り綺麗な状態を保っておくようにしましょう。

具体的にはクレジットカードやローンの利用に関して、返済の遅延や延滞などがないようにしておくことです。 
クレヒスにそうした"傷"や、審査で迷うような履歴がある場合、ただ審査に落ちてしまうだけでなく、仮に最終的には通ったとしても審査が遅れる場合があります。

即日の融資を望む場合にはそうした点にも気をつけておくべきでしょう。

返済計画を立てておこう!

借り入れをする際に最も気をつけておきたいことの一つが、返済についてです。
スピードキャッシングの特徴は早さと手軽さですが、その手軽さゆえに、借りる側としてもつい軽い気分で利用してしまいがちです。

軽く利用する分には何の問題もありませんが、あまりに考えずに軽い気持ちでどんどん借りてしまうと、いざ返済の段には軽い気持ちどんどん返していくといったわけにはいきませんから、結果として最終的に完済できないまま自己破産まで行ってしまう人もいます。

スピードキャッシングした後でも、必ず返済する責任がある

たとえば10万円程度の少額の借り入れならば、一年間の12回払いであれば月々約1万円程度の返済になり、そこまで大きな負担にはならないでしょう。 

しかし月1万円であっても人によってはかなりの負担かもしれません。 
どのくらいの返済額が負担になるかというのはまさに千差万別、人それぞれの状況によって異なりますから、だからこそ自分の状況に合った、無理なく返済できる額を自分で判断して、借りていくようにしましょう。

借りる時にはつい大きな額のほうが嬉しくなってしまいますが、返す時には低くしておいたほうがむしろ良かったと思うことになるでしょう。

50万円以下のキャッシングであれば、お金を借りるときに本人確認書類の提出だけでOK

大手消費者金融の中ではスピードキャッシングを重視して、より少ないスピーディーな判断で融資を決められるようにしていく傾向があります。 
例えば大手消費者金融の「アイフル」では、希望する借り入れ限度額が50万円以下の場合には、他では求められることの多い給与明細の写しなど、収入を証明する書類の提出が基本的には必要ありません。

つまり基本的には本人を確認できる書類の提出だけで契約を済ませることができるのです。 
実際には審査側の判断によっても変わるところがあるので断言することは難しいのですが、インターネットからの申し込みと本人確認書類の提出だけでほとんどの手続きが済むならば、申し込み側としてもかなり少ない負担で早く融資を受けることができます。

【女性向け!】即日借りられるカードローンを紹介!

今では男性と同じように女性もカードローンを利用するようになりましたが、世の中にはそんな女性のカードローン需要を見込んで女性向けのカードローンサービスを提供している消費者金融業者もあります。 
「初めてだからキャッシングの申し込みはちょっと心配」「どのように申し込んで返済すればいいのかイマイチよくわからない」という女性は、女性向けのカードローンをチェックするのがオススメです。女性向けのサービスをしてもらえます。

レディースプロミス

キャッシングの内容そのものは普通にプロミスを利用するのと大差ありませんが、女性向けの専用ダイヤルを用意しているのはレディースプロミスならではのサービスです。 
女性向けの専用ダイヤルは、女性オペレーターが対応にあたってくれます。
同じ女性ならそれだけで安心できますし、申し込みから丁寧に案内してくれます。

「キャッシングのことを何も知らなくて基本的な部分から教えて欲しい」と思っている女性には、レディースプロミスがピッタリです。

便利な会員サービス【瞬フリ】

プロミスのとても便利な会員サービスが、通常のプロミスにもある「瞬フリ」です。 
レディースキャッシングにもありますので、とりあえずサービスの概要だけでも頭に入れておきましょう。

「瞬フリ」のメリットは、24時間日時に関係なくいつでも申し込みでき、なおかつ最短ですぐに指定の口座へと振込をしてもらえる点です。 
スピーディーで利便性が抜群に良いですから、即日での利用を検討しているなら「瞬フリ」はとてもおすすめです。

アイフルの【SuLaLi】

プロミスのレディースプロミス以外に、アイフルにも「SuLaLi」と呼ばれる女性向けのカードローンサービスが存在します。 
即日審査をしてもらえますし、必要な書類はカメラ機能等を使って送信すればそれで問題ありません。

またこの「SuLaLi」はむやみに借り過ぎてしまうのを未然に防止するため、借り入れの上限額が10万円に定められています。 
ですので借り過ぎが心配な女性は、アイフルの「SuLaLi」を選ぶことも検討しましょう。

レディースレイク

プロミスやアイフルと同様に、レイクにも「 レディースレイク」という名の女性向けキャッシングサービスがあります。 
安定継続収入という形で毎月の収入さえあれば、OLのみならず主婦でも利用することが可能です。

もしもどうしてもお金を欲していて即日での振り込みをリクエストするのであれば、平日の午後2時までに手続きを済ませるようにしましょう。 
スマホ1台あれば契約できますので、とても簡単にお金を借り入れることができます。

18歳であっても即日でキャッシングする方法は何かあるのか?

20歳にまだなっていない18歳でも即日のキャッシングはできるのか気になるところですが、残念ながら18歳ではキャッシングはできません。 
なぜなら普通の消費者金融は、借りられる人の年齢制限を設けているからです。
その年齢制限が満20歳以上となっています。これは大手も中小も関係ありません。

万が一18歳でも借りられる金融機関は確実におかしいので、どうしても必要なら家族をはじめとした近しい人に頭を下げてお願いしたほうが良いです。

無職でも借りることはできますか?

毎月を基準に安定した継続収入がキャッシングを利用するための条件となっていますから、無職で収入のない人は借りられないと言わざるをえません。 
これはそれまで働いていた場合の求職者なども同様で、申し込んだ時に働いていなければ無職扱いです。

無職では借りられないのですから、とにかく仕事に就くしかありません。 
仕事に就きさえすれば有職者になりますから、キャッシングの審査に通る可能性が出てきます。 
派遣会社に登録するなど、職探しがお金を借りるための第一歩です。

即日でキャッシングしたらバレる?

即日で借りようものなら即日で借りた事実が周りに知られてしまうのではないかと不安に駆られる人は多いですが、即日でキャッシングしたからといって周りに知られてしまうわけではありません。 
今では完全にペーパーレスでのやり取りが可能になっていますから、それなら誰かに書類がみつかって知られるようなこともないです。

また在籍確認もキャッシングとはわからないように電話してくれますので、キャッシングしても周りには知られないのが一般的です。

キャッシングで「在籍確認なし」のものはない?

「在籍確認のためとはいえ働いている職場へ電話連絡されるのは避けたい」と思う人もいるはずですが、残念ながらだいたいのキャッシング業者で在籍確認は行っています。

なぜそこまで在籍確認にこだわるのかといえば、安定継続収入の条件をクリアしているかどうかを見極めるためです。
万が一虚偽申告をしていて返済能力がなかったら、困るのはキャッシング業者です。

在籍確認は審査の大切な過程の1つですので、お金を借りるには避けられないと認識したほうが良いです。

お金を借りる手順を実際に確認しよう!

スピードキャッシングを実際に行ってお金を借りる手順をここからは紹介していきます。

まず、ローンの申し込みを行うのですが、ここではWEBで申し込みを行います。
申し込みフォームに必要事項を入力する形になっているのでそこまで手間はかかりません。

その後金融機関側で審査が行われ、それに通った場合には電話かメールで通知が届きます。 
その後、ローンカードの発行を希望する場合は自動契約機で契約後ローンカードを受け取ってATMからお金を受け取ります。

振り込みでの融資を希望する場合はそのままWEB上で契約後、会員サイトで自身の口座への振込指示を行います。

ヤミ金じゃない?消費者金融で安全なのはどこ?

プロミス、アイフル、アコムとった消費者金融も昔は乱暴な取り立てや高金利で消費者を悩ませていたのですが、現在は法律の整備も行われ健全な運営が行われている消費者金融がほとんどです。

ですから、テレビCMで耳にしたことがあるような大手消費者金融に申し込んでおけば、まずヤミ金ではないですし安心して利用していくことができるでしょう。 
逆にあまり耳にすることのない名前の金融業者が「審査なし」、「即融資」などとうたって営業している場合にはヤミ金の場合があるので注意が必要です。

Q.絶対に選んではいけないのはどのような業者?

とりあえずテレビCM等で聞いたことのあるような消費者金融の場合は問題ありませんが、そこの審査に通らないなどの理由で中小の消費者金融に申し込む場合には注意が必要です。 
中小の消費者金融業者も安全なところは安全です。

しかし、それにヤミ金が紛れ込んでいることはよくあります。 
ヤミ金かどうか判断がつかない場合には金融庁HPの登録貸金業者検索サービスを利用するといいでしょう。

ここに登録されている消費者金融は問題ありませんし、登録されていなかったら悪徳業者の可能性が高まります。

スピードキャッシングランキング【第1位】「アコム」

スピードキャッシングの利用を希望する上で最もおすすめな金融業者はアコムです。

アコムは全国で利用者数が140万人もいる、日本では最大手の消費者金融業者です。
利用者数が多いということは、それ相応の顧客満足度が得られているということを意味しており、信頼できる消費者金融業者と言えます。

勿論申し込みから融資までにかかる時間も短く、審査は最短で30分、申し込みから融資まで最短1時間で済んでしまい、お金を急いで準備したい方にはおすすめのサービスです。

スピードキャッシングランキング【第2位】「プロミス」

プロミスもまたテレビCMでよく見かける大手消費者金融の一つです。

プロミスは三井住友銀行系列のSMBCコンシューマーファイナンスが運営している消費者金融で、運営の信頼度という点ではかなり信頼できるでしょう。
また、プロミスの場合は金利が低い水準であることもおすすめです。

大手消費者金融の上限金利は大体18.0%となっているのですが、プロミスは17.8%で消費者金融の中では最も低い水準となっています。
少しでも金利を低くしてお金を借りたい方にはおすすめのサービスです。

スピードキャッシングランキング【第3位】「アイフル」

アイフルも一般的によく知られている大手消費者金融です。 
勿論、融資までのスピードは早く、審査は最短で30分、融資までは最短で1時間で済みます。

また、アイフルは女性からの人気が高い消費者金融として知られています。 
アイフルでは「SuLaLi」という女性専用のカードローンサービスが提供されています。

この「SuLaLi」で申し込んだ場合には問い合わせの際にオペレーターは必ず女性が出て対応します。 
初めてカードローンを利用する女性にとっては安心のサービスです。

すべてのカードローンを見る

カードローン一覧

金融機関の種類から探す

銀行カードローン
消費者金融カードローン

ランキングで探す

カードローンランキング
消費者金融カードローンランキング
銀行カードローンランキング

カードローン会社から探す

特徴から探す

低金利のカードローン
即日融資が可能なカードローン
無利息期間ありのカードローン
借り換え可能カードローン
郵送物なしカードローン
コンビニ対応カードローン
審査結果の早いカードローン
WEB完結可能なカードローン
WEB明細が使えるカードローン
口座振込で返済可能なカードローン
ネットキャッシングできるカードローン

職業から探す

公務員に人気のカードローン
会社員(サラリーマン)に人気のカードローン
自営業(社長)に人気のカードローン
主婦に人気のカードローン
パート・アルバイトに人気のカードローン
学生に人気のカードローン

心配・悩みから探す

カードローンとは?
審査なしのカードローンはある?
カードローンの審査基準は?
審査の甘いカードローンは?
金利の計算方法は?
カードローンとキャッシングの違いは?
専業主婦でも即日融資は可能?
サラ金・ヤミ金・街金の違いは?
お金借りるならどこがいい?
「カードでお金」の看板は何?
おまとめローンの審査基準は?
ショッピングローンの審査基準は?
無審査で即日融資のカードローンってある?
中小消費者金融は審査が甘い?
カードローンの返済方法は?
ソフト闇金のデメリットは?
他社借入があると審査落ちする?
キャッシングは信用情報に傷がつく?
即日で50万円は可能?
個人間融資は危険?
サラ金の金利は?

    おすすめカードローンランキング

  1. カードローン人気ランキング
  1. 本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  2. 本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  3. 当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  4. 本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  5. 編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  6. カードローンは計画的にご利用ください
  • ランキング根拠
  • ランキングは以下のデータに基づき作成しています(詳細はランキングページに記載)
  • ・利用者へのアンケート調査
  • ・ワイズローン経由でのアクセス数、申込数
  • ・各社が公開している口座数、財務情報
  • プロミス
  • プロミスではメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
  • 瞬フリを利用するには24時間振込可能な金融機関の口座が必要です
  • SMBCモビット
  • 融資や審査回答までの時間について:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • 「50万円以下なら収入証明書不要」について:場合によって収入証明を提出していただくことがあります。
  • レイクALSA
  • 商号:新生フィナンシャル株式会社
  • 貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号
  • 融資限度額 1万円~500万円
  • 貸付利率 4.5%~18.0%
  • 遅延損害金(年率)20.0%
  • 返済期間・回数/最長8年・最大96回
  • 必要書類 運転免許証等 ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
  • 担保・保証人/不要
  • 要審査
  • Webで最短60分融資も可能※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
  • 申込資格:年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方
  • ご返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
  • 初めてなら初回契約翌日から無利息
  • ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります
  • Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません
  • 無利息期間経過後は通常金利適
  • 30日間無利息、180日間無利息と併用不可
  • 千葉銀行カードローン
  • 対応地域:千葉全域、東京全域、埼玉全域、茨城全域、神奈川(※一部地域を除く)
  • 三井住友銀行カードローン
  • 三井住友銀行の普通預金口座・キャッシュカードをお持ちなら、申込から契約までの手続きがWEBで完結
  • ローン契約機でカードを受け取れば郵送物なし

Copyright LeadingTech All Rights Reserved.