最終更新日:2020年05月23日

カードローンとキャッシングの違いを徹底解説!使い方や自分に合ったサービスを知ろう

お金を借りられるサービス?キャッシングとは何なのか?

急にお金が必要になった時、金融機関からお金を借りることができるサービスがキャッシングです。

キャッシング機能には消費者金融や銀行からお金を借りるカードローンと、クレジットカードのキャッシング機能の2種類があります。 
それぞれの方法で融資を受けることができるお金の上限金額や毎月の返済額が異なりますが、キャッシングを利用する場合は申し込み時に必ず審査を受けなければいけません。

収入や勤続年数などを基に返済能力を審査されます。

状況に応じてキャッシングは使い分けるべき

2種類のキャッシングの特徴について見てみましょう。

カードローンは即日融資に対応している会社が多く、早急にお金が必要な時に向いています。 
審査を受けて設定された利用限度額内であれば、何度も借入を繰り返し可能です。

一方クレジットカードのキャッシング機能の場合は、高額な借り入れはできない為借り入れたお金を一括返済できる時に向いています。 
一時的に現金が必要な場合はクレジットカードのキャッシング機能を利用するのがおすすめです。

「一括返済」がお得!キャッシングの返済方法について

キャッシングの返済方法はリボルビング払いと一括返済の2種類があり、お得なのは一括返済です。

キャッシングでお金を借り入れた場合、完済するまで利息が発生してしまいます。 
同じ金額を借り入れたとしても、リボルビング払いで返済していくとどうしても完済するまでに時間がかかってしまいます。 

金利18%で借り入れた10万円をまいつき3,000円ずつ返済していくと考えると、完済までに3年11ヶ月かかり利息は39,639円になってしまうのです。

利息はどのような計算方法なのか

キャッシングで発生する利息は、ある程度自分で計算することができます。

借り入れる金融機関の年利率に借入額をかけ、365日で割って30日をかけると出てくる数字が利息です。
金融機関によっては、公式ホームページに借入返済シュミレーションシステムを用意している場合があります。

利息が発生すればするほど、返済総額が増えてしまうので損をしてしまいます。 
金利が低いほど発生する利息は少なくなるので、金利が低い金融機関で融資を受けるのがおすすめです。

クレジットカードのキャッシング機能とはそもそも何なのか

クレジットカードは買い物で利用するショッピング機能と、お金を借り入れることができるキャッシング機能を兼ね備えています。

キャッシング機能が付いているクレジットカードは作成する際に審査が行われ、審査に通過した人のみキャッシング機能付きのクレジットカードを使用できます。 
キャッシング機能で借入できる利用限度額もカードローンと同様に申込者の返済能力の高さに合わせて設定されます。

クレジットカードによって年会費無料やポイント付与などの特典がある場合もあります。

クレジットカードのキャッシング利用可能額について

クレジットカードの利用可能額は、ショッピング枠とキャッシング枠それぞれで設定されています。

しかしキャッシング枠はショッピング枠の一部に含まれている為、クレジットカードのショッピング枠を利用するとキャッシング枠の利用可能金額も減ってしまうのです。 
仮にショッピング枠50万円、キャッシング枠20万円のクレジットカードを作成したとします。

この場合ショッピング枠で45万円買い物をすると、キャッシング枠の利用可能金額は5万円になります。

クレジットカードキャッシングでの4つの注意すべき点とは?

クレジットカードキャッシングを利用する時は、次の4つのポイントに注意しましょう。  

クレジットカードキャッシングの注意点
  • 金利が高めに設定されている
  • 法人向けカードはキャッシング利用できない可能性がある
  • 住宅ローンの審査時に不利になることがある
  • キャッシング枠を他人に不正利用される可能性もあるが補償はされない

4つの注意点を事前に理解しておくと、より安全にクレジットカードのキャッシング機能を利用できます。 
各ポイントごとに詳しく解説していきます。

【注意点①】18%前後と金利が高めの設定になっている

クレジットカードのキャッシング機能は、消費者金融や銀行のカードローンと比較すると金利が高めに設定されています。 
借入額が100万円未満の場合で比較してみましょう。

楽天カードや三井住友カードなどのキャッシング機能は18.0%ですが、三井住友銀行カードローンは14.5%、プロミスは17.8%です。 
クレジットカードのキャッシング機能の金利はカードローンの平均上限金利よりも高いので、返済期間が長くなってしまう場合は注意が必要です。

【注意点②】コーポレートカードと呼ばれる法人向けカードはキャッシング利用できない場合がある

クレジットカードの契約者が法人になっていると、キャッシングを利用できない場合があるのでご注意ください。

法人向けカードのキャッシングを可能にしてしまうと、事業性資金として扱われてしまうからです。
事業性資金は一般的な融資よりも回収不能に陥る危険性が高く、高い返済能力が必要とされます。

キャッシング機能付きのクレジットカードを作成する場合は、個人で契約するのがおすすめです。 
法人で契約するとキャッシング機能が利用できない可能性が高いです。

【注意点③】住宅ローンの借入額・審査にマイナスの影響がある

住宅ローンの審査では、申込者がキャッシング機能付きのクレジットカードを所有しているとキャッシング枠で借入される可能性があると判断されてしまいます。

住宅ローンの借入可能額もクレジットカードのキャッシング機能と同様に、申込者の返済能力に合わせて設定されます。 
キャッシング機能を使用していない場合でも住宅ローンの借入可能額が少なくなってしまう場合があります。 

住宅ローンの審査を受ける前に、利用しないキャッシング機能は削除しておくのがおすすめです。

【注意点④】他人にキャッシング枠を不正利用されても補償されない

クレジットカードのショッピング枠他人に不正利用されてしまった場合補償の対象になりますが、キャッシング枠の場合は不正利用されても補償の対象外です。

万が一自分のクレジットカードのキャッシング枠が不正利用されてしまった場合は、自分で損害の責任を負わなければいけません。 
不正利用されてしまうリスクに備えて、キャッシング枠を使わない場合は利用を停止しておくのがおすすめです。

キャッシング枠を利用する場合は、クレジットカードの扱いに注意しましょう。

どんな人がキャッシングに向いている?

キャッシングに向いている人の特徴を以下にまとめていきます。

キャッシングに向いている人の特徴
  • 今すぐに借り入れをしたい方
  • 短期間で完済する予定の方
  • 金利が少し高めであってもスピードを重視したい方
  • 審査に通りやすい商品を希望している方

です。

カードローンと比較をすると審査がスピーディーなキャッシングは、即日融資が基本です。 
少しでも早くお金が必要だという場合にはキャッシングを利用すると良いでしょう。

ただし、金利はカードローンよりも高めに設定されています。

カードローンとはなにか?

カードローンの利用方法は、キャッシングとほとんど変わりません。

カードローンでは、融資専用のカードを用いて窓口や指定のATMで借入金を引き出します。 
利用限度額内であれば何度も自由に引き出せるのがメリットです。

専用のカードがあれば、自分の好きなタイミングでお金を引き出すことができます。 
即日融資に対応している会社も多く、早急にお金を用意しなければいけない時に役立ちます。

ただしカードローンにもキャッシングのように審査があるのでご注意ください。

カードローンの上手な選び方とおすすめのカードローン会社を解説!

カードローンを選ぶ場合に抑えておきたいポイント
  • 金利
  • 利便性
  • スピード
  • 審査

にあります。

カードローンを提供しているところは数多くあるのですが、その中でもお勧めできるのが「ソニー銀行」です。 
なぜおススメできるのかは以下のような理由です。

・上限金利が低金利(13.8%) 
・セブン銀行、イオン銀行の各ATMでの利用手数料が無料

ということです。 
お得に利用をしやすいですし、安心感のあるカードローン環境も整えていただけます。

カードローン利用の実態を調査!意外に身近なカードローンとは?

カードローンを初めて利用する人の場合、審査を申し込む時に不安を感じる人もいるのではないでしょうか。

借金をするのって、あまりいいイメージはないですよね。  
カードローンの利用に不安を感じた時には、実際に利用した人からの評判を確認してみるのがおすすめです。

実際にカードローンの審査に通過した人の体験談や、審査に落ちてしまった人の失敗談などを確認してみてください。 
実際にカードローンを利用した人の声を見ると不安な気持ちが解消されます。

年代と平均年収?カードローン利用者の特徴は?

カードローンを利用している2,000人に回答してもらったアンケートの結果によると、カードローンを利用している人の中で最も多い年齢は40代でした。

カードローンを利用している人のうち24.8%が40代でした。 
平均年収で最も多い割合だったのは、300万円以上500万円以下で22.6%でした。

このようなアンケートの結果を見て、自分の年収や年代と比較してみましょう。
カードローンに対する不安が少し解消されたのではないでしょうか。

カードローンを利用する目的は?

年代や年収のアンケートと一緒に、カードローンを利用した人のカードローンの利用目的についても回答してもらいました。

最も多かったのは、「将来の臨時収入や収入の増加などを見込んだ支出の先取り」でした。 
40.7%の人がこのように回答しています。
今すぐお金が必要というわけでなくてもカードローンを利用している人はいるのです。

旅行や物品購入の為に利用している人もいます。 
生活を潤す為にカードローンを利用している人が多くいます。

年代ごとにカードローンの利用目的に違いが出る

カードローンの利用目的は、年代によっても違いが出ました。
20代以下の場合は資格取得や自己投資の為、30代の人は失業などによる収入減、40代、50代の人は急な冠婚葬祭などによる支出増、60代の人は急病やケガによる収入減、または支出増の為と回答している人が多くいました。 
カードローンの利用目的は人それぞれです。

自分の理由に合ったカードローンを探してみましょう。 
お金に余裕があると、落ち着いて毎日を過ごせますよ。

キャッシングとカードローンではどのような違いがあるのか

キャッシングとカードローンの最大の違いは返済方法です。
キャッシングの返済方法は一般的に一括払いです。 

カードローンの場合はリボ払いになっています。 
それぞれの返済方法に特徴があり、メリットもあればデメリットもあります。

しかし借入金の返済方法は、融資を受ける時に最も重要視したいポイントです。
自分に会っていない方法で融資を受けてしまうと、利息分損をしてしまいます。

一括払いとリボ払いの特徴を理解して、自分に合った返済方法を選びましょう。

リボ払い(キャッシングリボ)

リボ払いでは、毎月一定の少額を返済していきます。 
自分の返済能力に合わせて少額で返済できるので、返済の負担が少なく無理なく返済を続けていけるメリットがあります。

特に借入金額が大きい場合は一括払いで返済するのは難しいですよね。 
リボ払いでの返済であれば、大きな金額でも毎月の返済の負担は少なくて済みます。

しかし毎月の負担は減りますが、リボ払いでは返済期間が延びるほど発生する利息の金額が増えてしまうのがデメリットです。

一括払い

一括払いではまとめて借入金額を完済する為、返済期間が短くなることで利息の発生が少なくなります。

借入金額によっては返済時の負担がかなり大きくなってしまいますが、総合的に見るとリボ払いよりも返済総額が少なくなるのでお得です。
一括払いで返済する場合でも少し利息が発生してしまいますが、無理なく一括返済できる金額であれば一括払いで返済しましょう。

ただし一括払いで返済する場合、融資を受けた翌月には全額返済しなければいけません。

どちらが自分にとってお得なのかを知ることが大切である

キャッシングとカードローンは、それぞれ借入手順や返済方法などに特徴があります。

自分の返済能力や希望する借入金額によって適したサービスが異なります。
融資を受けた翌月に全額返済できるのであれば、一括払いで返済するキャッシングがおすすめです。

一括払いはできず毎月無理なく返済したい場合は、毎月少額で返済し続けるリボ払いを採用しているカードローンがおすすめです。
自分に合った返済方法を採用している金融機関を選びましょう。

キャッシング審査ではどのようなポイントがあるのか

キャッシングで融資を受ける為には、申し込み後の審査に通過しなければいけません。
審査で重要視される6つのポイントを見てみましょう。

キャッシング審査で重要視されるポイント
  • 継続して毎月安定した収入がある
  • 他社でお金を借り入れている場合は、合計借入金額が年収の3分の1以内である
  • 他社の借入件数が3~4件あると審査に落ちる可能性が高い
  • 他社で借り入れたお金の返済が2ヶ月以上遅れていると審査に落ちる可能性が高い
  • 持ち家で住宅ローンがない場合は審査に有利になる
  • 申込情報に虚偽を記入しない

甘い審査をするキャッシング業者はある?

キャッシングの審査は、変な業者でなければ全て厳しいです。

しかし業者によって審査の厳しさは異なります。 
金利が低い業者ほど審査が厳しく審査に通過しづらいので、審査に通過しやすい業者を選びたい場合は高金利の業者を探してみましょう。

また希望する借入金額は少なければ少ないほど審査に通過しやすくなります。 
審査が甘いと公言している業者には注意が必要です。

闇金などの怪しい業者である可能性も考えられるのでご注意ください。

おすすめのキャッシング会社の選び方を解説!!

キャッシング会社の選び方ですがまずは「金利」えら選んでみましょう。 
金利は高めではありますが、その中でも低めに設定されている消費者金融がありますので比較するのがオススメです。

さらには、短期で完済する方には嬉しい「無利息期間」を活用できるかをチェックしてください。 
例えば、1カ月以内に完済できるのであれば無利息で借り入れることができるということもあります。

そして「審査スピード」です。 
最短であれば30分で即融資など迅速な対応をしてくれる消費者金融も多いのです。

厳密な時間を知りたい場合には、各消費者金融に問い合わせ確認を行いましょう。

はじめての方にはどのようなキャッシングがおすすめか

初めて金融機関でお金を借り入れる時って、どの金融機関を利用すればいいのかわからず迷ってしまいますよね。

おすすめは無利息期間が付いているキャッシングや低金利な銀行カードローンです。 
金利が低いほど発生する利息が少なくなります。

しかしすぐに一括返済できるのであれば利息が発生しない無利息期間が付いているキャッシングを選びましょう。 
毎月少額で返済し続けていきたい場合は、低金利な銀行カードローンがおすすめです。

カードローンなら無利息期間がある!

大手消費者金融では、多くの業者が無利息期間を設けています。

プロミス、アイフル、アコム、レイクALSAなどがあります。
この4つの消費者金融の中では、プロミスがおすすめです。

他の業者の場合は契約後すぐに無利息期間が始まりますが、プロミスの場合は初めて契約した後初回出金日の翌日から無利息期間が始まります。 
プロミスの無利息期間は30日間です。

利息ゼロで借り入れられるので、すぐに返済できるのであればプロミスがおすすめです。

銀行カードローンは低金利!

低金利な銀行カードローンの中でも、利用者から評判がいいのが三菱UFJ銀行カードローン バンクイックです。  
三菱UFJ銀行だけでなく、提携コンビニATMが利用できるのでいつでも手軽にお金を借り入れることができます。

ATMで借り入れる場合も通常の銀行の入出金と変わらない見た目で利用できるので、周りにバレずにお金を借り入れることができます。 
低金利な銀行カードローンを探している人は、三菱UFJ銀行カードローン バンクイックを試してみましょう。

キャッシングとカードローンはどのように使い分ければ良いのか

キャッシングは少額を借り入れてすぐに返済する場合に適していて、カードローンはまとまった大きな金額を低金利で借り入れたい場合に適しています。
どちらも特徴があり、メリットやデメリットが異なります。

キャッシングとカードローンそれぞれの特徴やメリット、デメリットなどを理解し、2つの借入方法を上手く使い分けることがポイントです。
キャッシングとカードローンの特徴と、上手に使い分ける方法について詳しく見ていきましょう。

このような場合にキャッシングが適する

キャッシングは、日頃借り入れをすることがなく突発的に少額借り入れたい場合に適しています。 
キャッシング機能付きのクレジットカードを作成する為には審査に通過する必要がありますが、一度作成しておくと突然お金が必要になった時に役立ちます。 

まとまった大きい金額が必要でない場合は、キャッシングを必要な時のみ使用するのがおすすめです。 
キャッシングを利用する機会が増えてきて、大きな金額のお金が必要になったら低金利のカードローンを利用してみましょう。

このような場合にカードローンが適する

大きな金額を借り入れてすぐに返済できない場合は、カードローンを利用するのがおすすめです。 
毎月固定された返済額を継続して返済していくリボ払いなので、毎月の返済の負担が少ないのがメリットです。

三井住友カードのゴールドローンのように、返済実績に応じて金利が低くなるサービスがあるカードローンもあります。 
キャッシング付きのクレジットカードで金利を低くすることはなかなかできません。

自分に合ったカードローンを探してみましょう。

すべてのカードローンを見る

カードローン一覧

金融機関の種類から探す

銀行カードローン
消費者金融カードローン

ランキングで探す

カードローンランキング
消費者金融カードローンランキング
銀行カードローンランキング

カードローン会社から探す

アイフル
プロミス
SMBCモビット
レイクALSA

特徴からさがす

低金利のカードローン
即日融資が可能なカードローン
無利息期間ありのカードローン
借り換え可能カードローン
郵送物なしカードローン
コンビニ対応カードローン
審査結果の早いカードローン
WEB完結可能なカードローン
WEB明細が使えるカードローン
口座振込で返済可能なカードローン
ネットキャッシングできるカードローン

心配・悩みから探す

カードローンとは?
審査なしのカードローンはある?
カードローンの審査基準は?
審査の甘いカードローンは?
金利の計算方法は?
カードローンとキャッシングの違いは?
専業主婦でも即日融資は可能?
サラ金・ヤミ金・街金の違いは?
お金借りるならどこがいい?
「カードでお金」の看板は何?
おまとめローンの審査基準は?
ショッピングローンの審査基準は?
無審査で即日融資のカードローンってある?
中小消費者金融は審査が甘い?
カードローンの返済方法は?
ソフト闇金のデメリットは?
他社借入があると審査落ちする?
キャッシングは信用情報に傷がつく?
即日で50万円は可能?
個人間融資は危険?
サラ金の金利は?

    おすすめカードローンランキング

  1. カードローン人気ランキング
  1. 本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  2. 本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  3. 当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  4. 本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  5. 編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • ランキング根拠
  • ランキングは以下のデータに基づき作成しています(詳細はランキングページに記載)
  • ・利用者へのアンケート調査
  • ・ワイズローン経由でのアクセス数、申込数
  • ・各社が公開している口座数、財務情報
  • プロミス
  • プロミスではメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
  • 瞬フリを利用するには24時間振込可能な金融機関の口座が必要です
  • SMBCモビット
  • 融資や審査回答までの時間について:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • 「50万円以下なら収入証明書不要」について:場合によって収入証明を提出していただくことがあります。
  • レイクALSA
  • 商号:新生フィナンシャル株式会社
  • 貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号
  • 融資限度額 1万円~500万円
  • 貸付利率 4.5%~18.0%
  • 遅延損害金(年率)20.0%
  • 返済期間・回数/最長8年・最大96回
  • 必要書類 運転免許証等 ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
  • 担保・保証人/不要
  • 要審査
  • Webで最短60分融資も可能※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
  • 申込資格:年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方
  • ご返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
  • 初めてなら初回契約翌日から無利息
  • ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります
  • Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません
  • 無利息期間経過後は通常金利適
  • 30日間無利息、180日間無利息と併用不可
  • 千葉銀行カードローン
  • 対応地域:千葉全域、東京全域、埼玉全域、茨城全域、神奈川(※一部地域を除く)
  • 三井住友銀行カードローン
  • 三井住友銀行の普通預金口座・キャッシュカードをお持ちなら、申込から契約までの手続きがWEBで完結
  • ローン契約機でカードを受け取れば郵送物なし

Copyright LeadingTech All Rights Reserved.