最終更新日:2019年10月24日

今日中に3万円借りる方法。即日融資のキャッシング一覧

追記:プロミスで3万円を即日融資できたという利用者の口コミを入手

利用者からカードローン会社の評判を聞いたところ、プロミスで3万円の即日融資ができたという口コミを入手しました。
プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのグループ会社で、大手なので安心して利用できます。
まずは3秒借入診断サービスで自分が通るかどうか確かめてみてください。

プロミスの特徴

3万円といった少額融資の実績も多数
即日融資にも対応
借入診断は3秒で完了
初めての方は30日間利息0円

「今すぐ3万円が必要!でもお金がない!借りるしかない!」
そんなとき、まず、最初におすすめできるのが、大手消費者金融カードローンです。なぜ消費者金融?と疑問に思うかたもいることでしょう。しかしこれには理由があるのです。

大手消費者金融では
・即日融資に対応している
・無利息期間サービスがある
・WEB完結申込サービスがある
・審査スピードが最短30分
などサービスが充実しています。

銀行の場合は即日融資に対応していないことから「今すぐ借りたい」というかたには向いていないのです。
また友人知人との金銭の貸し借りはトラブルにつながりやすいものです。
そのため、おすすめは大手消費者金融となるのです。

大手消費者金融が持つメリット:無利息サービス

アコムやプロミス、アイフル、レイクALSAなどの大手消費者金融には、初めて契約をする人を対象とした、
「30日間無利息サービス」
というものを行っています。
このサービスを利用して30日以内に完済すれば、無利息で3万円を借りることが可能です。
これは、とてもうれしいサービスですよね。もしも無利息期間内に全額返しきれなかったとしても、利息を抑えることができます。
そのため、大手消費者金融の無利息サービスはお得なのです。

大手消費者金融のweb完結申込み

さらに魅力的なのが、大手消費者金融で提供している「WEB完結申込」のサービスです。
「WEB完結申込」の場合は、カードレスとなり、自宅への郵送物がありません。
家族に内緒でカードローンを契約したい、というかたには特に好評です。
さらにSMBCモビットでは、条件を満たすことによって、職場への在籍確認も不要となるため、さらに周囲に知られるリスクが下がります。
これらの理由から「今すぐ3万円を用意したい!」というひとに、大手消費者金融がおすすめなのです。

大手消費者金融の審査は最短30分で済む(即日対応)

「どうしても今日中にお金が必要!なるべく急ぎたい!」
そんなときにもやはりおすすめなのが、大手消費者金融なのです。
なぜならアコムやプロミス、アイフル、レイクALSAなどの審査スピードは最短30分で即日融資に対応しているからです。ただし、振り込みキャッシングを利用する場合は、14時までに審査を通過して、振り込み依頼を完了させる必要があります。またカードを使ってキャッシングする場合は、自動契約機の営業終了時間前に審査を通過してカードを発行させる必要があります。

3万円程度なら心配する程の利息ではない

消費者金融は利息が高いといイメージがあるかと思います。
確かに、銀行系カードローンであれば最高金利は15パーセント前後であるのに対し、消費者金融は18パーセント前後。
金利が高いことは否定できません。
完済せずにだらだら返済を続ければ最終的に支払う金利は大きくなってしまいます。
しかし3万円程度の少額融資であれば、利息はそれほど大きくはなりませんし、完済も難しくないでしょう。
そのため金利に対する心配も、それほどしなくて良いと考えられます。

3万円借りるのにオススメな消費者金融まとめ

「3万円を消費者金融から借りようと思うが、どこから借りたらいいのか分からない!」
初めての借り入れなら、どこがいいのか迷う人もいることでしょう。

そこで、3万円借りるのにオススメな消費者金融を、3つ紹介します。
大まかな条件は似ていますが、それぞれ特徴が違っています。
実際に申し込みをする場合は、比較をしてみて、自分にあった消費者金融に申し込むと良いでしょう。
それでは、さっそく、1つずつ、見ていきましょう。

アコム

実質年率は3.0%~18.0%、貸付限度額は1万円~800万円。
30日間金利0円、土日祝日でも即日融資可能、というのがアコムです。
消費者金融の中でも大手であり、対応も丁寧で好評です。
CMや広告で名前を見かけたことがない、という人のほうが少ないのではないのでしょうか。
アコムの公式サイトからは年齢・年収・他社借入状況を入力するだけの3秒審査で「審査に通りそうかどうか」をチェックすることもできます。

プロミス


上限金利が大手消費者金融の中では1番低いのが、プロミスの最も大きな特徴です。
このプロミスは、即日融資やWEB完結が可能で、30日間無利息サービスがあります。
貸付限度額は500万円までで、カードレスで郵送物なしのWEB完結契約が可能となるため、家族に内緒にしたいかたにも適しています。
なお、30日間無利息期間のサービスをうけるためには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要となります。

SMBCモビット

実質年率は3.0%~18.0%、貸付限度額は1~800万円。とにかく誰にも借り入れを知られたくない!というかたにおすすめなのがSMBCモビットです。残念なことに、無利息期間はありません。
しかし提出書類などがきちんとそろっており、条件を満たしていれば、職場への在籍確認なしで契約を完了させることが可能です。
在籍確認の電話がどうしても厳しい、というかたは、SMBCモビットが断然おすすめです。

3万円借りる時に用意しておきたい必要書類とは

総量規制に定められたルールにより、借入額が50万円を越える場合などは収入証明書が必要となります。
しかし、他社からの借り入れがなく、「初めて消費者金融を契約して3万円を借りたい」という場合なら、必要となる書類は免許証などの本人確認書類だけでOKです。
本人確認書類というのは、一般的には、
・運転免許証
・パスポート
・住民票
・個人番号カード
・住民基本台帳カード
などとなります。

また、収入証明書とは
・源泉徴収票
・給与明細書
・確定申告書の控え
・課税証明書
・住民税決定通知書
などです。

ただし契約の内容によっては、借入金額に関わらず収入証明書が必要となることもあります。
申し込みの際にはあらかじめ確認しておきましょう。

一時的に3万円借りるなら高金利の街金・中小消費者金融も

3万円程度の少額な借り入れであれば、金利は高くなりますが、街金や中小消費者金融を利用するのも良いでしょう。
すぐに返済できるめどがある場合は、たとえ高金利でも、トータルの支払額は大きくならないからです。ただし、中小の消費者金融は、大手に比べると、サービスが充実しておらず、不便です。さらに、即日融資に対応していないところも少なくありません。
そのため、「急いでお金が必要」という場合は適していないこともあります。

消費者金融で借り入れする時の金利は?

金利はどのようになっているのでしょうか?この点については、消費者金融で借り入れをする場合の金利は4%から18%になります。そして、たいていの場合は上限金利がティ要されると言われています。プロミスやアコムは、初めての方に30日間無利息サービスが適用されているためとてもお得に借り入れすることができます。3万円という少額の借り入れ額の場合は、すぐ返済できると言えます。そのため、無利子でお金を借りることができるでしょう。

消費者金融に怖いイメージを持っている方は

消費者金融は怖くないのでしょうか?消費者金融と聞くと、怖そうな人が取り立てを行うといったイメージがありますが、実際にはどうなのでしょうか?

この点については、大手の消費者金融の場合は銀行が運営を行っているのです。例えば、プロミスならSMBCグループ、アコムであれば三菱UFJフィナンシャルグループによって運営がなされているのです。ですので、こうした会社は社会的知名度が高い会社なので信頼することができます。

主婦や学生でも利用することはできる?

主婦や学生でも借り入れを行うことができるのでしょうか?主婦や学生の場合は、ある一定の条件が揃っていると借り入れが可能です。ある一定の条件というのは20歳以上69歳までの方でパートやアルバイトなどで安定収入があるということです。しかし、この条件に合わない場合には借り入れを行うことはできないのです。そうした場合は困るということもあるのではないでしょうか。そうした時には、その他で借りる方法もあります。

銀行カードローン・フリーローンで3万円借りる

大手消費者金融には、魅力的なサービスが充実しています。
しかし「やはり金利が低いほうがいい」「消費者金融よりは銀行から借りたい」という人もいることでしょう。
確かに銀行系カードローンのほうが金利が低いのは事実ですので、銀行への申し込みを検討するのも良いでしょう。
銀行系のローンには、
・フリーローン
・銀行カードローン
などがあります。
違いがあるため、どちらを利用するのかは事前にしっかり確認する必要があります。

フリーローンについて

銀行で扱っているフリーローンにも審査はありますが、お金の使用用途に制限はありません。
ただしカードローンとは違い「借り入れと返済を繰り返す」、という使い方はできません。
上限額が決まったらその金額を一度に借りて、月々返済をします。
まとめて借りたいというときには、このフリーローンは便利です。
また、このフリーローンは、一般的にカードローンよりも金利が低く設定されていることが多いのも特徴となっています。

銀行カードローンについて

銀行のフリーローンは、決まった金額を最初に一括で借りて月々返済します。
しかし銀行カードローンの場合は、消費者金融のカードローンと同じように、「必要なときに借り入れをする」ということが可能です。そして限度額の範囲内で借り入れと返済を繰り返すことができます。金利はフリーローンよりも高いのが一般的ですが、消費者金融のカードローンと比べると、金利は低くなります。余裕がある月に完済して何度も使いたい、というかたに向いています。

消費者金融カードローンよりも銀行カードローンの方が良くない?

「金利が低いのであれば、消費者金融のカードローンではなく、銀行カードローンだけ考えればいいのでは?」
と思うかたもいることでしょう。

しかし、銀行カードローンは、消費者金融のカードローンよりも、審査が厳しい傾向にあるのです。
また、消費者金融のカードローンのように無利息期間サービスも存在しません。
さらに即日融資にも対応していないのです。そのため「今すぐ急いでお金を用意したい!」というかたには、銀行カードローンはおすすめできないのです。

クレジットカードのキャッシング枠で3万円借りる

もしもクレジットカードを所持しているのなら、契約内容を確認してみましょう。
そのカードにキャッシング枠が用意されているのなら、すぐに3万円を借りることも可能です。
なお、キャッシングは、近くのATMで利用することができます。
キャッシング枠があるか、どうやって確認したらいいか分からないという場合は、請求書を見てみましょう。
枠がついている場合は、分かりやすく記載されています。
どうしても分からない場合は、コールセンターに確認してみましょう。

クレジットカードショッピング枠の現金化は利用しない

広告などで「クレジットカードショッピング枠の現金化」というものを見かけたことがあるかもしれません。
これは、簡単にいうと、クレジットカードのショッピング枠を使って換金性の高いものを買い、それを業者に買い取ってもらって現金化するというものです。
3万円程度ならば簡単に用意することができるでしょう。
しかし、これは、クレジットカードの規約には違反しています。
発覚した場合、解約で済めばいいでしょうが、残債をすべて一括請求される可能性もあるため、絶対にやめましょう。

物を売って3万円を用意する

手っ取り早く3万円を手にする方法は他にもあります。
例えば、手元にあるいらない物を片っ端から売ることでお金にかえることができます。どのくらいの金額で売れるかは売る物の希少性や売るタイミングによって異なるため、一概には言えませんが、案外高く売れます。即金性も高いため、とにかくお金が欲しい、お金は欲しいけど返済などリスクがあることはしたくない、家にいらないものが散乱している、という方は一度検討してみるとよいでしょう。

ゲーム買取ブラザーズでゲームを売って3万円手に入れる

ゲームソフトやゲーム機を専門で買取しているのが「ゲーム買取ブラザーズ」です。
商品が届いてから2営業日までには査定金額を出してくれますので、そこで納得がいけば即座に現金を得ることができます。
また、ゲーム買取ブラザーズは買取価格を公式ホームページに掲載しているため、自分が持っている商品がどのくらいの価格で売れるのか相場観を持った状態で査定に出すことができます。
納得のいく金額であればそのまま査定に出せばよいでしょうし、納得がいかなければ他社と比較をすることも可能です。

【洋服買取り】ブランディア

洋服やバックなどハイブランド品がある方におすすめなのは「ブランディア」です。
約6,000以上のブランドを取り扱っており、価値は高いけど今は使っていないというブランド品を持っているなら使ってみることをおすすめします。ブランディアもしくは自分で用意した段ボールに商品を詰め込み郵送、そこから査定をして最短で3日で入金という流れになります。多少の汚れや傷があっても買取してくれる可能性はありますが、買取をしてくれるのは公式ホームページに掲載されているものだけですので郵送する前にチェックしましょう。

使い勝手の良い電子マネーを手に入れる

使用できる範囲には制限がありますが、電子マネーを手にしてピンチをしのぐという手段もあります。
どうしても現金でないとダメという方でなければ使い勝手もよくおすすめです。
中でも入会費、年会費がかからず審査なしで誰でも作れるカードとして「バンドルカード」というものがあります。
アプリとリアルカードの2種類が存在し、ネットショッピングだけで使いたいのであればアプリで十分ですが、飲食店などリアルな店舗で使いたければカードが必要です。

女性にしかできない3万円を手に入れる方法

即金性があり、かつ女性しかできない3万円をすぐに手にする方法もあります。
女性という特徴を生かして男性にはできないお金を得る手段ですので、利用しない手はないでしょう。
ただし、人によっては気が引ける方法もありますので、自分にとってのお金の必要性と天秤にかけながら選択していくと良いです。
今回は女性が対応してくれるカードローンサービス「レディースキャッシング」と女性ならではの「チャットレディ」という仕組みを紹介します。

女性が対応してくれるレディースキャッシング

多くの金融機関では女性専用のサービスを行っています。
受付から借り入れまで相談のすべてを女性が対応してくれるという強みがあり、申し込みをする女性からすれば安心感があります。
さらに受けられるサービス内容は通常のキャッシングサービスと変わらないため、心理的な負担だけが軽くなったイメージです。
大手金融機関として知られている以外にも女性専用のサービスは思ったよりたくさん存在するため、興味がある方は一度調べてみるのがおすすめです。

チャットレディ

ある程度の割り切りは必要ですが、男性を相手にメールや電話をすることでお給料をもらえるチャットレディーという仕組みがあります。
知らない男性であっても仕事として割り切れる方やどうしてもすぐにお金が欲しい方であれば利用してみるとよいでしょう。
ただし、中にはアダルトな目的で利用する男性もいることを念頭において自分の身は自分で守ることが重要です。
仕組みさえ理解してしまえば身の危険にさらされることはありませんので、上手く活用しましょう。

定期預金担保貸付で3万円を借り入れする

定期預金をしている場合は、定期預金担保貸付で3万円を借りるという方法もあります。いうまでもなく、定期預金を解約すれば、お金を借りる必要はないでしょう。しかし毎月積み立ててきたものを崩したくない、というかたもいます。
そんなときに使えるのが、定期預金担保貸付です。定期預金担保貸付の場合、預けている定期預金を担保にするため金利がかなり低いのが特徴です。審査もなく即日借りることもできるため、定期預金がある場合は銀行に確認してみることをおすすめします。

生命保険の契約者貸付で3万円借り入れする

生命保険に加入している場合は、契約者貸付を利用して3万円を借りることができる場合もあります。
もしもカードが発行されていれば、提携しているATMを利用して、すぐにお金を引き出すことができます。
契約者貸付を利用する場合、保険を解約する必要もありません。
消費者金融や銀行のカードローンよりも利息も低くなりますし、返済期限もありません。
契約者貸付を利用できるかどうか不明な場合は、保険会社の担当者に確認してみましょう。

緊急小口資金貸付で3万円を借りる

公的制度を利用してお金を借りるという方法もあります。
正当な借り入れ理由は必要ですが緊急小口資金貸付という制度の利用も検討してみましょう。例えば
「医療費の支払いで生活費が足りなくなってしまった」
「給料を盗まれたことにより生活費が足りない」
というようなときに利用することができます。ただし、融資を受けるためには条件もあり、都道府県により細かなルールが違うため、詳細は最寄りの市役所などに問い合わせてみましょう。

知人から3万円を借りる

支払い期限に融通が利くことや、基本的に利息がないことなどが、親兄弟、友人からお金を借りるメリットだと考えられます。
ただし、お金の貸し借りはどうしてもトラブルを生みやすいものです。親兄弟はともかく、友人や知人の場合、人間関係が壊れる原因となることもあります。また「お金に困っている人」という印象を相手に与えてしまうこともあります。
メリットもありますが、デメリットを考えると、親兄弟、知人や友人へ頼むときは、しっかり検討する必要があります。

今すぐお金が欲しいときにやってはいけない3つのこと

今すぐにお金を得る方法はたくさん存在しますが、中には絶対にやってはいけない方法があります。
これを知らずにここまで紹介したような方法と同じ感覚でお金を手に入れると思わぬ被害に遭う可能性が高いので注意が必要です。
そこまでしてお金を手にしなければいけない状態になったのであれば、家族や友人に頼るのも考慮して絶対に手は出さないようにしましょう。
お金が欲しいという状態になると冷静な判断ができなくなるので気をつけてください。

ギャンブル

確実なリターンが期待できないにも関わらず運に任せて儲けようとすることをギャンブルといいます。
例をあげればきりがないですが、競馬・パチンコ・競艇などなど日本においてもたくさんのギャンブルが存在します。
娯楽として金額を決めてお金をかける分には問題ありませんが、少なくとも確実にお金が必要な状況においてギャンブルを選択するというのはナンセンスです。
人は儲けたいよりも損したくないという心理が強く働く生き物ですので、一度ギャンブルで負けると取り返そうとして一発逆転を狙う傾向にありドツボにはまります。

闇金

本来お金を貸すサービスを運営できるのは日本貸金協会に加盟している業者だけです。
先ほど紹介したような金融機関は全てその加盟店にあたるわけですが、中には法の抜け穴をかいくぐって「審査なし」「誰でも借り入れ可能」という甘い言葉で引き付ける闇金業者が存在します。
闇金でお金を借りてしまうと最初に聞いていたよりも高い利息や、貸金業法上で上限として定められている基準よりも高い利息を請求される、個人情報が流出するなど高いリスクを伴います。

クレジットカードの現金化

クレジットカードには現金を引き出せるキャッシングという利用方法と店舗で利用できるショッピングという利用方法があります。
クレジットカードの現金化とは、本来現金を引き出せないショッピング枠を現金に換える方法ですが、カード会社の利用規約で禁止されている場合があります。
最悪の場合、現金化したことがカード会社にばれて利用停止になるケースもあります。
今後クレジットカードを作る際に審査が厳しくなることもあるため、やらない方が賢明です。

借り入れる以外の方法で3万円用意するには?

ここまでは、いま必要な3万円を「お金を借りて用意する」というパターンを紹介してきました。しかしここからは、借りずに3万円を用意する方法について紹介します。お金を借りた場合は、必ず返さなくてはなりませんし、業者から借りれば金利が発生しますよね。しかし、借りずにお金を用意することができるなら、そのほうがあとあと楽ですよね。それではさっそく、お金を用意するためにはどんな方法があるのか、見ていきましょう。

不用品を売って3万円を作る

まず考えられるのは「不用品を売って3万円を作る」という方法です。3万円分売るとなると、大変そうなイメージがあるかもしれません。高価な持ち物がない場合は、確かに、少し手間はかかるでしょう。
しかし、完結したコミックスやCD、DVDなども、数が多ければ、それなりの金額になります。
また新作のゲームソフトなどの場合は、1つでも数千円になることもあります。
お金がないというときは、まずは手持ちのアイテムをチェックしてみてはいかがでしょうか。

不用品の売り方

それでは、不用品はどのような場所で売ればよいのでしょうか。アイテムがあったとしても、どこで売ったらいいか分からないという人もいるかもしれません。そこで、まずは不用品の売り方を見てみましょう。お手持ちの不用品を売るという場合、売り先は大きく分けて
・リサイクルショップ
・オークションサイト
・フリマサイト
と考えることができます。これらは、それぞれ特徴が違っています。
次に、1つずつについても見てみましょう。

リサイクルショップ

リサイクルショップを利用する場合、不要な品物を店頭に直接持ち込みます。
持ち込みが大変な場合は出張買取を依頼したり、配送査定を受けられたりするリサイクルショップもあります。
ではリサイクルショップのメリットとデメリットも見てみましょう。

[リサイクルショップのメリット]
その場で現金化できる
持ち込みや配送など、好きな方法で売りに出せる

[リサイクルショップのデメリット]
ハイブランドでない場合は買い取り額が低い
混雑している場合は、待ち時間が生じる

オークションサイト

オークションサイトは、手持ちの商品を、入札形式で販売できるサービスです。
代表的なものにヤフオクがあります。
価値が高いものであれば、フリマサイトよりもオークションサイトで販売するほうが良いでしょう。
ヤフオクの場合、売れた翌日に現金を手にすることはできます。
とはいえ、出品期間は少し長めに設定していたほうが良いと考えられます。

[オークションサイトのメリット]
コレクターズアイテムなどは高値で売れることもある
早ければ売れた翌日に現金が手に入る

[オークションサイトのデメリット]
必ず売れるとは限らない
発送や購入者とのやりとりに手間がかかる

フリマサイト

最近は、フリマサイトで不用品を処分する人も増えています。
代表的なものは「メルカリ」です。
化粧品のサンプルなど、さまざまなものがフリマサイトでは販売されており、買い手もついています。
多少時間がかかってもいい場合は、挑戦してみる価値はあります。

[フリマサイトのメリット]
スマートフォンがあれば利用できる
自宅にいながら不用品が処分できる
意外なものでも売れる

[フリマサイトのデメリット]
必ず売れるとは限らない
売上を現金化するのに時間がかかる
発送や購入者とのやりとりに手間がかかる

日払い(日雇い)のバイトで3万円稼ぐ

「すぐにお金がほしい」という場合、もっとも健全にお金を得る方法として考えられるのが、この日払い(日雇い)のバイトで3万円稼ぐというものでしょう。
日払いとして一般的に多いのは、
・引っ越し
・ティッシュ配り
・交通量調査
・イベントスタッフ
などです。
ものによっては日給1万円というものもあります、
そのため、数日働けば、3万円を稼ぐことも可能でしょう。

注意点としては、給料の支払い日です。契約が1日だけだとしても、後払いとなるものもあるからです。

[日払い(日雇い)バイトのメリット]
未経験でもできる仕事が多い
借金ではないので利息などが生じない

【日払い(日雇い)バイトのデメリット】
拘束時間が長い
働いた日に給料がもらえないこともある

インターネットを活用して3万円稼ぐ

また、現在はインターネットを利用して3万円を稼ぐという方法もあります。
手段としては
・アフィリエイト
・クラウドソーシング
・ココナラ
などが考えられます。

外に出かける必要がなく、家の中でパソコンやスマートフォンを使って稼ぐことができるのが、インターネットで稼ぐことの大きな魅力でしょう。
人によっては、インターネットを利用して大きく稼いでいる人もいます。
興味があるなら、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

アフィリエイトで3万円稼ぐ

アフィリエイトでは、WEBサイトやブログなどに広告を掲載します。そして
・広告がクリックされる
・掲載した広告経由で商品が購入される
という条件を満たすと報酬が発生します。
アフィリエイトで収入を得るためにはASPというサービスに無料登録をします。
代表的なASPには
・A8ネット
・ジャネット
・バリューコマース
などがあります。
また、他人が購入するだけでなく自分が購入することで報酬を得られる「自己アフィリエイト」ができる商品もあります。
報酬が振り込まれるまでには時間がかかるため「今すぐお金が必要」という場合には向いていません。
しかし、アフィリエイトを始めて月々の収入を増やして返済にまわすのも良いでしょう。

クラウドソーシングで3万円稼ぐ

インターネットがあればどこでも仕事ができるのがクラウドソーシングの魅力です。
クラウドソーシングでは、仕事を依頼したい企業や個人が、サイトを通じて多数の人にオファーをします。
・ライティング
・アンケート
・WEBデザイン
・翻訳
など、ジャンルも多岐に渡っており、好きな分野を対応できるため、比較的誰でも稼ぎやすいのが特徴です。
「クラウドワークス」「ランサーズ」などに登録することにより、仕事を検索して対応することができます。
ただし、クラウドソーシングの場合も、即日で出金はできません。

ココナラで3万円稼ぐ

ココナラとは、自分が持っているスキルや知識を売買することができるオンラインマーケットです。
得意なジャンルがあるならば、そのスキルや知識を売買してみてはいかがでしょうか。販売されているジャンルは非常に多岐に渡っています。
・占い
・恋愛
・子育て
・翻訳
・ファッション
など、さまざまなものがあり、見ているだけでも楽しいものです。
こちらも即日で現金を用意できるわけではありませんが、急いでいるわけでないなら使ってみるのもおすすめです。

今すぐ3万円が必要な方へ

今すぐ3万円を用意するとしたら、やはり「借りる」か「持ち物を売る」という方法になります。そう考えると、やはり、大手消費者金融のカードローンを申し込むのが最も手軽でしょう。最短30分で審査が完了し、1時間ほどで融資してもらえるというのは、やはり魅力的です。無利息サービスを活用すれば、金利を抑えることも可能です。
審査さえクリアできれば、最も手軽だと考えることができます。しかし人によって状況は違います。
カードローンを使う、質屋を使うなど、自分にあった方法を探してみてくださいね。