最終更新日:2020年06月03日

親や友人にお金を借りる時の言い訳や理由は何て言う?有効な頼み方は?

「お金を借りる理由」で家族・親戚・友人に信頼されやすくなるものはある?

お金を借りたいときに家族や親戚、友人にお願いしようと考える人もいるでしょう。

身近な人たちだからこそ困ったときにはお金を貸してくれるのではないかと考えられますが、それが原因で信頼関係に傷がついてしまうのが心配になるかもしれません。 
理由を聞かれたときにどう答えたら良いのかをよく考えておくのは重要な課題になります。 
どんな理由を説明すると信頼してお金を貸してもらうことができ、関係も良い状態で維持できるのでしょうか。

「お金を借りる時の言い訳や理由」一覧

どういう言い訳をすればお金を貸してもらえるのかと悩む人も多いでしょう。 
下手に本当のことを言っても信じてもらえない、かえって貸したくないと思われてしまうのではないかと懸念するかもしれません。

どんな言い訳をしたときに貸しても良いと思ってもらえる可能性が高くなるのでしょうか。 
よく使われているお金を借りるときの言い訳を一覧にしました。それぞれの特徴について詳しく説明するので使える言い訳かどうかを考えてみましょう。

「どうしても欲しいものがある」

どうしても欲しいものがあるけれど買えないからお金を貸して欲しいというのはよくある本音でしょう。

欲しいものが何なのかによって貸してくれるかどうかはかなり違いがあり、本当にそれが本人のためになる、あるいは社会のためになるなどといったことが考えられる場合には前向きに検討してくれる場合があります。
一時的な出費なのできちんと返してくれる可能性が高いという判断もできるので、単純ではあるものの効果的な言い訳の仕方です。

「どうしても旅行に行きたい」

旅行へ行きたいというのは言い訳としてあまり成立しないのではないかと思う人もいるでしょう。

しかし、状況によってはお金を借りる理由として十分に相手に納得してもらえます。 
1人旅に出かけたいという場合には難しいですが、所属しているサークルの合宿に参加したいといった理由なら機会を逃すと二度と行けないという点で相手も検討してくれるでしょう。

一時退院した家族を楽しませるために旅行へ行きたいという言い訳でも通用する可能性があります。

「大事な人との飲み会がある」

大事な飲み会があってどうしても参加しなければならないからお金を借りたいというのは言い訳として適切ではないと考える人も多いでしょう。

ただ、取引先との重要な飲み会だったり、恋人との付き合いが関係していたりすると切実な問題のこともあります。 
それを理解してくれる親や友人、会社の上司や同僚であれば重要な飲み会への参加費用を一時的に貸してくれるでしょう。

金額もあまり大きくない場合が多く、貸す決断をしやすいのも特徴です。

「急な冠婚葬祭のお金が必要になってしまった」

冠婚葬祭のお金が必要というのはお金を借りるときによく使う言い訳です。

数万円のご祝儀や香典を用意しなければならず、遠方の場合には交通費の負担も大きくなります。
結婚式やお葬式では仕方ないと考えてくれるのが普通で、出費も一時的なものだという点からもかなり貸してもらいやすい部類に入る理由です。

ただ、ご祝儀などの相場がから大きく外れているような金額を借りたいというと嘘ではないかと疑われてしまうので注意しなければなりません。

「引っ越したいけど費用が足りない」

引っ越しのときにはかなり費用負担が大きくなるので、お金が足りないから貸して欲しいと伝えるときの言い訳になります。
実際に引っ越すことになるので嘘で借りることはできませんが、数十万円くらいのお金を貸してくれることもある言い訳です。

引っ越しの費用がどのくらいかかるかはケースバイケースなので、信用を失わないためにもどういう引っ越しをする予定で、見積もりがこのくらいになっているというのを示すのが無難でしょう。

「交通違反をしてしまって違反金が支払えない」

交通違反を起こしてしまって違反金を払えないから貸して欲しいというのも比較的受け入れてもらいやすい理由です。

事故で自分がけがをしてしまっているようなときには特に相手も同情してくれて貸してくれる可能性が高くなります。
事故の場合には状況も説明すると車などの修理費も貸してもらえる場合もあります。

違反の内容や違反金の金額を伝えて、いくら貸して欲しいのかを明確にすることが重要なので、きちんと資料も準備して相談しましょう。

「生活費(家賃・光熱費・電話代など)を支払うお金が無い」

家賃や光熱費、電話代などの生活費の支払いができなくなってしまったからお金を貸して欲しいというのは一回だけであれば貸してくれる可能性がある言い訳です。

このような生活費は継続的に発生するものなので、これからも支払うのが大変で、貸したお金が返ってこないのではないかと疑われてしまうからです。 
ただ、早急にお金がなければ困るということは推察してもらえるので、理由をきちんと説明すれば貸してくれることが多いでしょう。

「贈与税の支払いが迫ってきている」

贈与税の支払いが迫っているというのは税制に詳しい人でなければできませんが、納得してお金を貸してくれる人もいるのは確かです。

生前贈与で親から資産を少しずつ受け取っているというときには親に相談すれば対応してくれる可能性があるでしょう。 
また、住宅などの高額のものを買うために贈与を受けて、後になってから贈与税の存在を知って支払えずに困っているという話でも、贈与税についてきちんと理解している人なら納得してくれます。

「医療費が足りない」

医療費の負担に関する言い訳はよく用いられているもので、病気になってしまったのであれば仕方ないという気持ちで貸してくれるケースが多い言い訳です。

自分の病気でなくとも親や子供が病気で高額医療を受けなければならなくなったというものでも問題はありません。 
近しい人であれば納得してもらえる可能性がありますが、恋人が病気になってしまったという程度ではどのように捉えるかが相手によって違うので気を付けなければなりません。

「お金を借りる時の言い訳や理由」一覧
  • どうしても欲しいものがある
  • どうしても旅行に行きたい
  • 大事な人との飲み会がある
  • 急な冠婚葬祭のお金が必要になってしまった
  • 引っ越したいけど費用が足りない
  • 交通違反をしてしまって違反金が支払えない
  • 生活費(家賃・光熱費・電話代など)を支払うお金が無い
  • 贈与税の支払いが迫ってきている
  • 医療費が足りない

種類別の完璧な理由一覧!

実際には置かれている状況に応じて正直なことを話しておいた方が良いと思うでしょう。

ただ、どれを理由にすべきなのかがわからなかったり、こんな理由でもお金を貸してくれる可能性があるのかと疑問に思ったりすることはよくあります。

理由として使えるものも実はたくさんあるので、種類別に一覧にしてまとめました。   
具体的な内容は自分で考える必要がありますが、どのような状況になっているからお金を借りたいと話すのが良いかを広く確認しておきましょう。

不幸・被害

被害や不幸によってお金がなくて困っているから貸して欲しいというのは共感や同情を得られることから効果的な理由付けです。 
特に詳しい話を聞いては悪いと考えてもらえることも多く、すぐに貸してくれることもよくあります。

親が病気になって医療費が必要になった、空き巣の被害に遭ってしまった、交通事故で車が壊れて修理が必要になった、財布を落としてしまったなどといった理由が典型的なもので、相手に応じて選ぶのが大切です。

不定期で急な資金不足

急な出費でお金が足りないから貸して欲しいというのも納得してもらいやすいでしょう。

一時的な出費だから、返済できないことはないはずだと捉えてもらえるからです。 
子供が浪人することになって教育費が足りなくなってしまった、交通違反をして違反金を支払えなくなってしまった、就職に失敗して当面の生活費が必要になったというのが典型例です。 
上述のケースと同じように親の病気や交通事故についても理由にすることができます。

家庭の事情

家族に関わる事情でお金が必要だというのも効果的な説明の仕方です。

家庭の事情でという説明だけで借りられることはあまりありませんが、少し具体的に話せばそれ以上は問われない場合がほとんどです。 
子供の学費が払えない、親の介護費用を工面できない、光熱費の支払いが遅れてしまってこれ以上払わないと止められてしまうなどといった例が挙げられます。

子供の受験費用が用意できないといった理由でも貸してくれることがあるでしょう。

種類別の完璧な理由一覧
  • 不幸・被害
  • 不定期で急な資金不足
  • 家庭の事情

お金を親に借りるデメリットを紹介!

親にお金を借りるデメリットについてご紹介します。 
親にお金を借りるということは、消費者金融や銀行カードローンのように利益を追求するわけではないので、利息が発生したり返済期間が設定されていないので極論をいうと支払期限がないというわけです。

そのため、これらのことを踏まえると親にお金を借りるということはメリットしかないと思う人も多いと思います。 
しかし、実は親にお金を借りた場合もデメリットはたくさんあります。

親との関係が悪くなってしまう可能性がある

親にお金を借りることのデメリットとして、親との関係が悪くなるということです。

親にお金を借りる場合は、ほとんどの人が返済期間を設けていません。 
だからといって、親にお金を返さなければ、最悪の場合は関係が悪くなり二度と実家に帰れなくなる可能性もあります。

また、いくら親子でもお金の貸し借りでトラブルが発生したら、その関係がギクシャクしてしまうこともあります。 
「早く返せ」「まだ返せないの?」などと督促をするため、親子でも空気の悪い日々を過ごさなくてはいけないこともあるでしょう。

親に嘘をついてしまったという罪悪感

親にお金を借りる際は、その時にどうしてもお金が必要だったので必死に言い訳を考えてお金を借りたけれど、後から後悔してしまうこともあります。 
また、学生の内は後悔なく過ごしてきても、大人になって親に嘘をついてお金を借りたことに対して罪悪感を感じてしまうこともあります。

親に嘘をついて遊ぶお金やギャンブルなどのお金を借りるのであれば、銀行カードローンや消費者金融でお金を借りた方が良かったと後々思う時がくるかもしれませんね。

親だとしても嘘をついてお金を借りると犯罪になることもある

親でも嘘をついてお金を借りると犯罪になることもあります。

親にお金を借りたい時は、親には嘘をつかずに借りたい理由を正直に話すことを推奨しています。 
しかし、親にお金を借りる理由をなかなか理解してもらえそうもない場合、嘘をついてしまうこともよくある話です。

そのような場合、相手が親でも詐欺罪になる可能性があるので注意しましょう。 
もちろん、親に嘘をついてお金を借りた場合必ずしも犯罪になるわけではありませんが、その理由が悪質だった場合は犯罪になる可能性もあります。

お金を親に借りると贈与税がかかることもあり得る

親にお金を借りると贈与税がかかることもあるので注意しましょう。 
何らかの事情で親からお金を借りた場合、それが借金ではなく親から子供に「お金をあげた」贈与として税務署に判断される場合があります。

税務署に贈与として判断された場合は、その金額に対して贈与税が課せられることがあります。 
そんな場合に、お金をもらったのではなく借りたという証明が必要になってきます。

贈与税対策として、本当に親からお金を借りたのではあれば証明する為に行っておきたいことがあります。

お金を親に借りるデメリット
  • 親との関係が悪くなってしまう可能性がある
  • 親に嘘をついてしまったという罪悪感
  • お金を親に借りると贈与税がかかることもあり得る

消費者金融や銀行でのローンごとに審査が認められる理由

金融機関を利用すれば親や親戚などの身近な人に頼らずともお金を借りることができます。 
親しい間柄の人からの借り入れではないので、信頼関係などについてあまり気にせずに申し込めると思う人もいるでしょう。

ただ、無条件で貸してくれるわけではなく、金融機関が提供しているローンの種類によって条件が定められています。 
どんなローンの種類があるのかを確認しつつ、それぞれのローンでどんな理由があれば借りられるのかを理解していきましょう。

自動車ローン

自動車ローンは主に自動車を購入する目的で使用するお金を調達するのに使用できるローンです。

新車でもっ中古でも購入することができ、購入した自動車が抵当に入ることになります。 
また、自動車を購入するときにオプションパーツを付けたり、メンテナンスパックに加入したりする場合にもその費用に適用することが可能です。

車検費用や修理費用に対しても利用できるので、車検を通すお金がないというときにも自動車ローンを活用できます。

教育ローン・学資ローン

教育ローンは子供の養育費や学費を調達する目的で利用できるローンです。

学資ローンとも呼ばれていて、適用できる範囲は入学金や授業料というのが原則です。 
大学や大学院、短大や専門学校の授業料に対して用いられるのが一般的になっています。

また、大学などに通うのが自宅からでは困難な場合に下宿や寮を使用することもあるでしょう。
この際の仕送りにもりようできるなど、子供が教育を受ける機会を失わないように配慮されるようになってきています。

住宅ローン

住宅ローンは居住を目的とした住宅の購入や新築住宅の建築、その住宅に必要な土地の購入にかかる費用を工面するときに使用できるローンです。

住宅の外構工事や必要最低限の家具の購入費用程度までであれば使用することができます。 
住宅ローンでは商用目的のビルを建てるといった場合には使用できず、事務所兼用の住宅を建てる場合にも居住用で使用する割合に対してのみ住宅ローンを適用してお金を借りることができる仕組みになっています。

リフォームローン

リフォームローンは住宅のリフォームをするための資金として利用できるローンです。

リフォームであれば是パン的に利用可能で、古くなってしまって住みづらくなったときに使用するのが基本になります。 
外壁塗装や屋根塗装、キッチンやトイレなどの設備の入れ替えなどが代表例です。

また、家族に体が不自由な人がいる場合にはバリアフリーリフォームにも適用できます。 
より良い住まいにするのを目的とするリノベーションには使用できないのが原則です。

お金を実際に親から借りる時に多い使用目的を紹介!

親や友達のように親しい間柄の人にお願いしてお金を借りるときにはどのような目的で使用しようとしていることが多いのでしょうか。

遊ぶお金が欲しいから貸してくれというのではなかなか応じてくれないのは明らかでしょう。 
実際に使う用途を説明して納得した上で貸してくれるという状況が生まれやすい例を紹介します。

実際に頼んで借りられるかどうかを判断する基準としても参考になるので詳しく状況を理解しておくようにしましょう。

マイホームを買いたいという理由

マイホームを買いたいという理由でお金を借りるのに成功しているケースはよくあります。

まずは住宅ローンを申し込んでみたらと言われることもありますが、住宅ローンでは金額が足りない、実は延滞を起こしたことがあって借りられないということもあるでしょう。

頭金を少しだけ貸して欲しいという形で借りている場合が多くなっています。 
また、親と同居する前提で建てるというやり方で親からお金を借りてマイホームを買っているケースもあります。

子どもの教育費が足りない

子供の教育費が足りないという理由でお金を借りているケースも珍しくありません。

教育ローンだけでは高校や大学の受験料をカバーできなかったり、交通費の負担が大きくて困ったりしてしまうこともあります。
特に早い段階から私立に通ったり、大学で医学部などの学費が高い学部を選んだりすると学費の支払いが難しくなりがちです。

特に親であればかわいい孫のためと考えてくれて、少しであれば支援してくれることが多くなっています。

生活費として

生活費が本当になくて困っているから貸して欲しいというのも比較的多いパターンです。

事故や病気で働けなくなったり、離婚をして慰謝料を負担したために生活がままならなくなったりすることもあるでしょう。

事業を起こして失敗してしまって生活が苦しいということもあります。
このような一時的なトラブルで生活費が工面できなくなったというときには生活を再建できるようにするために同情の気持ちもあって貸してくれることがよくあります。

結婚資金として

結婚式を挙げるためのお金が不足しているから借りるというケースも少なからずあります。

人生に一度きりのお祝い事なので親だけでなく親戚や友人であっても支援してあげたいと考えてくれる場合がほとんどです。

こういう工夫をして安上がりにしようとしたけれど、どうしても足りないから貸して欲しいといった流れにして説得しているケースもあります。
ご祝儀を集めたところで返せるということもイメージできるので快く貸してくれる場合が多いパターンです。

大金を親から借りる際はどのような点に注意するべき?

親からは理由によっては大金を借りられることもありますが、注意しなければならない点もあります。 
お金を渡す行為は厳密に言えば贈与で、贈与税の課税対象になることがあります。

110万円を超えるような贈与を受ける場合には控除の枠内なので問題はありません。

きちんと借用書を作って返済をすれば贈与にはなりませんが、親子の関係では最終的に返さなくて良いと言われることもあります。 
その場合には贈与になってしまうので注意しましょう。

友達からの借金で注意することを解説!親しき仲にも礼儀あり!

友達からお金を借りるときにはそれ以降の人間関係が悪くならないように配慮するのが最も重要です。

友達が納得してくれるような形で返済をしないと人間関係がぎくしゃくしてしまいかねません。 
そんなにかしこまる必要はないと言われたとしても借用書を書くにようにましょう。

いくらをいつまで借りるかを明記し、金利も設定して利息分も支払うようにするのが賢明です。 
まずは自分から利息の話をして、断られたときにだけ無利息で借りるようにしましょう。

きちんと借用書を書く

お金のトラブルを起こさないようにするためには貸し借りの事実を書面化しておくのが最も良い方法です。

親しい友人ならあまり気にする必要はない、そんなにかしこまる必要はないと言うかもしれませんが、きちんと借用書を書くにようにましょう。
借用書には借りた金額や返済期日をきちんと明記しておきます。

これによって友達も確かにお金を貸しているという自覚を持ち、返済した暁には何もなかったように振る舞ってくれるようになるでしょう。

きちんと返済期日を守る

借用書に書いた返済期日は厳守するのが重要です。 
きちんと書面でこの日に返すと約束したのだから友達としてもその日には返してくれると思っているでしょう。

返してくれなかったからといって催促するのも気が引けてしまうから黙っているということもあります。
ただ、もう返済してもらえないのではないかと不安になっていることもあるはずです。

このような原因で信頼関係が失われてしまわないように期日は守る、遅れるなら延滞金を払うというスタンスを持ちましょう。

しっかり利息も払う

金利も設定して利息分も支払うようにするのが賢明です。

まずは自分から利息の話をして、断られたときにだけ無利息で借りるようにしましょう。
金利をどのくらいにすべきかは判断が難しいのは確かですが、目安としては5%です。
借用書に記載しなかった場合には5%の金利という解釈になる仕組みになっているからです。

金額によって多少上下させて3%~10%を目安に支払うようにしましょう。 
それが友達に対するお礼として考えるのが適切です。

使わない方がいい4つのウソと言い訳を使ってお金を借りた場合にどのようなトラブルが起きるか

お金を借りるときには理由をきちんと伝えて納得してもらえれば話がスムーズに進むのは確かです。 
ただ、理由を正直に伝えれば本当に良いと言えるのでしょうか。

理由にしても言い訳にしても、相手に伝えない方が良い場合もあります。
かといって嘘をつくのもトラブルの原因になりかねないので注意が必要です。

どんな理由や言い訳は避けるべきか、嘘をついたらどうなってしまうのかについて詳しく紹介するので、きちんと理解しておきましょう。

使わない方がいい言い訳はこちら

お金を借りるときに使うべきではない言い訳はどのようなものなのでしょうか。

基本的に相手からお金を貸したら返ってこないような相手だと思われるような言い訳は全て避けるべきです。
信用を失うような言葉や、そんな使い道は納得できないというような目的で借りようとしている場合には断られてしまうことになります。

その後の関係も悪くなってしまうリスクが高いので、具体的にどんな言い訳で失敗してしまっている例があるかを紹介します。

給料(ボーナス)が今度出たらすぐに返済できる

ローンでお金を借りているときに、次の給料が出たらすぐに返済できるけれど、今月分を返せないからお金を貸して欲しいと伝えてしまうケースがあります。

一見すると問題がないように感じるかもしれませんが、今月分を返せない時点でお金の管理能力がないことが露呈してしまっています。 
相手からもお金を貸しても返ってこないだろうと思われてしまうことになります。

既にお金を借りた後に返せなくなったときの言い訳としても厳禁です。

お金をギャンブルで勝ってから返す

ギャンブルでお金を作って返すからちょっと貸して欲しいというような言い方も禁じ手です。 

ギャンブルは100%勝てるものではないので、パチンコや競馬、スロットなどで買って返せると保証することはできません。
ギャンブルに対してネガティブなイメージを持っている人も多いので、ギャンブル漬けになってしまっている人だと思われて距離を置かれる原因にもなります。

信用してくれることもまずないため、口にしない方が良い言葉です。

確実に値上がりするであろう優良株を知っている

株式投資で成功している人も世の中にはいますが、例えば値上がりする優良株を知っているからお金を貸して欲しいと説明するのは意味がありません。

株価の値上がりや値下がりにも100%というのはないので、信用してもらうことはできないでしょう。
悪い人に騙されているのではないかと心配されてしまうかもしれません。

株式投資で失敗したために挽回を図るための資金を探しているのではないかと勘繰られてしまう可能性もあります。

美容脱毛や整形をするためのお金が必要だから

美容脱毛や整形には高額の費用がかかりますが、そのお金が必要だという理由でお金を借りようとしても断られてしまう場合がほとんどでしょう。美容にとても関心があって、確かに受けるべきだと言ってくれる人がいるのであれば美容を理由にお金を貸して欲しいと頼んでも良いかもしれません。

しかし、一般的には美容はお金のある人が自己満足のためにやるもの、危険を伴うものというイメージを持たれているのでお金を貸してもらえることはほとんどないのです。

お金を借りる際にウソの理由を使った場合のトラブル

嘘の理由でお金を借りたときには信用に関わる重大なトラブルが発生しうるので注意しましょう。

嘘が発覚しなければ大丈夫だと思うかもしれませんが、巡り巡って情報が伝わってしまうことはあるので気を付けなければなりません。
嘘でお金を借りるのは詐欺行為に相当します。

嘘であっても返せれば良いという安易な気持ちでいると、相手からの信用を失うことにつながりかねません。 
さらには詐欺罪も成立しうるということも念頭に置いておきましょう。

【借用書】信頼されるために必要な「借用書」の書き方を解説!

借用書を書くときには記載しなければならない項目があるので留意しておきましょう。

借用書という表題と、借りた金額を明記し、いつ借りたのかを日付で記載します。 
そして、貸し主の氏名と、借り主の住所と氏名を記入することが必要で、借り主は捺印もしなければなりません。

そして、返済の方法や返済の期日、利息の取り決めについても明記するのが原則です。

これに加えて条件がある場合には箇条書きで記入していくことで借用書ができあがります。

お金を親に借りられない場合はどうすればいい?

親にお金を借りられない場合はどうしたら良いのでしょうか。 
親にどんな理由を伝えてもお金を貸してくれない場合もあると思いまうす。

特に20歳を超えていれば、お金の管理は自分ですることが当たり前で親からお金を借りるなんて考えられないと思う親は多いです。 
そんな場合は、消費者金融・銀行のカードローンも検討してみてはいかがでしょうか。

とくに大手の消費者金融は、即日審査・即日融資に対応していますし、無利息サービスがあるので、まとまったお金を当日中に借りれるというメリットもありますので選択肢の一つにしましょう。

お金を会社から借りることはできないの?

会社からお金を借りるという方法があるということを知っているでしょうか。

会社が福利厚生を充実させている場合には従業員貸付制度を設けていることがあります。 
これは会社が金利を設けて貸し付けをしてくれる福利厚生で、目的が制度で定められている条件に合っていて、正当な理由があればかなり低金利で借りられる仕組みになっています。

身近な人からお金を借りるのはためらわれてしまうという人は制度が運用されているかを確認してみましょう。

お金を悪質な嘘で借りるのは詐欺罪にあたるから注意しよう!

嘘をつけば説得できてお金を借りられるのではないかと思う人もいるでしょう。

ただ、悪質な嘘をして相手を誤解させてお金を借りた場合には詐欺罪が成立するので注意しなければなりません。

闇金などの悪徳業者による詐欺行為はよく話題になっていますが、それとはまた別の問題で、家族や友人からお金を借りる場合に自分が詐欺をしたことになりかねないのです。 
相手が騙されたという印象を持っていると詐欺罪は成立する可能性が高いので嘘はやめましょう。

すべてのカードローンを見る

カードローン一覧

金融機関の種類から探す

銀行カードローン
消費者金融カードローン

ランキングで探す

カードローンランキング
消費者金融カードローンランキング
銀行カードローンランキング

カードローン会社から探す

アイフル
プロミス
SMBCモビット
レイクALSA

特徴からさがす

低金利のカードローン
即日融資が可能なカードローン
無利息期間ありのカードローン
借り換え可能カードローン
郵送物なしカードローン
コンビニ対応カードローン
審査結果の早いカードローン
WEB完結可能なカードローン
WEB明細が使えるカードローン
口座振込で返済可能なカードローン
ネットキャッシングできるカードローン

心配・悩みから探す

カードローンとは?
審査なしのカードローンはある?
カードローンの審査基準は?
審査の甘いカードローンは?
金利の計算方法は?
カードローンとキャッシングの違いは?
専業主婦でも即日融資は可能?
サラ金・ヤミ金・街金の違いは?
お金借りるならどこがいい?
「カードでお金」の看板は何?
おまとめローンの審査基準は?
ショッピングローンの審査基準は?
無審査で即日融資のカードローンってある?
中小消費者金融は審査が甘い?
カードローンの返済方法は?
ソフト闇金のデメリットは?
他社借入があると審査落ちする?
キャッシングは信用情報に傷がつく?
即日で50万円は可能?
個人間融資は危険?
サラ金の金利は?

    おすすめカードローンランキング

  1. カードローン人気ランキング
  1. 本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  2. 本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  3. 当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  4. 本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  5. 編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • ランキング根拠
  • ランキングは以下のデータに基づき作成しています(詳細はランキングページに記載)
  • ・利用者へのアンケート調査
  • ・ワイズローン経由でのアクセス数、申込数
  • ・各社が公開している口座数、財務情報
  • プロミス
  • プロミスではメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
  • 瞬フリを利用するには24時間振込可能な金融機関の口座が必要です
  • SMBCモビット
  • 融資や審査回答までの時間について:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • 「50万円以下なら収入証明書不要」について:場合によって収入証明を提出していただくことがあります。
  • レイクALSA
  • 商号:新生フィナンシャル株式会社
  • 貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号
  • 融資限度額 1万円~500万円
  • 貸付利率 4.5%~18.0%
  • 遅延損害金(年率)20.0%
  • 返済期間・回数/最長8年・最大96回
  • 必要書類 運転免許証等 ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
  • 担保・保証人/不要
  • 要審査
  • Webで最短60分融資も可能※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
  • 申込資格:年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方
  • ご返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
  • 初めてなら初回契約翌日から無利息
  • ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります
  • Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません
  • 無利息期間経過後は通常金利適
  • 30日間無利息、180日間無利息と併用不可
  • 千葉銀行カードローン
  • 対応地域:千葉全域、東京全域、埼玉全域、茨城全域、神奈川(※一部地域を除く)
  • 三井住友銀行カードローン
  • 三井住友銀行の普通預金口座・キャッシュカードをお持ちなら、申込から契約までの手続きがWEBで完結
  • ローン契約機でカードを受け取れば郵送物なし

Copyright LeadingTech All Rights Reserved.