最終更新日:2020年06月04日

収入証明不要でお金を借りる方法を解説!

【収入証明書不要】カードローンに収入証明書不要なんてあるの?

カードローンにおける「収入証明書不要」とは何なのか、それは、条件次第で不要になる以下の書類のことです。

収入証明書
  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 給与明細書(直近2ヶ月分)
  • 所得証明書(最新のもの)
  • 住民税決定通知書(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)

逆に、必ず必要になるのは証明証明書と本人確認書類です。

この2つ以外は、カードローンの審査条件次第で不必要となる場合があります。 
用意しなくても良いものに時間を割いて損をしないよう気を付けましょう。

消費者金融における「収入証明書不要」について

消費者金融における「収入証明書不要」の条件は、キャッシングが初めてである場合、そして、2回目以降でも他社の利用限度額と、今回借りたい額の希望限度額の合計が100万円以下であることです。

このような場合には収入証明書の提出は不要です。 
このように、消費者金融では収入証明書の提出が必要であるライン、不要となるラインの線引きが賃貸業法という法律ではっきりしているので、お金を借りる際にはとても参考になるでしょう。

収入証明書不要のラインを紹介!消費者金融各社について

それでは、消費者金融各社の収入証明書の不要ラインを見ていきましょう。それぞれ比較てしみると以下のようになります。

アイフル50万円まで不要 
アコム50万円まで不要 
SMBCモビット50万円以下でも提出の可能性あり 
プロミス50万円まで不要 
レイクALSA50万円まで不要 
J.Score(ジェイスコア)50万円以下でも提出の可能性あり

見てもらうとわかる通り、収入証明書提出の可能性が出てくる消費者金融もあるので注意です。

銀行カードローンにおける「収入証明書不要」について

では、銀行カードローンにおける「収入証明書不要」とは、どのような条件で発生するのでしょうか。 
今までは銀行は消費者金融よりも緩いと言われていたのですが、2017年に過剰融資が社会問題化したことを受け、審査がより厳格になってしまいました。

このため、現在は消費者金融と同じく50万円までは収入証明書不要となっていることが多いです。 
ただし、審査が厳しくなったことから50万円以下でも収入証明書を求められる場合もあります。

収入証明書不要のラインを紹介!銀行カードローン各社について

では、消費者金融と同じように銀行カードローン各社の収入証明書不要のラインを見ていきましょう。

カードローン「バンクイック」50万円まで不要 
みずほ銀行カードローン50万円まで不要 
オリックス銀行カードローン50万円以下でも提出の可能性あり 
住信SBIネット銀行カードローン50万円以下でも提出の可能性あり 
楽天銀行スーパーローン基本的に要提出 
イオン銀行カードローン50万円以下でも提出の可能性あり 

ジャパンネット銀行「ネットキャッシング」50万円以下でも提出の可能性あり 
auじぶん銀行カードローン50万円以下でも提出の可能性あり

こうしてみると、提出のかの末井があるものが多いことがわかります。

7つのメリットを紹介!収入証明書不要以外に検討すべきポイント

それでは、次にお金を借りる際に収入証明書不要である以外に得られるメリットにはどのようなものがあるのかをチェックしてみましょう。

検討すべきメリットは合計7つあります。

借入先をどこにするか考えているならば、自分がどれだけ多くのメリットを受け取れるかで選ぶと良いでしょう。 
そのためには、それぞれのメリットが自分にどの程度当てはまるのかを考え、より良いところに絞り込むことが必要です。

以下で具体的なメリットを見ていきます。

WEB完結で申し込めて来店不要であること

WEB完結で借入が申し込めるのは、消費者金融や銀行に来店しなくても良いメリットを生み出します。

特に仕事をしている人だと、銀行の営業時間になかなか足を運べなくて不便な思いをしたことはありませんか? 
銀行の場合、既に口座を持っているならWEB完結でお金を借りるための申し込みができます。

消費者金融も同様に、今ではWEB完結の方がメジャーとなってきているくらいですからここは大きなメリットであると言えるえしょう。

勤務先への電話連絡での在籍確認をカットできること

お金を借りる場合、プライベートなことなので勤務先にそのことがバレるのを防ぎたいと思う人も多いです。

しかし、お金を貸す機関としては、借りる人が本当に働いているのかを確かめるために電話連絡をする必要が生じます。 
これを回避するために、社会保険証の提出をすれば電話連絡をしなくてもOKとなるところも出てきました。

会社連絡をされると困るという場合、上司に知られるのが嫌だという場合などには非常に重宝できる方法になります。

カードローンの利用は勤務先への電話連絡でもバレることはない

ただ、実は消費者金融や銀行などが会社連絡をする場合でも、カードローンの利用がバレることはありません。

何故なら、電話は担当者の個人名でかかってきますし、電話は非通知でかかかるようになっているからです。 
また、カードローンの話はせず、お金を借りる本人が電話に出なくても誰かが出ればそれでOKとなります。

この確認はものの1分程度で終わるものですから、それなら特に気にしないという方はあまり意識しなくても良いでしょう。

即日融資を受けられること

お金を借りる時に即日融資が受けられることも大きなメリットでしょう。

しかしこれは、銀行では不可能です。 
消費者金融だからこそできる技となります。 
プロミスでは最短1時間で融資が受けられますし、同じように1時間を目安にしているところはたくさんあります。

レイクALSAもそうです。その他には即日融資であるところが多く、どちらにしてもその日のうちにお金が借りられるため、非常にスピーディーな問題解決策になります。

30日間の無利息サービスがあること

さらに消費者金融には、銀行にはない無利息サービスがあります。

これもかなりのメリットになるので、短期間だけお金を借りたいという場合であれば利息を支払うことなく、つまり無料でお金を借りられることになります。

基本的に30日間無利息となっているところが多く、プロミスはアイフル、アコムなどがこれに当たります。 
条件によって変わることもあるので要相談ですが、1ヶ月間だけお金が必要ならこれらの消費者金融で借りるべきでしょう。

安定した収入があればアルバイトでも利用できること

お金を借りるとなれば正社員でなければならない、そんな風に思っている方も多いですが、実はアルバイトであっても利用はできます。

必ず利用できるとは言えないのですが、安定した収入があれば借りられる可能性があるので審査を受けてみましょう。 
ちなみに審査通過率は大手消費者金融だと40%くらいです。

2020年1月期の審査通過率を見てみると、アコムは40.6%、プロミスは42.4%、アイフルは45.7%となっています。

銀行カードローンのみ専業主婦が申し込める

安定した収入があることを前提にお金を借りられる銀行や消費者金融のことを考えると、専業主婦は借りられないのかと考える方も多いです。

しかし、銀行カードローンならそれも可能です。 
消費者金融にはメリットも多いのですが、総量規制といって年収の3分の1までしか融資できないとする貸金業法上のルールが適用されるため借りられないのです。

よって、専業主婦なら銀行カードローン一択となります。パートをしているなら消費者金融も視野に入ります。

借り入れ・返済が手数料無料でできること

消費者金融などのうち、手数料無料借入ができるところも利点となります。

せっかく30日間の無利息サービスや低金利といったメリットがあっても、手数料がかかるのであればそれも無駄になってしまいます。 
お金を借りている間に発生する利息、金利、手数料、この3つをいかに安くできるかが重要です。

これらすべてが無料になる消費者金融であれば、30日間は無料でお金が借りられて返済まで一切お金がかからない場合も出てきます。

最高金利が低いこと

最高金利が低いところからお金を借りるところを選ぶという手もあります。

よりお得に借りたいという場合は、完済までにどれくらいの時間がかかるかでメリットの多い方はどちらかを考えてみましょう。

もし完済に6ヶ月以上かかる場合は銀行カードローンに申し込んだ方がお得です。 
逆に、5ヶ月以内に完済できるのであれば、無利息サービスがあることから消費者金融が良いでしょう。

このように、最高金利から選べば少しでも得ができます。

年18.0%と年14.0%で利息負担のシミュレーションをしてみた

それでは、年14.0%と年18.0%で利息負担シミュレーションをしてみましょう。 
25万円を借りた場合にどうなるのかを完済期間で分けて計算してみると以下のようになります。

・4ヶ月で完済:消費者金融のほうが411円安い 
(銀行カードローンの利息:11,506円・消費者金融の利息:11,095円)

・5ヶ月で完済:銀行カードローンのほうが411円安い 
(銀行カードローンの利息:14,383円・消費者金融の利息:14,794円)

・6ヶ月で完済:銀行カードローンのほうが1,233円安い 
(銀行カードローンの利息:17,260円・消費者金融の利息:18,493円)

知っておくべきこと5つを紹介!収入証明書不要のカードローンに申し込む前に確認しておこう!

それではここからは、収入証明書不要のカードローンに申し込む前に知っておくべきことを5つご紹介します。

一般的に50万円以下なら収入証明書は不要と言われていますが、実は提出を求められることもあります。 
それに、利用限度額は利用中に増額審査で上げられることも知っておくべきことでしょう。

最初は収入証明書不要であっても、利用中に必要ですと言われることもあります。 
これらのことは注意点として頭に入れておきましょう。

収入証明書の提出は50万円以下でも求められることがある

50万円以下でも収入証明書の提出を求められることがあるのは、どこの消費者金融でも言えることです。

条件としては多くの場合50万円以下では収入証明書不要となっているのですが、それは絶対に100%そうとは言い切れないという注意書きがある場合があります。 
収入証明書不要であることは面倒な準備がいらないというメリットも生じるので魅力的ですが、しかしこれが絶対ではないということは常に意識しておいた方が良いでしょう。

特にカードローン審査で重視される4項目とは?

カードローン審査では、次の4項目が特に重視されます。

まずは当然収入です。 
これは高ければ高いほど有利になりますし、安定していればより審査に通りやすいです。

そして雇用形態も見られます。 
正社員であれば審査に通りやすく、パートやフリーターなどは通りにくくなっています。 

また、勤続年数も評価の対象です。 
長ければ長いほど信用を置いてもらえます。

そして、最後に他社借入状態です。
これが0に近いほど審査で有利となります。

利用中に増額審査をすることで利用限度額は上げられる

カードローンに申し込む時に知っておきたいのは、利用限度額は利用中に増額審査で上げられるということです。

つまり、最初は収入証明書が不要となる50万円よりも少ない額で申し込んで、途中で利用限度額を上げる審査を受ければ収入証明書が不要となる可能性が上げられるのです。 
10万円程度で申し込めば収入証明書不要となる場合がほとんどだと言われているので、最初はあえて借りる額を少な目に設定することがポイントになります。

増額審査によって利用限度額が変わる例を紹介!

増額審査をすれば、利用限度額が変わっていきます。

例として以下を見てみましょう。

利用限度額10万円→増額審査に合格→利用限度額30万円 
利用限度額40万円→増額審査に合格→利用限度額100万円 
利用限度額50万円→増額審査に不合格→利用限度額50万円 
利用限度額50万円→増額審査に不合格→利用限度額20万円

増額してもそれらすべてを無事に返済できるかどうかが審査されるので、最初にお金を借りる際の審査と似た審査となります。

審査が有利になる可能性が高いのは収入証明書を提出した場合

収入証明書が不要であるところからお金を借りたいと思っていても、実は収入証明書を提出した方が審査に有利になる可能性が高いです。

提出の必要がない可能性が高い50万円以下の借入だとしても、収入証明書を積極的に提出してくれる人は消費者金融にとってとてもありがたい協力者という認識になります。

このようにしっかりしている人であればお金を貸してもきちんと戻ってくると、信頼を勝ち取ることにもなるため覚えておきましょう。

それほど手間のかからない必要書類の提出

お金を借りる時にぜひ意識しておきたいことは、必要書類の提出はそれほど手間ではないことです。

もしこれが手間になるようなら、多くの人がお金を借りることを面倒くさがってなんとかやりくりできないか先にもう少し考えるのではないでしょうか。 
消費者金融や銀行などに必要事項を証明さえできれば良いのですし、どうしたらその書類をゲットできるのかは相談することができます。 
ネットにも情報がたくさん載っているのでさほど苦労はしません。

水商売や自営業者は収入証明書の提出が必要になる可能性が高い

自営業者や水商売をしている方は、特に収入証明書の提出が必要になる可能性が高いと覚えておきましょう。

どれだけ稼ぎが良くても、お金を貸す機関はあくまで安定した収入を求めます。 
急に稼げなくなったなど事情が変われば返済も危ないので、その可能性が少ない職業が得をします。

逆に、自営業や水商売は不安定な収入とみなされるため、数年続けて確固たる収入がないと審査に通過することが難しい場合が出てきます。 
借りるなら数年戻って利益を確認してみましょう。

アリバイ会社への収入証明書の作成依頼はNG!審査通過が不安でもやめよう!

審査通過が不安な場合、アリバイ会社といってきちんと安定した収入を稼げていることや、特定の会社で働いていることを証明してくれる会社への収入証明書の作成依頼をする人がいます。

しかしこれは絶対にしてはいけないことです。 
グレーゾーンと言われていますが、カードローンの業界では詐欺にあたります。

これを一度でもしたら信用情報に傷がついてしまい、それこそこれから先は一切お金を借りることができなくなってしまうことになりかねません。

収入証明書の提出を利用中に求められることがある

利用中に収入証明書の提出を求められることがありますが、これにはいくつかの条件があります。

まずは、どれだけのお金を借りるかという額です。 
50万円以上を借りると収入証明書が必要になる可能性が高まります。

また、最初に収入証明書を提出していたとしても、実は3年経てばまた最新のものを提出するよう求められます。 
一度出したら安心してしまいそうですが、再提出のことを考えると借りたお金は3年以内に完済しておく方が無難と言えます。

【途上与信】利用中にも審査と同様のチェックがされている

一度借入の審査に通過したら安心ですが、しかし利用中にも審査と同様のチェックがされていることはお忘れなく。

毎月チェックされる条件もあり、それに当たるのが1ヶ月の借り入れの合計額が5万円以上であり、かつ借入残高が10万円以上の場合です。 
途中で審査基準を下回ってしまうと金融機関から何かしらの連絡が来たりと、厄介なことになりかねないのでお金を借りている最終は金銭面でのトラブルを避け、余計な買い物はしないようにしましょう。

在籍確認なし・収入証明不要という条件の元でお金を消費者金融から借りる方法について

上記のように質屋を利用するための担保になるようなものがない。 
あるいはすぐにでもお金が必要という場合には、他の方法を検討する必要があります。 
その上で収入証明書と在籍確認を避けたい場合には、消費者金融のカードローンを検討してみましょう。

消費者金融のカードローンであっても、条件によって収入証明書も在籍確認も必要ない場合があります。 
その条件とは、一つが電話連絡をなしに出来るカードローンを選ぶこと

もう一つが、借入限度額を50万円以下に設定することです。 
この二つの条件を満たせば、収入証明も在籍確認も必要なしに借り入れすることができる可能性は高くなります。

以下から、そのことについて説明していきましょう。

在籍確認なしではなく「電話連絡なし」のカードローンに申し込む

在籍確認を避けたい人の多くは、勤務先にカードローンの利用がバレる可能性を考えてのことだと思います。 
そうした場合には、在籍確認そのものというよりも、電話での勤務先への連絡を避けるという形が賢明です。

基本的にカードローンでは、審査の過程において返済能力について検証するため、在籍確認を無くすことはできません。 
ですが在籍確認とは申込者が申告した勤務先で実際に働いているかを確認するためのものなので、電話連絡以外の方法で確認することも可能な場合があるのです。

例えばSMBCモビットであればWEB完結という選択肢があり、その方法であれば勤務先への電話連絡は避けることができます。

50万円以下に借入限度額を設定して申し込む

収入証明書を提出せずにお金を借りたい場合には、借入限度額を50万円以下に希望しましょう。

貸金業法においては、50万円を超える借り入れの場合に収入証明書の提出が必要ということになっています。 
逆に言えば借り入れ額が50万円以下であるならば、消費者金融から収入証明書を求められる可能性は低くなります。

ただし注意しておきたいのは、貸金業法ではもう一つ、貸付合計が100万円を超える場合にも収入証明書を提出しなければならないことになっています。 
つまり例えば、その業者からお金を借り入れる前に既に別の業者から60万円の借金をしている場合、さらに50万円借りれば100万円を超えてしまうので、収入証明書の提出が必要になります。 
そうした場合には40万円以下の借り入れを希望するようにしましょう。

【Q&A】収入証明書不要のカードローンについて7つのQ&Aを紹介!

それでは次に、収入証明書不要のカードローンについての7つのQ&Aを述べていきます。

そもそも収入証明書は必要なのかという疑問を抱いている方もいるでしょうし、その理由が理解できないと不服のまま書類を提出することとなります。 
できる限り自分がしなければならないことの理由を知ってからの方が納得して動けるので、ここでは疑問とその答えについて見ていきます。

納得した上でなら理解度も増し、よりスムーズに準備ができるはずです。

Q1. そもそも何で収入証明書を消費者金融でも提出しなきゃいけないの?

そもそもなぜ収入証明書の提出が必要になったのか、このことについて疑問に思っている方も多いです。 
これには歴史的背景があります。 

多重債務問題の発生を防ぐ必要が出てきたため、銀行カードローンが過剰融資問題で審査が厳格になりました。 
審査が厳格になったということは、それだけお金を借りる人が返済できる能力を持っているか、しっかり見極める必要が出てきたということです。 
このような過去の過ちを繰り返さないために出てきた必要性なのです。

Q2.「他社借り入れとの合計で100万円超になる場合」ってどのような場合のこと?

他社借り入れとの合計で100万円超になる場合というのは、一社ではなく複数社からお金を借りていることを指します。 
収入証明書の提出を避けたいなら、新しく借入を申し込む前に一つでも多くの会社のローンを完済しておきましょう。

この場合の合計額というのは、借入残高ではなく利用限度額の合計で判断するのでここも覚えておきましょう。 
やはり複数のところからお金を借りていると審査に通りにくくなるため、申し込み時には確認が必要です。

貸金業者からの借り入れだけを消費者金融の申し込みで申告するの?

消費者金融の申し込みで申告するのは、貸金業者からの借り入れだけなのかという質問も多いです。

この答えはYESです。

銀行法が適用されるという理由があるため、銀行カードローンの借り入れの申告は基本的に必要がないとされています。 
消費者金融に申し込む際は、注記を確認してから他社借り入れを入力することをおすすめします。

また、もし銀行カードローンに申し込む場合は、貸金業者からの借り入れも含めて申告する必要があります。

Q3. 収入証明書不要で申し込める街金はあるの?

街金では収入証明書なしで申し込みができるのかという質問に対しては、できると言い切れない部分があります。 
街金とはいわゆる闇金であり、小規模で経営している貸金業者のことを言います。

大手と同じように収入証明書の提出には、1社で50万円超を借りる場合、

他社借り入れとの合計で100万円超になる場合という基準があるので、ここを確認してからにしましょう。 
しかし、それ以前に闇金からお金を借りることは絶対にしてはいけないことです。

中身は変わらないソフト闇金と闇金

闇金とソフト闇金の違いについて疑問に思う方もいますが、これはソフトとやんわりした名前が付いているだけで中身は同じです。

源泉徴収や所得証明書などの面倒な書類提出は一切不要であるという魅力的な文言に騙されると痛い目に遭います。 
金利が高すぎるので、一度借りたら返済する時にはかなりの借金に膨れ上がっているというケースも珍しくないでしょう。

それが狙いなので、一時の楽に目がくらんでしまわないように注意しなければなりません。

Q4. 収入証明書不要で申し込めるおまとめローンはある?

おまとめローンは収入証明書の提出をせずに申し込めるのかという質問に対しては、おまとめの総額が50万円以下であれば法的には可能だと言えます。

おまとめローンとは複数の借り入れを1社にまとめるためのローンのことを言いますが、しかし実際には50万円以下という少額なのにおまとめする必要はそうありません。
このことを考えると、50万円以上で借りる人が多いため収入証明書の提出は必要になってくるケースが多いでしょう。

消費者金融のおまとめローンの必要書類を解説!

消費者金融のおまとめローンを利用する際に必要となる書類ですが、これは各会社のホームページなどに記載があるので事前にチェックしておきましょう。
例として以下を挙げておきます。

アイフル「かりかえMAX」「おまとめMAX」 
(必要書類…本人確認書類・収入証明書・他社借り入れを確認できる書類) 
アコム「貸金業に基づく借換え専用ローン」 
(必要書類…本人確認書類・収入証明書) 
プロミス「貸金業法に基づくおまとめローン」 
(必要書類…本人確認書類・収入証明書)

Q5. 収入証明書不要で申し込めるビジネスローンはあるの?

ビジネスローンとは事業者向けの無担保ローンのことです。 
この場合、収入証明書というよりは確定申告書の提出が求められる消費者金融がほとんどです。

確定申告は、個人事業主など会社に属していない場合なら毎年提出して納税をしているはずですから、これはあらゆる場面において大切な書類です。

保管をするよう推奨されていますから、もし今は関係なくても将来お金を借りることがありそうであればずっと残して行った方が無難です。

Q6. 専業主婦で50万円超を希望した場合、配偶者の収入証明書は必要なの?

では、収入がない専業主婦の場合は50万円超を希望しても配偶者の収入証明書は不要なのでしょうか。

この答えはYESです。

配偶者の収入証明書の提出を求められることはありません。 
このことから、旦那さんに内緒でお金を借りることもできることがわかります。

しかし、専業主婦の場合借りられたとしても10万円、多くて30万円と、50万円以上のお金を借りられることはありません。 
限度額が会社員より低いことは認識しておきましょう。

専業主婦は貸金業者で「配偶者貸付」を利用できるんじゃないの?

よく調べている方の中には、専業主婦は貸金業者で「配偶者貸付」を利用できるのではと考える方もいます。

しかし、この配偶者貸付は大手の消費者金融に対応していないため、残念ながら利用するなら他の会社で借りることとなります。

また、配偶者貸付を利用する場合には配偶者の同意と収入証明書の提出が必須となります。 
こちらの場合は、旦那さんに内緒でお金を借りることはまずできないので相手の協力が必須であると覚えておきましょう。

Q7. 希望限度額10万円ならブラックリスト入りしてても収入証明書不要なの?

どうしてもお金を借りたい場合、ブラックリスト入りしていても希望限度額10万円なら収入証明書不要で借りられるのかと期待する声もありますが、これはできません。

いくら借り入れ額が少ないと言えど、ブラックリスト入りするということはそれくらいの信用を失うことなのです。 
よって、お金を借りる際には何が何でもブラックリスト入りは回避しなければなりません。

少なくとも消費者金融や銀行では長い間信用してもらえないでしょう。

消えるまでが長い金融事故記録

ブラックリスト入りを一度でもしてしまえば、お金を借りられるようになるまでに10年ほどかかる場合もあります。

それくらい金融事故記録は消えるまでが長いのです。 
さらに、ここの会社からは借りられなかったから、別の会社に声をかけようという思考を持った人を止めるために、金融機関はお金を借りる人の情報を共有しています。

つまり、ブラックリスト入りをしたらどこの銀行、消費者金融からもしばらくお金が借りられなくなります。

おすすめカードローン10社を比較!「絶対にお金を借りたい」という収入なしの専業主婦でも借りれる?

主婦でもお金を借りられますが、その中でもおすすめのカードローンは「2020年オリコン顧客満足度調査」でもNo.1のプロミスです。 
ただ、収入が0であるとやはり配偶者貸付をしなければ厳しいところがあるので、パートを少しでもしていた方が有利です。

また、プロミスは収入証明書不要になることも多いので多くの専業主婦にも評価されています。 
お金を借りたら当然返すだけの働きがなければいけないので、借りる前には旦那さんに一声かけることをおすすめします。

即日融資可能で誰にも!職場電話なし・在籍確認なしのカードローンおすすめ比較ランキングを紹介!

在籍確認なし・職場電話なしのカードローンを探しているなら、SMBCグループの「SMBCモビット」がおすすめです。

WEB完結になるためこの方法で申し込むと電話連絡はなくなります。 
ただし、WEB完結をするために必要な書類はあるので、これは事前に準備をしておきましょう。

条件によってはレイクALSAも在籍確認が省略される場合があるので、自分がその条件に当てはまっているかどうかをよくチェックしてみてください。

『注意』

収入証明書不要になる金融機関を利用する場合の注意点をご紹介します。

収入証明書提出不要になる条件をクリアしていても、状況によっては提出が必要になることがあります。 
例えば、アコムとプロミスでは前回の収入証明書提出から3年以上に経過している場合は、収入証明書の提出が必要になります。

また、人によっては限度額設定時もしも残高が足りなくなったらあとで増額申請すれば良いと考える人もいると思いますが、限度額50万円以上への増額申請では収入証明書の提出が求められますので注意しましょう。

対にお金を借りる際に絶やってはいけないことはこれ!!

ここまで説明してきたように、収入証明書と在籍確認を避けてお金を借り入れる方法にはあまり多くの選択肢がありません。
こうしたことから中には、どんな段を使ってでも何とかお金を借り入れたいと思う人もいるかもしれません。

しかしだからといって、闇金業者から借り入れることや、アリバイ会社を利用することは絶対にしないでください。 
そうしたものを利用した場合には、お金を借り入れる前よりさらに状況が悪くなってしまう可能性が高いです。

以下からは、なぜそれを絶対にしてはならないのかについて解説していきましょう。

【闇金】お金を在籍確認なし・収入証明書不要の闇金業者から借りること

いわゆる「闇金業者」とは、国の認可を受けずに融資を行っている違法の業者です。 
闇金業者は正規の貸金業者として振る舞う必要がないため、収入証明書も在籍確認もなしでお金を借りることはできます。

ですがその代わりに、違法な高額の金利をかけられたり、酷い取り立ての被害に遭ってしまう可能性が高いです。 
金融庁の調査でも、過去に闇金業者からお金を借り入れた人の八割が利用に否定的な回答をしています。

闇金業者の利用は現在よりさらに状況を悪化させる可能性が高いです。 
どんなに困っていても、闇金業者からお金を借り入れることは絶対にしないでください。

お金を借りる際にアリバイ会社を利用すること

アリバイ会社とは、実際には存在していない会社に勤めているかのように偽造してもらうことのできる会社です。 
これを利用することで、在籍確認や収入証明書の偽証・偽造をしてもらい、審査を通すことができるのです。

こうすることによって実際の勤務先に連絡が行くことを避けたり、実際には勤務していない実態を偽装して消費者金融に申し込むことができますが、これは違法行為です。 
身分を偽ることは詐欺や文書偽造などの罪に問われる可能性があります。

絶対に利用しないようにしてください。

すべてのカードローンを見る

カードローン一覧

金融機関の種類から探す

銀行カードローン
消費者金融カードローン

ランキングで探す

カードローンランキング
消費者金融カードローンランキング
銀行カードローンランキング

カードローン会社から探す

アイフル
プロミス
SMBCモビット
レイクALSA

特徴からさがす

低金利のカードローン
即日融資が可能なカードローン
無利息期間ありのカードローン
借り換え可能カードローン
郵送物なしカードローン
コンビニ対応カードローン
審査結果の早いカードローン
WEB完結可能なカードローン
WEB明細が使えるカードローン
口座振込で返済可能なカードローン
ネットキャッシングできるカードローン

心配・悩みから探す

カードローンとは?
審査なしのカードローンはある?
カードローンの審査基準は?
審査の甘いカードローンは?
金利の計算方法は?
カードローンとキャッシングの違いは?
専業主婦でも即日融資は可能?
サラ金・ヤミ金・街金の違いは?
お金借りるならどこがいい?
「カードでお金」の看板は何?
おまとめローンの審査基準は?
ショッピングローンの審査基準は?
無審査で即日融資のカードローンってある?
中小消費者金融は審査が甘い?
カードローンの返済方法は?
ソフト闇金のデメリットは?
他社借入があると審査落ちする?
キャッシングは信用情報に傷がつく?
即日で50万円は可能?
個人間融資は危険?
サラ金の金利は?

    おすすめカードローンランキング

  1. カードローン人気ランキング
  1. 本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  2. 本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  3. 当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  4. 本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  5. 編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • ランキング根拠
  • ランキングは以下のデータに基づき作成しています(詳細はランキングページに記載)
  • ・利用者へのアンケート調査
  • ・ワイズローン経由でのアクセス数、申込数
  • ・各社が公開している口座数、財務情報
  • プロミス
  • プロミスではメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
  • 瞬フリを利用するには24時間振込可能な金融機関の口座が必要です
  • SMBCモビット
  • 融資や審査回答までの時間について:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • 「50万円以下なら収入証明書不要」について:場合によって収入証明を提出していただくことがあります。
  • レイクALSA
  • 商号:新生フィナンシャル株式会社
  • 貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号
  • 融資限度額 1万円~500万円
  • 貸付利率 4.5%~18.0%
  • 遅延損害金(年率)20.0%
  • 返済期間・回数/最長8年・最大96回
  • 必要書類 運転免許証等 ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
  • 担保・保証人/不要
  • 要審査
  • Webで最短60分融資も可能※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
  • 申込資格:年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方
  • ご返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
  • 初めてなら初回契約翌日から無利息
  • ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります
  • Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません
  • 無利息期間経過後は通常金利適
  • 30日間無利息、180日間無利息と併用不可
  • 千葉銀行カードローン
  • 対応地域:千葉全域、東京全域、埼玉全域、茨城全域、神奈川(※一部地域を除く)
  • 三井住友銀行カードローン
  • 三井住友銀行の普通預金口座・キャッシュカードをお持ちなら、申込から契約までの手続きがWEBで完結
  • ローン契約機でカードを受け取れば郵送物なし

Copyright LeadingTech All Rights Reserved.