最終更新日:2020年05月31日

消費者金融の審査に通らない理由は?審査基準や通るためのコツを解説

審査基準を満たしていない人は消費者金融でも審査に通らない

消費者金融の審査で重要視されるのは支払い能力です。

消費者金融は利用者にお金を貸して、利息を支払ってもらうことで利益を上げるビジネススタイルを採用しています。
融資した相手が利息を払えないほど経済的に困窮していては損失が膨らむばかりです。 
そのため支払い能力の調査は貸し倒れを防ぐために欠かせません。

支払い能力を測るために審査では利用者の収入、総借入額、借入件数、ローン履歴などが調査されます。
特に注意が必要なのは収入と総借入額です。

定期的に決まった収入があり、借入額の合計が年収の3分の1未満でないと審査をパスするのは難しいです。

安定した収入がないと消費者金融の審査には通らない

支払い能力と聞くと、とにかく払えればいいのかと考えがちです。

しかし、預金がいくらあっても安定した収入がないと審査を合格できません。 
日雇いではなく、しっかりとした雇用契約を結んで事業所のある会社で働き定期収入を得ている必要があります。

なぜ預金がダメで会社から月給を受けているのが好ましいのでしょうか?その理由はトラブルがあって預金を失っても定期収入があれば借入額を返済できるためです。

返済は半年以上かかることが多いですから、安定収入を得て消費者金融を安心させれば審査に通りやすくなるでしょう。

転職・就職したばかりの人はしばらく待ってから申し込んでみよう

消費者金融の審査では支払い能力が厳密に評価されますが、その調査の中で勤続年数も確認されます。

勤続年数とは、その時点で勤めている職場に何年間所属しているかを示すものです。
勤続年数が問題になる理由は長く勤めるほど解雇されにくくなるためです。

以前に比べて非正規社員が増えて解雇がされやすい環境に変わりましたが、それでも替えの利かない人材はいます。 
勤続年数が長い社員ほど会社に欠かせない人材であると評価される傾向にありますから、転職後にカードローンに申し込むなら最低でも半年はその職場で勤めた後にすべきでしょう。

日雇い労働者の方は固定のアルバイト先を見つけよう!

消費者金融の利用を希望する方の中には日雇いで働いている方も大勢いますが、派遣やアルバイトに比べて審査に落ちやすい傾向があります。

日雇いはキツイ仕事をしたり雇用の調整弁として使われることも多く、収入だけ見ればアルバイトよりも多く貰っていますが消費者金融からは辛い評価を受けます。
その理由は定期的な収入が得られないためです。

月ごとに収入額が大きく変動しますし、不況になれば真っ先に仕事を失うのでコンスタントに利息を払ってほしい消費者金融としては支払い能力の評価が低くなります。 
消費者金融を利用したいなら日雇いを減らしてもアルバイト先を見つけるべきです。

個人事業主・自営業者は収入証明書類を提出しよう!

フリーランスは受注できる仕事の内容によって毎月収入に変動があり、不況期には大きく収入が減るケースも珍しくありません。 
同様に飲食店経営などをしている個人事業主も収入の変動が大きいです。

個人事業主が消費者金融を利用しようとすると収入の不安定さがどうしても問題になります。

解決策としては収入証明書を金融機関に提出して自身の収入状況を詳らかにすることです。 
収入に関する資料を提出することで融資しても問題なく返済できる収入があると証明できれば審査合格に大きく近づきます。

【総量規制】借入が年収の3分の1相当のあると消費者金融の審査に通らない

消費者金融を利用しようとすると「年収の3分の1」というキーワードをよく耳にします。 
年収の3分の1を超えて借入しようとすると問答無用で審査に落とされるというものです。

年収の3分の1以上の借入ができない理由は貸金業法に定めのある「総量規制」のため。
この法律には「借入額は年収の3分の1を超えてはいけない」と記載されています。 
消費者金融や学生ローンは総量規制が適用されますから、その定めに従って借入金額の上限が設定されています。

消費者金融の審査に通らない多重債務者

消費者金融の審査で印象を悪くする要素のひとつに多重債務があります。
多重債務とは複数の金融機関から借入している状況を指し、借金苦に陥るリスクが非常に高いと言われています。

一社だけでも面倒な返済手続きを数社分やる必要があるので延滞を起こしやすく、返済が遅れがちになるので知らぬ間に借金が雪だるま式に膨れ上がります。 
そんな状況ですから支払い能力も当然評価されません。 
複数の金融機関から借入しているなら「おまとめローン」などを利用して借金を一本化し、地道に返していることをアピールすべきでしょう。

消費者金融の審査に通らない理由には個人信用情報に問題があるのもある

年収も十分あり、勤務先や勤続年数といった支払い能力を測る指標が全て問題無いのに審査に落ちてしまう時があります。 
審査の結果は基本的に合否判定のみで、落ちた理由については一切詳細が告げられませんから釈然としないでしょう。

審査に落ちた理由が思い付かない場合は個人信用情報に問題がある場合が多いです。 
個人信用情報にはローン返済が遅れたことや、自己破産の有無についても記載されています。もし返済の延滞が記録されていたら審査は間違いなく落ちます。

個人では見る機会が少ない資料ですが、自分のローン利用履歴が丸裸にされるので延滞や電話の強制解約を受けた方は5年以上新規のローン契約はぐ変えるべきでしょう。

自分で確認できる個人信用情報

消費者金融の審査を受けるなら個人信用情報の中身が気になるでしょう。

特に過去に延滞などの金融事故を起こした経験のある方は、その情報が個人信用情報から消されているかは審査の合否に大きく影響するので中身を見たくなるのは当然です。
もし延滞記録が残っているなら審査をパスできる可能性はありませんから、無駄な時間やお金を消費せずに済みます。

個人信用情報の閲覧はインターネット等で開示請求することで可能です。

事務手数料として500円~1,000円ほど請求されます。

「借入診断」で審査基準を満たしているかは確認できる

消費者金融の審査は何度もやると、経済的に困窮していると金融機関から思われるため、なるべく審査に受かりそうならところに申し込みたいところです。

審査を受ける前に借入が認められるか判断するのに便利なのが「借入診断」です。
大手消費者金融などの公式サイトで提供されているサービスで、「年収」「年齢」「借入総額」を記入するだけで即座に簡単な診断結果を知れます。

厳密なものではありませんが、この自動診断に落ちるようでは本審査で受かる可能性はありません。

【債務整理】既存の借入に問題があるなら債務整理も検討

借入の申込をする前でも借入額の合計や借入件数を調べることで審査に受かるかどうか判断できます。

借入件数とは、その時点で借入している金融機関の数を指します。
3社から借入していれば借入件数は3件です。

借入件数は多重債務者か否か判断するのに用いられる指標です。

審査が比較的緩いと噂される消費者金融でも借入件数が3件を超えると新規借り入れが難しいと言われています。 
複数の金融機関から借入している場合は借金を一本化するか、思い切って債務整理するのが賢明です。

新たに借入するより多重債務者にならないよう注意しましょう。

債務整理の虫眼鏡

借金を返済するために新たな借入契約を結ぶことを繰り返して債務が大きくなってしまうと個人では対処できなくなります。
借入額が収入に対して大きすぎて利息を払うだけでも精一杯になら残された手段は債務整理のみです。

債務整理は金融機関に借金が返せないことと返済を一部免除して欲しいと相談するだけなので個人でもできますが、個人から出された債務整理申請を相手にしてくれる金融機関は滅多にありません。
債務整理するなら費用がかかっても専門の弁護士事務所にお願いしましょう。

審査基準を満たしていても消費者金融の審査に通らない理由ってなに?

支払い能力や個人信用情報に問題がなくても金融機関の借入審査に落ちてしまう場合があります。
審査の内容に関しては公開されないのが一般的ですから、どこに問題があったのかは申請者に知らされません。これでは対策の立てようがないでしょう。

年収や個人信用情報以外の問題で審査に落ちる主な原因は次の3つです。

年収や個人信用情報以外の問題で審査に落ちる主な原因
  • 収入証明書などの書類に問題がある
  • 短い間に何度も消費者金融に借入を申請している
  • 勤務先で在籍が確認できなかった

それぞれ詳しく見ていきましょう。

消費者金融の審査に通らない理由に提出した書類に不備があるというものがある

消費者金融と契約する際に本人確認書類や収入証明書を要求されることがあります。 
提出しないと審査すらしてもらえないので必ず送ることになりますが、この証明書の内容と申請書の内容に差異があると審査におちることがあります。

気を付けたいのは住所、氏名です。 
転勤、転職で住所が変わることが多いです。

また結婚で氏名が変わることもあるでしょう。
証明書自体が無効なケースにも注意です。

本人確認書類には運転免許証が専ら利用されますが有効期限が切れたものを提出すると審査に落ちます。 
書類を提出する際は必ず中身を確認しましょう。

氏名や住所が異なる場合は本人確認書類の補足書類を提出しよう!

証明書類を提出した後に書類に不備があることに気づいた場合はどうすればよいでしょう。
審査に落ちた後すぐに申請をし直すことは一般的に推奨されません。

他の金融機関の審査にも悪影響が及ぶ可能性があります。

再申請の代わりに利用できる手段として「補足資料の提出」があります。
提出した資料に不備があることを示す新たな資料を提出することで誤りのある資料を無効にできます。

誤って有効期限が切れた運転免許証のコピーを提出した場合などにも活用できます。

最新の収入証明書類を取得するにはどうする?

収入を証明するのに利用する書類としては源泉徴収票や確定申告書関連の書類が有名ですが、場合によってはすぐに用意できない場合もあります。 
そんな時には課税証明書を活用することをおすすめします。 
課税証明書は一昨年の収入を証明するのに利用できますから、一昨年の年収に問題がなければ収入を証明するのに使えます。

ただし課税証明書は一昨年に住んでいた市区町村でしか発行してもらえませんので注意してください。 
また発行に際して本人確認書類と手数料300円が必要になります。

複数の消費者金融に短期間で申し込んでいると審査に通らない

消費者金融を利用する方の中では常識ですが一度に複数の金融機関に借入の申込をすると審査で落ちやすくなります。 
十分な収入があり、複数の消費者金融と契約して多額の借入をしたいと場合には注意が必要です。

短期間の申込件数が多いと審査に落ちる理由は申請者がお金に困っていると審査担当に思われるためです。
多額のお金が必要になり、急場をしのぐために金融機関を利用する方はその後の返済計画を考えていない傾向がありますから貸し倒れリスクが高くなります。

審査担当に余計な心配をさせないためにも申し込みは最低でも1月に1度に留めましょう。

在籍確認ができないと消費者金融の審査に通らない

金融機関に借入を申し込む方の中には在籍確認を甘く見ている人が稀にいます。 
収入を証明できる書類も揃っているのに在籍確認できないだけで落とされるのは不思議に思うかもしれませんが、在籍確認できなければ本当に勤め先に在籍しているか分かりませんから支払い能力が証明できません。 

金融機関が審査で重視するのは支払い能力ですから、それが確かではない相手を認めることはないでしょう。
職場が特殊で人がいなくなることが多い場合は、その旨連絡すると指定の時間に電話をしてもらうようお願いできますから上手く活用してください。

個人事業主・自営業者は固定電話が必須となる

自営業やフリーランスの方は在席確認をどうやればよいのか迷うでしょう。
結局は自分で電話に受けて対応することになりますから連絡先は問題にならないと思われますが実際は違います。

個人事業主方は必ず職場になっているスペースに自分専用の固定回線を引いてください。

それが住所の証明にもなります。
安易に携帯電話で在籍確認を済ませようとするのは厳禁です。

携帯電話番号しか記載されていない申請書は書類審査の段階で弾かれてしまいます。

大手消費者金融の審査に落ちた人は中小消費者金融も視野に入れて検討してみよう!

安心の点から借入する金融機関は大手消費者金融や大銀行になることが多いです。

しかし、大手は審査が厳しいことでも有名です。

複数の金融機関から借入しているだけで審査に落ちることも珍しくありません。
総量規制の取り扱いも厳しいでしょう。

大手金融機関の審査に何度も落ちて個人信用情報を汚すより中小消費者金融がおすすめです。
中小消費者金融は知名度こそ低いですが昔から営業を続けてきた実績があり、信頼できるところも多くあります。

何より大手が相手をしない利用者をターゲットとしていますから最後の頼みの綱として使えます。

審査に通らない人が借りられるのは闇金融だけ?

ブラックや返済能力がない為審査に通過できなかった場合、他のカードローンで審査を受けてもほとんどの場合審査に通過できません。

審査に落ちてしまった人が融資を受けることができるのは、違法業者の闇金融くらいです。
融資前に審査を行って返済能力が確認できない申込者に融資が行えないのは、法律で決められています。

審査を行わずにお金を貸してくれる業者があるとしたら、その業者は闇金融などの違法業者なので注意しましょう。

手を出すと深刻なトラブルになる闇金融

どんなにカードローンの審査に通過できなかったとしても、闇金融にだけは手を出さないように注意しましょう。

闇金融はまともな貸金業者ではありません。違法な高金利や過剰な取り立てが行われ、申込者を追い詰めてきます。
十分な借入ができずに個人情報のみ知られて脅される場合もあるのです。

「お金を借りることができるなら、闇金でもいい」。
そんな考えが浮かんでいる人は、今すぐにその考えを改めましょう。今よりも深刻な状況に追い込まれてしまう可能性が高いです。

Q.代表的な闇金の被害は?

闇金に手を出してしまう前に回避できるよう、代表的な闇金の被害を知っておくことをおすすめします。

闇金融は超高金利でお金を貸して、半永久的に利息を払わせることを目的にお金を貸し付けている業者です。
莫大な利息を得ることを目的として、お金を貸しています。

本来は借入を行った際の上限金利は法律によって定められているのですが、闇金融では法外の高金利で利息を請求しているのです。
個人情報がバレている為、昼夜を問わず脅迫電話や張り紙などの嫌がらせをされます。

申し込み方に問題があると審査に通らない?

カードローンの審査に通過できなかった人は、自分の申し込み方を見直してみましょう。

カードローンの審査は申し込み内容をもとに行われています。
もしも申し込み内容に不備があった場合、審査に通過できないのは当然のことなのです。

特に虚偽の申告をしてしまうと、審査に落ちてしまう可能性が高くなります。
信用情報や職場については審査の際に確認されてしまうので、他社での借入件数や合計借入金額、年収、勤続年数などは正しい情報で申し込むのが重要です。

申し込み内容に誤りはなかったか確認しよう!

もしも申し込み内容に事実と異なる点があった場合、故意に嘘をついたと判断されてしまう可能性が高いです。

不正申込だと疑われてしまい、正しい情報なら審査に通過できていた場合でも虚偽があるだけで落とされてしまうので注意が必要です。

数値の申告は間違えやすい情報なので、給与明細や借入情報を確認して正しい数値を申告しましょう。
申し込み内容に誤りがないだけでも審査に通過しやすくなるので、申し込み時には念入りに確認するのがおすすめです。

ハッキリ提出書類は撮影したか?

カードローンの審査では、本人確認書類の提出が求められます。

インターネット上で手続きを完結する場合は本人確認書類は画像で提出するのですが、顔写真や現住所がはっきり移るように撮影するのが重要です。
ほとんどの場合画像が不鮮明な場合は再度提出を求められるのですが、審査に落ちる原因になる可能性がないわけではありません。

少しでも審査に通過できるようにする為に、提出書類の撮影は鮮明な画像で行うように注意しましょう。

必要以上に借入希望額が多くなかったか?

カードローンの審査では、借入希望額に対して毎月問題なく返済していける能力があることが重視されます。

その為申込者の年収に対して借入希望額が多すぎる場合、審査に落ちやすくなってしまうのです。
多めに借りれおいた方が安全…と考えてしまう人もいますが、審査に通過することを目的とするのであれば借入希望額は限りなく少なくしておきましょう。

借入後に利用限度額を増額できる審査もあるので、まずは必要最低限の借入金額を希望しましょう。

そもそも借入先の選び方に問題があった可能性もある

カードローンの審査に通過できなかった場合は、借入先の選び方に問題があった可能性も考えられます。

申込者の状況や条件に合っているかどうかで、審査結果も変わるのです。
同じ金額の借入を希望した場合でも、金利が低い会社よりは金利が高い会社の方が審査に通過しやすい傾向があります。

金利が低い方が利息が少なくなるので返済総額は少なくなるのですが、審査に通過しやすい会社を選びたい場合は、金利が高い会社の方がおすすめです。

今スグできる対策!消費者金融の審査を通過するために準備しよう!

ここまでに、

・消費者金融の審査に落ちるケース
・審査のポイント

などを紹介してきました。

しかし多くのかたが、「もっと対策を知りたい」と感じていることでしょう。
過去の返済実績も確認されるため、いま出来る対策は限られますが、「ない」というわけではありません。

そこで消費者金融の審査に通過するために「今スグできる対策」も紹介します。
もしも自分自身で対応可能なものがあるならば、申込前に対策を行っておきましょう。

不要なクレジットカードの解約をしておこう

1つめは「不要なクレジットカードの解約」です。
消費者金融では返済能力を重視します。

とはいえ返済能力は、すぐに上がるというものではありません。
そんな中でも出来るのが「不要なクレジットカードの解約」です。

クレジットカードには限度額が設けられています。
不要なクレジットカードを解約すれば限度額が減るため、結果的に返済能力に余裕が生まれます。

使っていないクレジットカードがあるなら、あらかじめ解約しておきましょう。

パート・アルバイトで収入を増やそう!

2つめは「アルバイト・パートで収入を増やす」です。
消費者金融は総量規制の対象になっているため、限度額は年収に大きく左右されます。

しかし収入が上がれば返済能力に余裕が出るため限度額も上がり、審査に通過しやすくなるという訳です。
また、収入が増えれば単純に生活にも余裕が生まれますよね。

そのため、もしも可能であればアルバイトやパートで収入を増やすことをおすすめします。
審査に通過しやすくなるだけでなく、返済も楽になるでしょう。

同時に複数社の申し込みは避けよう!

3つめは「複数社の同時申し込みは避けること」です。
これについては意外と知らないかたが多く、返済能力があっても審査に落ちる原因になりかねません。

先述の通り、複数の貸金業者に同時申込すると、審査にはマイナスに作用します。
件数次第では「申し込みブラック」となり、それだけで審査に落ちてしまう要素になります。

返済能力自体はあるのに、申し込みしすぎで審査に落ちるのはもったいないですよね。
審査を受ける際は必ず1社ずつ申し込みするようにしましょう。

すべてのカードローンを見る

カードローン一覧

金融機関の種類から探す

銀行カードローン
消費者金融カードローン

ランキングで探す

カードローンランキング
消費者金融カードローンランキング
銀行カードローンランキング

カードローン会社から探す

アイフル
プロミス
SMBCモビット
レイクALSA

特徴からさがす

低金利のカードローン
即日融資が可能なカードローン
無利息期間ありのカードローン
借り換え可能カードローン
郵送物なしカードローン
コンビニ対応カードローン
審査結果の早いカードローン
WEB完結可能なカードローン
WEB明細が使えるカードローン
口座振込で返済可能なカードローン
ネットキャッシングできるカードローン

心配・悩みから探す

カードローンとは?
審査なしのカードローンはある?
カードローンの審査基準は?
審査の甘いカードローンは?
金利の計算方法は?
カードローンとキャッシングの違いは?
専業主婦でも即日融資は可能?
サラ金・ヤミ金・街金の違いは?
お金借りるならどこがいい?
「カードでお金」の看板は何?
おまとめローンの審査基準は?
ショッピングローンの審査基準は?
無審査で即日融資のカードローンってある?
中小消費者金融は審査が甘い?
カードローンの返済方法は?
ソフト闇金のデメリットは?
他社借入があると審査落ちする?
キャッシングは信用情報に傷がつく?
即日で50万円は可能?
個人間融資は危険?
サラ金の金利は?

    おすすめカードローンランキング

  1. カードローン人気ランキング
  1. 本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  2. 本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  3. 当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  4. 本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  5. 編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • ランキング根拠
  • ランキングは以下のデータに基づき作成しています(詳細はランキングページに記載)
  • ・利用者へのアンケート調査
  • ・ワイズローン経由でのアクセス数、申込数
  • ・各社が公開している口座数、財務情報
  • プロミス
  • プロミスではメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
  • 瞬フリを利用するには24時間振込可能な金融機関の口座が必要です
  • SMBCモビット
  • 融資や審査回答までの時間について:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • 「50万円以下なら収入証明書不要」について:場合によって収入証明を提出していただくことがあります。
  • レイクALSA
  • 商号:新生フィナンシャル株式会社
  • 貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号
  • 融資限度額 1万円~500万円
  • 貸付利率 4.5%~18.0%
  • 遅延損害金(年率)20.0%
  • 返済期間・回数/最長8年・最大96回
  • 必要書類 運転免許証等 ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
  • 担保・保証人/不要
  • 要審査
  • Webで最短60分融資も可能※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
  • 申込資格:年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方
  • ご返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
  • 初めてなら初回契約翌日から無利息
  • ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります
  • Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません
  • 無利息期間経過後は通常金利適
  • 30日間無利息、180日間無利息と併用不可
  • 千葉銀行カードローン
  • 対応地域:千葉全域、東京全域、埼玉全域、茨城全域、神奈川(※一部地域を除く)
  • 三井住友銀行カードローン
  • 三井住友銀行の普通預金口座・キャッシュカードをお持ちなら、申込から契約までの手続きがWEBで完結
  • ローン契約機でカードを受け取れば郵送物なし

Copyright LeadingTech All Rights Reserved.