最終更新日:2019年10月17日

即日融資で20万円借りる方法!今日中に少額融資で借りたい方へ

追記:プロミスで20万円を即日融資できたという利用者の口コミを入手

利用者からカードローン会社の評判を聞いたところ、プロミスで20万円の即日融資ができたという口コミを入手しました。
プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのグループ会社で、大手なので安心して利用できます。
まずは3秒借入診断サービスで自分が通るかどうか確かめてみてください。

プロミスの特徴

20万円以上の融資実績多数
即日融資にも対応
借入診断は3秒で完了
初めての方は30日間利息0円

社会人になると急な親族の不幸や、子供の病気のために現金がすぐに必要になることがあります。
友人に借りるとこも可能かもしれませんが、すでに借りていると何度もお願いするわけにはいきません。

しかし安心してください、金融機関の中には当日の申し込みでも借入に応じてくれるところがあるんです。
そこで今回は当日に20万円を貸してくれる人気の金融機関を紹介します。
20万円あれば突発的に起きることの大半は対処可能でしょう。
借りる際のポイントも一緒に紹介しますので、是非賢く借入してください。

今日中に20万円のお金作る方法

今日中に10~20万円のお金作る方法にはどのような方法が考えられるのでしょうか。公的貸付はすぐの借り入れはできないため、今日20万円必要という場合にはカードローンの利用が推奨されます。ただし、カードローンを利用するには審査を受けてそれに通過する必要があります。審査に通過できなかった場合は、質屋を利用したりクレジットカードのキャッシングを利用するなど、融資してくれるところを探すようにしましょう。

質屋で物を担保にする

質屋では物を担保にしてお金を借りることができます。消費者金融が誕生する前は、個人がお金を借り入れられるところと言うと質屋という人も多く、質屋は買借り入れしたい時に訪れる場所の代表的な存在だったともいわれます。現在も質屋は担保があればお金を貸してくれますので、カードローン審査に通過しなかった時でもお金を借りることができます。そのため、今日中に20万円を借りたいという場合には物品を担保として質屋に預けると、お金を融資してもらうことが可能です。

クレジットカードのキャッシングを使う

今日中に20万円必要という場合にはクレジットカードのキャッシングを使う方法もあります。クレジットカードがあれば、カードローンを利用しなくとも今日中にお金を借りることが可能かもしれません。というのは、クレカにはカードローンと同じように利用できるキャッシング枠がセットになっており、このキャッシング枠を利用することで、カードローン審査に通過しなかったという場合も、ATMから借り入れすることができるのです。

中小金融会社のカードローンを利用する

大手消費者金融のカードローン審査に通過しなかったという場合、中小消費者金融に申し込んでみるという方法もあります。審査に通過しなかった時は、自身の信用情報を一度チェックしてみることができます。そして、中小消費者金融はブラックの人も借り入れが可能なカードローン会社も多くあるといわれていますので、審査が不安な方も融資をおこなってもらえる可能性が高いといわれています。そのため、中小消費者金融も申し込んでみるのも一つです。

ネットの個人融資を利用するのは危険

インターネット上には個人間で融資を受けられるようなっているところもあります。しかし、ネットの個人融資を利用して借り入れするのは控えるほうが良いといわれています。甘い言葉がインターネット上にあり、10万円貸します、などの様な上限の文言が並んでいるのを見る機会も多いかもしれません。けれども、個人間の融資にはいろんなリスクがあることも知られていますので、後のトラブルに巻き込まれてしまうリスクがあり、絶対にそうした個人融資利用は控えるようにしましょう。

個人間での融資は掲示板やライン、ツイッターなどから

個人間の融資方法はさまざまあり掲示板やライン、ツイッターやメールなど、非常に多くの方法で個人貸しがしやすい状況です。オンライン上に書かれている内容も、個人でお金を貸しますという表現になっているものや家賃の支払日に間に合わせることができます等のように借りたい人のニーズに合わせて書かれているものなどがあります。さらに、本日20万円貸しますなどの表現になっていたり、本当にいろいろな方法で個人貸しの情報が表示されています。

無職や借金をしている方は

強いて個人貸しのメリットを挙げるとすれば、無職の人でも借り入れすることができるという点や他に借り入れをしている人も借りられる可能性があるということでしょう。銀行のカードローンや消費者金融からのキャッシングは借りたい人が安定収入がなければ借りられないようになっています。それに対して個人貸しは相手が納得していれば無職でも他に借り入れしていたとしても貸してくれる可能性が高いのです。つまり、借りられない人に貸してくれるということですが、そううまい話はないのです。

無償でお金を貸してくれる人は存在しない

世の中には無償でお金を貸してくれる人はいません。そのため、簡単に考えると、無償でお金を貸してくれる人はいないはずです。そのため、インターネットでお金を貸すという人には何かしらの目的があるはずなのです。よくあるといえるのが、個人情報を悪用するという意図や貸すと言って保証金をだまし取るといった詐欺などが考えられます。個人間の融資は詐欺やトラブルに巻き込まれるリスクが大変高いのです。そのため、無償でお金を貸してくれる人は存在しないということです。

どうしても20万円必要で個人融資を利用する時の注意点

どうしても20万円が必要という場合に個人融資を利用する場合にはどんな点に注意すればよいのでしょうか。この点については、まずはインターネットでなく親や兄弟、友人などから借りるようにしましょう。また、借用書を書いたり金利を設定し、返済実績を作るようにします。個人融資を利用する時に相手の氏名すら分からないならあまりにも危険です。個人間融資は必ず知っている人から借りることが重要です。また、年間110万円以上になると贈与税がかかる場合がありますが20万円なら大丈夫です。

闇金を利用するとトラブルに巻き込まれることも

闇金融は暴利をむさぼる悪質業者ですし、意図的に返済ができなくするなどの方法で利息をわざと支払わせるようにすることもあると言われ、闇金で借りるのは絶対にNGです。さらに、返済できない時の取り立てもとても強烈で、取り立ても違法な方法で行われ、借りた人を追い詰めると言われています。インターネット上の個人間融資には闇金が潜んでいるリスクも高いため、こうしたことに巻き込まれてしまわないように十分に注意しておく必要があります。

20万円を今日中に借りたい方は消費者金融が最良

現在は現金が必要な時に手軽に借入をお願いできる金融サービスが複数あります。テレビだけでなく街中の看板でも見かける消費者金融から、手堅い銀行ローン、さらにはクレジットカードのキャッシングまで選択肢は豊富です。その中でもおすすめなのが消費者金融でしょう。利用者も多く、銀行ローンでは難しい主婦やフリーターでも貸し出してくれます。ピンチの時だけ限定して消費者金融を利用している方も多く、日本信用情報機構の統計データによると全国で1000万人以上もの方が借入を受けているとされています。なぜこれほど多くの方が消費者金融を利用しているのでしょうか?それには理由があります。

銀行系カードローンに比べると審査時間が短い

消費者金融が多く人たちに利用される最大の理由は借入の審査が早く終るところです。その日に現金が欲しいわけですから審査の結果が翌日になっては意味がありません。消費者金融なら複数の事業者が即日融資に対応しています。例えばアコムカードローンなら申込みから最短30分で現金を手にすることが可能です。この時間は会員登録済みの方が借入を申し込んだ場合ではありません。新規でアコムに借入を申し込んだケースでも30分で現金を入手できます。銀行ローンでは最短でも翌日ですから圧倒的な差でしょう。
「即日融資を望むなら消費者金融一択」と言われるのはこのためです。

カードローンを利用すると即日融資が可能

今日中に20万円が必要になってしまい、即日で融資してもらえるところを探さなければという場合はカードローンを利用するのがおすすめです。カードローンは融資がスピーディなので急ぎの時にはとても便利です。この点はカードローンの最大の特徴と言えます。ローンを申し込んでから借り入れまで早ければ30分ということも可能で、即日借り入れをしたい場合は自動契約機が利用できる大手消費者金融やメガバンクのカードローンの利用があります。

即日融資に必要な時間は?

即日融資に必要な時間については、事前に必要書類を用意していくことで借り入れ手続きをよりスピーディにすることが可能です。ただ、先客がいる場合は手続きができないため、急いでいる場合は時間に余裕をもっておくことが大切です。できるなら2時間以上前に申し込むことがおすすめです。自動契約機の受付時間終了前の直前に申し込んだ場合には即日融資に間に合いません。審査時間が30分くらいなら、書類をそろえて1時間前までに手続きを開始できるようにしましょう。

10~30万円のカードローンなら身分証だけで借入可能

カードローンの申込審査は10万円から30万円なら基本的に身分証明書だけで借りられると言われています。身分証明書には国民健康保険証やパスポート、運転免許証などのさまざまな書類がありますが、その中でも社会保険証が最もポイントが高いとされているのです。その理由は、社会保険証には会社の入社年月日などの記載があるので、仕事などのことについてカードローン会社が他の書類よりも把握しやすいということが挙げられます。

カードローンの融資可能額や融資条件

消費者金融のカードローンの融資可能額はそれぞれ業者によっても異なっています。融資条件もそれぞれの会社で決められていますが、申込者が20歳以上で本人に安定収入があるという融資条件があります。信用情報に事故情報などの記録がなければ融資の可能性は高いといわれます。消費者金融では総量規制の適用があります。そして、収入がない専業主婦の人は基本的に借り入れできませんが、収入がある配偶者の了承があり、合算した年収の3分の1まででなら借り入れが可能です。

銀行カードローンで20万円借り入れを利用するには

銀行で20万円を貸してもらいたいという場合には銀行カードローンがおすすめですが、銀行は消費者金融のような即日融資サービスはないので急いでいるという場合にはあまり向きません。しかし、金利が低いのでよりお得に利用可能です。銀行の審査難易度は高く、消費者金融より借り難いところはあるのですが、10万円から20万円といった少額融資であれば応じてもらいやすいでしょう。時間的にゆとりがあるなら銀行カードローンもおすすめです。

銀行カードローンなら年収1/3以上の融資も可能

消費者金融で借り入れを行う場合、総量規制という規定の適用があり、年収の3分の1以上の借り入れができないようになっています。そのため、消費者金融の融資審査ではこうした点も考慮して判断されるようになります。総量規制は借り入れ時の判断において最優先事項の一つとして挙げられていますので、もし年収の3分の1以上を超えそうだという時には銀行ならこの規定の適用外であるため、銀行カードローンからの借り入れのほうがおすすめです。

銀行なら専業主婦も借り入れできる

収入のない主婦や専業主婦の方は消費者金融から借り入れすることができません。しかし、銀行カードローンなら借り入れが可能です。というのも銀行カードローンは貸金業法外になり、銀行では夫の収入がある程度なければ専業主婦はできないといった考えに基づいて専業主婦の借り入れを認めているのです。借り入れたお金については、旦那さん側の返済義務はないといえますが、専業主婦が返済で困った時には旦那さんが返済するケースが多いということです。

20万円をできるだけ安く借りるには

20万円を借りると借りた20万円と利息を併せて返済を行います。そのため、20万円を安く借りるということはきるだけ返済額が少ないようにするということになります。返済額が借り入れた額よりも小さくなることはないですが、利息分を減らすことは可能です。例えば、消費者金融より金利が低い銀行で借り入れたり、一定期間が無利息で借り入れできるキャンペーン活用するなどの方法を取ることで20万円を安く借りることができます。

金利をできるだけ抑えるなら

消費者金融は1時間かからない融資スピードが魅力でしたが、金利に目を向けると少々問題がある場合が目立ちます。大半の消費者金融において、10万~100万円未満の借入の金利は上限金利一杯の18.0%になっています。17.8%で安いと感じるほどですから、定額融資を中心に利用する方には厳しい条件でしょう。そこで低い金利で借入したい場合は銀行ローンの利用を考えてください。特におすすめは楽天銀行です。それでは楽天銀行のどこが魅力的か解説しましょう。

楽天銀行

楽天銀行のポイントは借入額が10万円以下でも最大金利14.5%と、消費者金融に比べて3.5%も低くなっているところです。仮に100万円を1年間借りた場合の利息の差は35,000円ですから馬鹿にできません。 さらに口座を開設すれば楽天市場のお買い物で利用できる楽天スーパーポイントが1,000ポイントも貰えるキャンペーンをやってます。消費者金融の金利に不満の方は借金を整理して楽天銀行のカードローンに申し込むといいでしょう。

はじめて利用する方なら無利息サービスがある

消費者金融の金利は銀行ローンに比べると間違いなく不利だと説明しましたが、実は条件付きでこの不利を挽回できます。というのも消費者金融の中には大手を中心に最初の30日間の利息が無料になっているところがあるんです。例えば、アコム、プロミス、アイフルなどです。普段は消費者金融を利用しない方が、給料前のお金がないタイミングで急に現金が必要なったケースで使うと大変有効に活用できます。金利を取られるのがバカバカしくて利用していない方も、いざという時に頼れる手段として覚えておいて下さい。

無人契約機が全国にある

銀行カードローンより消費者金融を利用するメリットは30日間利息が無いこと以外にもあります。使い勝手のいい無人機を利用できるのです。消費者金融の店舗内窓口で借入をする場合、受付時間は遅くとも18時です。審査にかかる時間を考慮すれば終了時間の2時間前には受付に借入を申し出ないと当日に現金を受け取れません。無人機なら営業時間は22時までになっていますから時間に余裕があります。しかも無人機は全国で1000個以上設置されていますから地方の方でも問題なく利用できます。

最短で消費者金融から20万円借りる申込み方法

消費者金融で素早く現金を入手するなら申込み方法はインターネット経由か、無人機を利用した申込みです。まずはインターネット経由で申し込む利点から見てみましょう。インターネットで借入の申込みをする最大の利点は本当にいつでも受け付けている点です。店舗やATM、無人機は受付時間に制限がありますが、インターネットは思い立ったら即申込みできます。さらに最近はスマホアプリで手軽に借入できますから、インターネットを活用した借入は益々便利になっています。次は無人契約機を使った申込みについてです。最短30分、最長でも2時間で審査を終えることができます。 全ての手続は機械から指示に従って行えるので迷わないのもポイント。仮に何かあっても設置してある受話器からサポートを受けられます。初めて消費者金融で借入するなら無人契約機がおすすめです。

20万円の即日融資を申し込む時にチェックしておきたいポイント

即日融資をやってみると意外に手間取ることがあります。手続きをスムーズにこなせないと無駄に時間を浪費して審査が長引く結果になり、即日融資ができなくなるケースも少なくありません。即日融資で守るべきポイントは次の3つです。
会社で在籍確認が取れる日に申し込む(会社が休みの日に申し込まない)
本人確認書類に不備が無いことを確認する(住所の変更は反映されているか?)
申告内容を偽らない(申告内容に虚偽があると契約破棄されます)

即日融資が可能な金融機関一覧

消費者金融の全てが即日融資に対応しているわけではありません。即日融資に対応していない金融機関なら朝一番で申し込んでも、現金が渡されるのは翌日以降です。そこで申し込んだ日に現金を手にできる消費者金融と、その無人契約機の受付時間を紹介します。借入する消費者金融を選ぶ際の参考にしてください。
・プロミス 9時~22時
・アイフル 9時~22時
・アコム  8時~22時
・SMBCモビット 9時~21時
・レイクALSA  8時~24時(平日・土曜)、8時~22時(日曜)、8時~19時(第3日曜日)
・ノーローン 8時45分~21時、8時45分~19時(第3日曜日)

上記の受付時間はあくまで一例です。実際は無人契約機によって違うのでインターネットで各無人契約機の受付時間を確認してください。

20万円の即日融資は消費者金融なら可能

急に現金が必要になった時に頼りになるのは消費者金融でした。残念ながら銀行ローンは即日融資に対応していません。緊急の資金のためにと銀行ローンに事前に申し込んでおくことは可能です。しかし、それは個人信用情報の観点から望ましくありません。下手するとクレジットカードの審査に落ちやすくなる可能性もあります。「どうしても今日お金が必要だ!」となったら素直に消費者金融を利用するのが賢い選択と言えるでしょう。最近は一歩も外に出ずに即日融資が可能になっていますから、みなさんが思っている以上に手軽に借りられますよ。

50万以上借りたい方は

50万円以上借りたいという人も中にはいるといえます。業者ごとに借り入れられる限度額は異なりますが、カードローンの場合、限度額が最高1000万円とされているところもあり、カードローンなら希望の金額を今日中に借り入れられるとも言えます。ただ、50万円を超える借り入れを行う場合は、消費者金融カードローンは収入証明書の提出が必要とされています。カードローンを利用せずとも定期預金を担保に銀行から借り入れたり、生命保険の保険契約者貸付なども利用すると高額融資に申し込めます。

今すぐに!というわけでは無い方は

今日中に借り入れできるところは限られますが、今日中でなく1週間や1ヶ月以内にすれば借りられるところの選択肢はかなり多くなります。例えば、特定の目的にしか医療d系ないローンなどは金利がカードローンよりも低く設定されており、お得な金利の銀行の目的別ローンであれば1週間くらいの時間があれば利用可能と言われています。そして、国の管轄の公的融資などを活用した借り入も1ヶ月くらいで手続きが完了しますので、すぐでない時にはより選択肢があるということです。

誰も20万円かしてくれない時は

だれからも20万円を借りられないという場合、借り入れる以外の方法でお金を工面することしかできないと言えます。どこからも20万円を借りられないという場合の対策として挙げられるのが、もっているけれども使わないような品物を販売する方法などがあります。不用品をリサイクルショップで買い取ってもらうことによってお金を得ることができるでしょう。できるだけ高く買い取りしてもらうことができれば、それだけ多くのお金が得られます。

今すぐ20万稼ぐ方法

今すぐ20万円稼ぐ方法としてまず挙げられるのが不用品を販売するという方法です。中古の本やCD、DVDを業者に買い取りしてもらったり、不用品をリサイクルショップに持って行って買い取りしてもらうことができます。状態の良いブランド品や高級時計であれば高く買い取ってもらえる可能性があります。また、時間的にゆとりがあるという時はヤフオクやメルカリなどを利用する方法もあります。その他にも、すぐに働ける日雇いバイトという方法もあります。

債務整理をするには

返済するためにすぐにお金が必要という場合、合法的に借り入れ金の負担を軽減したり、借り入れを帳消しにするという債務整理という方法があります。債務整理には、将来的な利息軽減を行って負担を軽減できる任意整理や、家や車は手放さず、借り入れ金を5分の1くらいまで減らせる個人再生、そして、資産を全て放棄する代わりに債務を帳消しする自己破産があります。そして、広い意味で払いすぎた利息を戻してもらう過払い金請求などもあります。

お金の貸し借りに関するQ&A

お金の貸し借りについての質問やそれぞれの質問に対する回答などが提供されているお金の貸し借りに関するQ&Aでは、いろんな疑問に対する回答を知る事ができます。それぞれの質問にコンパクトに回答がなされていますので把握しておきましょう。例えば、お金を貸してくれる芸能人が存在するかどうかということやk人家入試で大口融資を行っている人がいるかどうか、友人から融資を頼まれたけれど断り方を知りたいという質問に対する回答が示されています。

①友人から電話でお金を貸してと言われたときのスムーズな断り方は?

友人から電話でお金を貸してと頼まれたけれどもどう断ればいいのかという質問もあります。お金を貸すことを頼まれても断わりたいという時にはお金の話しはしない主義ということや自身もお金に困っているといいう言い方ではっきりとNOと言い切ることが重要になります。曖昧な返答をしてしまうと、その友人からまた連絡がきてしまう可能性があります。しかし、貸した人が誰でもそのお金は返ってこない可能性が高いので、はっきりと断りましょう。

②実家に貸したお金を全額返済してもらうには?

実家に貸したお金を全額返済してもらいたいという時にはどうしたらよいのでしょうか。基本的に身内に貸したお金を全額返済してもらうためには、返済期日と返済計画をいっしょに考えることがとても大切なポイントです。しかし、自身の都合だけで返済について主張を行うと話しが複雑化してしまいやすくなります。そのため、身内に貸したお金を返してもらうためには息子や娘の立場としても身内としても、寄り添うというスタンスで話すことがポイントで、そうするとよりスムーズに返済されやすくなると言われます。

③お金貸してくれる芸能人がいるってホント?

お金貸してくれる芸能人がいると聞いたけれども本当かどうか知りたいという質問に対し、次のような回答が示されています。芸能人についての噂は根も葉もない噂であったり、都市伝説であったりするため、真に受けない方が良いということです。もしも本当にお金を貸してくれる芸能人がいたとしても、その芸能人に出会うこと自体が難しいはずなので、金策には全然影響しないはずでしょうといった回答内容が示されており、お金の貸し借りに関していろいろ知ることができます。

④個人間融資で大口融資してくれる人はいる?

個人間融資で大口融資してくれる人がいるかという質問に対しては、その解答として示されているのが、個人間融資はとても危険であるということです。よくインターネットなどに100万円貸しますという言葉や200万円貸してくれる人を探ししている人、といった投稿などがありますが、そのような投稿には危ない罠が敷かれていると考えるようにします。そのような旨い話はないですし、小口でも大口でもこうしたネットの個人間融資はとても危険なのです。

⑤主人が仕事関係の人からお金を借りていた。離婚すべきか一緒に返済すべきか…?

主人が仕事関係の人から借り入れをしていたことが分かり、離婚をするべきか一緒に返済を行うべきか悩んでいるという場合、それぞれの事情や状況によって違ってくると言えますが、主人に愛想がついてしまったというケースなら離婚も一つの選択肢です。家族のクライシスをいっしょに乗り超えたい場合は、旦那さんに協力して返済をしていくという選択肢もあります。まずはどんな事情があり、現在の家族状況がどうなっているかなどをもとに冷静に決断しましょう。

誰か10万円貸して欲しいと思った時に頼れる公的貸付

急な冠婚葬祭などがあって、急な出費があったという時にだれかから10万円くらい借りたいと思ったことがある人も多いのでないでしょうか。どうしても急な入用の時には頼れる公的貸付制度があるのをご存知でしょうか。公的貸付には「生活福祉資金貸付制度」や「母子父子寡婦貸付制度」、「勤労者融資制度」などがあり、できるだけすぐに10万円を借りたいという場合にこれら3つの制度は適しているといわれます。そこで、これらの制度についてご紹介してみたいと思います。

生活福祉資金貸付制度

生活福祉資金貸付制度は、所得が低い人々を支援するために設けられている制度です。この制度は銀行や消費者金融から借り入れできない人々を対象としており、金利が低く設定されていますが、連帯保証人がいると利息なしで借り入れすることが可能な場合がほとんどです。生活福祉資金貸付制度は「総合支援資金」と「福祉資金」、「教育支援資金」と「不動産担保型生活資金」の4つがあります。それぞれの貸付内容などをよく把握して利用するのが大切です。

母子父子寡婦貸付制度

母子父子寡婦貸付制度は母子家庭や父子家庭、寡婦の方を対象とし、子どもの修学支援を行うための資金を融資する制度です。借り入れてつづきにはお子さんとの面談があり、貸し付け審査に通過すると低い金利で借り入れられます。原則として、修学や就学支度、修業や就職支度のための資金は無利子で借り入れでき、例えば神奈川県ではそれ以外の場合の利子は1.0%となっています。そして、連帯保証人がいる時には無利子となります。

勤労者融資制度

勤労者融資制度は中央労働金庫などから融資を受けられる制度で、中央労働金庫から融資を受ける場合には自宅増改築や冠婚葬祭に利用することができますし、他にも医療費や教育資金、物品購入のための費用として利用できます。勤労者融資制度での限度額はあたり100万円(1世帯)で、年1.8%の利率とされています。また、教育資金に用いる時には年1.7%の利率適用も可能です。返済は5年以内とされていますので、計画的な利用がしやすい融資になります。

即日で20万円貸してもらうのは難しい

公的融資制度は低い利率で利用でき、連帯保証人がいる場合には無利子融資も可能と言う制度です。したがって、お金に困っている場合には強い味方といえます。しかし、即日で融資をしてもらうということは難しく今日中に20万円貸してもらいたいという場合には別の方法を探した方が融資を受けやすいでしょう。いずれの公的融資制度も即日の融資対応は行われておらず、即日融資を希望する場合は別を当たる必要があるためこの点は想定しておきましょう。