最終更新日:2020年05月26日

ろうきんカードローンマイプランの増額審査の基準や注意点を解説!

労金とは?銀行と何が違うの?

労金とは正式名称が労働金庫といい、略して「労金」と言われています。 
よく皆さんがみるのは、「ろうきん」と表記されています。

労金は労働金庫法という法律に基づいて労働組合と生活協同組合(通称:生協)が共同で運営しており、働く仲間が相互に助け合うというポリシーのもとそれぞれが資金を出しあって運営しています。 
労金では、一般の銀行と同じように口座を開設してお金を貯金したりローンを組んだり投資信託などの資産運用などの業務を行っています。 
銀行と唯一異なる点は利益を追求しないということです。

労金と銀行にはどのような違いがある?

では、労金と銀行の違いは何なのでしょうか。

まずろうきんについて説明します。 
ろうきんは、共同運営の組織であるので民間の銀行と違いて利益を追求しません。 
そのため、利益は契約者である会員に還元されるということになります。 

また、ろうきんは働いている人の生活を支えるということを目的としているため融資を行勤労者を中心に融資を行っています。

一方で銀行のはどうでしょうか? 
銀行は株式会社であるため、運営は株主でしか参加することができません。

また、銀行は利益を追求する組織のため、あげた利益は還元は株主のみとなります。 
融資は基本的に企業を中心に行われおり、企業の発展を手助けする機関です。

労金は全国に627店舗も!!自分の住んでいる地域の労金を利用しよう!

労金は全国13の地区に分かれていて627店舗展開されているのでとても便利ということが魅力です。 
また、ろうきんは地域密着型であるため、各地域にあるろうきんがそれぞれ地域に住んでいる人々の生活の支援をおこなっています。

北は北海道から南は沖縄まであるので、是非自分の住んでいる地域の労金を利用してみましょう。
ただし、注意しないといけないのは、対象のろうきんを利用できるのはそのエリア内に在住あるいは勤務していることが条件となります。

増額できる?ろうきんのマイプランの限度額について

ろうきんが取り扱う「マイプラン」の最大のメリットは金利が低くとても魅力的なカードローンです。

しかし、契約時に取り決めした限度額以内の範囲でしかお金を借入することができません。 
契約時には取り決めした限度額で足りると思っていた人も、日々に生活していくなかで限度額では到底足りないと感じてくる人がいるのも事実です。

そんな時には、「限度額の増額」という方法を考える人が多いと思います。 
今回は、ろうきんの限度額の増額についてご紹介いたします。

審査によって決定される実際の限度額

ろうきんの限度額は審査によって決定されます。
実は、ろうきんの限度額は最大500万円と高額なので、一見高額な融資を受けられると勘違いしてしまう人も多いのが実情です。

実は、ろうきんで借りれる実際の限度額は、審査の結果に基づいて決定されるのです。 
審査とは、申込者の勤務先や収入状況、他社に借入をしていないか等申込者の返済能力を判断するために行われるものです。

つまり、現在定められているろうきんの限度額は、審査結果の基づき算定した申込者の「返済能力に応じた金額」ということになります。

借り入れ可能額を増額で引き上げよう

例えば、ろうきんのマイプランに申し込んで限度額ぎりぎりまで借入したとしても、増額して借り入れ可能額を引き上げることができれば限度額を超えてお金を借入することができます。

例えば、申込時は限度額が50万円だったとしても、50万円の増額をして100万円まで借入できるようにするのは可能です。

申込時は50万円で足りると思っていたけれど実際に生活していくにつれて50万円では足りないと思う人は、是非この増額とういう方法を検討することをおすすめします。

マイプランの限度額を増額する方法や流れについてを解説!

ろうきんのマイプランの限度額を増額する方法とその手続の流れについて説明します。

まず、ろうきんマイプランの仮審査の申込を行います。 
その後その申込時に記載した内容をもとに、ろうきん側で仮審査を行います。

その後、仮審査の通過の連絡がきたら正式な申込を行います。 
その後本審査を行い、審査の結果に基づき限度額を再設定します。

このように、ろうきんのマイプランの増額手続きは2段階に分けて行います。 
他の銀行カードローンの増額手続と比較して、少しシステムが複雑になっているので、それぞれにしていきます。

「マイプラン仮審査申込」を行う
仮審査
担当営業店で正式な申し込み
本審査
限度額の再設定

ステップ1|「マイプラン仮審査申込」

まずはじめのステップである「マイプラン仮審査申込」について説明します。 
ろうきんのマイプランで増額手続は公式サイトからインターネットで行います。

その際に、「マイプラン仮審査申込(新規・極度額増額)」を行いますが、これは入会時に行った時と手続方法は同じで、増額の際も仮審査を受ける必要があります。

インターネットの申込だけでは不安という方は、電話で問い合わせできる「お客様相談デスク」へ相談することもできます。 
増額申し込みに関して不明点がある場合は「お客様相談デスク」を利用しましょう。

連絡先は0120-86-6956です。

申し込みフォームの入力画面

ろうきんのマイプラン仮審査申込は「はじめてお申込みの方」と「お申込みデータを保存された方」の2種類から選択してスタートします。

増額申し込みをする際は、「初めてお申込の方」という方をクリックして申し込みをスタートしましょう。 
同意内容画面が出てきますので、画面がでたら確認して「ご融資利用枠(極度額)の増額」にチェックを入れてください。

その後、申し込み内容やご利用媒体の選択、希望融資利用額などを入力し申込をすすめていきます。 
入力は内容に誤りがないように入力していきましょう。

ステップ2|仮審査を受ける

次のステップは仮審査です。

他の銀行のカードローンの増額審査にはこの仮審査というものがありません。 
この仮審査の項目が借入までに時間がかかってしまうというのが、ろうきんのデメリットであります。

先ほどインターネットで「はじめてお申込みの方」から増額申込をした増額申込フォームの項目の入力がすべて完了すると、その入力情報をもとにろうきん側で仮審査を行います。

仮審査の結果が反映するまで多少時間がかかりますが、しばらくお待ちください。

Q.増額してもらうためだけなのになぜ審査を受けなくてはいけないのか?

ここで素朴な疑問をもつ人もいるでしょう。

なぜ増額してもらうためには入会時のように再度審査を受けなくてはいけないのでしょうか。 
その答えは、申込者が増額申請したことによってその増額分の返済能力があるか確認する為です。

ろうきん以外でもどの金融機関でも増額の際には入会時と同様に審査を行います。 
実は、増額にもメリットがあり、増額を行うことで金利が下がる可能性があるのです。

そのため、増額をすると貸付側には利益が減るということなので、審査はおのずと厳しくなるというわけです。

ステップ3|正式な申し込みを担当営業店で行う

次のステップは担当営業店で正式な申し込みを行うことです。
正規な申込はインターネットでは行えません。お住まいの近くの担当営業店に直接出向き、正式な増額申込を行います。

注意しないといけないのは、仮審査申込から一定の期間が経過してしまうと改めて借り審査を受けなければいけません。 
そうなると急いで追加借り入れしたいという人は、さらにお金を借入できるまでに時間がかかってしまいます。

ですので、借審査申込後は担当営業店へは極力はやめに出向くようにしましょう。

ステップ4|本審査を受ける

次のステップは本審査です。 
担当営業店に出向いて正式に増額申し込みを行うと、ろうきん側で本審査が開始されます。  
この本審査の際に、会員種別の確認があります。

例えば、団体会員の構成員の人は所属組合への確認があります。 
また、生協会員の組合員および同一生計家族の人は生協組合員証等の提示を求められます。 
本審査の結果については、後日電話もしくはメールにて通知されるので、通知の受け逃しのないように電話を常に持ち歩くか、メールはこまめにチェックするようにしましょう。

ステップ5|限度額の再設定を行う

最後のステップは限度額の再設定です。 
電話あるいはメールで本審査通過の連絡があれば、増額成功です。

ここで、審査に基づき決定された増額金額を確認して、お互いに同意できれば限度額の再設定が完了します。 
無事に増額手続きが完了した後は、早速新しく設定された限度額の範囲内ですぐにでも追加で借入することができます。

借入する方法は、増額前までの借入方法と同じなので日頃から利用している方法で必要なお金を借入してください。

マイプランの増額審査についてのポイントを解説!

これまでお伝えしてきたとおり、ろうきんのマイプランの限度額を増額手続は、「仮審査」と「本審査」を通過しなければ追加で借入することはできません。
ろうきんのマイプランの増額審査を受ける人のなかには、入会時にも同じように審査を受けたのに増額手続の時にも同じ審査をするのか疑問に感じる人もいるでしょう。 
実は、増額する際の審査では、入会時に受けた審査とは内容が異なることが確認されることがあるのです。

ここからはその理由について紹介していきます。
受けた審査とは異なる項目が確認されることになります。

これまでの利用実績が重視され、確認される!

入会時の審査と増額審査は、内容が異なる理由は、これまでの利用実績が重視されるからです。

増額審査の時には、収入状況に変化がないかや、信用情報に加え、これまでのろうきんでの返済状況など利用実績も重要視されるのです。
例えば、ろうきんに申込したばかりの利用実績があまりないという人が、入会後すぐに増額申込をしたとしても利用実績がないので審査に落ちる可能性は高いといえます。

利用実績があまり良好ではない人は、増額するのは厳しいと考えておいた方がいいかもしれません。

ろうきんの増額審査に通るためにはどのようなポイントに注意すればいいか

ここまで増額審査にあたっての審査基準の厳しさをご説明致しました。

では、実際にどのような利用者が増額審査を通過する際審査に有利な状態となるのでしょうか。 
最も大切な事は、やはり返済能力をアピール出来るかどうかです。

ろうきんカードローンが一番恐れている事は返済が滞る事です。 
ろうきんカードローンも返済能力がない利用者に増額を与えてもリスクしかありません。

なのでその一番不安視している部分をクリアにする事により増額審査への心証はとても良くなります。

返済実績が6か月以上ある

ろうきんカードローンのマイプランを利用し始めてすぐに増額を申請しても審査を通過する事は難しいです。 
審査の基準にこれまでの返済実績も判断材料として見られる為、一定期間のマイプランの利用実績が必要です。

最低でも半年の6ヶ月は返済遅延などが無い順調な利用実績が必要です。
理想をいえば一年程度の利用実績が好ましいです。

一年以上の順調な利用実績があればろうきんカードローンからの信頼もその分厚くなり、返済能力に問題はないと判断され審査の通過に有利となります。

過去に金融事故を起こした記録がない

金融事故は増額審査にとても大きな影響を及ぼします。 
ろうきんカードローンを利用中に返済の遅延など金融事故を起こしてしまっている場合はほぼ増額審査は通りません。

これは、ろうきんカードローンでの返済は順調でも他社で金融事故を起こしてしまったという場合にも当てはまります。 
審査通過が絶望的となる事案に、2ヶ月以上の長期延滞、自己破産、個人再生、代位弁済、貸付自粛依頼などがあげられます。

増額審査関係なくしても、日頃の誠実な返済は大切です。

年収がマイプラン契約時よりも減っていないこと

年収が減ったという事は返済能力が低下したという事を意味します。
そんな状態で増額申請をしても、ろうきんカードローンにはリスクしか残らない為、増額審査通過はあり得ません。

年収は新規申し込み時よりもアップしている事が理想的です。 
最低でも年収は維持というレベルを保っていないと審査通過に望みは持てません。

また転職により年収が下がった、勤続年数が少なくなった、自営業になったなどの事案も年収の安定性に欠けると判断されがちです。

総量規制の対象外となるろうきんカードローン!

ろうきんカードローンにはひとつ大きな強みがあります。
それは総量規制の対象外だという事です。

貸金業法による総量規制とは、貸金業者からの借入を年収の3分の1までと決められており、多くの消費者金融やクレジットカード会社が該当します。

ろうきんカードローンは対象外となっている為、年収の3分の1を超える融資も可能ではありますが、実際に審査が通るのは容易ではありません。 
よぼと高い返済能力をアピールできるポイントがあれば融資も可能となるでしょう。

即日で増額審査が行われるとは限らない

ろうきんの「マイプラン」の増額審査は他社は即日で行われるとは限らないので注意しましょう。

ろうきんのマイプランの増額は、申し込みの流れを見てもお分かりいただけるように、申し込みから限度額の再設定までにはかなりステップを踏んで手続が進んでいきます。 

さらに、マイプランの増額手続は、「仮審査」と「本審査」の2つの審査を通過しなければいけません。

増額審査の結果が出るまでには、思った以上に時間がかかってしまう可能性もあるので、急いでお金の工面が必要な人は時間に余裕をもって申込をすることをおすすめします。

入会審査より一般的に増額審査は時間がかかる

ろうきんのマイプランは基本的に入会時の審査より時間がかかるので注意してください。

申込者の状況にもよって変わりますが、ろうきんの入会審査の結果通知は最短で2営業日程で通知されます。 
しかし、増額審査では、これまでの利用実績についても調査を行うので、結果が通知されるまでに2営業日以上の時間を要する場合があります。

今日明日にでもお金が必要という人は、期日までに間に合うよう時間に余裕をもって行動するようにしましょう。

増額審査に落ちやすい人はこんな特徴がある!

ここで増額審査に落ちやすい人の特徴についてご紹介します。
ろうきんのマイプランの増額申し込みをしても、すべての申込者が審査通過して追加借り入れができるという訳ではありません。

申込者の中には、何らかの事情で審査項目に欠点があり増額審査に落ちてしまったという人も多くいます。
それでは、実際に増額審査に落ちた人のなかにはどのような特徴があるのでしょうか。

ここでは増額審査に落ちやすい特徴についてご紹介します。

Q.希望通り増額をしてもらうためにどのような最低条件をクリアするべきか?

申込者の希望通りの増額をしてもらうための最低条件は3つあります。 

まず一つ目は年収です。
入会時と同じ年収かそれより低ければ増額は厳しいでしょう。 
少なくとも入会時より年収が上がっていなければいけません。 
二つ目にその会社との利用実績があるということです。 
利用実績とは、借入と完済を何回も繰り返すことで生まれます。 
三つ目は、金融トラブルがないことです。 
返済の遅延や延滞、自己破産は金融トラブルとみなされます。
金融トラブルがあると増額は厳しいと思っておきましょう。

増額融資をしてもらうための最低条件
  • 入会時よりも年収が上がっていること
  • 利用実績があるということ
  • 金融トラブルがないこと

マイプランの返済が遅れている場合

増額審査に落ちやすい人の特徴はマイプランの返済が遅れている人です。 
さきほどの項目でも説明したように、増額審査には過去の利用実績が重要視されます。

返済の遅延は金融トラブルに該当し、利用実績には致命的なマイナス要素です。 
入金忘れで翌日返済した場合などは、そこまで大きな金融トラブルには判断されませんが、2~3ヶ月以上の長期滞納をしたことがある人は、増額審査を通過するのは厳しいと思っておいた方がよいでしょう。

返済能力が不足している場合

増額審査に落ちやすい人の特徴は返済能力が不足している人です。 
増額審査でも、毎月の返済額をきっちりと支払っていけるだけの収入があるかどうかは増額審査の重要なポイントになります。

例えば、転職等で入会時よりも収入が下がっていたり、入会時と比べて生活状況が厳しくなり、ろうきん以外の他社での借入が増えてたりすると、増額した分の借入金を返済するだけの返済能力が低下していると判断され、審査に落ちやすい原因となります。

クレカ等の支払いに遅れてしまっている場合

増額審査に落ちやすい人の特徴はクレカ等の支払いに遅れている人です。

これまで、増額審査にこれまでのマイプランの利用実績も重要とお伝えしてきましたが、申込者が利用しているクレジットカードの代金や分割払いした支払いなどが遅れている人も、「信用情報」にもマイナス要素が加わってしまい、増額審査に落ちてしまう可能性が高いといえます。 
つまり、増額審査に通過するためには、借入しているカードローンだけでなくすべての支払いが遅れていないかどうかも、注意するべきポイントです。

信用情報とはなにか

それでは、信用情報とは何のことを指すのでしょうか。 
信用情報とは、クレジットカードやカードローンなどの信用取引に関する契約内容や返済や支払状況など顧客の金融取引に関する事実を表す情報です。

例えば、クレジット例えば、クレジットカードの支払いを長期間滞納してしまうと、 
それだけで延滞しているみなされ、信用情報に一定期間記載されてしまいます。

他にも、他社での強制解約や債務超過のための自己破産などは信用情報にダメージが残ってしまう大きな金融トラブルにとなってしまいますので、増額申込をする際には、過去に思い当たる節がないか一度思い出してから申し込むようにしましょう。

ろうきんで増額審査が難しい場合はどのような解決策を取ればいいか

増額申請の際に審査の妨げとなる、上限額までの借入があったり、利用実績期間が足りない、年収の低下などに心当たりがある場合、無理に増額申請をせずともお金を用意する方法はあります。

それは別の大手消費者金融のカードローンを利用する事です。 
利用者数No. 1のアコムなら、新規契約時に返済日を35日毎に設定すると、30日間は金利が0円というサービスを受けられます。

24時間ネット申し込み可能で、審査時間は最短30分、振り込みまでは最短1時間といつでもご利用いただけます。

在籍確認は増額審査では行なわれない?

増額を申し込みたいけれど、職場にばれてしまうと恥ずかしいと感じる方もおられます。
しかしその心配は要りません。

新規申し込みの際にあった在籍確認ですが、増額審査にあたってのろうきんカードローンから在籍確認は基本的にありません。 
主に増額審査で見られる点は、これまでの利用実績と、金融事故の有無、年収の低下が無いかです。 
なので職場に電話が入るかもと不安に思う事なく増額は申し込めます。

在籍確認がない例は、勤務先となる職場に変更がない事が前提です。

行われる可能性があるのは勤務先が変わっている場合

しかし例外的にろうきんから職場に在籍確認が入る場合もあります。

それは新規申し込みの時点の勤務先から転職し、職場が変わってしまっている場合です。
ろうきんカードローンからしても、貸付金額を上げる以上、職場が変わったとなると在籍確認はせずにはいられません。

ろうきんカードローン側も最大限の配慮をした在籍確認を行ってくれますが、転職してしまっている場合には、在籍確認があるという事も必ず確認して覚えておきましょう。

マイプランで増額する場合はこのような注意点がある

それでは、マイプランで増額する場合はさきほどお伝えしたような信用情報以外に注意点はあるのでしょうか。 
ろうきんのマイプランで限度額の増額をしようとしている人のなかには、限度額の引き上げしか考えていないという方も多いのではないではないでしょうか。

しかし、注意しないといけなのは、増額審査は結果によってはデメリットが生じる可能性があります。 
増額できるというメリットだけしか見えて人には特に増額申し込みを行う前に、これから説明する注意点もしっかりチェックしておくことをおすすめします。

正式な契約書・申込書が必要になる

マイプランで増額する際の注意点は、正式な申込書・契約書が必要になるということです。

何度もお伝えしていますが、マイプランの限度額を増額するには、仮審査申込を行わないと増額ができません。 
仮審査の際には書類を用意する必要はありませんが仮審査に通過し、担当営業店の本審査をする際には、正式な申込書・契約書、その他書類を準備し提出しないといけないのです。

もし、その書類を提出できなければ、増額手続きはできません。必要書類は担当営業店によって異なってくるので、事前に確認しておくと本審査がスムーズに手続することができます。

減額・利用停止になる可能性が審査結果次第ではあり得る

次にマイプランで増額する際の注意点は、審査結果によっては減額されたり利用停止になってしまうことです。 
これは意外と盲点だったと言う人は多いです。

ろうきんカードの利用状況や返済状況によっては、返済能力が低下しているとみなされ限度額を減らされることもあります。 
注意が必要なのは、審査結果によってカードローンを利用停止されたりといったリスクもあります。

これは、お金を借入ができないということにもなるので、増額はリスクが高い選択といえるので注意してください。 
何度か返済を忘れてしまっていたというような経験がある人は増額申し込みは控えるべきでしょう。

借り入れ自体が利用制限がかかりできなくなる場合も

次にマイプランで増額する際の注意点は、利用制限がかかり借り入れ自体ができなくなるといったケースです。 
ろうきんカードローンに増額の申し込みをすると、まだ限度額に達していない残りの限度額が利用停止になる危険性があります。

増額の審査とは、一旦契約をした内容を見直す手続きのことです。

ろうきんカード側で利用の制限を行う理由は、審査によって入会時に決められた限度額が「現状の返済能力に則していない」と判断されると、過剰融資で貸し倒れのリスクを回避するためです。

どうしてもお金がないと困る、そんな人への解決策!

どうしてもお金がないと困るという人はそんな人は他の選択肢も視野に入れてみましょう。
ろうきんのマイプランを契約している人の中で、限度額が足りずお金がないと本当に困るっている人もいるでしょう。

そんな状況であっても、これまで説明してきたように、増額はリスクを伴うので安易に増額することはおすすめできません。
とはいえ、お金を用意できないリスクをそのまま放置するわけにはいきません。

どうしてもお金が必要であるならば、増額以外の他の選択肢も視野に入れてみることをおすすめします。

他社のカードローンに新規申し込みをするという選択肢もある!

他カードローンに新規で申し込みするという選択肢を考えてみましょう。 
新規で申込を行うということは、入会審を受ける必要があります。

しかし、銀行カードローンの増額審査とは異なる基準であるため審査に通る可能性は高いといえます。

そもそも審査の基準というものは、各各金融機関それぞれの基準で設定されています。 
そのため、ろうきんの増額審査に落ちてしまった人や、信用情報に自信がなく、ろうきんの増額審査自体を諦めてしまったといった方でも、お金を借りられる可能性が十分にあるのです。

手間がかからないのは新規申し込みする方!

増額申込より新規申し込みする方が手間がかからないのです。

増額を申し込むと、入会審査の時と違って収入証明書の提出を求められることがあります。 
収入証明書は人によっては取付に時間がかかってしまいます。

しかし、カードローンは収入証明書なしで利用できるカードローンもあり、スマホと身分証明書があれば新規申し込みできるので、手間がかからずスムーズに手続をすることができます。
※カードローンのなかには収入証明書の提出を求められるケースがあります。

審査が早いカードローンなら最短即日融資も可能!!

即日融資を希望するなら審査が早いカードローンがおすすめです。

特におすすめな方法は、最短30分で審査が完了する大手消費者金融のカードローンです。 
大手消費者金融のカードローンはWEB申込で自分の銀行口座へ振り込み依頼をすれば、店舗への来店も不要で最短で即日融資も可能となっています。

増額手続をすると、申し込みから借入できるまでの間、数日間もかかってしまう可能性があります。 
今日明日にでもお金が必要な人は大手消費者金融のカードローンを是非検討してみてください。

高めの金利なので返済面に注意が必要!

大手消費者金融のカードローンは即日融資には向いていますが、金利が高めなので返済面に注意してください。 
増額は日数を要してしまい支払い期日までに間に合わないという人にとっては即日融資ができる大手消費者金融のカードローンはとても便利なサービスですが、ろうきんのカードローンに比較すると金利が高めに設定されていますので注意してください。

例えば、5万円借入したいという場合に、金利によって完済までにかかる利息の差はどれくらいになるのかご紹介します。

例)借入5万円、毎月1万円返済

例として、借入金が5万円で毎月1万円返済した場合を想定してみましょう。 
金利8.475%で借入し完済まで5か月要した場合の利息合計は1064円です。

一方で、金利18.0%で借入し完済まで5か月要した場合の利息合計は2272円です。これらのシミュレーション結果をみても、同じ金額で同じ返済期間でも1,000円以上の利息の差があることが分かります。 
たった5万円でも1000円以上の差が出てくるので、金額が上がれば上がるほど利息負担が増える点に注意しておきましょう

対処法|無利息サービスを利用しよう!!

対処法は無利息サービスを利用することです。 
大手消費者金融カードローンは即日融資なので魅力的だけれど、利息が増えるのは避けたいという人は、無利息サービスを活用することをおすすめします。

このサービスは、初回申し込み時のみ利用できるサービスで、 
期間中に返済すれば金利が一切かからないという魅力的なサービスです。

一般的な無利息サービスの対象期間は30日間となっています。 
つまり約1ヶ月分の利息を節約できるので、初めて申込をする人にはとてもおすすめのサービスです。

すべてのカードローンを見る

カードローン一覧

金融機関の種類から探す

銀行カードローン
消費者金融カードローン

ランキングで探す

カードローンランキング
消費者金融カードローンランキング
銀行カードローンランキング

カードローン会社から探す

アイフル
プロミス
SMBCモビット
レイクALSA

特徴からさがす

低金利のカードローン
即日融資が可能なカードローン
無利息期間ありのカードローン
借り換え可能カードローン
郵送物なしカードローン
コンビニ対応カードローン
審査結果の早いカードローン
WEB完結可能なカードローン
WEB明細が使えるカードローン
口座振込で返済可能なカードローン
ネットキャッシングできるカードローン

心配・悩みから探す

カードローンとは?
審査なしのカードローンはある?
カードローンの審査基準は?
審査の甘いカードローンは?
金利の計算方法は?
カードローンとキャッシングの違いは?
専業主婦でも即日融資は可能?
サラ金・ヤミ金・街金の違いは?
お金借りるならどこがいい?
「カードでお金」の看板は何?
おまとめローンの審査基準は?
ショッピングローンの審査基準は?
無審査で即日融資のカードローンってある?
中小消費者金融は審査が甘い?
カードローンの返済方法は?
ソフト闇金のデメリットは?
他社借入があると審査落ちする?
キャッシングは信用情報に傷がつく?
即日で50万円は可能?
個人間融資は危険?
サラ金の金利は?

    おすすめカードローンランキング

  1. カードローン人気ランキング
  1. 本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  2. 本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  3. 当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  4. 本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  5. 編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • ランキング根拠
  • ランキングは以下のデータに基づき作成しています(詳細はランキングページに記載)
  • ・利用者へのアンケート調査
  • ・ワイズローン経由でのアクセス数、申込数
  • ・各社が公開している口座数、財務情報
  • プロミス
  • プロミスではメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
  • 瞬フリを利用するには24時間振込可能な金融機関の口座が必要です
  • SMBCモビット
  • 融資や審査回答までの時間について:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • 「50万円以下なら収入証明書不要」について:場合によって収入証明を提出していただくことがあります。
  • レイクALSA
  • 商号:新生フィナンシャル株式会社
  • 貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号
  • 融資限度額 1万円~500万円
  • 貸付利率 4.5%~18.0%
  • 遅延損害金(年率)20.0%
  • 返済期間・回数/最長8年・最大96回
  • 必要書類 運転免許証等 ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
  • 担保・保証人/不要
  • 要審査
  • Webで最短60分融資も可能※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
  • 申込資格:年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方
  • ご返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
  • 初めてなら初回契約翌日から無利息
  • ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります
  • Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません
  • 無利息期間経過後は通常金利適
  • 30日間無利息、180日間無利息と併用不可
  • 千葉銀行カードローン
  • 対応地域:千葉全域、東京全域、埼玉全域、茨城全域、神奈川(※一部地域を除く)
  • 三井住友銀行カードローン
  • 三井住友銀行の普通預金口座・キャッシュカードをお持ちなら、申込から契約までの手続きがWEBで完結
  • ローン契約機でカードを受け取れば郵送物なし

Copyright LeadingTech All Rights Reserved.