最終更新日:2020年06月04日

消費者金融アローでキャッシングするには?審査の基準や即日融資を受ける方法を解説

【最短45分のスピード審査!】中小消費者金融アローとは?

既にご存知のかたも多いかもしれませんが、大手消費者金融では5社が即日融資に対応しています。 
用意したいときにすぐに借りられるのは便利ですよね。

しかし中小消費者金融の場合は、必ずしも即日融資に対応しているわけではありません。 
業者によっては非対応であるため、あらかじめ確認しておく必要があります。

「アロー」では最短45分審査を行っているため、一応は即日融資が対応可能に見えます。 
この「一応」となっている理由も含めて見ていきましょう。

アローの即日融資と他社の消費者金融にはどのような違いがあるか

「どうしても今日中にまとまったお金が必要!」 
そんなときもありますよね。

そこでまず、主要な中小消費者金融と、大手消費者金融について、 

・即日融資の条件 
・即日融資可能度

をチェックしてみましょう。

これは当然業者によって違いがあるからです。 
急いでいる場合は、ここで紹介している「即日融資可能度が高い業者」を選んでみると良いでしょう。

さらに即日融資の利用条件や、そのほかの解説についてもチェックしてみてくださいね。

中小消費者金融

中小消費者金融

1.アロー 
即日融資の利用条件…事前相談のうえ平日可能な限り早い時間に申込~契約手続きを完了 
即日融資可能度…低め 
※公式サイトには即日融資の利用条件の記載なし

2.セントラル 
即日融資の利用条件…振込キャッシングは平日14時までに申込受付完了、自動契約機(全国16店舗)は営業時間内(店舗ごとに営業時間は異なる)に契約手続き完了 
即日融資可能度…高め

3.フクホー 
即日融資の利用条件…15時までに契約を完了している必要あり 
※公式サイトには「即日融資も可能」と記載あり 
即日融資可能度…比較的高め

大手消費者金融

大手消費者金融

1.アコム 
即日融資の利用条件…土日祝含め20時ごろまでには自動契約機へ来店し、ローンカードを発行
※公式サイトに最短30分審査の記載あり 
即日融資可能度…非常に高め

2.プロミス 
即日融資の利用条件…土日祝含め20時ごろまでには自動契約機へ来店し、ローンカードを発行 
※24時間振込に対応の金融機関への振込の場合は、ネットで21時までに契約手続きを完了 
即日融資可能度…非常に高め

結論からいうと、即日融資に強いのは大手消費者金融です。 
アローでは即日融資を利用するのは難しめです。

なぜなら大手消費者金融はコンピューターによる自動審査を使って最短30分で審査しています。 
しかしアローなどの中小消費者金融は基本的に審査担当者が手作業で審査を行います。

混雑時は審査時間が長くなってしまうという訳ですね。 
必ずしも即日融資が受けられるわけではないということを頭に入れておきましょう。

実際のアローの審査スピードはどれくらいか

大手消費者金融は「最短30分審査」としていますが、実際には20分ほどで終わることがあります。 
状況次第で数時間かかることもありますが、午前中に申し込めば当日中には審査結果が出るでしょう。

しかし中小消費者金融の「最短審査時間」は、実際に「最短で審査出来た場合」の時間をさしています。 
実際に45分で審査が終わるのは難しいと考えましょう。

当日中に審査結果が出れば良いほうで、数日かかることもあるのです。 
そのため申し込む前には「即日融資が可能か」をしっかり事前確認しておきましょう。

どうしても即日融資はゆずれないというのならアロー以外を検討しよう

最短45分審査、といわれたら即日融資が出来そうな気がしますよね。

しかし実際に45分で審査終了することは少なく、即日融資を受けられる可能性は低いのです。 
前述の通り、即日融資をするなら大手消費者金融がおすすめです。

もし利用経験のない大手消費者金融があるなら、優先して申し込みしてみましょう。 
SMBCモビットの場合、申込完了後10秒程度で仮審査結果が出ます。

これなら時間も節約できますよね。 
中小消費者金融から選びなら、比較的即日融資の可能性が高い「セントラル」を検討してみましょう。

まさかのアローで審査落ちしてしまった…

愛知県名古屋市に本社のある中小の消費者金融であるアローは、利用者の間では比較的審査が甘い消費者金融というイメージが持たれていることも多くあります。 
確かに全国展開する大手消費者金融などに比べるとそうした面があるのも事実ですが、ただ審査基準が甘いということはありません。 
実際には申し込みをしても審査に落ちてしまう人もいます。

どうしてアローがそうしたイメージを持たれているのか。 
そしてアローの審査に落ちてしまった人はどういった理由が考えられるのか、説明してきましょう。

アローではブラックでも借入できると思われがち

アローは多くの中小の消費者金融の中でも独自の審査基準を設けていることで知られています。 
例えば過去に自己破産や任意整理などの債務整理を行っている人でも、アローの場合は独自の審査によって融資を検討してもらえることがあります。

そうしたことから、アローでは他の消費者金融に比べても融資の対象が広くなっており、その点で「審査が甘い」と思われることがあります。 
その延長で、インターネットの口コミでは「ブラックでも融資してもらえる」などの文言を目にすることがあるのではないでしょうか。

貸付金を回収できない人には融資しない

確かにアローでは、過去の信用情報に多少の傷があっても貸し付けをしている例はあり、融資を期待できるところはあります。 
ですがこれはあくまでアロー独自の審査基準によって貸付の回収が可能と判断されたのだと考えるべきで、必ずしも「審査が甘い」ということではありません。

他の消費者金融では手を出しにくいような申込者であっても、アロー独自のノウハウによって融資が検討されるということです。 
つまり逆に言うと、アローの基準で債務回収の見込みが低いと思われれば、やはり審査を通過することはできないのです。

アローでキャッシングする際の審査の流れ

アローを利用する場合、全体的な審査の流れはまず申し込みから一次審査、それが終わると審査結果によって書類の提出。 
そして二次審査があり、最終的な審査結果
となります。

このようにアローには二回の審査があり、どちらも通過しなければ借り入れをすることはできません。 
また審査においては必要書類の提出や個人情報の申告などに対応しなければなりません。 
アローへの申し込みを考えている方は、一次と二次それぞれの審査内容と、その時々の対応について確認しておきましょう。

3種類ある申込方法について

アローの申し込み方法は三種類用意されています。 
それぞれ郵送、FAX、インターネットによる申し込みです。

FAXならばコンビニからでも申し込めるなど、どれにも特徴があり利用者の状況によって一番合った方法を選ぶのが良いでしょう。 
ただし郵送やFAXであれば受付が平日の9:30~18:00に限られているのに対して、インターネットであれば24時間対応しており、パソコンやスマートフォンがあればすぐに申し込むことができるため、インターネットによる申し込みがおススメです。

申込時に申告した個人情報が一次審査で確認される

アローでは一次審査において、申込者が申告した個人情報を審査担当者が確認していきます。 
勤務先や自宅などの個人情報を確認していく過程で、その情報に間違いや虚偽などが含まれていると申込者の信用を落としてしまうので、必ず間違いのない正確な情報を申告するようにしましょう。

また、アローでは大手消費者金融とは異なり、申し込みの際に家族の承知があるのかどうかの申告が求められます。 
ただしこれは審査に関わることではなく、家族に内緒で借り入れたい人のためのものだとのことなので、家族に知られたくない人は「承知なし」を選ぶようにしましょう。

3種類ある必要書類をキャッシングのアローに提出しよう

アローの一次審査に通過できた場合、次に書類の提出が求められます。 
必要な書類は、本人を確認することのできる書類、収入を証明することのできる書類、各種保険証です。

本人確認には、運転免許証やパスポートなど顔写真付きのものが必要です。 
収入証明は、源泉徴収票や確定申告書、給与明細(2か月分)などです。

アローでは公式サイトからアップロードすることによって書類を提出できるので、申し込み後にはスマートフォンなどで必要書類を撮影しておくと便利です。

在籍確認が行われる二次審査

アローでは二次審査において在籍確認が行われます。 
アローでも大手の消費者金融と同じように、申告された勤務先に対して電話連絡が行われます。

また電話連絡の際に担当者が社名を出すことはなく必ず内容は明かさずに個人名で電話をかけてくれるので、他の人が電話を取った場合にもアローの在籍確認であることを知られる心配はありません。

そして本人が出た場合には社名と、在籍確認であることを伝えます。 
なお在籍確認をする前には必ず申込者に対して対応できる時間帯を訪ねる連絡を入れるとのことなので、電話が来た際には対応できる時間帯を伝えるようにしましょう。

6つ紹介!アローで審査落ちしてしまうのにはどのような原因があるのか

そこで気になるのはアローの審査基準でしょう。 
独自の基準を持ち、一部では他より審査基準が甘いと見られることもあるアローの審査基準とはいったいどのようなものでしょう。 
そして落ちてしまった人はなぜ審査を通過することができなかったのか。

ただ先に言ってしまうと、金融機関では審査基準を公表することはないので、確実にこれだと言い切れることは多くありません。 
これは基準が知られてしまうと申込者にあらかじめ対策をされてしまうからです。 
ですが審査に落ちてしまう原因をある程度絞ることはできます。

虚偽の申し込みを故意にした場合

まず当然やってはいけないのは、申し込みの際に相手に虚偽の情報を伝えることです。 
何が何でも借り入れの必要があったとしても、それはやってはいけません。

例えば年収が本当は250万円なのに、少し多めに300万円と申告するようなことも虚偽にあたります。 
他にも勤務先について嘘をついたり、他社からの借金を少なめに申告するなど、貸す側としてアローにとって信用できない行為が申込者にあれば、審査が通ることはまずあり得ないと言っていいでしょう。

安定性がないもしくは低収入

消費者金融はお金を貸し付けて、その返済の際の利息によって収入を得ています。 
ですので、相手に融資する分にふさわしい返済能力が認められなければ、アローとしても融資することはできないでしょう。

例えば収入が著しく低い場合もそうですが、収入が安定していることも大事になります。 
仮にある月では収入が20万円あったとしても、その先も同様の収入が毎月見込めない場合もあります。 
申込者の収入についてそのように判断された場合には、審査は厳しくなってしまうでしょう。

借入総額が年収の1/3以上(総量規制)

貸金業法には総量規制という法律があります。
これは個人の借り入れ総額を、その人の年収の三分の一以内に抑えなければならないというルールです。 
借り入れ総額というのは、その時点において他社含めてすべての金融業者から借り入れている金額の総額ということです。

例えば年収が300万円の人に対して、借り入れ総額が100万円を越えるような貸付を金融機関はすることはできません。 
ですのでアローでも、申し込みの時点で既に年収の三分の一に近い借り入れをしている人の審査を通すことはできないでしょう。

在籍確認が勤務先に取ることができない

アローにおける審査でも、他の金融機関と同じように在籍確認が行われています。 
在籍確認とは、申込者が実際に申告した通りの勤務先で働いているのかどうかの確認を取る作業です。

基本的には勤務先に対して直接電話連絡をするという形で在籍確認は行われると思います。 
ですが審査中の一定の期間以内に勤務先と連絡が取れない、在籍確認ができないなどのことがあれば、申し込みはキャンセルになってしまいます。 
勤務先が夜間など特別な時間帯でしか電話対応をしていなかったり、たまたま休業中だったりすると、そうしたことも起こりえます。

身寄りもなく持ち家もない場合

またキャッシングの審査というと勤務先や雇用形態、収入などに注目してしまいがちですが、申込者の家族構成など、生活の状態も重要視されるものの一つです。 
仮に申込者が何らかの理由で返済不能な状況になってしまいそうな時、周囲に申込者を助けてくれそうな人がいるかどうか。 
助けてくれそうな人がいる場合と、何があっても一人で対処しなければならない人とでは返済能力の評価も変わります。

そして居住形態なども重要な評価の対象になります。
例えば申込者が持ち家であれば、急に夜逃げされるような心配も減り、また最悪の場合家を返済に充てることもできるので審査は通りやすく、逆であれば通りにくいと言えます。

金融事故を起こしてから日が浅い場合

申込者が過去に任意整理や自己破産などのいわゆる「金融事故」を起こしている場合、信用情報機関にはそうした情報が登録されています。 
こうした登録が残っている場合には、どの金融業者であっても基本的には審査に落ちます。

申込者の返済能力に関して、決定的に信用できない情報だからです。 
アローでも場合によっては融資の見当をしてもらえる可能性はありますが、金融事故を申し込み前の数か月程度の間に起こしている申込者に融資することはまずないと考えていいでしょう。

Q.信用情報が傷ついてしまった場合、日常生活にどんな影響がある?

信用情報とは、信用情報機関に登録されている、利用者の過去の借り入れなどに関する情報です。 
信用情報はクレジットカードを作る際や、各金融機関でローンを組む場合などには審査の過程で必ず照合されます。 
この時に信用情報に何かしら問題がある場合には、まず審査は通らないと考えるべきでしょう。

そして審査を通らなければクレジットカードもローンも利用することができないので、日常生活はかなり不便になってしまいます。 
できるだけ信用情報に傷はつけないように日頃から気をつけましょう。

なお、信用情報に問題がなければ必ず審査に通るということではないので、その点はご注意ください。

お金がどうしても必要な人向けの対処法を解説!

このように他の消費者金融に比べても審査が通りやすいとも言われているアローであっても、審査に落ちてしまうという例があります。 
しかしそんな状況であっても、どうしてもお金が必要になる場合もあるでしょう。

そうした際でも、まだ対処できる方法はいくつかあります。 
例えば他の金融業者に相談してみる、新規ではなく借り換えを検討してみる、専門家に相談するなどの方法が考えられます。 
アローの審査に落ちてしまった原因を検証しながら、状況にあった対処をしていきましょう。

他社の中小消費者金融を検討しよう!

アローの審査でも落ちてしまった場合、まずは他の中小の消費者金融に申し込むことも検討してみましょう。 
それぞれのローンは、各消費者金融によってそれぞれ独自の審査基準を持っています。

ルールは一律ではないので、仮に申込者がアローにとっては審査基準に合わない状況だったとしても、他の中小の消費者金融にとっては評価される部分があり、なんとか審査基準を通過することができるという可能性もありえるのです。

他の中小消費者金融についても見ていきましょう。

名古屋エリアの中小消費者金融に注目!

それではアロー以外に検討するべき消費者金融にはどういったものがあるでしょうか。 
まずはアローでの借り入れを検討していた方という前提に立ち、アローと同じように愛知県名古屋市に拠点を置いている中小の消費者金融について説明していきます。

ここでは不動産担保ローンなどアローと異なった形態の金融商品は除外して、アローと同じように無担保ローンを提供している二社について取り上げます。 
借り入れ先に困っている方は是非検討してみてください。

ライオンズリース

ライオンズリースは愛知県名古屋市内に拠点を構える正規の消費者金融業者です。
創業35年以上の実績をもつ信頼性があり、限度額は100万円~300万円。金利は15.0%~20.0%に設定されています。

申し込みと契約はインターネットにも対応していますが、借り入れを急いでいる場合は店頭で契約するのが早いでしょう。 
融資の流れは店頭申し込みであれば、インターネットで申し込み、審査を経た後に、店頭契約を選択して、必要書類を持参して窓口へ。

そこで契約手続きをして借り入れになります。 
審査を問題なく通り、早ければ当日の借り入れも可能でしょう。

ユニーファイナンス

ユニーファイナンスも同じく愛知県名古屋市内の正規の消費者金融業者です。 
こちらも創業43年以上の実績があり、限度額は1万円~300万円、金利は12.00%~17.95%になっています。

ユニーファイナンスのポイントとしては、大手消費者金融の「プロミス」と提携している点です。 
プロミスのATMは全国に963台あり、これをユニーファイナンス利用者でも利用することができます。

また保証人と担保は原則不要になっていますが、専業主婦(夫)の場合は配偶者の同意を求められるので気をつけましょう。

新規借入ではなく借り換えをしよう!

アローでの審査に落ちて他の方法を検討する場合、他の消費者金融から新規に借り入れするという方法以外にも、他のローンによって借り換えにするという方法もあります。 
借り換えとは、現時点で借り入れている借金を、現在の金融業者から他の金融業者に言わば肩代わりしてもらい、新たに肩代わりしてもらった金融業者に対して返済していくという仕組みです。

借り換えローンは様々な業者が提供しており、審査を通れば、一般的に金利を低く抑えられるというメリットがあります。 
もしも現状で返済に困っている場合には、検討してみると良いかもしれません。

おすすめはアロー以外の借り換えローン

ここまでアローでの審査に落ちた場合のことを話してきていますが、アローでも借り換えローンは用意されています。 
このローンは総量規制からは対象外になるので、あらためて申し込みしなおせば審査が通る可能性もあります。

しかしここでは、またアローを利用するよりは、他の借り換えローンを一通り検討してから考えることにしてみましょう。 
借り換えローンは消費者金融以外にも銀行でも取り扱っており、金利は低めに設定されています。

借り換えだけでなく借金の一本化に関しても有効なので、検討してみてはいかがでしょうか。

【東京スター銀行】おまとめローン(スターワン乗り換えローン)

まず知名度で言うと、東京スター銀行のおまとめローン「スターワン乗り換えローン」が街頭広告やテレビCMなどでよく知られています。 
スターワン乗り換えローンでは、利用者が自ら申し込み前に検討できるように利用条件が公式サイトに記載されています。

年齢、年収、雇用形態、返済実績などの条件が書かれており、これを満たしていれば審査を通る可能性は高いです。 
条件と照らし合わせて問題なければ、申し込みを検討してみると良いでしょう。

【auじぶん銀行】カードローン(借り換えコース)

auじぶん銀行のカードローンもあまり知られていませんが、借り換えコースが設定されています。 
こちらでも年齢、収入、雇用形態など申し込み条件があらかじめ公表されており、これらを満たしていれば利用できる可能性は高いです。

さらには「au」の通信機器を利用している人には0.5%の金利優遇が受けられるという面白いメリットがあります。 
こちらは「au ID」の登録や利用しているコースなどいくつかの条件はありますが、その条件に適えば他社よりも低い金利で融資を受けることができます。

借金の専門家に相談してみよう!

アローでの審査に落ちてしまった場合、ここまではアロー以外の消費者金融から新規に借り入れたり、他での借り換えについて説明してきましたが、それらの利用が難しい場合もあると思います。 
そうした時には、借金の専門家に相談してみるのも一つの方法です。

相談先としては、国民生活センター(消費生活センター)、日本クレジットカウンセリング協会、弁護士等の専門家などが考えられます。 
ここからは、それぞれの相談先について詳しく説明してきましょう。

国民生活センター(消費生活センター)

国民生活センター(消費生活センター)では、国民が日常的に利用するあらゆる商品やサービスに関する相談を受け付けており、消費生活に関する全般的な苦情などにも専門の担当者が対応しています。

例えばクレジット代金について払うことができない場合など、出来るだけ早く相談してみると良いでしょう。 
専門の担当者から公正で適切なアドバイスをもらうことができます。

国民生活センター/消費生活センター 
電話番号:042-758-3161

日本クレジットカウンセリング協会

日本クレジットカウンセリング協会、通称JCCOは金融庁と経済産業省が共同で管轄し、内閣総理大臣に公益認定を受けている公益財団法人です。
消費者を保護するという立場から多重債務者などに対して公正・中立的なカウンセリングを行っており、弁護士や専門のカウンセラーから具体的なアドバイス、心理ケアなどをしてもらうことができます。 
債務に関して悩んでいる方は相談してみると良いでしょう。

JCCO 
電話番号:03-3226-0121

弁護士などの専門家

これはどうにもならなくなった最終手段の一つとして考えられますが、弁護士や司法書士など、法律の専門家に相談するということも検討しておきましょう。 
長期間の滞納など、もはや自力での解決が難しくなっている場合には、弁護士や司法書士の指導の下で債務整理をしていくことができます。

しかしこれらの依頼には相談料が必要となるので気をつけてください。

とりあえず話を聞いてみたい、相談するお金がないといった場合には、まずは無料相談ができる「法テラス」に相談してみましょう

法テラス 
電話番号:0570-078374

アローで審査落ちした人向けにどのような打開策があるかを解説!

アローでの審査に落ちてしまった場合でも、どうしてもお金が必要な時には必要になってしまいます。 
例えば外すことのできない用事がすぐにでもある時、あるいは支払いの期限が迫ってきている時、他にも人間関係の上である程度お金を使う必要がある時などなど。

消費者金融の審査に落ちてしまったが、どうしてもお金が必要な状況にある場合、気持ちは落ち込んでいますが、そうもしていられません。 
ここは他の選択肢に目を向けてみるのも良いでしょう。

他の消費者金融を利用するという選択肢

まずは審査に落ちてしまったのとは別の、他の消費者金融への申し込みを考えてみましょう。 
消費者金融にはそれぞれに審査基準があり、どこも同じ基準によって審査で落としているというわけではありません。 
金融機関によって重視している点やその金融業者特有の返済の見通しなど、見るところが変わってくるので、一社に落ちたからといって必ずしもどこに申し込んでも審査に通らないということではありません。

他の消費者金融に申し込んでみることも検討してみましょう。

検討すべきは大手消費者金融?

他の検討先として、大手の消費者金融を考えてみるというのも一つの手です。 
当然大手消費者金融にもきちんとした審査があるので、必ず審査を通過できるということではありません。 
ですが大手消費者金融では中小の消費者金融とはまた異なった審査基準や過程があるので、違う結果になる可能性も十分あります。

一般的に大手消費者金融のほうが中小よりも審査が厳しいと思われがちですが、これは誤解です。 
審査基準は各社それぞれに異なっているだけで、規模の大小によって通りやすさが変わるということはありません。

成約率を公開している大手消費者金融について

大手消費者金融の一部では、投資家に対してのIR情報において成約率を公開しています。 
例えば大手消費者金融の「プロミス」では、2020年4月の数値として新規申込数「49,414」に対して新規顧客数「22,197」という数字を公開しています。 
成約率を計算すると44.9%です、

こうして見ると、必ず審査を通るというわけではありませんが、申込者の四割以上は審査に通っているということがわかります。 
このような数字を比較して、申し込みを検討してみるのも良いでしょう。

早ければ即日融資してもらうことも可能!

また大手消費者金融であれば、審査が非常に早いというメリットもあります。 
これは大手ならではの機動力や審査のノウハウの蓄積により実現しているもので、最短ならば30分で審査を終え、早いところであれば申し込んだ即日に借り入れることも可能です。

そして消費者金融であれば決まった銀行口座を開設しなければならないということもなく、簡単な手続きで契約を済ませることができます。 
なるべく急ぎでお金が必要な場合など、大手消費者金融を検討してみるのも良いでしょう。

【Q&A】アローの審査落ちに関して

それでは最後は、アローの審査を通らなかった場合によく浮かぶことの多い疑問について、Q&A方式でお答えしていきましょう。 
再申し込みについての問題点や、審査について他社に情報が行くことへの心配、また自分の信用情報を確認する方法などについての疑問にお答えします。

他のサイトを見てきても、イマイチわかりにくいという方もいらっしゃると思います。 
ここでは専門家の意見や口コミ情報などを参考にしながら、詳しく解説していきましょう。

Q.再度審査落ち後に申し込むのはアリ?

A.すぐの申し込みは、受け付けてもらうことはできません。

申し込みで審査を通らなかった場合、一定期間は再度申し込んでもまず受け付けてもらうことはできません。 
ローン審査に落ちてしまう原因のほとんどが収入や信用問題など、短い期間ですぐに大きな変化が考えられるようなものではありません。 
もしも審査が受けられたとしても、同じ理由によって審査を通ることはないでしょう。

仮にアローに再申し込みを考えている場合は、最低6か月は間をあけるようにしましょう。

Q.アローで審査落ちしたことは他社にバレますか?

A.バレます。

消費者金融など金融機関に借り入れの申し込みをした場合、その申し込んだ情報や審査結果などについて、一定期間は信用情報として記録が残ります。 
アローでの審査に一度落ちて、他の金融機関に申し込んだ場合は、その金融機関も審査の際に信用情報を照合するので、その情報は見ることになります。 
そういった審査落ちの情報が新たな金融機関での審査にどれほど影響するのかはわかりませんが、こうした情報は業界全体で共有されるので、隠すことはできません。

Q.自分の信用情報を何かで確認することは出来ますか?

A.確認できます。

信用情報は特定の金融業界内だけで共有される機密情報のようにも思われているかもしれませんが、実際には一般の個人であっても内容を確認することができます。 
日本国内には信用情報機関が三社あり、それぞれに登録されている情報の内容や開示方法は違っていますが、開示申請によって確認することができます。 
もしも自分の信用情報について気になっている、知りたいというような方は一度確認してみるのも良いのではないでしょうか。

アローではどのような返済方法があるのか

アローでは、返済方法について公式サイトでは案内していません。 
返済方法は、アローが指定する銀行口座への振り込み返済が原則です。

現状では口座振替での返済は不可能となっており、ATMからの返済にも対応していません。 
大手消費者金融と比較すると不便ですし手数料も掛かります。

振込手数料節約のためにも、早期完済を目指しましょう。
なお、返済日については契約時に相談をして、好きな日付を選ぶことが可能となっています。

アローの即日での融資は利用可能?信用情報に難アリの場合

これからアローを利用したいと考えている人の中には「信用情報に問題がある」という人もいるかもしれません。 
信用情報に問題があれば銀行系カードローンなら審査落ちします。

大手消費者金融であっても難しいでしょう。 
しかしアローの場合は信用情報に難があっても受け付けはしており、現状問題がなければ審査に通る可能性はあります。

では信用情報に問題があるという場合であっても即日融資が可能かどうかについて見ていきましょう。

審査が極端に甘い正規の金融業者はない

アローは正規の金融業者です。 
そのため審査が極端に甘い、ということはありません。

アローの審査に落ちる人もいますし、審査通過率は大手消費者金融を下回るということもあります。 
ただしこれは「大手よりも審査が厳しい」ということではありません。

そもそもアローに申し込みする人の多くが、大手消費者金融で審査落ちした人となっているからです。 
審査に通過する可能性もあるものの、そもそも審査には通りづらい人が多いと考えられるでしょう。

慎重審査で時間がかかる?信用情報に難がある場合

アローの審査時間は最短45分です。

しかしこの審査時間は、

・信用情報 
・属性情報

などに全く問題がない人の審査時間であるといえます。

信用情報に問題があるからといって即NGになるわけではありませんが、グレーな状態であれば審査にも時間が掛かります。 
つまり審査に通る可能性はあっても、審査に時間がかかるため、即日融資は難しいでしょう。

数日待ったうえに審査に落ちてしまう、という可能性も考えられますので、過信は禁物です。

アローで審査落ち・申込NGとなった場合にどのような対処法があるか

アローの審査は大手消費者金融よりも柔軟です。

しかし審査通過できるかどうかは、利用者次第です。 
とはいえアローの審査に落ちても、まだ見込みはあります。

なぜならアローを含む中小消費者金融は「担当者の手審査」を行っているからです。 
そのときの状況に応じて審査結果が変わるのは十分考えられます。

そこでアローの審査に落ちた場合は、セントラルやフクホーなど他社に申し込みをしてみましょう。 
ただし闇金業者にだけは手を出さないよう、くれぐれも注意してくださいね。

すべてのカードローンを見る

カードローン一覧

金融機関の種類から探す

銀行カードローン
消費者金融カードローン

ランキングで探す

カードローンランキング
消費者金融カードローンランキング
銀行カードローンランキング

カードローン会社から探す

アイフル
プロミス
SMBCモビット
レイクALSA

特徴からさがす

低金利のカードローン
即日融資が可能なカードローン
無利息期間ありのカードローン
借り換え可能カードローン
郵送物なしカードローン
コンビニ対応カードローン
審査結果の早いカードローン
WEB完結可能なカードローン
WEB明細が使えるカードローン
口座振込で返済可能なカードローン
ネットキャッシングできるカードローン

心配・悩みから探す

カードローンとは?
審査なしのカードローンはある?
カードローンの審査基準は?
審査の甘いカードローンは?
金利の計算方法は?
カードローンとキャッシングの違いは?
専業主婦でも即日融資は可能?
サラ金・ヤミ金・街金の違いは?
お金借りるならどこがいい?
「カードでお金」の看板は何?
おまとめローンの審査基準は?
ショッピングローンの審査基準は?
無審査で即日融資のカードローンってある?
中小消費者金融は審査が甘い?
カードローンの返済方法は?
ソフト闇金のデメリットは?
他社借入があると審査落ちする?
キャッシングは信用情報に傷がつく?
即日で50万円は可能?
個人間融資は危険?
サラ金の金利は?

    おすすめカードローンランキング

  1. カードローン人気ランキング
  1. 本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  2. 本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  3. 当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  4. 本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  5. 編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • ランキング根拠
  • ランキングは以下のデータに基づき作成しています(詳細はランキングページに記載)
  • ・利用者へのアンケート調査
  • ・ワイズローン経由でのアクセス数、申込数
  • ・各社が公開している口座数、財務情報
  • プロミス
  • プロミスではメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
  • 瞬フリを利用するには24時間振込可能な金融機関の口座が必要です
  • SMBCモビット
  • 融資や審査回答までの時間について:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • 「50万円以下なら収入証明書不要」について:場合によって収入証明を提出していただくことがあります。
  • レイクALSA
  • 商号:新生フィナンシャル株式会社
  • 貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号
  • 融資限度額 1万円~500万円
  • 貸付利率 4.5%~18.0%
  • 遅延損害金(年率)20.0%
  • 返済期間・回数/最長8年・最大96回
  • 必要書類 運転免許証等 ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
  • 担保・保証人/不要
  • 要審査
  • Webで最短60分融資も可能※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
  • 申込資格:年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方
  • ご返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
  • 初めてなら初回契約翌日から無利息
  • ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります
  • Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません
  • 無利息期間経過後は通常金利適
  • 30日間無利息、180日間無利息と併用不可
  • 千葉銀行カードローン
  • 対応地域:千葉全域、東京全域、埼玉全域、茨城全域、神奈川(※一部地域を除く)
  • 三井住友銀行カードローン
  • 三井住友銀行の普通預金口座・キャッシュカードをお持ちなら、申込から契約までの手続きがWEBで完結
  • ローン契約機でカードを受け取れば郵送物なし

Copyright LeadingTech All Rights Reserved.