最終更新日:2020年07月01日

お金が必要な時の解決方法!乗り切り方を紹介

お金がないときは段階的に対処法を実践していこう!

「お金が必要なのに手元にお金がない!」

まだまだあると思っていたのに、気がついてみるといつも足りないのがお金というものですよね。 
とはいえ、いつまでもその習慣から抜け出すことができないと、いつまで経ってもお金の苦労がつきませんよね。

できるだけ早い段階で脱却して対処する必要があるでしょう。 
さて、お金がない状況に対処するためには段階的な対処法があります。

そこで今回はそんな方法について紹介したいと思います。

対処法1:お金の使い方を見直す

一番簡単でベーシックな方法は、お金の使い方を見直すというものです。
ざっくりとでいいので、最近一ヶ月にどんなことでいくら使ったのか、紙に書き出してみましょう。

意外と覚えていないということに気がついて愕然とすることでしょう。 
お金の使い方を見直すためには、自分がどんなことにお金を使っているのか?ということを正確に把握する必要があります。

家計簿をつける、とか、支出はクレジットカードで管理するなど工夫を凝らしましょう。

対処法2:節約をする

お金の使い方を見直した後は、無駄な支出がなかったかどうかを吟味します。
収入が増えないのであれば、支出を減らすしかないわけですから、本当に必要なものだけにお金を使っていたのかどうか見極め、いらないものをピックアップします。

・食費 
・交際費
・通信費

どこかで節約できることが必ずあるはずです。

・食べきれないものを買ってしまっている 
・付き合いにお金を払い過ぎている
・携帯やインターネットの料金は?

赤字で生活する癖から脱却しない限り、いつまでも赤字です。

見直しやすい通信費を節約しよう!

実は節約する上で一番見直しやすいのは通信費なんです。
知ってましたか?
食費や交際費を節約するのもありですが、これらを節約してしまうと人生の質を左右してしまいますし、付き合いも大切です。

いきなり削ってしまうとストレスになり、生活が楽しくなくなってしまいます。 
通信費であれば自分の問題ですし、一度削ってしまえば継続してその後もずっと節約することが可能です。

格安スマホに変える、とか無駄な定額制サービスを退会するなど、実は簡単なんですよ。

支出を見直す大きなチャンス!加入済みの保険を見直そう!

もしあなたが保険に加入しているのであれば、それは支出を見直す大きなチャンスです。 
家計を見直すときに一番最初に手をつけるべきポイントは、保険料とも言われています。

もしも万が一のときに備える保険に入っているために、今の生活が貧しくなってしまっては本末転倒ですよね。 
最近では保険の相談をできるショップも増えてきました。

保険を見直すと月々の支払いも減りますし、返礼金が戻ってくることも! 
ぜひ保険料の見直しは最初にやってみましょう。

趣味でグッズを集めているなら、そのお金を節約

みなさんの中には、コレクションしているアイテムがたくさんある人も少なくないかもしれません。 
大人になると経済的にちょっと余裕ができることから、子供の頃から欲しかったものを反動で大人買いしてしまいがちです。

でもそれって本当に必要でしょうか? 
どうしても必要!というのであれば、例えば新品ではなく中古品を買ってみるというのはどうでしょうか?

保存状態が良い中古品であれば、まだまだ美しくて満足できるはずです。
オークションを上手に利用してもいいかもしれませんね。

対処法3:お金を稼ぐことで収入を増やす

ここまでは節約することばかり説明してきましたが、ちょっと視点を変えて収入を増やしてみる、という考え方もできるかもしれませんよ。 
収入が増えれば、支出が減ったのと同じ効果を得ることができるでしょう。

・派遣のアルバイトを始めてみる 
・不要なものをメルカリなどで売ってみる 
・アフィリエイトなどネットビジネスにチャレンジしてみる

なんていいかもしれません。

最近ではインターネットで稼ぐこともできますし、思い切って転職をしてみるのも良いかもしれません。

アルバイト・派遣(収入スピード:★★★★☆)

お金を稼ぐ方法として一番シンプルな、アルバイトや派遣をしてみることを考えてみましょう。 
アルバイトや派遣であれば、その日払いの短期の仕事から、ずっと続けられる長期の仕事まで選択肢は様々です。

最低賃金も決まってますし、頑張ればまとまったお金を確実に増やすことができます。 
ウーバーイーツのような新しい稼ぎ方も増えていますし、仕事を選ばなければ誰でも簡単にスタートすることができるでしょう。

その分、自分の時間が減ってしまうのがデメリットです。

転職(収入スピード:★★★☆☆)

今の収入で足りないのであれば、思い切って転職を考えてみるのはいかがでしょうか? 
これまで日本では終身雇用が当たり前でしたが、これからは能力に合わせてどんどん転職することが当たり前になってきました。

今の職場で頑張って収入を増やすより、思い切って職場を変えた方が効率的に稼げるようになることも珍しくありません。
もちろん、全くこれまでの職種と関係ない業界に行くのではなく、これまでの経験が生かせるような職場を選ぶのもおすすめです。

使っていない不要なものなどを売る(収入スピード:★★★☆☆)

部屋をぐるりと見回してみてください。 
ずっと使っていない、無駄なものはありませんか?

例えばタンスやクローゼットには、ずっと使っていない衣装がハンガーにかかったままになってませんか? 
そういったものをインターネットで販売することで、ちょっとしたお小遣いを稼ぐことができます。

それほど価値がないと思っていたものが、実はとてもニーズがあって高く売れた!ということも珍しくありません。
部屋も広くなって一石二鳥です。

クラウドソーシングで稼ぐ(収入スピード:★★★☆☆)

副業として誰にでもできてお勧めのものが「クラウドソーシング」です。 
文字起こしやライティング、イラストの作成など自分の特技を生かしてインターネット上でお金を稼ぐ方法です。

自宅にいながらにしてできるので、仕事が忙しくてアルバイトなんてする時間がない、という人でもちょっとした空き時間にチャンレンジすることができます。 
元手もかからないですし、気軽な気持ちでチャレンジしてみると良いかもしれません。

思ったより稼げるかもしれません。

治験でお金を稼ぐ方法(収入スピード:★★★☆☆)

短時間でたくさんお金を稼げる仕事、ということで治験という仕事もあります。 
製薬会社が販売される前の薬の安全性をテストするというアレです。

かつては怪しい仕事として都市伝説のように言い伝えられていましたし、「怪しい」という印象を持っている人もいますが、実はそんなことはありません。 
もちろん、自分の体を使ってテストをすることになるのでノーリスクとは言いませんが、治験の対象となる薬剤はある程度の安全性が担保されたものばかりです。

自己責任で参加してみてください。

アフィリエイト(収入スピード:★☆☆☆☆)

ネットビジネスや副業に興味がある方であれば、アフィリエイトというワードを聞いたことがありますよね。 
アフリエイトは自分のブログやホームページなどに企業の広告を貼って、そこをクリックしてくれた人に応じてこちらに報酬が入るというものです。

一度システムを構築してしまえば、あとはほとんど手を加えることなく収入が入ってきますが、ライバルが非常に多いのも特徴です。 
またまとまった収入を得られるのはごく一部の人だけ、とも言われていますが、元手が不要なのでチャレンジする価値はあります。

番外編:中学生でバイトができない場合はどうすればよい?

さて、ここまでは収入を増やすための方法について紹介してきました。 
でもここで紹介した方法って、大人限定のものばかりですよね。

この記事を読んでいる方の中には、学生さん、例えば中学生なんかもいるかもしれませんね。 
中学生がお金を増やす手段とは・・なかなか難しいものがあります。

アルバイトもできませんからね。 
まずはお父さん、お母さんと相談してお小遣いアップを交渉してみましょう。

また無駄なお金を使わない習慣を身につけることもお勧めです。

対処法4:国の制度を利用しよう

「全然無駄遣いをしてないんだけど、生活が全く楽にならない!」 
「これ以上生活を突き詰めることなんてできない!」

そんな方も中にはいることでしょう。 
そんな方は国の制度を利用する方法をお勧めします。

この国では、全ての国民が最低限生活できる権利を保障しています。 
安直にお金を借りることを考えるより、まずは国の制度を知って利用しましょう。

・生活保護制度 
・失業給付金 
・債務整理

などを上手に利用すれば、最低限の生活は営むことができるでしょう。

生活保護制度を利用する

それでは生活保護制度についてまずは説明していきましょう。 
生活保護制度とは、何らかの理由により生活に困窮している人のために最低限どの生活を保障しつつ自立を支援する制度です。

生活保護を受けるためにはいくつかの条件があり、それをクリアしないと受けることができないのは事実です。

しかしまずは申請しないことには始まりません。 
1人で苦しむのではなく、信用できる公的機関、例えば市役所や福祉事務所などに相談してみましょう。

既に生活保護受給者でお金がない時の対処法は?

生活保護を受けているにもかかわらず、それでもお金がない場合についてはどうしたら良いのでしょうか?

その時は

・仕事について収入を増やす 
・生活を見直して支出を減らす

しかありません。

生活保護費を増やしてもらうことは非常に難しいですし、現実的ではないと考えます。 
基本的に生活保護があれば最低限の生活ができるようになっていますから、本当に節約できるところはないのかもう一度自分の生活を見直してみましょう。

きっと節約できるポイントがあるはずです。

失業給付金を受給する方法

なんらかの理由で仕事がなくなってしまった場合、突然クビになってしまった場合には失業給付金を受給することができます。 
失業保険と言われるこの制度は、働いているときに加入していた雇用保険の条件によって給付される額は異なりますが、それでも突然仕事がなくなってしまった人たちにとってはとてもありがたい制度であることは間違いありません。

最寄りのハローワークに相談すると詳しい話を聞くことができますので、ぜひ相談することをお勧めします。

総合支援資金を借りる方法

生活保護や失業保険というのは聞き馴染みのある制度ですが、それ以外にも総合支援資金というものがあります。 
これは生活福祉金貸付制度によるものであり、なにかしらの理由で生活に困っている場合に経済的な自立を支援することを目的に供給されるものです。

生活支援金や住居の入居費、一時生活再建費などを貸してもらうことができます。 
連帯保証人がいるのであれば無利子で利用することができますし、もしいなかったとしても年利1.5%と非常に安い金利です。

生活に困っている理由が借金なら、債務整理を検討

さて、生活に困っている理由が借金であった場合には、債務整理を利用することで負担を減らすことができるかもしれません。

債務整理には

・任意整理 
・特定調停
・民事再生
・自己破産

があり、それぞれに対象となる債務や要件が異なります。

ただしこのような公的な制度を利用することにより、合法的に借金を減らすことができますから、やり直すには十分な制度といえるでしょう。 
もちろんその代わりにリスクもあるので専門家に相談の上、慎重に行います。

任意整理・特定調停のリスクとは

それでは、それぞれの債務整理に対してどんなリスクがあるのかについて詳しくみていきましょう。 
まずは任意整理・特定調停に関係して発生するリスクについてです。

任意整理・特定調停では該当する事実が信用情報に記載されてしまうため、5年間はローンやクレジットカードの審査に通過できなくなってしまうリスクがあります。 
ただしたくさんある借金をチャラにしてもらうわけですから、このくらいのリスクや処分は仕方ないといってもいいかもしれません。

民事再生・自己破産のリスク

次に 民事再生・自己破産を行うことによって発生するリスクについて紹介したいと思います。 
民事再生・自己破産のリスクは、この事実が信用情報に記載され、5年から10年程度の期間、ローンやクレジットカードの審査に通過できなくなることです。

もちろん 民事再生・自己破産をすることで不便になってしまいますが、シチュエーションや条件次第では返済額が大幅に軽減されることもあります。 
弁護士さんに早めに相談することをお勧めします。

対処法5:お金を借りる

これまでお金がない時の対処法として、

・節約する 
・お金を稼ぐ
・国の制度を利用する

という方法について紹介してきました。

でも、これ以外にもなんとかする方法は他にもあります。 
そう、お金を借りるという選択肢です。

お金なんて借りずに済むのであればできれば借りたくありませんが、長い人生背に腹は変えられないこともあるでしょう。 
そこでここからは、お金を借りる時の注意点について紹介していきたいと思います。

まずは親族からお金を借りる時の注意点です。

お金を親族から借りる

お金を借りる、となると一番最初に思い浮かぶのが「両親からお金を借りる」というものです。 
きっと両親からお金を借りたことがある方は少なくないでしょう。

また両親からお金が借りにくいようであれば、親戚からお金を借りるという方法もありでしょう。 
この時に大切なことは、取り繕って嘘をつかないことです。

誠実に、なぜお金が足りなくなってしまったのか正直に話し、「できれば幾ら貸して欲しい」と率直に頼みます。
嘘がバレると信頼関係にヒビがはいります。

お金を友人から借りる

親、親戚、兄弟からお金が借りられない場合、次に頼りになるのは友達かもしれませんね。 
「親戚には頼れないんだよね」という訳ありさんもいることでしょう。

ただし友人からまとまったお金を借りるのは難しいと言えます。 
なぜなら、友人としてはあなたにお金を貸すメリットは1つもありません。

またまとまったお金を貸したところで、貸し倒れるリスクも十分に考えられるでしょう。 
何かしらのメリットを提示することで、ギブアンドテイクの関係で借りられるかもしれません。

カードローンやキャッシングで借りる方法も!

親戚、親、兄弟、友達から借りられないのであれば、銀行や消費者金融のカードローンやキャッシングを利用するのも1つの方法です。 
もしかしたら知り合いから借りるより、こちらの方が気楽に確実に借りられるかもしれません。

カードローンであれば即日融資を受けられるものも少なくありませんし、コンビニのATMで返済することも可能です。 
無駄にたくさん借り入れると首が回らなくなってしまいますが、上手に使えば心強い見方になることでしょう。

お金を即日で借りる方法は?

さて、お金を借りるにあたり「いますぐ必要なんだ!」となった場合、どのようにすれば良いのでしょうか? 
即日でお金が借りたいのであれば、消費者金融をインターネット経由で申し込む方法をお勧めしています。

ホームページで審査申し込みから審査の実施、回答、契約の手続き、契約の完了まですぐに終了することができ、そのまま即日融資が受けられます。 
すぐにお金が欲しい!という方にとって、消費者金融はとても心強い味方ですね!

お金がないけれど、自力で乗り切る方法はある?

金欠にならないように生活をするのが一番ですが、自分の浪費などだけではなく、急な出費が重なったりすることによってもお金が無くなってしまうことはあります。

ですが生活をしていかなければならないので、どうしてもお金は必要になってきます。 
そんな時には、自分でお金を手に入れ、その状態を乗り切らなければいけません。

そこでここからは、お金が無い時に自力でその場を乗り切るための方法をいくつか紹介していきます。 
お金が無い時には試してみてください。

お金をゆうちょ銀行で借りる方法

ゆうちょ銀行には、貯金担保自動貸付という貸付制度があります。

これはゆうちょ銀行にある貯金を担保にして融資を受けることができるものです。 
申し込みは必要ですが、年齢背玄が設けられておらず、審査もないので利用しやすいです。

貯金担保自動貸付の利用条件は以下のようになっています。

・担保:ゆうちょ銀行の定期貯金または定額貯金 
・借入限度額:預入金額の90%以内(通帳1冊につき最大300万円まで) 
・貸付期間:最大2年 
・金利:(定期貯金)預入時の約定金利(%)+0.5%、(定額貯金)預入時の約定金利(%)+0.25%
・返済方法:「通常貯金」に預入することで自動的に返済される

給与前払いサービスを利用する

勤務先が給与前払いサービスを導入している場合、それを利用することで給料の一部を前払いで受け取ることができます。

これによりその場をしのぐことはできます。 
ですがこの方法の場合は、前払いしてもらった分給料自体が下がってしまうので、翌月以降にどこかで収入が少なくなってしまいます。

それによりまた金欠になってしまう可能性はあります。

また給与前払いサービスに似たようなもので、給料ファクタリングというものがあります。 
こちらは似ているように感じてしまいますが、全く別のものです。

給料ファクタリングは会社が行っているサービスではないので危険もあります。

個人事業主向け、ファクタリングを利用する方法

個人事業主や零細企業の場合には、ファクタリングを利用するという手もあります。

取引先からのお金の振込には時間がかかるため、すぐにお金が必要という場合でも何ともできません。 

ですがこのファクタリングでは、その未収入金をファクタリング会社に売却することで、早く現金化を行うことができるというものです。 
この場合は借り入れなどをするわけではないので返済なども必要ないということで、近年中小企業の資金繰りの方法として注目が集まっています。

お金がなくても、絶対にやってはいけないこと!

お金が無くて困っているものの、これまでに紹介してきた手段はどれも使えなかったということも起こりえます。

ですがそんな時にやってはいけないこともいくつかあります。 
今はそんなことしないと思っている人も多いでしょうが、本当にお金が無くなってしまうと、冷静な判断ができなくなってしまうため、やってはいけないことでも手を出してしまうという可能性もあります。

ですがこれから紹介する方法は、さらなるトラブルに巻き込まれてしまう可能性があったり、さらに生活が厳しくなってしまう場合があります。

お金をギャンブルで増やそうとする

やってはいけないことの1つ目は、ギャンブルでお金を増やそうとすることです。 
お金が残り少ない時に、そのお金をギャンブルで増やそうとしてしまう人がいます。

ですがこれは絶対にやめましょう。

ギャンブルは元々店側が儲かるように作られています。 
そのため勝てる人がいたとしてもそれは本当に一部のみで、損をしてしまう可能性が高いのです。

無茶な勝負に出てお金を失うどころか、借金をしてしまう可能性もあります。

ギャンブルに手を出すよりも、日払いのアルバイトなどを探しましょう。

カードローンから多額の借り入れをする

前述したようにカードローンは無利息期間があったり、即日融資が受けられるなどの理由で便利です。

ですがだからといって、使い過ぎには注意しなければいけません。 
カードローンはカードさえあればお金を引き出すかのようにしてお金を借りることができます。

ですがカードローンはあくまで借金です。 
そのため必ず返済しなければいけません。 
調子に乗って借り過ぎてしまうと、その時の生活は楽になったとしても、後程返済をしなければならず、生活が苦しくなってしまいます。

ヤミ金からお金を借りること

カードローンなどの審査に落ちてしまった場合、審査なしやブラックといった人でもお金を借りることができるという業者からお金を借りようとしてしまうことがあります。 
ですがこのような条件を出しているのは、ヤミ金なので利用しないようにしましょう。

知っている人も多いでしょうが、ヤミ金は暴力団構成員などが関わっていることも少なくなく、実際に借りてみると聞いていたよりもはるかに高い金利を請求されてしまい、日常生活を送れなくなってしまう危険もあります。

お金がない生活とストレスとの間にはどんな関係がある?

お金がないと毎日の生活はギスギスしますし、心にゆとりが持てなくなってストレスが溜まりますよね。 
欲しいものが買えない、食べたいものが食べれない、行きたいところにいけない。

ストレスが溜まって病気になってしまっては本末転倒ですよね。
でもないものは仕方がありません。

ということで、ここからはお金がない時でも生活を楽しむ工夫や取り組みについて紹介したいと思います。
気持ちの持ちよう一つで、意外と楽しく生活できるようになります。

恋人にプレゼントを贈りたいのにお金がない!何か対処法はある?

お金がないのに恋人がいる時に困ること、それは誕生日や記念日にプレゼントを贈りたいのにお金がない!ということ。
かといってお金がないから別れるというのも馬鹿げていますよね。

そんな時はこんな方法はいかがでしょうか?

・心を込めた手紙をプレゼントする 
・似顔絵や写真などをプレゼントする
・手作りの料理やケーキをプレゼントする 
・それほど高くないプレゼントを用意する

このように、工夫と気持ち一つでいろいろな選択肢があります。

彼氏・彼女をお金がなくても楽しませたい!対処法は?

恋人と交際するのはなにかとお金がかかります。
デートするにもどこかに出掛けるにも、ある程度のお金は必要です。

でもお金がないからデートをしない、なんてことをしているとお互いの関係が冷え切ってしまい、続かなくなってしまうこともあるでしょう。 
そんな時にお勧めなのはお家デート。

映画はDVDを借りてきて自宅で楽しむ、近所の公園に行って運動をする、お店に出かけてウィンドウショッピングを楽しむ。 
雰囲気の演出方法ひとつできっと楽しく過ごせるはずです。

なぜ?消費者金融のおすすめポイントを紹介!

でも、「どうしても今回のデートは気合を入れたい」ってこともありますよね。 
ここぞ!という時にチャンスを逃してしまうと、これからの2人の関係にも大きく影響してしまいます。

そこでワンポイント、消費者金融を利用するのも一つの手です。
消費者金融であれば、初めての場合は短期間だけという条件で無利息でお金を借りることができるサービスをやっています。

このサービスを上手に利用すれば、素敵なデートを演出することができそうです。

お金がないけど、彼氏・彼女と結婚、プロポーズしたい・・・!対処法は?

「ずっと付き合ってきた素敵な彼氏・彼女と結婚を考えている、そろそろプロポーズかな?」 
こんなふうに結婚を意識しているカップルもいることでしょう。

でも結婚ってお金がかかりますよね。 
手元にはそんなお金がない、ではどうやって対処したらいいのでしょうか?

・結婚式は小規模で行う 
・2人で一生懸命貯金をする 
・ブライダルローンを利用する

お金がなくても結婚する方法はあります! 
お金がないからと言ってチャンスを逃してしまうのはとてももったいないことです。

お金がない女性の特徴について

結婚を見据えているのであれば、相手がお金を持っているかどうか把握することは大切です。 
結婚=お金ではないですが、ある程度お金が必要なのは疑いようのない事実です。

ではここからはお金がない女性の特徴についてみていきたいと思います。

・飲み会を断れない 
・使ったお金を把握していない 
・ブランドものが好き 
・外食や惣菜の持ち帰りがほとんど
・友達から気軽にお金を借りる

このような特徴がある女性はお金がないと考えても良いでしょう。

お金がない男性の特徴について

一方でお金がない男性の特徴についてもみていきたいと思います。 
結婚する彼氏がこのような特徴があるとするならば、要注意です。

・「お金がない」というのが口癖、いつも言っている 
・ギャンブルが大好き 
・何にいくら使ったか把握できてない
・風俗やキャバクラといった夜のお店が大好き 
・飲み会ばかり参加している 
・お酒が好きでたくさん飲んでいる
・車にお金をかけすぎているのに生活は貧乏

あなたの彼氏はこんな特徴はありませんか?

離婚したいけどお金がなくて踏み切れない!対処法はある?

さて、ここまでは結婚するためのお金について紹介してきました。 
ここからは話題を変えて、離婚したいけどお金がなくて踏み切れない時の対処法について紹介したいと思います。

離婚するためにはお金が必要です。 
大きく分けると

・離婚の手続きに必要な費用 
・別居した後の生活費などの費用

離婚を考えたことがない人には想像ができないと思いますが、実際に離婚がリアルになってみると、こんな切実な悩みを抱えている人が結構多いようです。

離婚手続きに必要な費用は?

離婚にお金が必要なの?と意外に感じる方も多いかもしれませんが、本当に必要です。 
離婚手続きには離婚方法によって異なり、協議離婚にするのか、それとも調停離婚にするのかによってその支出は変わってきます。

それではここからは離婚の方法によって必要な費用が変わってくるということに対して、それぞれのシチュエーション別に詳しくみていくことにしてきましょう。
経験しなければそれに越したことはありませんが、知っておいて損はありません。

協議離婚の場合

もし離婚が協議離婚で済むのであれば、それはとてもラッキーなことです。 
というのも協議離婚の場合は、夫と妻それぞれの署名と捺印がある離婚届を役所に提出して終わりだからです。

この手続きだけで離婚は成立するため、基本的に手続きにかかるお金は必要ありません。 
もし離婚を考えているのであれば、お金の問題で悩まなくても離婚できるようにぜひ円満に協議離婚でいきたいものですね。

もちろんその後の諸々でお金がかかるでしょうが、調停離婚よりはましです。

調停離婚の場合

さて、調停離婚の場合には協議離婚と異なり家庭裁判所への申し立てが必要になります。 
申し立て自体は1200円の印紙を貼り付けた調停申立書を収めるだけですが、問題はその後です。

きっと調停離婚になると、お互い弁護士を立てることが多いはずです。 
この弁護士費用がかなり高額であり、およそ60万円から70万円必要になると言われています。

また慰謝料の支払いが必要になったりすれば、さらに出費はかさみます。 
このように離婚の方法によって、その支出は大きく変わるのです。

【民事法律扶助】弁護士費用を立て替えてもらえる制度

ただし弁護士費用を立て替えてもらえる制度も存在します。

・無料で法律相談を受けることができる法律相談援助 
・弁護士や司法書士の費用を立て替えてくれる代理援助

これらの精度をうまく利用すれば、経済的な負担を抑えることができるのです。

なお援助を受けるためには

・資金力が一定額以下であること 
・勝訴の見込みがないとは言えない 
・民事法律扶助の趣旨に適していること

と言った条件を満たす必要があり、全ての人が利用できるわけではありません。

子育てにお金が必要なのにない・・・!対処法は?

子供を育てるためには想像以上にお金がかかります。
仕事をしている人であれば育休制度などを利用することができますが、その分収入はしっかりと減らされてしまいます。

少子化社会に対応するため、子供を産んで育てることに有用な制度がたくさん国から用意されているので、しっかりと利用しましょう。

・出産育児一時金 
・育児休業給付金 
・児童扶養手当 
・パパ/ママ育休プラス

こう言った精度を上手に利用すれば、子供を育てる費用を抑えることができるのです。

ひとり親家庭で余裕がない・・・!何か対処法はある?

母子家庭、または父子家庭の場合経済的に余裕がないことも珍しくありません。 
離婚してしまったり死別してしまったりと言った理由で1人で子供を育てざるを得ない状況も珍しくありません。

離婚した時の慰謝料だったり、死亡した時の保険金が少なかった場合には、大変な負担になることでしょう。

・児童扶養手当
・児童手当 
・就学援助
・母子福祉資金貸付金 
・生活福祉資金貸付制度
・女性福祉資金貸付制度 
・ひとり親家庭に対する医療費補助制度

これらの制度を上手に利用しましょう。

お金がないけど留学したい!対処法は?

留学して知見を広げたいのに、留学する費用がない!

留学するためには渡航費や通学費用以外にも、家賃だったり食費だったり、生活費を用意する必要がありますね。
現地でバイトをしてお金を稼ごうにも、なかなか難しいかもしれません。

そんな、留学したいのにお金がないあなたには留学に関する補助制度を利用しましょう。 
学生さんであれば返済不要の奨学金が用意されている、文部科学省が推進している「トビタテ!留学JAPAN」制度がお勧めです。

クレジットカードの支払いが苦しい!どのような対処法がある?

クレジットカードでの買い物をしすぎてしまって生活が苦しくなってしまった! 
そんなちょっとお間抜けな人はどうしたらいいでしょうか?

もちろん、自業自得ではあるわけですが、お金が足りなくなってしまったのは事実ですからなんとかしなければいけませんよね。 
そんな時は「リボ払い」を利用するのもありでしょう。

一般的にリボ払いする時は支払いする時に「リボ払いで」と宣言しますが、後からリボ払いに変更することができるクレジットカードもあります。 
上手に利用したいですね。

お金がないけど体調が悪くて病院に行きたい場合はどうすれば良い?

体の調子が悪くなってしまうのはお金持ちだけではありません。
お金がなくても体調が悪くなってしまうことがあるでしょう。

お金がないから医療機関に受診できないというのは悲惨です。 
もしあなたが公的制度の対象者に該当するのであれば、無料で診察してもらえる可能性もあります。

・低所得者 
・要保護者 
・ホームレス 
・DVの被害者

もしこれらに該当するのであれば、対象となる可能性が高いと言えるでしょう。 
症状がひどくなる前に一度、医療機関に相談することをお勧めします。

お金がない時の長期的な対策も合わせて進めよう

さて、ここまではお金がない時のとりあえずの凌ぎ方を紹介しましたが、ここからは長期的な目線でみていきたいと思います。

長期的に考えた時には

お金がない時の長期的な対策
  • 毎月一定額を給料から積み立てる
  • 副業をして収入源を増やす
  • 支出を見直し、支出金額を長期的に減らす
  • 資産運用を行う

こう言った選択肢も考えてみましょう。
もし借入金が多い、と言った事情によりこれらの対策が難しいのであれば、自己破産や債務整理を本気で検討してみる必要があるかもしれません。

FPが教えるお金の運用の仕方を紹介!

お金の運用方法について相談したいのであれば、ファイナンシャルプランナー(FP)に相談するのが一番です。 
お金の問題は資産運用というのは難しいものですが、お金のプロであるFPはあなたの生活のレベルにあった具体的ですぐにできるプランをいくつも提案してくれることでしょう。

自分でもんもんと悩むより、一度FPに生活をみてもらった方が早いですし、確実な効果を期待できることでしょう。 
FPには次のような内容について相談することができます。

税金対策(節税)をする

生活をしていると気になるのが税金です。 
気にしてないうちはあまり気になりませんが、一度気になると「こんなに税金を払っているのか!」と驚くことでしょう。

収入が増えないのであれば支出を減らすのが一番ですが、減らす支出の中には税金も含まれます。

でも税金を減らすのって結構難しいですよね。
そんな時に頼りになるのがFPです。

FPに相談すれば、個人でできるレベルの節税についてアドバイスをくれます。 
例えば個人型確定拠出年金に加入するなど、知らなかった情報を教えてくれるはずです。

少額でできる投資をする

もし生活にちょっとだけ余裕があるのであれば、投資にチャレンジしてみるのはいかがでしょうか? 
投資といえば難しいと思いがちですがそんな時こそFPさんの出番です。

例えばNISAという制度を使って、税金を節約しながら投資をしていくなど、普通に生きているだけでは知らなかったテクニックがたくさんあります。
ただし投資にはリスクが伴います。運用に失敗すると元本割れを起こすことがありますので、生活資金ではなく余剰金でやることをお勧めします。

老後の資金はどうする?

これから少子高齢化が進むと、将来老後の生活はどうなるんだろう、と不安になる方もいるかもしれません。
そんな時もFPの出番です。

例えば個人年金保険に加入して将来に備える、と言ったアドバイスをもらうことができるでしょう。
個人年金保険のメリットは将来に備えることができるだけではなく、節税効果があることです。

老後の資金を用意しつつ、節税もできるのでぜひチャレンジしない手はありません。 
詳しくはFPに相談してみましょう。

すべてのカードローンを見る

カードローン一覧

金融機関の種類から探す

銀行カードローン
消費者金融カードローン

ランキングで探す

カードローンランキング
消費者金融カードローンランキング
銀行カードローンランキング

カードローン会社から探す

特徴から探す

低金利のカードローン
即日融資が可能なカードローン
無利息期間ありのカードローン
借り換え可能カードローン
郵送物なしカードローン
コンビニ対応カードローン
審査結果の早いカードローン
WEB完結可能なカードローン
WEB明細が使えるカードローン
口座振込で返済可能なカードローン
ネットキャッシングできるカードローン

職業から探す

公務員に人気のカードローン
会社員(サラリーマン)に人気のカードローン
自営業(社長)に人気のカードローン
主婦に人気のカードローン
パート・アルバイトに人気のカードローン
学生に人気のカードローン

心配・悩みから探す

カードローンとは?
審査なしのカードローンはある?
カードローンの審査基準は?
審査の甘いカードローンは?
金利の計算方法は?
カードローンとキャッシングの違いは?
専業主婦でも即日融資は可能?
サラ金・ヤミ金・街金の違いは?
お金借りるならどこがいい?
「カードでお金」の看板は何?
おまとめローンの審査基準は?
ショッピングローンの審査基準は?
無審査で即日融資のカードローンってある?
中小消費者金融は審査が甘い?
カードローンの返済方法は?
ソフト闇金のデメリットは?
他社借入があると審査落ちする?
キャッシングは信用情報に傷がつく?
即日で50万円は可能?
個人間融資は危険?
サラ金の金利は?

    おすすめカードローンランキング

  1. カードローン人気ランキング
  1. 本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  2. 本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  3. 当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  4. 本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  5. 編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  6. カードローンは計画的にご利用ください
  • ランキング根拠
  • ランキングは以下のデータに基づき作成しています(詳細はランキングページに記載)
  • ・利用者へのアンケート調査
  • ・ワイズローン経由でのアクセス数、申込数
  • ・各社が公開している口座数、財務情報
  • プロミス
  • プロミスではメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
  • 瞬フリを利用するには24時間振込可能な金融機関の口座が必要です
  • SMBCモビット
  • 融資や審査回答までの時間について:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • 「50万円以下なら収入証明書不要」について:場合によって収入証明を提出していただくことがあります。
  • レイクALSA
  • 商号:新生フィナンシャル株式会社
  • 貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号
  • 融資限度額 1万円~500万円
  • 貸付利率 4.5%~18.0%
  • 遅延損害金(年率)20.0%
  • 返済期間・回数/最長8年・最大96回
  • 必要書類 運転免許証等 ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
  • 担保・保証人/不要
  • 要審査
  • Webで最短60分融資も可能※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
  • 申込資格:年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方
  • ご返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
  • 初めてなら初回契約翌日から無利息
  • ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります
  • Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません
  • 無利息期間経過後は通常金利適
  • 30日間無利息、180日間無利息と併用不可
  • 千葉銀行カードローン
  • 対応地域:千葉全域、東京全域、埼玉全域、茨城全域、神奈川(※一部地域を除く)
  • 三井住友銀行カードローン
  • 三井住友銀行の普通預金口座・キャッシュカードをお持ちなら、申込から契約までの手続きがWEBで完結
  • ローン契約機でカードを受け取れば郵送物なし

Copyright LeadingTech All Rights Reserved.