最終更新日:2020年06月26日

銀行からお金を借りる条件を解説!借り方や審査の流れを紹介

銀行からお金を借りる方法には何があるの?8つの金融商品を解説!

お金を借りたいというときに、銀行からお金を借りようと考える人も多いでしょう。 
銀行は金利も低めで、信頼度も高いので安心してお金を借りられると感じる人もいます。

ですが一概に銀行でお金を借りるといっても、その方法はいくつもあります。 
そのため銀行でお金を借りる場合は、ただ漠然と銀行でお金を借りようと考えるのではなく、自分の状況ならどの商品に申し込むのがよいのかを考えなければいけません。

ですがそのためにはどのような商品があるのかを知っておかなければいけません。 
そこでここからは、銀行でお金を借りる方法について紹介していきます。

【金融商品1】住宅ローン

最初に紹介するのは、住宅ローンです。

実際に利用しているという人も多いでしょう。 
この住宅ローンというものは、マイホームを購入するための資金を借りるためのものです。

この住宅ローンで借りる金額は、その人の年収や家の値段によってまちまちです。 
一般的な目安としては、現在の貯蓄と住宅ローンで融資を受けられる金額から考えることになります。

住宅ローンでは、固定金利と変動金利から自分で選ぶのが一般的です。 
どちらもメリットもデメリットもあるので自分に合ったものを選びましょう。

【金融商品2】マイカーローン

続いて紹介するのは、マイカーローンです。
名前からもわかるように、自家用車を購入するための資金を用意したいときに利用することができます。

マイカーローンの融資は、購入した車が納車するまでに受けることができます。

また自動車だけではなくバイクの購入の際にも利用することができます。
また、免許の取得や車の修理代、車検代といった車に関連することになら利用することができます。

そのため用途も比較的広く設定されているので利用しやすくなっています。

【金融商品3】教育ローン

続いて紹介するのは教育ローンです。 
最近では大学まで進学する人も増えてきています。

ですが大学進学にはかなり多くのお金が必要になるため、そのためにお金が必要ということも多いでしょう。 
そんな教育関連の資金を借りるために用意されているのが教育ローンです。 

教育ローンは大学などの学費や入学費はもちろん、教科書代などにも利用することができます。 
金融機関によって変わりますが、子供の在学中は利息のみの支払いでよいというところもあるので、負担を減らすこともできます。

【金融商品4】ブライダルローン

続いて紹介するのは、ブライダルローンです。 
結婚式はもちろん、結婚するときには多額のお金が必要になります。 
その資金を借りることができるのがブライダルローンです。

その用途は結婚式や新婚旅行、新居に必要な家財の購入など広くわたります。

銀行だけでなく、ブライダルハウスや信販会社もブライダルローンを行っているため、それらから選ぶのが一般的です。 
特に銀行のブライダルローンは、金利もお得に設定されているのでおすすめです。

【金融商品5】リフォームローン

自宅の増改築などにも非常にお金がかかります。 
そんな時に利用できるのが、リフォームローンです。 
家の増改築の工事費用を借りることができます。

リフォームの費用ならこれで賄うことができるので、キッチンや外壁塗装、耐震補強など様々なことに使うことができます。 
利用する際には工事見積書などが必要になるので、ある程度リフォームの契約を進めたりしてからでなければ利用できませんが、まとまったお金を工面することができます。

【金融商品6】事業者ローン

会社を経営する立場の人の場合、これまでに紹介してきたものよりも多額なお金が必要になることもあります。 
そんな人が利用できるのが、事業者ローンです。 
これは会社を経営している人向けのローンになります。

事業者であれば法人から個人事業主まで利用することができ、借りたお金は設備投資やっなぎ資金として幅広い用途で使うことができます。 
事業者の人の場合は必要な金額も多いため個人では借りられないことも多いのでおすすめです。

【金融商品7】フリーローン

ここまで紹介してきたお金の借り方は、どれも用途がある程度決まってしまっているものでした。

ですがお金を必要としている人の中には、借りたお金を様々な用途で使用するという人もいることでしょう。 
そういった人にはこれまでに紹介してきた方法は向いていません。

そんな人には、フリーローンがおすすめです。 
フリーローンは借りたお金の用途は決まっていないため、自由に使うことができます。

借りるのに担保も必要ないので、申し込みやすくなっています。

【金融商品8】カードローン

最後に紹介するのは、カードローンです。
お金を借りる方法としてカードローンを思い浮かべる人もいるでしょう。 
それほどまでに一般的な方法になっています。

使用用途が決まっていないことはフリーローンと同じですが、借入回数に違いがあります。 
フリーローンでは契約時にお金を受け取りますが、カードローンの場合は契約時に決めた上限金額までなら、自分の好きなタイミングでお金を借りることができます。 
返済していけば上限額は元に戻るので、途中で再び借りるということも可能です。

銀行からお金を借りるときにどのような申込条件があるのか

銀行からお金を借りるときの申込条件も見てみましょう。 
銀行により多少の違いはありますが、一般的な申し込み条件は次の通りです。

銀行からお金を借りるときの申込条件
  • 日本国内に在住している満20歳~65歳までの方
  • 安定継続的な収入のある方
  • 銀行が指定する保証会社の保証を受けられる方

上記のうち1つでも満たしていない場合は、ローンの契約が出来ない可能性が高くなります。 
ローンを検討している場合は、まず上記を満たしているか確認しましょう。

保証会社の保証を受けられる方とはどんな人?

銀行のローン商品では「保証会社の保証を受けられる方」という申し込み条件を設定している場合があります。 
保証会社とは、保証業務としてカードローン審査および代位弁済などを行っている会社です。 
信販会社や消費者金融が行っている場合もあります。

銀行では保証会社を利用することによって、貸し倒れリスクを防ぐのです。 
保証会社が保証してくれるかどうかは審査結果によります。 
過去に延滞や遅延などの履歴がある場合、保証会社が保証してくれない可能性があります。

審査通過が銀行からお金を借りるための条件

これまでは銀行でお金を借りる方法を紹介してきました。 
使用目的などによって様々な商品がありますが、1つ共通点があります。

それは、利用するためには申し込むだけではなく、審査に通過しなければいけないということです。 
どの方法でも審査に通過しなければお金を借りることはできません。

実際に銀行でお金を借りようとして、審査に落ちてしまったために借りることができなかったという人も多いです。 
そこでここからは銀行でお金を借りるための審査について紹介していきます。

あなたの返済能力が審査では見極められる

銀行がお金を貸す際に行う審査では、その人に本当に返済能力があるかを審査しています。 
銀行がお金を貸した人が返済ができないと、貸し倒れになってしまい大きな損失となってしまうリスクがあります。 
そんなリスクを回避するためにも、銀行はお金を貸しても本当に帰ってくるのかというところを見ています。

その審査は消費者金融などの審査よりも厳しくなっています。 
銀行は金利を低く設定しているため利息による利益を低くしているためです。

収入が安定しているかを申し込み情報から確かめる

申込者に返済能力があるかどうかは、その人に安定した収入があるかどうかで判断しています。 
それを確認するために、申し込み時には職場の情報や年収、勤続年数などを伝えなければいけません。 
また、その人が申請した職場に本当にいるかどうかを確かめるために、電話での在籍確認も行われます。

これらの情報から判断してその人が返済をしていけるかどうかを判断しています。 
また銀行にはこれまでの申込者の情報があるため、嘘の情報を書いてもばれてしまうのでやめましょう。

過去の借り入れ状況なども審査では確かめられる

銀行でお金を借りる際の審査では、過去に借り入れをしたことがあるかについても調べます。
これはすでに返済が終わってるものも含まれます。 
これにより、過去の借り入れできちんと返済を行っていたか、延滞をしていないかなどを確認しています。

過去の借り入れで延滞をしている人は、今お金を貸したとしても再び延滞をしてお金をスムーズに返済できない恐れがあります。 
それではリスクが高くなってしまうので、そのような人は審査の時点で落としてしまいます。

Q.何年前のものまで信用情報は確認される?

前述したように銀行の審査では過去の信用情報まで確認されます。
信用情報は一定の期間が経つと更新されていくので、延滞などの情報もいずれはなくなります。

では信用情報はいつまで保存されるのでしょうか。それはどんな情報なのかによって変わってきます。 
例えばカードローンなどへの申し込みの情報に関しては申込日から半年間、ローンなどの契約・借入・返済・関西についての情報は完済日から5年間は残ります。

そのため期間が空けば審査に落ちた人でも通過できるようになる可能性があります。

目的がひとつの場合はどうする?適切なローンを検討しよう!

銀行でお金を借りる方法をいくつか紹介してきましたが、その中のどれを使うべきなのかはその人の置かれた状況によって変わってきます。

何か目的が決まっていて、その費用を賄うためのローンがあるのならば、目的に合ったローンを利用するようにしましょう。 
カードローンなどは用途は決められていませんが、その分金利なども低くなっている場合もあります。

またそれぞれの用途ごとにお金を借りるべきタイミングも変わってきます。 
それぞれに合わせて借りることもできるので、専用のものを利用しましょう。

目的が複数ある場合はどうする?カードローンを検討しよう!

お金が必要だけれども、専用のローンに当てはまるような目的がないときや、借りたお金をいろいろなことに使うという場合には、カードローンを利用するのがおすすめです。 
カードローンは用途も決まっておらず、範囲内ならば必要な時に借りることができるので便利に利用することができます。

専用のローンの場合は用途が決まっているため、それに違反してしまうと融資が止められてしまう可能性もあります。 
そんなことを起こさないためにもカードローンを利用しましょう。

銀行カードローンについて特徴やメリットを紹介

銀行のカードローンには以下のような特徴があります。

・来店せずに申し込むことができる 
・担保や保証人がいらない
・決められた金額までならば何度でも繰り返し借りられる

カードローンならば他の方法とは違い、スマホやPCから申し込むことができるので、銀行に行く必要がありません。

また銀行によっても異なりますが、提携したATMからお金を借りることができるということも多いので、必要な時にお金を借りやすくなっています。

銀行カードローンの金利はどれくらい?

銀行のカードローンは前述したように便利な部分がたくさんあります。

ですがそのことから、金利が高くなっているのでは、と思う人もいることでしょう。 
金利が高いと返済時の負担も大きくなってしまうので、つらいという人も多いでしょう。

ですが銀行のカードローンは特別高いということはありません。
ほかの方法に比べると高く感じてしまうかもしれませんが、カードローンの金利が高いというわけではなく、借りる金額が多いので他の方法のほうが金利が低くなっているのです。

そのため金額から考えると特別高いということはありません。

金額別に見た利息のシミュレーション

では実際にお金を借りたときに利息はどの程度になるかを見ていきましょう。

10万円を借り、90日で返済すると仮定します。10万円を借りた場合は金利は18.0%になります。 
これを計算していくと以下のようになります。 
100,000円×0.18÷365×90日=4438.35円 
そのため利息は4,438円となり、返済額は104,438円となります。 

同様の条件で20万円借りた場合は以下のようになります。 
200,000円×0.18÷365×90日=8876.71円 
よって利息は8876円、返済額は208,876円となります

借りた金額が多いほど支払う利息は多くなっていきます。

返済金額を計算

初めてカードローンを利用するという人は特にですが、自分がどれくらいの金額を毎月返済していけばよいのかが気になるという人も多いでしょう。

返済額は借りた金額やどれくらいの期間で返していくのかによって変わってきます。 
同じ金額を借りたとしても、どれくらいの期間で返すのかによって利息の計算も変わってくるため、それだけでも返済金額は変わってきます。

詳しい金額が知りたい人は、銀行などの公式サイトに返済金額のシミュレーションがある場合があるのでそれを利用しましょう。

返済期間を計算しよう

お金を借りる場合には、毎月返していくことができる金額をすでに決めている場合もあります。

そんな時に、返済までにどれくらいの期間が必要なのかが気になる人もいるのではないでしょうか。 
返済期間についても返済額と同じように、借りた金額や金利によって変わってくるので自分で計算するのは難しいです。

そんな時にも各銀行や消費者金融が行っている返済シミュレーターを利用しましょう。 
自分の借りた金額や金利、毎月の返済額を入力するだけで返済期間を出してくれます。

必要書類は申し込み前に用意しておくのがおすすめ

銀行のカードローンに申し込む場合、どの銀行のカードローンでも本人確認書類や収入署名書類が必要になります。

そのためこれらを事前に準備しておけば申し込みや手続きをスムーズに進めていくことができます。 
これらがなければ手続きがそこで止まってしまうので、融資を受けることができるのが遅くなってしまいます。

そのためできるだけ早く融資を受けたいという人は特に準備しておく必要があります。
書類によっては細かい条件があるので注意しましょう。

本人確認書類の一例

本人確認書類として使えるのは以下のものになります。

・運転免許証 
・運転経歴証明書 
・パスポート 
・住民基本台帳カード 
・各種福祉手帳 
・個人番号カード(マイナンバーカード)

基本的に本人確認書類として使えるのは、これらの顔写真付きの書類になります。ですが場合によってはこれら以外にも住民票の写しなどが必要になることもあります。

そのためできるだけ早く融資を受けたいという人は、使用する書類について事前に銀行に確認しておきましょう。

収入証明書類の一例

収入証明書類として使えるものの一例は以下のようなものです。

・源泉徴収票 
・給与明細表(直近2か月分)
・住民税決定通知書
・納税通知書 
・確定申告書
・青色申告決算書
・所得証明書
・年金証書
・課税証明書

これらのように、年収が確認できる書類が必要になります。

給与明細は手元にあるという人も多いでしょうが、それ以外のものの場合は役所などに取りにいかなければいけないものもあります。 
そのため準備しておかないと手続きに時間がかかる可能性もあるので注意しましょう。

勤務実績について

銀行からお金を借りる際に、銀行は当然その人にお金を貸してもいいかどうか審査を行います。

審査の結果、返済能力があって、お金を貸してもそのお金を全て回収することができるだろうとみなされた人にのみ融資が実行されます。 
この審査の際に返済能力をはかるために勤務実績について調べられます。

勤務実績とは勤続年数や勤続先のことを指します。

これらを見ることによってどれぐらいの収入が安定して入ってきて借金の返済にどれぐらいの金額をあてることができるのか把握することができるのです。

勤続年数

勤続年数に関しては、現在働いている勤務先にどれぐらいの期間続けて勤務しているかどうかを調べられます。

勤続年数が長ければ長い程、その人はその会社で働き続ける可能性が高く、つまり安定して収入を得続ける可能性が高くなります

つまり貸したお金を回収できる可能性が高くなるわけです。
具体的には、1年以上は現在の勤務先で勤務を続けている方がお金を借りやすいでしょう。

もちろん勤続年数が1年未満でもお金を借りることができないとは限りません。

勤務先(職種等)

お金を借りる時に銀行側は勤務先(職種)に関しても審査を行います。

勤務先によって収入の金額はまちまちです。
当然収入が多い方が返済能力が高いという風にみなされ、お金を借りやすくなります。

また、勤務している企業の規模の問題もあります。 
例えば非上場企業よりは東証一部上場企業の方が倒産するリスクは低く、その人に安定して収入が入ってくる可能性が高くなります。

こういった要素をチェックした上で、その人の返済能力を把握しているのです。

【ブラックリスト】信用情報とは

ブラックリストとは指定信用情報機関(CIC)が持つ個人の信用情報のことを指します。 

借金の返済が滞ってしまう人に多くの金融機関が融資をしてしまうと返済不能となる事例が多発してしまう恐れがあります。 
その防止のために、ブラックリストで返済が滞った顧客の情報を共有して、返済能力が低い人がローンの申し込みをしてきた際に安易にお金を貸さないようにしているのです。

具体的には返済が61日以上滞った顧客の情報はブラックリストに入るようになっています。

年齢について。どれくらいの年齢なら借入できる

ローンを利用することができる年齢に関してですが、未成年は基本的にローンを利用することができません。 
収入がなく、返済能力がないためです。

また、年齢を重ねるとそれもまた返済能力が無くなってしまうので問題があります。 
少額のカードローンでも69歳までなどの年齢の上限も設定されています。

また、住宅ローンの場合は返済する期間が長期間となるので利用できる年齢の上限はより厳しくなります。 
35年ローンを組む場合は45歳ぐらいが上限となってきます。

過去に自己破産をしていた場合はどうなる?

借金の返済が困難となった場合に資産を全て没収される代わりに借金を無かったことにする自己破産をするケースがあります。

もしこの自己破産をした場合には、信用情報機関に信用情報として5年間この記録が残ることになります。
また、借金をしていた金融機関からはそれ以後借金をすることは困難になるでしょう。

自己破産した場合にはKSC(全国銀行協会)という機関でも自己破産したことが情報として10年間保管され、必要に応じて他の銀行に共有されることになるので、10年間は他の銀行でもお金を借りることは困難になるでしょう。

他社からの借り入れ状況について

お金を借りる際に銀行側は他社での借り入れ状況についても審査を行います。

この情報に関しては申込者から聞き出す必要はありません。 
信用情報機関がこの情報を持っており、それを金融機関が共有できるようになっているのです。 
ですから、申し込みの際に他社での借り入れ状況について偽って申請してもすぐにばれてしまいます。

もし偽ったことがばれてしまったら、その人は信用できない人だとみなされて借入が困難になります。 
ちなみに当然他社での借入が無い方がお金を借りやすいです。

賃貸か持ち家かについて

賃貸か持ち家かもお金を借りやすいかどうかに関わってきます。 
持ち家の場合は最悪その家を売ってしまえばお金を回収することができるので返済能力が高いとみなされます。

一方で賃貸の場合には担保になるものがないのでお金を借りにくくなる傾向にあります。 
また、賃貸の場合は毎月家賃の支払いが発生します。

つまり借金の返済以外に固定された支出があるわけです。 
つまり、もし収入が途絶えてしまった場合には借金の返済が滞る可能性が高くなるのです。

こういった理由からも持ち家の方の方がお金を借りやすいです。

すべてのカードローンを見る

カードローン一覧

金融機関の種類から探す

銀行カードローン
消費者金融カードローン

ランキングで探す

カードローンランキング
消費者金融カードローンランキング
銀行カードローンランキング

カードローン会社から探す

アイフル
プロミス
SMBCモビット
レイクALSA

特徴からさがす

低金利のカードローン
即日融資が可能なカードローン
無利息期間ありのカードローン
借り換え可能カードローン
郵送物なしカードローン
コンビニ対応カードローン
審査結果の早いカードローン
WEB完結可能なカードローン
WEB明細が使えるカードローン
口座振込で返済可能なカードローン
ネットキャッシングできるカードローン

心配・悩みから探す

カードローンとは?
審査なしのカードローンはある?
カードローンの審査基準は?
審査の甘いカードローンは?
金利の計算方法は?
カードローンとキャッシングの違いは?
専業主婦でも即日融資は可能?
サラ金・ヤミ金・街金の違いは?
お金借りるならどこがいい?
「カードでお金」の看板は何?
おまとめローンの審査基準は?
ショッピングローンの審査基準は?
無審査で即日融資のカードローンってある?
中小消費者金融は審査が甘い?
カードローンの返済方法は?
ソフト闇金のデメリットは?
他社借入があると審査落ちする?
キャッシングは信用情報に傷がつく?
即日で50万円は可能?
個人間融資は危険?
サラ金の金利は?

    おすすめカードローンランキング

  1. カードローン人気ランキング
  1. 本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  2. 本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  3. 当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  4. 本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  5. 編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • ランキング根拠
  • ランキングは以下のデータに基づき作成しています(詳細はランキングページに記載)
  • ・利用者へのアンケート調査
  • ・ワイズローン経由でのアクセス数、申込数
  • ・各社が公開している口座数、財務情報
  • プロミス
  • プロミスではメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
  • 瞬フリを利用するには24時間振込可能な金融機関の口座が必要です
  • SMBCモビット
  • 融資や審査回答までの時間について:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • 「50万円以下なら収入証明書不要」について:場合によって収入証明を提出していただくことがあります。
  • レイクALSA
  • 商号:新生フィナンシャル株式会社
  • 貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号
  • 融資限度額 1万円~500万円
  • 貸付利率 4.5%~18.0%
  • 遅延損害金(年率)20.0%
  • 返済期間・回数/最長8年・最大96回
  • 必要書類 運転免許証等 ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
  • 担保・保証人/不要
  • 要審査
  • Webで最短60分融資も可能※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
  • 申込資格:年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方
  • ご返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
  • 初めてなら初回契約翌日から無利息
  • ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります
  • Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません
  • 無利息期間経過後は通常金利適
  • 30日間無利息、180日間無利息と併用不可
  • 千葉銀行カードローン
  • 対応地域:千葉全域、東京全域、埼玉全域、茨城全域、神奈川(※一部地域を除く)
  • 三井住友銀行カードローン
  • 三井住友銀行の普通預金口座・キャッシュカードをお持ちなら、申込から契約までの手続きがWEBで完結
  • ローン契約機でカードを受け取れば郵送物なし

Copyright LeadingTech All Rights Reserved.