最終更新日:2019年11月13日

即日融資で100万円借りる!今日中に審査に通りキャッシングするには

即日融資で100万円を借りたい!借りる条件や方法は?

状況によっては、100万円ぐらいの資金が必要な事もあります。車を買うための100万円を今日中に支払う必要があったり、旅行費や留学費の支払い期限は今日中だったり、差し迫った状況になる事もあります。
その場合、状況によっては100万円の即日融資を受けられる事もあります。100万円ともなると、当日中にお金を借りるのは困難ではありますが、不可能ではありません。そこで今回は、100万円を即日で借りる方法や条件を解説していきます。

100万円を即日融資で借りることは可能か?

結論から申し上げると、信用情報や属性によっては100万円の即日融資を受ける事も可能です。ただし、借りるのは簡単ではありません。
というのも金融機関から大きなお金を借りるためには、実績も積み上げなければなりません。過去に一度も利用した事がない金融会社から100万円を調達するのは、原則困難です。
しかし勤務先や収入などの属性が高く評価されたり、金融会社との取引実績が問題なければ、当日中に100万円を借りる事も可能なのです。社会的地位が高かったり、ローンの完済実績がある方は、100万円でも当日融資を受ける事も可能です。

100万円を即日借りるにはどこがいい?銀行?消費者金融?

100万円を借りるとなると、どの金融会社を利用するかという問題も浮上してきます。銀行でも消費者金融でもお金を借りる事はできますが、多額融資を受けたい時は銀行が活用される事も多いです。
消費者金融と比べると、銀行は限度額も高めになっているからです。金利も低めですし、100万円以上の高額なお金を借りたい時は、銀行が検討される事も多いです。
ですが、銀行には1つ大きなデメリットがあります。消費者金融と違って、少々時間がかかってしまうのです。

銀行カードローンは即日融資できない

確かに銀行は、高額なお金を借りることは可能です。その分、審査も少々厳しくなっているのです。
銀行は、申込者の返済能力や借りる理由などを細かく確認しています。詳細に確認する都合上、審査結果が出るのは少々時間がかかってしまうのです。しかも銀行は、土日や祝日に借りる事はできません。
実際銀行によっては、融資を受けるまでは1週間ぐらいかかってしまう事があります。お金を借りるためには、銀行の口座も開設しておく必要がありますし、即日で借りるのは難しいです。

即日にこだわらなければ銀行カードローンはお得

ただし「即日」という条件にこだわりがなければ、銀行カードローンも検討してみる価値があります。というのも銀行の場合は、金利は低めになっているからです。消費者金融ですと、最大金利は18%ぐらいになっている事も多いですが、銀行は15%以下になっているローンも多いです。
それと銀行は、限度額も高めです。消費者金融よりも多くのお金を借りる事もできますし、どうしても即日にお金が必要な状況でなければ、銀行カードローンも検討してみると良いでしょう。

カードローンで100万円・200万円を借りたときの金利はどうなる?

カードローンで100万円・200万円を借りたときの金利はどれくらいなのでしょうか?

この点については、銀行カードローンと消費者金融カードローンをピックアップしてご紹介すると、例えば銀行カードローンの三菱UFJ銀行のバンクイックは100万円が年13.6%~14.6%、200万円が年10.6%~13.6%、みずほ銀行は100万円が年12.0%、200万円が年9.0%です。消費者金融カードローンのアコムはそれぞれ年7.7%~15.0%と年7.7%~15.0%です。

100万円・200万円借りるなら銀行カードローンがお得

200万円・100万円借りるなら銀行カードローンがお得です。これは先ほどの数字からもわかるとおり、消費者金融系より銀行カードローンの方が金利的なお得度が高いのです。

ただ、各カードローン公式WEBサイトには100万円借りる場合の利子が具体的にどのくらいなのかという明確な数字は案内されているのではなく、あくまでも目安的なものとして考えておきましょう。このように200万円・100万円借りるなら銀行カードローンです。

適用される金利は審査内容によって異なる

カードローンで借り入れを行う時に気になる金利については、金利幅がある中でどの金利が適用されるのかは審査内容によって異なります

適用金利は利息制限法を遵守し、その上で、個人信用情報や属性などそれぞれの人の状況で決められるようになっています。つまり、先ほどご紹介した通の金利が適用されるとは限らないということになります。ただ、消費者金融のカードローン金利が銀行系のものよりも低く設定されることはほぼないと言われています。

消費者金融カードローンで200万円借入することは避けるべき

消費者金融カードローンで200万円借入するということは避ける方がいいと言われています。

消費者金融でも高額サービスは提供しているのですが、200万円くらいの金額を借りたいということは避けた方が無難だと言われています。その理由として挙げられるのが、100万円を借りるときの金利とあまり違いがないからという点があります。この金額のお金を消費者金融で借り入れたら、臨時返済して早めに返済しなければ返済が長引く可能性が高いです。

カードローンで100万円・200万円借りた時の利息はどうなる?

カードローンで100万円・200万円借りた時の利息はどうなっているのでしょうか?この点についてはそれぞれのカードローン会社で異なると言われています。

そこで、プロミス、アコム、アイフル、SMBCモビット、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、住信SBIネット銀行を例に挙げて比較すると、例えば、三菱UFJ銀行のバンクイックは100万円が10,500円、200万円が16,000円です。アコムはそれぞれ12,328円と24,657円です。

カードローンで100万円・200万円借りたときの返済額はどうなる?

ではカードローンで100万円・200万円借りたときの返済額はどのようになっているのでしょうか?

実際の返済額については、100万円借り入れた場合と200万円借り入れた場合、先ほどと同じ銀行をピックアップして比較してみます。そこで、カードローンで100万円・200万円を借り入れしたときの返済額がそれぞれどれくらいになるのかについて、これから何社か取り上げながら具体的にその金額をご紹介してみたいと思います。

100万円借り入れた場合

100万円借り入れた場合、銀行カードローンの三菱UFJ銀行バンクイックでは金利が3年で33,501円、5年で22,548円、7年で19,863円という返済額です。

また、三井住友銀行は3年で33,214円、5年で22,244円、7年で19,550円となっています。 アコムは同じ年数で、それぞれ34,665円、23,789円、21,145円、プロミスは34,665円、23,789円、21,145円という返済額になっています。

200万円借り入れた場合

200万円借り入れた場合の返済額は三菱UFJ銀行のバンクイックで3年が64,159円、5年が42,101円、7年が36,649円で、三井住友銀行で3年が64,534円、5年が42,494円、7年が37,051円です。

アコムでそれぞれ69,330円、47,579円、42,290円で、プロミスで69,330円、47,579円、42,290円となっています。銀行系と消費者金融系では5,000円から6,000円くらいの差がでています。

消費者金融カードローンは即日融資可能!

上記でも少々触れた通り、消費者金融は銀行よりも金利は高めになります。

全体的に、最大金利は18%ぐらいになる消費者金融が多いです。
しかし消費者金融は、審査の結果が出るのはスピーディーです。条件さえ満たしていれば、申し込みしてから1時間程度でお金を借りる事もできます。自動契約機などでカードを受け取ると、かなりスピーディーに融資を受ける事も可能です。
ただし総量規制は要注意です。消費者金融は、年収の3分の1を超える金額でお金を貸し出す事はできません。

三菱UFJ銀行で100万円借りるときの利息

三菱UFJ銀行で100万円借りる時の利息はどれくらいなのでしょうか?

三菱UFJ銀行は全国に支店もあり、近くにあるという方も多いと言えます。三菱UFJ銀行で100万円借り入れる場合には利息は年1.8~14.6%となっています。三菱UFJ銀行では10万円から500万円まで借り入れを行うことができるようになっています。上限金利が14.6%なので消費者金融で借り入れを行うよりも、利息がお得になっています

三菱UFJ銀行で200万円借りるときの利息

三菱UFJ銀行で200万円借りる時の利息についてはどのようになっているのでしょうか。

三菱UFJ銀行で200万円借りる時の利息は毎月の返済額や返済期間によって違ってきます。毎月3万円を返済すると102回の返済となりますので、総返済額が3,03万2,109円となり、200万円借り入れた時の利息は総返済額から借り入れ金を引いた1,03万2,109円です。4万円の場合は67回となり、2,65万716円が総返済額になりますので、利息は65万716円といえます。

三井住友銀行で100万円借りるときの利息

三井住友銀行で100万円借りる時の利息はどのようになっているのでしょうか?

この点については三井住友銀行で借り入れを行う場合の利息は、年4.0~14.5%となっています。三井住友銀行ででは10万円から800万円まで借り入れができるようになっています。100万円を借りるという場合には利息は大きくなってきます。したがって過ごしでも利息がお得な銀行で借り入れを行うことは少しでも利息を少なくするための大きなポイントになっています。

三井住友銀行の初回限度額が140万円になった話

三井住友銀行の初回限度額が140万円になったという話もあります。

基本的にカードローンの限度額は申込者年収や勤め先、雇用形態や信用情報などによって異なってくると言われています。同じ年収であっても限度額が50万円になる人もいれば100万円になる人もいるということです。雇用形態がパートから正社員になって、限度額140万円になって驚いたという声があります。限度額50万円であれば金利は14.5%ですが、限度額140万円なら金利10.0%で契約することができたということです。

みずほ銀行で200万円借りるときの利息

みずほ銀行で200万円借りる時の利息はどのようになるのでしょうか?

みずほ銀行で200万円借りる時の利息は毎月の返済額と返済期間によって変わってくると言えます。総返済額から借り入れ金を引いた残りが利息になると言えます。例えば、3万円を毎月返済する場合、返済期間は95回となり、総返済額が2,81万3,123円です。そのため、200万円を借りると,81万3,123円が利息と言えます。4万円の場合は65回で、54万200円が利息と言えます。

銀行系カードローンのおすすめはどこ?

銀行カードローンも色々ありますが、楽天銀行あたりは検討してみる価値があります。楽天銀行なら、金利は1.9~14.5%になっていますし、消費者金融よりも低金利になります。ちなみに限度額は、10~800万円になります。
また楽天銀行の口座が開設済みなら、審査の結果が出るのも比較的早いです。即日で借りるのは困難ですが、なるべく早く融資を受けたい時はおすすめです。専用アプリを活用すれば随時返済する事もできますし、利便性は優れています。

100万円を即日融資で借りるための条件と借りる方法とは

銀行は即日融資を行っていませんし、申し込みした当日中に融資を受けたいなら、銀行よりは消費者金融がおすすめです。消費者金融はサービスも充実していて、コンビニATMやアプリでも借り入れや返済を行えますし、とても便利です。
ただし100万円という金額は、誰でも借りられる訳ではありません。借り入れの条件もありますし、書類や申し込みタイミングなどの注意点もあります。ここでは深く掘り下げて、100万円を即日借りるための条件やポイントを解説していきます。

100万円を即日融資で借りるための条件

100万円は比較的大きな金額であるだけに、条件を満たしていないと融資を受けるのは困難です。主な条件は3つあります。

100万円を即日融資で借りるための条件

総量規制により、借入可能額は年収の3分の1以下になるので、年収が300万円を超えていないと厳しい。年収が高いほど、審査では有利になる。
勤続年数が1年未満では、少々厳しい。勤続年数が長いほど、借りやすくなる。
過去の借り入れで延滞していると、融資は難しい。逆に、完済実績が豊富な方は借りやすい。

100万円を即日で借りる方法

上記のように、100万円を借りるための条件は色々あります。ここでは100万円を即日で借りるために、より具体的な方法を解説していきます。

100万円を即日で借りる方法

申込みに必要な書類は、事前に準備しておく
夜間や土日祝日ではなく、平日の午前中に申し込みするのがおすすめ
申し込み方法によっては時間がかかる。自動契約機など、スピーディーに融資を受けられる方法で申し込みする。

しっかり準備をしておかないと、即日融資を受けるのは難しくなってしまうので、気をつけて下さい。

方法1:必要書類を準備

100万円ぐらいのお金を借りる時は、下記のような収入証明書を準備する必要があります。
・源泉徴収票
・所得証明書
・直近の給与明細
源泉徴収票は、年末に会社から受け取る事ができますし、所得証明書は市区町村の役所にて発行可能です。一旦そのような証明書を受け取ったら、廃棄処分せずに保管しておく方が良いでしょう。
ちなみに、どのような書類は収入証明書として認められるかは、金融機関によって異なります。申し込みする前に確認しておきましょう。

方法2:申込みは平日の午前中までに行う

100万円を即日借りたい時は、平日の午前中に申し込みするのがおすすめです。夜の時間帯は、申し込みする方々の人数も増える傾向があり、審査も時間がかかってしまいます。
また消費者金融で融資の申し込みをした後は、勤務先に対する在籍確認が行われます。たいていの会社は、土日祝日は休業日になっていますし、土日よりは平日に申し込みするのがおすすめです。
それと状況によっては、審査は少々時間がかかる事もあります。午後に申し込みしますと、審査結果が出るのは翌営業日になってしまう可能性もあるので、午前中に申し込む方が良いでしょう。

方法3:申込みを最短で行う

消費者金融への申し込み方法は、色々あります。

郵送やWEB申し込みや自動契約機などがありますが、方法によっては時間がかかってしまう事があります。郵送申し込みですと、即日でお金を借りるのは困難です。
スピーディーにお金を借りたいなら、申し込みする金融会社に相談してみると良いでしょう。どの方法で申し込みすれば即日融資を受けられるか、教えてもらう事ができます。
店舗や自動契約機を活用するなら、事前に場所も調べておく方がスムーズにお金を借りられます。

消費者金融なら100万円を借りることは可能。しかし年収などの様々な条件を乗り越える必要がある。

消費者金融から100万円を借りるためには、色々な条件を満たしている必要があります。

勤続年数や雇用形態や職業などの属性は審査されますし、年収が高いかどうかも確認されるのです。さらに下記のような事をやっておかないと、即日で借りるのは少々難しくなります。

条件

申込みに必要な書類は揃えておく
平日の午前中に申し込みするのが望ましい
最短で融資を受けられる申し込み方法を調べておく


100万円を即日で借りるのは、少々ハードルは高いです。しかし条件を満たしていれば、融資を受けるのは不可能ではありません

100万円以上借りたい時に必要となる書類は何がある?

100万円以上借りたい時に必要となる書類にはどのようなものがあるのでしょうか?

カードローンでお金を借り入れする場合、申込み時に本人用の確認書が必須とされています。この点はどのカードローン会社も共通して必要とされる書類で、100万円以上借り入れしたい時は、別に収入証明書類が必要とされることがあるのです。けれどもこの点については銀行系カードローンであれば100万円くらいの借入希望額は基本的に収入証明書類不要です。

100万円以上の高額借入の審査とはどんなもの?

カードローンで100万円以上借りる時には審査は厳しくなります

その理由はカードローン商品は担保が必要とされない無担保融資になり、消費者金融系や信販系のカードローンは特に審査がかなり厳しいです。

銀行カードローンは保証会社が存在していますが、消費者金融などにはこうした保証会社がついていません。銀行系カードローンも審査は厳しくなりますが、万が一返済が滞ったとしても保証会社がいるため銀行の損にはならないのです。

100万円以上の高額な借入は銀行系カードローンが最適

100万円以上の高額な借入は銀行系カードローンが最適なのでしょうか?

この点については、銀行カードローンは100万円以上の借り入れ先として最適といえます。

その理由として、まず金利が低いことが挙げられます。金利が高い消費者金融で借り入れをするよりも、金利が低い銀行系のカードローンの方が返済負担も少ないです。また、消費者金融は利用実績がないと高額借入しづらいという点も挙げられます。保証会社がつかないため、高額貸付しにくいのです。

【理由その1】金利が低い

100万円以上の高額な借入は銀行系カードローンが最適な理由として金利が低いということがあげられます。

一般的に、銀行系カードローンは金利は低めです。

例えば、銀行である三菱UFJ銀行のバンクイックの場合は、100万円超から200万円以下の金利は年率10.6%~13.6%、200万円超300万以下だと年率7.6%~10.6%です。消費者金融系カードローンのアコムは、100万円以上300万円以下の金利は年7.7%~15.0%です。

【理由その2】消費者金融は利用実績がないと高額借入しづらい

消費者金融は利用実績がないと高額借入しづらいという点も100万円以上の高額な借入は銀行系カードローンが最適な理由です。

消費者金融系カードローンの場合、保証会社を付ける必要はありませんが、貸す側にとって貸し倒れのリスクを軽減するための対策がとられます。

例えば、金利を高くしたり、初回融資額を低めにするなどいろいろな方法があり、最初から100万円以上の融資は受けられるということが難しいようになっているのです。

【理由その3】安定した収入、雇用形態によっては高額借入が可能

100万円以上の高額な借入は銀行系カードローンが最適な理由として、収入の安定性や雇用形態によっては高額な借入ができるという点も挙げられます。

銀行カードローンのは継続した安定収入があり、返済能力に問題がなければ貸し倒れのリスクが低く、初回から高額融資を受けやすいといわれます。収入安定性や返済能力を判断する時には、勤続年数の長さや雇用形態、他社借入件数、借入額などがチェック対象として見られているのです。

【理由その4】申込みが簡単で収入証明書がいらないケースが多い

収入証明書が不要なケースが多くて申込みが簡単ということも100万円以上の高額な借入は銀行系カードローンが最適な理由です。

銀行系カードローンは、200万円くらいの融資額なら原則として本人用の確認書類だけで申込みができます。そのため、申込み前に書類を揃えなくてもいいことが多いです。しかし、消費者金融系や信販系カードローンは100万円以上の融資を希望する時には収入証明書が必須とされ、書類を揃える手間は必要です。

【理由その5】銀行ローンや普通預金口座があると有利となることがある

行ローンや普通預金口座があると有利になることがあるということも高額融資に銀行が最適な理由です。

銀行では、カードローン商品以外に様々なローンやサービスを提供しています。すでに銀行のローンを利用しており利用状況が良好であったり、普通預金口座があると、カードローン審査で有利となることがあります。また、こうした商品を利用する時に既に提出書類があるなどで、カードローンの高額融資が簡単にすむことがあるのです。

100万円以上の高額借入で気をつけたい5つの注意点

100万円以上の高額借入で気をつけたい5つの注意点があります。そこで、これらの点についてご紹介していきたいと思います。まず、即日融資は難しいという点が一つ目に挙げられます。二つ目に、総量規制により借入できないことがあること、三つ目に他社の借入件数、借入金額は減らしておきたいこと、四つ目に臨時返済をしないと元金が減少しづらくなること、五つ目に 追加借入をすると完済までに時間がかかるという点が挙げられます。

① 即日融資は難しい

100万円以上の高額借入で気をつけたい注意点として一つ目に挙げられるのが即日融資は難しいという点です。

100万円以上の融資を希望する時は審査は慎重に行われていきます。

したがって、少額融資の審査よりも返済能力のチェックは自ずと厳しくなります。したがって、時間を掛けて慎重な審査が進められることになりますので、即日融資はほぼ行われていないのです。急いでいるからといって高額融資審査を短時間で済むということはないのです。

② 総量規制により借入できないことも

総量規制によって借入できないことがあるということも注意点として挙げられます。

この二つ目の注意点については、消費者金融系や信販系のカードローンは総量規制の法律の条文適用になるので、100万円以上の借入がどうしてもできないことがあります。

年収が300万円だった場合、総量規制は年収の3分の1にあたる100万円までしか融資が受けられないので、クレジットカードキャッシングや他社のカードローンを利用している時は100万円自体が借り入れできないことがあります。

③ 他社の借入件数、借入金額は少ないほうがいい

他社の借入件数や借入金額は減らしておきたいということが三つ目の注意点として挙げられます。

他社借入は件数や借入金額もより少ない方が審査には通過しやすいです。

一般論で言うと、カードローン会社は借入金額より借入件数を重視している傾向があると言われています。その理由は借入件数が多いほど、多重債務予備軍になることが多く、カードローンで200万借り入れて返済することを考えている場合は他社借入に注意しましょう。

④ 臨時返済をしないと元金が減りにくくなる

臨時返済をしないと元金が減少しにくくなってくるという点も三つ目の注意点として挙げられます。

カードローンは必ず最低返済額が設けられ、この金額さえ返済していれば大丈夫というものが存在します。

けれども、ほぼ利息だけ返済することになっており、なかなか完済できないという状況になるのです。それを防ぐため、臨時返済を行って、元金を早く減らすことが大切になりますので、そうした返済計画を立てる必要があるということです。

⑤ 追加借入をすると完済までに時間がかかる

追加借入をすると完済までに時間がかかるという点も注意点として五つ目に挙げられます。

カードローンは、限度額の範囲内で何度も借入れができますが、100万円以上の高額の借り入れがある上に何度も追加借入すると完済が遠のくというデメリットがあります。

そのため、一旦借り入れた融資金額を全部返済してから新たに借入れするというくらいの考え方を持った上で返済をしていくくらいの方が良いでしょう。つまり、追加借り入れは返済が遠くなります。

はじめての方も安心!初心者向けカードローン

はじめての方も安心の初心者向けカードローンは何なのでしょうか?

そこで、これからカードローン初心者の方にもおすすめのカードローン商品をご紹介してみたいと思います。初心者向けにおすすめのカードローンに住信SBIネット銀行のカードローンがおすすめです。

このローンは最大限度額が1,200万円となっており、金利が1.59%~14.79%毎月の返済額は2,000円からという少しずつ返したいという人などが利用しやすいローンです。

住信SBIネット銀行最大限度額はなんと1,200万円!

住信SBIネット銀行最大限度額1,200万円というこのカードローン商品は、WEB完結が可能で、自宅から簡単に申し込みを行うことができるようになっています。

また、スマホなどで書類提出もできるので、便利に申し込みができるのです。住信SBIネット銀行カードローンはWEB完結させることができるので、自宅に明細書なども郵送されません。したがって、家族のいる方は他の家族に知られずに借り入れを行うことが可能になっています。

住信SBIネット銀行カードローンのここがオススメ!

住信SBIネット銀行カードローンのここがオススメという点についてご紹介してみたいと思います。

まず、金利が1.59%~14.79%と全てのカードローンの中で最安金利と言われているお得な金利設定が挙げられます。したがって、お得に借り入れを行いたいという方などに注目されています。

さらに、明細書がネットで確認することができますので、自宅に明細書が郵送されません。さらに、限度額が1,200万円と全カードローンの中で最大の限度額という点もおすすめです。

即日融資でおすすめの大手消費社金融三社

100万円の即日融資を受けたいなら、消費者金融で申し込みする方が良いでしょう。とりわけ、下記の3社はおすすめです。
・プロミス
・アコム
・アイフル
プロミスはCMも流していますが、手数料無料で24時間振り込み融資してくれますし、サービスは充実しています。アコムは利用者数が一番多く、審査の結果が出るのもスピーディです。アイフルは勢いがある消費者金融で、利便性が優れている上に、ネット完結で申し込みする事もできます。

プロミスは最短30分の審査で最短1時間で融資

プロミスは最短30分の審査で最短1時間で融資というスピーディな対応が特徴的な消費者金融のカードローンです。

金利は4.5%~17.8%、借り入れ限度額は500万円となっており、金利は他の消費者金融のカードローン商品の中でも上限金利がとてもお得になっています。そして、審査時間が最短30分、融資時間が最短1時間なので、急いで借り入れを行いたい方などにとっては、とても便利なサービスが提供されているのです。

プロミスのここがオススメ!

プロミスは、とてもスピーディーに融資を受ける事ができます。自動契約機や店舗なら、その場でローンカードを受け取る事もできますし、振り込み融資も24時間受け付けているのです。

プロミス自体は500万円まで融資することが可能です。というのは、1万円から上限金額の500万円まで、融資ができるようになっているからです。しかし、実際に借り入れを行う時には総量規制もあり、融資の金額は人それぞれになります。全体として500万円まで融資可能ということになりますが、実際は500万円を借り入れできる方はかなり少ないでしょう。というのは、総量規制のことを考えると、年収1,500万円の年収が必要と言えるからです。

プロミスおすすめポイント

実質年率は4.5~17.8%
最大500万円まで借入可能
WEB完結での申し込みが可能
申し込みしてから最短1時間でお金を借りる事ができる
自宅の郵送物は無い
カードレスでサービスを利用できる

アコム最短30分の審査!土日祝日も即日融資

消費者金融のアコムもカードローン商品を提供しています。

アコムは最短30分の審査で、土日祝日も即日融資最短30分の審査で即日融資サービスも利用可能です。アコムの金利は3.0%~18.0%、限度額は800万円となっていますので、プロミスよりも利用限度額が多いのが特徴です。

審査時間は最短30分、融資時間は最短1時間となっています。アコムも急いで借り入れを行いたいという方が利用しやすいサービスとなっています。

アコムのここがオススメ!

アコムのここがオススメというポイントについてご紹介してみたいと思います。

まず挙げられる点として、来店不要で手続きを行うことができます。

そして、審査回答は最短30分なので急いで借り入れをしたい場合も便利です。さらに、初回限定で30日間金利0円で借りられるため、期間内に借り入れ金を返済すると金利負担がありません。限度額50万円以下であれば収入証明書原則不要なのでスムーズですし、3項目の入力だけで借入可能か3秒で診断してもらえます。

アコムは業界随一の実績を誇っていて、かなりスピーディーに融資を受ける事ができます。WEBで申し込みすれば、来店不要で手続きを進める事ができますし、楽天銀行の口座があれば最短1分で入金してもらう事も可能です。その他にも、下記のような特徴があります。

アコムおすすめポイント

金利は3~18%
利用限度額は1~800万円
返済方式は低率リボルビング形式
30日以内に完済すれば、無利息で借りられる。ただし初回のみ
契約機などでスムーズにカードを受け取れば、即日融資を受けられる

アイフルは即日融資可能!土日もスピーディ対応

アイフルも即日で融資を受ける事ができ、振り込み予約とカードによる融資の2種類あります。土日や祝日でもスピーディーに融資を受ける事ができ、30日無利息サービスもあります。「てまいらず」という無人契約のサービスを活用すれば、バレずにお金を借りる事もできます。

アイフルのここがオススメ!

アイフルおすすめポイント

ネット完結で手続きを進められる
実質年率は3~18%
最短30分で審査結果が出る
融資限度額は最大800万円
土日でも21時まで審査の申し込みを受け付けている

消費者金融の最高限度額と金利はどれくらい?

消費者金融の最高限度額と金利についてはどうなっているのでしょうか?

消費者金融も下限金利は低くなっていますが、15.0%以下の金利にするのは現実的に難しいといわれています。限度額が200万円以上になっても15.0%から下がらないことも多いとも言われているくらいです。例えば、プロミス(500万円まで)の場合は金利は4.5~17.8%ですが、上限金利の17.8%が適用されることがかなり多く、800万円まで借り入れ可能なアコムは3.0~18.0%となっています。

消費者金融は初回限度額30万円以下が多い

消費者金融は初回限度額30万円以下が多いのです。

基本的に、消費者金融ではいきなり100万円以上貸し付けを行ってくれるところは珍しいです。100万円を借り入れたいという場合、返済実績を作って限度額を増やすことによって100万円以上借りられるようになっているのです。

したがって、はじめから100万円以上の金額を借りられるということはほとんどないといえ、消費者金融の初回限度額は30万円以下になることも多いです。

消費者金融でおすすめは低金利のJ.Score(ジェイスコア)

消費者金融で低金利のところはないのでしょうか?

この点については、 消費者金融で低金利で借り入れ可能と言われているのがJ.Score(ジェイスコア)です。基本的に消費者金融は高額融資に向いていませんが、J.Scoreなら高額融資できる可能性があります。J.Scoreは、最高限度額が1,000万円で、金利が年0.8~12.0%でとなっています。上限金利が12.0%と低く、銀行カードローンよりも低金利になることもあります。

消費者金融から200万円借りるのは難しい

消費者金融から200万円借りるのは難しいと言われます。

50万円以下の借り入れなら消費者金融も銀行でもそれほど難しくないのですが、100万円以上になると審査は厳しくなるのです。

消費者金融で限度額が100万円以上を希望しても審査に通過しないというケースは•年収300万円未満であったり、勤続年数が2年未満であったり、他社借り入れが多くなっていたりということなのです。100万円以上の借入希望額で申込みしても50万円や30万円が限度額となることもあります。

返済実績を作り増額申請しよう!

消費者金融から100万円以上借り入れしたい場合は、まずは低い限度額で契約し、しばらく利用してから増額申請するのが一般的と言われています。

返済実績を作り、増額を申請するという流れです。始めの限度額は30万円以下になる場合が多いため、返済実績を作って少しずつ限度額を上げていく必要があると言われています。ただ、仮に消費者金融で限度額が100万円以上になっても、金利は15%から下がらないことも多く、100万円以上の借り入れは銀行カードローンがおすすめです。