最終更新日:2019年09月08日

即日融資で1万円借りる方法!今日中に融資を受けるコツ

1万円程度の少額を借りるなら、その日に借りれるサービスがおすすめ

お金を借りようと考える時って、なにも大きなお金が必要な時ばかりではありませんよね。

たとえば、1万円程度のお金を融通してほしいということも意外と多いのではないでしょうか。

そして、1万円程度の少額のお金を借りたい時というのは、どうしても急いでいることが多いですよね。

そこで、今回は1万円程度の少額のお金が必要となった場合にオススメの最短即日で融資が受けられるサービスをご紹介します。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

1万円貸してほしい時の対処方法

10万円を超えるなど、まとまった金額のお金を借りるとなると、家族や友人から借りることは難しくなります。

しかし、1万円くらいなら、貸りることができそうな金額のように思えます。

1万円程度の現金を借りたい場合、家族や知人に借りられそうな人は頼るのも一つの手ですが、そういった知り合いがいない人は、消費者金融を利用することになります。

1〜3万円程度のお金を借り入れる場合は、大手消費者金融のカードローンよりも審査が甘い消費者金融を利用することができます。

友達に借りれない時は消費者金融へ

1万円程度の金額を用意するために、消費者金融のカードローンを利用するというのは抵抗があるという方もいらっしゃるかもしれません。

カードローンを利用するには、申込手続きや審査が必要になるので、知人から借りられるなら楽なのですが、なかには知人から借りにくい、貸してくれる知人がいないという方もいらっしゃると思います。

そういった方は、少額でも利用可能な消費者金融がありますので、そういったサービスを利用すると良いでしょう。

社会人であれば、1万円くらいなら友人に頭を下げて借りることもできるでしょう。

しかし、友人だからといって気軽に借りれるわけではありません。

頻繁に借りていたら、その都度返していても面倒がられますから距離を置かれてしまう可能性だってあります。

また、借りる際には何かと便宜を図る必要もあるでしょう。


友人から借りる最大の利点は利息がかからない点ですが、無理な頼み事をされたり、急に返せと催促されるリスクを考えると割に合いません。

また、仕事の同僚からお金を借りて返すのを忘れた場合、信頼を大きく損ないます。

1万円の利息はたかが知れてますから、消費者金融で借りるようにしましょう。
友人との信頼関係はお金では買えません。

どうしても今すぐ1万円欲しい!消費者金融の即日融資

1万円の融資は役に立つのはどんなケースでしょうか?
代表的なケースには次のようなものがあります。

1万円の融資が必要になるケース

携帯料金の支払い
旧友からの飲みの誘い
突然の冠婚葬祭
タクシー代
スマホの故障
鍵の紛失
粗大ごみ
交通違反などの罰金
雨漏りなどの家の修繕費

いずれも急に起きて、即座に対処が必要なものばかりです。

生活に支障をきたすケースもありますから放置するわけにはいきません。

こういったケースでは、1万円といえども即日融資で対処する必要があります。

役に立つのは、初めてでも申し込んだその日に融資を受けられるローンサービスでしょう。
ここからは即日の1万円融資について解説します。

今すぐ1万円借りる方法

すぐに1万円が必要な場合に頼りになるのが、消費者金融系のカードローンです。

消費者金融と聞くと、お金を借りすぎて多重債務になっている人をイメージしてしまう方もいると思いますが、実際は違います。

多くの消費者金融業者は、1万程度の小額融資にも積極的なのです。

確かに1度に多額の融資をすれば、それだけ多くの利息を得られますが、貸し倒れのリスクもアップします。

それに金融庁からも貸出額については抑えるよう指導されていますから、無理な融資はしません。

むしろ、小額でも定期的に借入をしてくれる顧客が喜ばれます。

実際に、1万円から5万円の融資というのは珍しくありません。

1万円借りるなら、何も恥じること無く消費者金融に足を運んでみましょう。

1万円くらいでもカードローンを使えるの?

地域密着型の小規模消費者金融であれば、住人の要望を聞いて1万円からでも融資してくれるイメージをお持ちだと思います。

しかし、大手カードローンでも少額融資は可能です。

カードローンと言うと、無人機など多額の投資を使ってビジネスを行っていますから、1万円の融資は難しいんじゃないかと考える方も多いでしょう。

しかし、実際は大手も含めてほとんどのカードローン会社で1万円からの融資を受け付けています。

カードローンを利用する場合、必ず審査があるのですが、そこで借入額を少なく設定すると審査に通りやすいというメリットもあります。

1万円であれば、収入が200万円以下の方でも問題なく融資を受けられると考えられます。

本当に1万円しか必要ないケースであれば、そのまま融資額を1万円に設定して申し込めば審査スピードも速くなりますから、現金を手にするまでの時間も短くなるでしょう。

今すぐ借りるなら即日融資

今すぐ1万円借りるのにカードローンがおすすめな理由は、融資スピードが早いためです。

インターネットを使った申込みなら、関わるスタッフが少なくて済み、処理が迅速に進むので、特に問題が無ければ最短30分ほどで融資を受けられるところもあるくらいです。

申し込んだ後に外へ食べにでかけたら、家に戻る頃には審査に合格し融資を受けられることもあります。

このスピードなら大概の事態に対応が可能ですよね。

最近はスマートフォンのアプリを使って簡単に申し込みができる金融業者もありますから、さらに利便性が高いものになっています。

夜間でも即日融資はできる?

いきなりお金が必要になるケースは昼間だけとは限りません。
夜間でもお酒の席から帰ってくるのに代行を頼んだり、車のガソリンが無かったり、小額でもお金が必要になるケースは少なくありません。

夜間ですから友人や家族を起こしてお金を持ってきてもらう事はできないでしょう。

しかし、カードローンなら大手を中心にATMを使って24時間いつでも融資を受けることが可能です。
すでに会員登録を済ませているなら、コンビニのATMで即座に現金が引き出せます。

1万円だけ借りたいときにおすすめのサービス

一万円を借りたいと考えた時に重要なのは、「スピード」「金利」「安心」ですよね。

CMなどを見ても分かるように、大手の消費者金融はどこもスピードを競い合っています。

大手なら金利も大きな違いはありませんし、安心感もしっかりありますよね。

ここで気を付けてほしいのは、即日審査即日融資の違いです。

当日中に審査が終わっても、融資は後日という金融機関もありますので、選ぶときは即日融資を選んでくださいね。

また、銀行系では即日融資がありませんので気を付けてください。

実際に今すぐ1万円借りるまでの流れ

カードローンを使えば簡単に1万円借りることが分かりましたので、ここからはカードローンの申し込み方法を紹介します。

カードローンの申込みは無人契約機、インターネット、電話などがありますが、今回は最新のスマートフォンを使った申込み方法を紹介します。

店舗に行く必要もなく、自宅で融資に必要な全ての手続きを済ますことができますから、大変手軽です。

当然、知り合いや家族にカードローンを申し込んだことがバレることもありません。

1.申込み

まず、申込みたいカードローンのアプリをダウンロードしましょう。

大半のカードローン会社はiPhoneとAndroidの両方のプラットフォームにアプリを提供していますから、検索すればすぐに出てきます。

アプリサイズも小さいので、ダウンロードはすぐに終わります。

インストールが終わったら、アプリを起動して申し込み手続きを始めましょう。

必要事項を記入して申込み手続きを済ませれば、最短で30分ほどで審査の結果を知らせるメールが届きます。

2.本人確認書類の送信

書類審査に合格したら、次は本人確認の手続きになります。

他人になりすまして、お金を借りるケースが後を絶たないので必要な本人確認ですが、その内容は簡単なものですから安心してください。

まず、スマートフォンで運転免許など本人確認ができる資料を撮影してください。

利用できる本人確認はカードローン会社によって異なりますが、運転免許証かパスポートなど、顔写真がついているものであればまず問題ありません。

撮影が終わったら、アプリから写真をカードローン会社に送信しましょう。

3.オペレーターからの電話で本申込み

無事に本人確認ができれば、オペレーターから電話がかかってきます。

数分ほど簡単な注意事項の説明を受けることになりますから、何か気になる事があればオペレーターに質問してください。

説明が終われば申込み手続きは終了です。

カードは1週間から1ヶ月ほどで送られてきます。

カードがない場合でも、アプリを使って銀行口座に振り込む形で融資が受けられます。

口座振込で融資を受ける場合は、申請時間に気をつけて下さい。
午後の遅い時間帯だと銀行の振り込みサービスが停止してしまうので、現金を手にできるのが明日以降になります。

キャッシングの返済方法

キャッシングの返済方法は借入をしている金融機関によっても多少異なりますが、ほとんどの金融機関で「口座振替(自動引き落とし)」「振込」「コンビニATM」などが利用できます。

中でも最近一番人気なのが、コンビニATMを利用した返済です。

返済は期日までに行えばいつ行ってもよいのですが、コンビニなら24時間開いていますので、カードさえあれば、いつでも好きなタイミングで返済できるというのがその人気の秘密のようです。

口座振替での返済もできる

返済を忘れやすい人や、多忙でコンビニに行く暇もないという人などには、口座振替での返済がおすすめです。

決まった日に自分の口座から勝手に返済額を引き落としてくれるため、残高さえ気を付けておけば返済が遅れる心配がありません。

返済が遅れると遅延損害金なども発生しますし、信用に傷がついてしまうこともあり得ます。

返済日をお給料日の直後などに設定しておけば、お金がたりなくて返済ができなかった。などという問題も起こりにくくなりますね。

消費者金融と銀行 どっちで借りればいい?

消費者金融は、銀行とは違い個人への少額の融資を得意としています。

銀行なら、最低10万円以上の融資でなければ受けられなかったとしても、消費者金融なら1,000円から借りられるところまであります。

なるべく最小単位で必要不可欠な額だけを借りることで、無駄遣いも防げますし、支払う利息も少なくて済みます。

借りたお金は当然利子を付けて返さなくてはいけませんが、借りた額が少なければ少ないほど返済も楽にできますよね。

消費者金融の金利は高い?無利息期間を活用しよう

銀行は高額の融資が多いため、金利が多少低くても利益も出せますし貸し倒れを防ぐためにも金利は低い傾向にあります。

しかしながら、消費者金融は少額の貸付が多く利が薄い分、どうしても金利は比較的高めに設定されています。

だからといって、消費者金融の利用が損だとはいえません。

なぜなら、消費者金融には銀行にはない無利息期間があるからです。

30日間無利息なんで広告もよく見かけますよね。
これらを利用すれば、消費者金融の方がお得に利用できることもあるのです。

少額融資は消費者金融が便利!

消費者金融と銀行。

どちらで借りるかというのは、借入額によってもおすすめは変わってきますが、1万円程度の少額の融資を受けたいと考える場合は銀行よりも消費者金融の方がおすすめと言えます。

前述のとおり、消費者金融は小口の融資に向いており、即日融資のサービスなども行っています。

それに対して銀行は、大口融資に向いており、即日融資には対応していません。

また、銀行の方が審査もより厳しいといわれるため、初めてキャッシングをする人には消費者金融の方が利用しやすいと言えます。

大手がダメなら中小消費者金融へ

大手消費者金融金融のカードローンの審査に落ちてしまった場合でも、中小の消費者金融なら利用できる可能性があります。

どんな消費者金融であっても、審査がないということは絶対にありません。

しかし、中小消費者金融なら、ブラックリストに載っている場合でも、返済能力があると判断されればキャッシングを利用できることがあります。

中小消費者金融は提出する書類が多かったり、手続きが面倒なこともありますが、審査が甘いというところがメリットといえます。

1万円即日融資の際の注意点

カードローンに申し込んだその日に融資受けるには、審査をスピーディーに通過することが重要です。

必要事項の記入や本人確認の書類を撮影するのに手間取ることもありますが、時間を取られるのは間違いなく審査です。

審査の詳細はカードローン会社から一切公表されていませんが、次の二つを守らないと審査に時間がかかることが分かっています。

①申込書に虚偽の内容を記入する。
借入限度額を高く設定する。

今回は1万円を即日で借りるというのが目的ですから、2番めは問題ないでしょう。

注意すべきは、申込書に嘘を書かないことです。

年収や勤務先などはバレないと思って事実と違う内容を書く方が後を絶ちません。

仮に審査で嘘がバレなくても、後で追加の調査が行われますからそこでバレます。

そうなると最悪他のカードローン会社も利用できなくなる可能性がありますから、絶対に虚偽申告は止めておきましょう。

1万円だけ借りたいなら、消費者金融がおすすめ

1万円を借りたい時には大手の消費者金融がオススメだというのは、前述の通りです。

スピードといい安心感といい、手っ取り早くお金を手にするためには最良の手段といえます。

とはいえ、まだまだ消費者金融は怖い、安心できないという方もいらっしゃるかもしれませんね。

そこで、ここからは実際消費者金融とはどのようなものなのかを少しご説明していきたいと思います。
きちんと知れば、今までのイメージが少し変わるかも知れませんよ。

消費者金融のサービスやメリットについて

現在の消費者金融は、昔でいうサラ金とは似て非なるものです。

確かに、消費者金融がサラ金と呼ばれていた時代は、現在でいうヤミ金と同じような営業を行っていました。

そのため、「怖い」「危険」というイメージをお持ちの方もいらっしゃるのかもしれません。

しかしながら、現在ほとんどの大手消費者金融は銀行の傘下に入っています。

そして、貸金業法という法律にきちんと則り運営されているのです。

銀行では提供しきれないサービスを、消費者金融が賄っていると考えても良いかもしれませんね。

お金の借り方【申込みから借入まで】

消費者金融は最短即日融資を謳うところが多いように、各社スピードにはこだわっています。

パソコンやスマホなどからインターネットで申し込めば、すぐに審査が行われ最短30分で審査完了。

結果の通知後、契約となり最短1時間で借入を行うことも不可能ではありません。

もちろん、インターネットが苦手という方は店舗や自動契約機での申し込みも可能ですが、最も早いのはインターネット申し込みとなります。

また審査では、勤務先へ電話が入る「在籍確認」も行われますが、個人名で電話がかかってくるだけですので心配することはありません。

消費者金融の金利について

消費者金融の金利は、銀行に比べてどうしても高く感じますよね。

では、実際に1万円を30日間借りた場合の支払い額の違いを比べてみましょう。

大手消費者金融の金利を一般的な上限金利である18.0%とします。

この場合かかる利息は147円です。

では、次に銀行カードローンの場合。こちらは銀行では一般的な上限である14%とします。

この場合の利息は、115円です。

その差はわずか32円。1日当たり1円ほどということになります。

この差を大きいと捉えるか小さいと捉えるかは、1万円を借りるための理由にもよるかもしれませんね。

そして、初回無利息のサービスが利用できる消費者金融を利用すれば利息は0円になります。

消費者金融への返済方法について

1万円だけを借りる場合、消費者金融を利用するメリットは他にもあります。

例えば返済方法です。

大手の消費者金融であれば、口座振替(自動引き落とし)や店舗での返済はもちろん、提携ATMやインターネットバンキングにも対応しています。

選択肢が多ければ、それだけ自分にあった返済方法を選ぶことができます。

1万円だけであれば、給料日やボーナス、臨時収入があった時などにいつでもサッと返済できる方が便利かもしれませんよね。

1万円即日融資のカードローンはどれを選べばいいのか?

カードローン会社には大小様々なものがありますから、初心者の方はどれを選べばいいか分からないでしょう。

1万円を即日融資することを前提に考えると、「プロミス」「アイフル」「SMBCモビット」がおすすめです。

特にプロミスは、自動契約機を利用すれば土日祝日や夜間でも即日融資できます。
30日間無利息サービスもあり、何かと戸惑う初心者には心強いです。

アイフルも、プロミスとほぼ同等のサービスを受けられます。
ただし、無人契約機の営業時間は22時までとなっているので注意してください。

SMBCモビットは、24時間365日何時でも申し込みができ、審査が早く終われば即日融資も可能です。
また、職場への在席確認が無いので消費者金融を利用していることを知られずに済みます。

1万円をカードローンで借りるのは簡単!

1万円という低額な融資に限定して話をしてきましたが、意外なほど簡単に借りれるので拍子抜けした方もいるでしょう。

カードローンが身近なものに感じられたのではないでしょうか。

最短、申込みから1時間程度で現金が手に入るサービスですから、上手く利用すれば急な金策で親戚、知人に迷惑をかけずに済みます。

しかも、ネット申し込みなら誰にも知られずに借りられます。

いざという時に安全に利用できる金策として、カードローン1万円即日融資をぜひ活用してください。